辺野古への基地建設を許さない実行委員会
ホームページhttp://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
ツイッターhttps://twitter.com/henokojitu
連絡先沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)、 (FAX 047-364-9632)


2017年9月24日(日)14:00~月1恒例の
  
”辺野古新基地建設を許さない”
新宿アルタ前アピール&デモです
                                               
                             参加よろしくお願いします(主催 辺野古への基地建設を許さない実行委員会)


 - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

  
欠陥機オスプレイを飛ばすな!
  
  ◎
翁長知事の差し止め訴訟を支持しよう!

  辺野古新基地建設反対
  9・24 新宿デモ
    

日時 : 2017年9月24日(日) 14:00~新宿アルタ前でアピール開始
                      
                      15:00~デモ出発
 
 主催 : 辺野古への新基地建設許さない実行委員会
        
          連絡先 : 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)

 8月5日、オスプレイがオーストラリア沖で3名の乗組員が死亡するという墜落事故を起こしたことはテレビなどで大いに報
道されたので皆さんもよくご存じだと思います。米軍は、、最も重い自己評価の「クラスA」としていますしかし小野寺防衛
大臣は
形だけの飛行自粛を米軍に求めただけで6日後「安全航行可能だ」という米軍の説明を鵜吞みにし、
飛行再開を容認してしまいました。

 ところが日本、とりわけ沖縄で、沖縄普天間所属のオスプレイが今年、6回もの事故を起こしていたのです。
 6月6日伊江島補助飛行場に緊急着陸、同じく6月奄美空港に緊急着陸、そしてつい最近、8月28日普天間を飛び立った
オスプレイは白煙を上げ、岩国基地に緊急着陸、8月29日岩国基地を飛び立ったオスプレイが白煙を上げ、大分空港に緊急
着陸、8月29日、そのオスプレイが大分空港で整備中にはたまた白煙を上げるという重大事故を起こしました。
 オスプレイは専門家も認める欠陥機です。普天間に戻った事故機を含め、普天間配備の欠陥機オスプレイが、今、、昼夜
違わず、沖縄の空を縦横無尽に飛び回っています。
 日本政府、差別主義者小野寺防衛大臣は沖縄の安全などこれぽっちも考えていないのです。
 
 大浦湾の海底は琉球石灰岩、鍾乳洞など複雑な構造があると言われ、更に19カ所の調査が必要だと言われています。海底
に埋めるケーソンの仮置き場として予定されていた海上作業ヤードの造成も中止されました。大幅な工法の変更が必要ですが、
防衛局は、変更申請を沖縄県に提出する様子はありません。
 埋立て工事も実際には進んでいません。「本格工事開始」と大々的に報道されたK9護岸工事も100m進ん
でから
中断し防衛省もか、「仮設工事」だったことを認めざるを得ませんでした
追い詰められているのは政府、防衛省です。
 7月24日翁長知事は「岩礁破砕等行為の差し止訴訟」を提起し、仮処分命令を求める申し立てを行いました。沖縄への基地
押しつけは、沖縄差別が底流にあります。このことは私たち「本土」の人間の問題でもあります。
 この首都圏でも、翁長知事の「差し止訴訟」、「仮処分命令申し立て」支持、「欠陥機オスプレイを飛ばすな」の声を大きく上げ、
辺野古新基地建設阻止行動の闘いを前進させましょう。


2017年10月2日(月) 18:30~  防衛省正門前抗議行
 
場所  防衛省前
      JR・地下鉄「市ヶ谷」「四ツ谷」駅7分

    http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html
  主催  辺野古への基地建設を許さない実行委員会
  連絡先
 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)
「闘いの記録」
2017年

基地関係Link
〈抗議先〉
   
沖縄防衛局  防衛省・自衛隊
〈現地情報〉
 
 
(辺野古)  (高江)
(南西諸島・与那国、宮古)

