編集長の辛口時評 2005年11月

上に戻る

2005.11.29

911謀略の嘘の上塗りTBS放映カナダ製デマ番組に慨嘆

辛口時評 20051129
911謀略の嘘の上塗りTBS放映カナダ製デマ番組に慨嘆

 まずは、見逃したテレビ番組の録画を、電網経由で入手できた御礼である。

 6日前の2005年11月23日、阿修羅戦争掲示板に、以下の投稿をした。この「録画求む」の投稿には、2人からの応答があり、無事入手できた。

----------------------------------------------------------
見逃したテレビ番組「9・11」云々ありの録画を入手したい。
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/391.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 11 月 23 日 22:03:34: CjMHiEP28ibKM
 見逃したテレビ番組「9・11」云々ありの録画を入手したい。
「スーパーフライデー」という番組名らしい。
11/18(金) 後06:55 >> 後08:54  TBSテレビ
日経2005.11.18.テレビ欄には、以下の宣伝文句がある。

6.55高度10000Mの恐怖!
「ザ・航空パニック」
▽緊急着陸・・・前輪90度横向き・・・!機内映像入手
生中継を見た乗客は?
▽9・11テロ実行犯と最後まで闘った乗務員
知られざる壮絶記録…
再現ドラマ日本初公開
▽ハイテク機の死角・・・
空中で燃料漏れ!全部エンジン停止・・・機長の(秘)操縦

上記の内、「▽9・11テロ実行犯と最後まで闘った乗務員」とあるのは、ペンシルバニアで撃墜された飛行機の(怪しい)「美談」のようであるが、そのように演出された動画を見た記憶がある。
 同じものかどうかは分からないが、「再現ドラマ」となると、事実経過の「再現」の意味になる。
 アメリカ追随のデマ宣伝として批判するためには、録画を入手したい。

有志のご連絡を待つ。
木村愛二
http://www.jca.apc.org/~altmedka/
altmedka@jca.apc.org
----------------------------------------------------------

 つぎは、入手に成功した録画の視聴の結果の報告であるが、上記の「9・11テロ実行犯と最後まで闘った乗務員」の「知られざる壮絶記録…」は、、ペンシルバニアで撃墜された飛行機の(怪しい)「美談」ではなくて、ニューヨークの国際貿易センタービルへの突入機の機内の「再現ドラマ」であった。「日本初公開」とあるからには、おそらく、アメリカで放映されたものであろう。

 しかし、終わりに流れるクレジットには、日本国内のプロダクションの名前しかない。

 そこで、TBSの視聴者サービス部の視聴者センター電話して聞くと、至極簡単に、担当者につないでくれた。この点、視聴者コールセンターとやらでブロックして、まったく現場につながないNHKよりはましである。

 担当者の話では、カナダのプロダクションが制作したもので、日本のエイジェントが入手したおり、アメリカでも放映されたらしい。

 さてさて、問題は、その内容であるが、アラブ人のモハメッド・アタなどの周知の(怪しい)「テロリスト」が、カッターナイフなどで、乗務員を脅し、ハイジャックしたという話の筋である。

 しかし、実に面白いことに、まさに「語るに落ちる」のは、その機内情報の入手経路である。

 スチュワーデスが、携帯電話で連絡したことになっているのだが、携帯電話のカードは、「他人のを借りた」ことになっている。

 実は、911事件の直後から、この携帯電話の話は疑問だらけで、電話会社の請求書の記録がないのである。わが編書、『9.11事件の真相と背景』にも、「●携帯電話の請求書が発行されていない?」の項目を設けて、各種情報を総合してある。

 「9・11テロ実行犯と最後まで闘った乗務員 知られざる壮絶記録…」などと、オドロオドロしく、嘘の上塗り、でっち上げたデマ情報でしかない。

 番組全体の問題は、実際の航空機事故の実写と「再現ドラマ」を前後に沢山並べているから、911も、同じような事実の「再現ドラマ」であるかのような錯覚を狙ったものに違いない。

 これは実に悪質な映像詐欺である。かつては、民放の先駆者として、NHKを上回る「報道のTBS」という評価もあったのだが、楽天の買収攻勢の最中、慨嘆する他はない情況である。

