伊藤孝司 WEB写真展
 環境破壊と日本 


 人類は「進歩」や「発展」という名のもとに環境破壊を続けてきた。その結果、地球環境は危機的状況に陥ってしまった。
 日本の自然は、変化に富んだ気候の中で美しく豊かに育まれてきた。ところが明治以降のわずかな期間に、その宝物を食いつぶしてきた。もっとも大きく破壊されたのは山と川である。
 日本は、アジア太平洋戦争・戦後の復興期・高度経済成長期に、原生林や自然林を次々と伐採してきた。そこに植えられたのは針葉樹だった。その結果、山の保水力はいちじるしく衰え、大規模な洪水や土砂崩れがひんぱんに起きるようになった。
 国土交通省(旧建設省)や農林水産省は、コンクリートのダムでこうした災害を防ごうとしてきた。日本には現在、ダムと堰(高さ15メートル以下のダム)が約2700もある。

日本の政府と企業が行なっている環境破壊は国内だけではない。アジア太平洋の国々で、大規模な環境破壊と人権侵害を引き起こしている。しかも先住民族が被害を受けることが多い。
 大量消費社会を続ける日本は、物質的な「豊かさ」を維持するために海外で大規模な環境破壊を続けており、地球環境を悪化させている。この状態を容認するならば、私たち日本の消費者はアジア太平洋の人々と自然だけでなく、自分の子や孫に対しても加害者となる。

日本の川

日本の森林

日本の干潟

ダム建設 <インドネシア/フィリピン>

原発輸出・ウラン鉱山開発 <台湾/オーストラリア>

森林伐採 <オーストラリア/インドネシア/パプアニューギニア/ロシア>

地球温暖化 マーシャル諸島フィジー/ツバル>



ここで紹介する写真は取材のごく一部です。どのテーマについても大量の写真を撮影しており、ビデオ映像もあります。これらは出版・放送などのために有料で貸出ししています。また、写真パネルの貸出しや、スライドを上映しながらの講演も行なっています。

「地球を殺すな! 環境破壊大国・日本」を刊行しました
この数年、ロシア・台湾・フィリピン・インドネシア・オーストラリア・マーシャル諸島・ツバルなどを駆け回り、日本が大きく関わる環境破壊を取材して多くの雑誌とテレビで発表しました。それに最新情報を加筆したものを単行本にまとめ、風媒社から刊行しました。カラー写真が満載です。書店にない場合は風媒社(052-331-0008)へご注文ください。定価(本体2400円+税)。
楽天ブックスの「地球を殺すな!」

写真パネル環境破壊大国・日本を貸し出ししています

   <仕様>木製パネル/カラー36×53a49枚・60×90a7枚
      梱包木箱/48×63×80a2箱・30×102×85a1箱

   <問い合わせ・申し込み先> itoh-takashi@nifty.com


このホームページに掲載している映像と文章は伊藤孝司に著作権があり、日本の「著作権法」と
国際的な著作権条約で保護されています。無断使用・転載はできません。



トップ頁へ戻る