全面改定のご挨拶

2005年9月30日(金曜日)

直言の頁の創設に当たっての編集長・木村愛二の舌代

 電網(インターネット)上の情報発信に関しては、これまで様々な試みをした。最初は週刊「憎まれ愚痴」(1999.1.1.創刊号)で、これが月刊になり、当時流行し始めた「日記風」の情報発信になり、これも間遠になり、2001年秋からは「亜空間通信」になった。

「亜空間通信」は、いわゆるメールマガジンで、これは結構長期間続いた。

 その発行と同時に、阿修羅の戦争・政治などの掲示板に投稿してきた。わが電網宝庫(ホームページ)に、主題別の特集リンクを設定して、収めている。

 しかし、この発行にも苦労が多く、次第に疲れ、徒労感を覚えていた矢先に、ウィルス攻撃によるものか、ついにパソコンが壊れた。

 その一方で、昨年、2004年春から始めた季刊『真相の深層』編集・発行も大変だし、単行本の発行にも力を入れたい。

 そこで、いっそのこと、最近流行の簡単な「ブログ」とやらに習い、断続的な日記風の時評による情報発信に切り替えることにした。幸いなことに、これまでの6年余の情報発信により、基地のホームページ(電網宝庫)の表紙のヒット数は、毎日、300前後に達している。常連の皆さん向けの情報発信ができれば、それで、インターネット冥利に尽きると考えることにする。


新設・編集長の辛口時評 へ戻る