上に戻る

2005.11.22

1980年の米議事録訳出:孫子曰く:「知彼知己、百戦不殆」、「不知彼不知己、毎戦必殆」

辛口時評 051122
1980年の米議事録訳出:孫子曰く:「知彼知己、百戦不殆」、「不知彼不知己、毎戦必殆」

「彼(敵)を知り、己を知る者、百戦して殆(あや)うからず」、「彼(敵)を知らず、己を知らざれば、戦う毎にかならず殆(あや)うし」

 これまでの反米運動は、1980 年以来の敵の計画を知らずに戦っていたのである。ああ、なんともかんとも、危(あや)ういかな。負け続けていたのは、理の当然であった。

 1991年に初見参、一九八〇年の上院外交委員会聴聞会議事録『南西アジアにおける合衆国の安全保障上の関心と政策』を、湾岸戦争に関する拙著『湾岸報道に偽りあり』で、以下のごとく紹介した。

----------------------------------------------------------
 資料名だけはすでに一年前から知っていた『南西アジアにおける合衆国の安全保障上の関心と政策』は、マイクロ・フィシュではたったの四枚だが、議事日程で二月から三月にかけての六日間の証言と付属報告集であり、B5版で本文が三六八ページにもおよぶ長文のものであった。

 表紙には斜めに、「 HOLD FOR RELEASE SEP 16」というゴム印らしい文字が二ヵ所に押されている。マイクロ・フィシュは白黒写真なので、色は分らないが、赤字の日づけ入りハンコだったのではないだろうか。「九月十六日に公開」ということは「それまでは差止め」の意である。この種の議事録には機密性があり、内容も一部は削除され、公開が遅れることも多いという。この場合、三月十八日に終わった聴聞会の記録が、以後約半年間、公開差止めとなっていたわけだ。同時期の軍事委員会議事録にはゴム印が見られないことから考えると、やはり、特別扱いだったのだろう。

 内容は、定まり文句の「ソ連の軍事力の増大」ではじまり、「ペルシャ湾への合衆国(軍)の接近作業」(U.S. APPROACHES TO THE PERCIAN GULF )という題名の軍事作戦地図でおわっている。だが、むしろ驚嘆すべきなのは、実に詳しい石油事情の分析と予測である。つまり、「安全保障」といい「軍事力」というものの本音が、まさに石油資源地帯確保にほかならないことを見事に自ら告白しているのだ。途中からは「追加報告」となり、文書提出の「CIA長官の陳述書」、「緊急展開軍」(中央軍の前身)、「ペルシャ湾からの石油輸入:供給を確保するための合衆国軍事力の使用」などが収録されている。「事件年表」の発端が、一九七三年十月十七日から一九七四年三月十八日までの「アラブ石油禁輸」となっているのは、この報告の歴史的性格の象徴であろう。
----------------------------------------------------------

 以後、日本語訳の出版を目指しつつも、14年が経過した。以下は、最新の木村書店の広告である。

----------------------------------------------------------
1980年から25年後、4半世紀を経て、湾岸戦争からイラク戦争に至る緊急展開軍予算請求の米上院委員会議事録ついに日本語の全文訳が完成!全訳2巻で約600頁
(季刊『真相の深層』05冬8号からの連載開始と同時に予約受付)南西アジアにおける
合衆国の安全保障上の関心と政策
U.S. SECURITY INTERESTS AND POLICIES IN SOUTHWEST ASIA
FEBUARY 6, 7, 20, 27; MACH 4, 18, 1980

木村書店発行、定価は4,000円、事前予約は3,000円。
事前申し込みは発売と同時に郵送。郵送無料。
申し込み先:http://www.jca.apc.org/~altmedka/hanbai.html
郵便払込の口座番号
00150-4-568373
口座名:木村書店
tel/fax: 0422-54-7476
----------------------------------------------------------

