WOMEN'S DEMOCRATIC JOURNAL femin

  • HOME
  • >
  • インタビュー

インタビュー

イラクで子どもと妊産婦支援をする

榎本彰子さん

  • 2016.8.5
  • 聞き手…清水さつき
  • 撮影…宇井眞紀子

 榎本彰子さん

イラクの子どもに少しでも笑顔を

 

イラクでがんにかかった子どもを支援するためのチョコレート募金を、毎年年末から行う「日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)」。本紙も紹介しているので、イラクの子どもたちが描く色のきれいな絵を覚えている人もいるだろう。 

そのJIM-NETのイラク支援事業のプロジェクトマネジャー、榎本彰子さんが帰国していると知り、話を聞いた。

 

JIM-NETは、イラクのバスラ、バグダッド、アルビルで、小児がんの子どもの治療や医薬品支援と、シリア難民の妊産婦支援、「イスラム国」の勢力下から逃れた国内避難民の医療支援、そしてイスラム国に囚われ逃げてきた女性や女の子の医療支援も行う。

大学1年生の時に9・11が起きて衝撃を受けた。「アフガン攻撃、イラク戦争が起き、報道で悲惨な様子を目の当たりにしました。戦下のイラクで女性や子どもはどんな暮らしをしているのか、将来何かできれば、と考えるようになったのです」  生まれ育った大阪・岸和田市に住む両親は、海外に行ったこともなかった。「でも私は外国へ行きたかった。大学の留学生寮で住み込みのアドバイザーになって外国人と交流しました」

中東政治に関心を深め、レバノンに1年半留学。18の民族が生きるモザイク国家が一定の安定を保つその理由を知りたかった。そこでパレスチナ難民の存在を知り、今を懸命に生きる難民に焦点を当てた支援活動を志すようになった。

          続きは本紙で...


えのもと しょうこ

1982年、大阪府生まれ。中学生の時、スーダンの飢餓を知り国際政治に関心を持つ。イラク・アルビルで数少ない日本人スタッフとして活動し、イラク支援やシリア難民支援でヨルダンへも赴く。「子どもの総合支援施設」への募金情報はhttp://jim-net.org/から。

【 新聞代 】(送料込み)
 1カ月750円、3カ月2,250円
 6カ月4,500円、1年9,000円
【 振込先 】
 郵便振替:00180-6-196455
 加入者名:婦人民主クラブ
このページのTOPへ