参加団体(40)
(2015年09月25日現在)
記録集『辺野古アクション』(リンク)                             
日韓民衆連帯全国ネットワーク
アジア共同行動日本連絡会議
命どぅ宝ネットワーク 明治大学駿台文学会
新しい反安保行動をつくる実行委員会
日本山妙法寺
ジュゴン保護キャンペーンセンター
北限のジュゴンを見守る会
許すな!憲法改悪・市民連絡会
派兵チェック編集委員会
うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会
基地はいらない!女たちの全国ネット
安保—沖縄共闘委
労働運動活動者評議会
反安保労働者講座
平和憲法を守り、日米安保と軍事基地をなくす会・東京
基地のない平和な沖縄をめざす会
東京沖縄県人会青年部
沖縄文化講座
日本キリスト教協議会(NCC)平和・核問題委員会
日本キリスト教協議会(NCC)女性委員会
平和を実現するキリスト者ネット
NO!レイプNO!ベース女たちの会
沖縄を考える市民の会
平和憲法を生かす新宿の会
沖縄・日本から米軍基地をなくす草の根運動
I女性会議東京都本部
安保をつぶせ!ちょうちんデモの会
ピースサイクル東京ネット
ピースサイクル三多摩ネット
名護ヘリポート基地に反対する会
戦争に協力しない!させない!練馬アクション
本郷文化フォーラムワーカーズスクール(HOWS)
ピープルズプラン研究所
アジア平和連合(APA)ジャパン
東京都学校ユニオン
ピース・ニュース
ふぇみん婦人民主クラブ
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
参加呼びかけ
(表)参加呼びかけ、6・26集会PDF
(裏)毎週抗議PDF
 地元の住民団体である「命を守る会」をはじめ、ヘリ基地反対協議会や平和市民連絡会のメンバーによって、ボーリング調査の作業強行を中断させ、座り込みを続けて80日目となります(7月7日現在)。
「美ら海にクイを一本も打たさない」という、命を守る会のオジー・オバーたちの思いを大切にして阻止を続けてきているのです。今では、沖縄をはじめ全国各地から座り込みに参加し、たくさんの激励文も寄せられてきています。
ところが、日本政府は、ボーリング調査の強行をいまだにあきらめていません。毎日のように押しかけてきています。
このような中で、私たちは、ボーリング調査を許さない支援運動を早急に強め、広げていかなくてはなりません。座り込みにかけつけることはもちろんですが、私たちの足元でも支援できることがあると思います。ボーリング阻止行動を続けられるように、運動資金のカンパをすること。防衛庁・防衛施設庁に、ボーリング調査をやめるようにはたらきかけること、そしてより多くの人たちにこの事態を伝えることです。
わたしたちはそのためにこの実行委員会を発足させました。みなさんの参加協力をお願いします。


これまでの(署名、要請、声明)の記録

署名

2010年7月~11月普天間基地の無条件返還と
辺野古・徳之島への移設断念を求める署名
(終了) 
 <最終合計(ペーパー10871筆)(メール441筆)              

 (団体ペーパー63筆)(団体メール18筆) 合計11393筆>      
 署名提出行動の様子
2010年3月~6月 沖縄の民意に応えてください
辺野古への基地建設断念と普天間基地の無条
件返還を求める署名
(終了)                 
<最終合計26014筆>                                         

2008年7月18日 7.18沖縄県議会決議を尊重し
、辺野古新基地建設の断念を求める請願署名
(終了)                           
 最終署名数: 個人132580筆、団体463筆  
 (最終)要請

2010年2月5日  いわゆる「普天間移設」問の
報道についての報道関係のみなさんへの要請」

2010年10月14日 環境省交渉(PDF)
2008年10月08日:防衛省( PDF:396 KB)、
          環境省( PDF:344 KB

2008年04月07日:防衛省( PDF:344 KB)、
           環境省( PDF:312 KB) 

2009年05月27日:防衛省(pdf) 環境省(pdf)                       
2009年09月29日:外務省(pdf
2009年09月30日:環境省(pdf)、      
            防衛省(pdf)声明

2011年2月20日 2.20アメリカ大使館抗議行動
               への弾圧抗議声明

2007年11月14日 普天間飛行場代替施設建設
事業に係る環境影響評価方法書の撤回を求め
る声明
これまでの取り組み(画像、抗議・要請行動、集会の様子)
2013年 記録
2012年 記録
2011年:1月2月、4月5月、6月8月10月
2010年:4月①5月①6月① 、8月
     9月①10月②11月①12月①
2009年:8月9月10月
2007年:1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月
2006年:
1月2月3月4月5月6月7月〜
2005年:1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2004年:6〜7月8月9月10月11月12月

<資料>