 12/01発行:季刊『真相の深層』05冬8号の目次は、以下である。

----------------------------------------------------------
目次
責任編集・発行人・木村愛二の舌代
ブッシュとシャロンに獄門台をプレゼント
米国政府関係者から9・11とイラク戦争に対する重大告発
訳・解説:江熊裕志
英国随一の保守系大衆紙『デイリーメール』が911謀略説を一挙紹介
付録:「刑事コロンボ番外編:パンケーキの秘密」
楡井研
バスラで逮捕、奪取された2英人秘密工作員の任務はテロ実行
ファイサル・ファハド博士の評論
齊藤力二郎・訳
《7・7ロンドン爆破事件》各言語による情報発信ぶり比較
童子丸開
ロンドン7・7大量虐殺の真相とその深層
江熊裕志
イズラエル・シャミールへのインタビュー
パレスチナ/イスラエルでの人権の平等はユートピアに非ず
童子丸開・訳
国際時評:アメリカの侵略政策に奉仕する「国境なき記者団」の素顔
佐々木衛
連載:「元シオニスト活動家の慟哭」イラクのユダヤ人(第2部)
ナエイム・ジラディ・著
童子丸開・訳
ラテンアメリカに敵対する米帝国とCIA(第3部)
「尊厳・主権・反戦平和の法廷」(エクアドル)
童子丸開 ・訳
聖なるマフィア―オプス・デイの素顔を暴く(その7)
童子丸開
カール・マルクスの大罪(3)
プルードンの主著の邦訳がないのにマルクスの批判本を鵜呑みの怪談
木村愛二
新連載:佐藤 雅彦・訳:『南西アジアにおける合衆国の安全保障上の関心と政策』
米上院外交委員会記録のうち『付録』その1
 問題点概要 No.IB80027―緊急展開軍
編集後記
----------------------------------------------------------
責任編集・発行人・木村愛二の舌代
 創刊号では本誌を、難解な国際政治の議論にも資料を提供する徹底的な硬派の「高級雑誌」と宣言した。
 成果は確実に挙がっている。季刊『真相の深層』編集長の肩書きで、毎月の連続講演も依頼された。第一回は「権力の構図と情報操作のセオリー」、第二回は「米国によるCIAの謀略構想と世界制覇に向けた計画を暴く!」「9・11事件とイラク戦争の謀略」、第三回は「ネオコン・シオニスト・イスラエルの世界戦略」となる。基本的な証拠は、本号から連載を開始するが、湾岸戦争からイラク戦争に至る「緊急展開軍予算請求」米上院委員会議事録、『南西アジアにおける合衆国の安全保障上の関心と政策』である。

 [中略]
【編集者の序】舌代でふれたように、今号から『南西アジアにおける合衆国の安全保障上の関心と政策』を順次、掲載する。この記録は、本文326頁、「付録」42頁、総計368頁。「付録」の内容は以下の通りである。連載第1回の今号では、下記のうち「緊急展開軍」(p327~p336)の部分を掲載する。
[中略]
《RDF構想》
 現行の計画では、全軍の中から一定の限定された部隊が、部隊内の命令系統は従来のままで、RDF-JTFの司令官(Commander)の下に編入される。RDF-JTFとしての部隊の任命は、統合参謀本部によって行われた。緊急事態(emergency)が宣言された時には、任命された部隊はRDF-JTF司令官に直属する態勢で、展開の準備を開始することになる。どの部隊が配備されるかや、その派遣目的がどのようなものになるかは、その時々の紛争の状況によって決まってくる。このような部隊は、利用可能な機動部隊を送り出すことになる。

[中略]
編集後記
 本号から、一九八〇年の上院外交委員会聴聞会議事録『南西アジアにおける合衆国の安全保障上の関心と政策』の日本語訳連載を開始し、同時に、全訳の二巻(約六百頁)の事前予約を受け付ける。二巻の定価は四千円の予定だが、事前予約は三千円とする。この議事録の存在は、一九九二年発行の拙著『湾岸報道に偽りあり』で紹介し、原文を復刻版で広めたが、湾岸平和訴訟で証拠としての原文に部分訳を添えて提出しただけだった。季刊『真相の深層』の読者の予約購読料によって、翻訳料も出せる状況になり、やっと、全訳を公開できるのである。

 孫子曰く「彼(敵)を知り、己を知る者、百戦して殆(あや)うからず」」、これまでの反米運動は、敵の計画を知らずに戦っていたのである。危(あや)ういかな。

 季刊『真相の深層』万歳!

 議事録の内容は、定まり文句の「ソ連の軍事力の増大」で始まり、「CIA長官の陳述書」、「緊急展開軍」(中央軍の前身)、「ペルシャ湾からの石油輸入:供給を確保するための合衆国軍事力の使用」の計画書などが収録され、「ペルシャ湾への合衆国(軍)の接近」という題名の軍事作戦地図で終わっている。付録の「事件年表」の発端が、一九七三年十月十七日から一九七四年三月十八日の「アラブ石油禁輸」となっているのは、この議事録の歴史的性格の象徴である。パレスチナへのイスラエル侵略に抗議する「アラブの大義」の戦いが「石油武器論」を生み、それへの報復と、アメリカ軍のアラブの石油産出国への侵略が、湾岸戦争から現在の9・11事件、イラク戦争にまで続いているのである。一九四七年の国連パレスチナ分割決議にも遡る現代史の「真相の深層」が、ここにあるかと思えば、はるばる、ここまで来たるかの感に堪えない。

 アラブ諸国の「石油武器論」の行使は、結果として、真珠湾攻撃を典型とする「被害者スタンス」の常習犯、アメリカに、イラクを攻撃する口実を提供した。イスラエルは、アメリカとアラブ諸国を戦わせているのである。人種的には同根のユダヤ人は、外見も同じだし、アラブ語も堪能である。秘密情報機関モサドの工作員は、アラブ人を装って、アラブ諸国に潜入している。「過激な方針」を唆した可能性もある。

 歴史の真相とその深層を探る作業は、容易ではない。しかし、真実の究明なしに平和を語るのは、実に空しい行為なのである。本誌の役割は、いかに困難でも、この真実の究明の終わりなき作業を続けることにある。
----------------------------------------------------------

上に戻る

2005.11.20

NHK「政治介入」で魚住昭が月刊現代記事から急激なトーンダウン

辛口時評 2005.11.20
NHK「政治介入」で魚住昭が月刊現代記事から急激なトーンダウン

『創』2005年12月号の朝日特集記事、「NHKより深刻?朝日新聞が抱えた問題点」(魚住昭)には、以下の部分がある。

----------------------------------------------------------
 1月26日頃は、NHKの予算審議が始まる直前でした。NHKの国会担当の職員たちが自民党右派の方々のところを回っていたら、番組が騒ぎになっているとわかり、そこから野島局長に情報が入り、野島局長は伊東番制局長や松尾総局長に伝えたという構図になっています。

 朝日新聞が最初に書いたような、直接的にNHkの担当局長・総局長らを呼んで圧力をかけたというのは、多少修正を要するわけです。実態としては、日本会議や右派議員が騒いでいるというのをNHKが聞きつけて、みずから"ご説明"に赴いたというのが近いと思います。でも番組を作っている現場から見れば、実質的にはNHK幹部が政治家に呼びつけられたように見えるわけです。そのような認識をもったのは無理からぬことで、これをもって誤報と決めつけることはできないと思います。
----------------------------------------------------------

 魚住昭とは旧知の関係である。彼の著書『渡辺恒雄・メディアと権力』に関しては、取材の段階で彼が会いに来て、協力を求められ、最大限の資料提供をした。その際の資料収集の努力は高く評価している。

 ところが、NHK「番組改変」問題では、最初から朝日またはバウネット寄りの思いこみが強く、危惧を覚えていた。その危惧は的中した。上記の『創』記事のトーンダウンは、文章の上でも、「無理からぬ」どころか、「無理押し」の自己弁護になっている。

 しかも、「番組を作っている現場から見れば、実質的にはNHK幹部が政治家に呼びつけられたように見えるわけです。そのような認識をもったのは無理からぬことで、これをもって誤報と決めつけることはできないと思います」という部分は、自分の弁護なのか、朝日新聞記者の弁護なのか、位置づけが不明瞭であるが、どうやら、朝日新聞記者、本田雅和の擁護を通じての自己弁護と思える。

 いずれにしても、「番組を作っている現場」の感想、意見だけではなく、「NHK幹部」と「政治家」の方の「裏取り」取材をすべきところ、それをしていないのだから、本田雅和は、記者として完全に落第である。

 ところで、魚住昭の急激なトーンダウンに関しては、わが助言の効き目が顕れたかな、と思える節がある。私は、以下の集会に参加した際、開始前に彼に若干の意見を述べ、集会の会場質問でも、いくつかの問題点を指摘したのである。

----------------------------------------------------------
VAWW-NETジャパン
政治家によるNHK番組介入問題について
2005年08月11日
8月11日 緊急集会「証言記録がものがたる政治介入の真相」
緊急集会
◇◆◇◆ 「証言記録がものがたる政治介入の真相」 ◇◆◇◆
          -NHK問題で問われたことー
 NHKの番組改変問題に絡む内部資料が流出した疑いがあるとして、自民党役員が朝日新聞に対し、会見以外の取材に応じないと決めました。

 私たちはこのような自民党の反応は「問題のすり替え」だと認識します。

 この流出事件の発端となった月刊『現代』の記事、「証言記録を入手―『政治介入』の決定的証拠」を書かれた魚住昭氏を招き、一体NHKと政治権力との間に何が起こったのか、この問題の背景および本質を語っていただきます。

 報道では知りえなかったことを聞く絶好の機会です。
 みなさま、どうぞご参加ください!!

 日時: 8月11日(木)午後6時半より(6時開場)

 場所: 文京区民センター 3階 3-A会議室

 内容:
   1 問題提起   魚住 昭氏(元共同通信記者、フリーライター)
   2 トーク    魚住 昭氏 VS 宮崎 学氏
   3 質疑応答

 参加費:700円(資料代、会場費)

共催
 NHK受信料支払い停止運動の会、放送を語る会、人権と報道連絡会
 日本ジャーナリスト会議、報道・表現の危機を考える弁護士の会

この集会についての御照会は、直接下記へ。
mail: shiharaiteishi@yahoo.co.jp
HP: http://www.geocities.jp/shiharaiteishi/
----------------------------------------------------------

 この「政治介入」問題では、上記の「共催」団体はもとより多くの朝日寄り論者が、「政治介入」断定の論調である。

 時間の余裕がないので、未発表であるが、私は、朝日新聞の広報部に電話して、「女性国際戦犯法廷」のキーワード検索を依頼し、縮刷版から記事を複写した。2000年12月8日から九段会館で開催した「女性国際戦犯法廷」の前には、何回も「キャンペーン」記事が掲載されており、本田雅和の署名記事もあった。

「裁判官を務めたのは、国連旧ユーゴ戦犯法廷のガブリエル・マクドナルド前所長、ロンドン大のクリスチーヌ・チンキン教授、カルメン・アルヒバイ国際女性法律家連盟会長、ケニア人権委員会のウィリー・ムトゥンガ委員長の四人」(共同通信記事)という明白なユーゴ・バッシングのための「戦時性暴力」キャンペーンに、「正義を売る商店」朝日新聞が、率先協力したのであるから、これはまったく笑えない喜劇なのである。

 以下は、この重大な問題点を早くから指摘し続けてきた例証である。このメールの発信の日付は、今から4年以上も前の2001年4月29日である。

----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/juugun-04.html
「従軍慰安婦」問題に見る「メビウスの帯」断章
(その04)「ホロコースト」「ユーゴ民族浄化」「百人斬り」
嘘の因果は巡るNHK戦争裁判メビウスの帯2
送信日時:2001年4月29日 日曜日 8:08 AM
件名 : 因果は巡るNHK戦争裁判メビウスの帯2

 昨日送った関連の電子手紙のように、「女性国際戦犯法廷」なる出し物の主催者代表、朝日新聞記者の経歴の松井やよりさんは、最初から、欧米諸国のユーゴ侵略を「レイプ」のガセネタで支援し続けた怪し気な疑似平和運動に、「取り込まれていた」(ユーゴの被害者救援運動者の言)のでした。

 それほど具体的な経過を追わなくても、私自身が、このような俯瞰的な観測については、絶対の自信を持って断言できます。アメリカ人が関わる平和運動には、国際独占資本が金を出していたりして、実に怪しげなのが多いのです。遅れた半封建的な資本主義国、日本でさえも、戦前、朝日新聞記者などの言論人を総動員して、「宣撫工作」を展開したのでした。

 ユーゴ戦争の関係では、いわゆる「ユーゴ空爆」(私はKLAと称する麻薬マフィア のアルバニア系破落戸が「ドル」で集めた即製兵士に武器弾薬をふんだんに供給した地上戦の存在を指摘し続けました)に関して、ハーグで開かれた平和集会では、アルバニア系の動員、つまりはドルで旅費を供給した動員によって、空爆への反対決議すらが否決された事実を、最も重視します。

 ハーグの平和集会の仕掛人もアメリカ人ですが、その直後に私が自費で参加したニューヨークの「NATOを裁く独立戦争犯罪法廷」の主催団体、国際行動センターの代表者、ラムゼイ・クラークとは、いわゆる犬猿の仲だそうです。国際行動センターの方は、元司法長官でもあり、超有名人で、現在も弁護士事務所を開いているクラークの著書や、各種ヴィデオの販売によって、自前の活動資金を確保しているようです。

 私は、一昨年の上記集会で、クラークの現地入り場面を含む30分のヴィデオ、NATO TARGETSを買い求め、民衆のメディア連絡会の仲間と、元民放争議団の元ラジオ日本アナウンサー、元TBS声優の声の無償出演協力を得て、アメリカとも連絡を取って、版権の許しも正式に得て、日本語版『NATOの標的/ユーゴ空爆の実態』を完成することができました。今、このヴィデオは、NHKからは完全に無視されていますが、ユーゴの子供を救援する運動などによって、全国津々浦々の「貧者の一灯」運動集会で、上映され続けています。

 日本の従軍慰安婦問題に関わる人々の多くは、以上のような国際規模の怪し気な、はっきり言えばCIA謀略の構図を、まったく知らずに、いわば「利用された」のです。国際的な謀略の嘘は、「ホロコーストの嘘」と「ユーゴ民族浄化の大量虐殺・レイプの嘘」ですが、日本国内の底流には、南京「大虐殺」と吠える言論詐欺師、本多勝一の「百人斬りの嘘」報道のボロ隠し、さらにはその本多を文化大革命とやらの時期に 中国に送って、北京支局の存続、つまりは金になる情報源の確保を図った「似非紳士」こと元戦犯、朝日新聞「株式会社」の醜い嘘八百商売が控えています。

 朝日新聞が、上記の「ホロコーストの嘘」、「ユーゴ民族浄化の大量虐殺・レイプの嘘」、「百人斬りの嘘」、この三つのすべての唱導に熱心だったことと、「女性国 際戦犯法廷」なる出し物の主催者代表、松井やよりさんが朝日新聞記者の経歴だとい うこととは、本人の自覚の程度は不明にしても、決して偶然ではありません。
----------------------------------------------------------

上に戻る

2005.11.19

「ドイツ人はホロコーストを口実に脅迫され続けた」と発言してユダヤ人のメニューインの息子が解任

辛口時評 2005.11.19
「ドイツ人はホロコーストを口実に脅迫され続けた」と発言してユダヤ人のメニューインの息子が解任

 阿修羅ホロコースト掲示板の以下の投稿が出現した。

----------------------------------------------------------
メニューインの息子、ホロコーストによる「際限ない脅迫」を批判してメニューイン基金総裁を解任される
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/381.html
投稿者 はちまき伍長 日時 2005 年 11 月 17 日 02:02:56: Zpc9bbdVkJn3c

ヴァイオリニストのユーディ・メニューインの息子、ジェラルド・メニューインはドイツで「メニューイン基金」の総裁をしていたらしいのですが、「ドイツ人はホロコーストを口実に脅迫され続けた」という「反ユダヤ発言」をしたために解任されてしまったとのことです。

http://www.jta.org/brknews.asp?id=163103
Violinist’s son fired for remarks

The son of famous Jewish violinist Yehudi Menuhin lost his job in Germany over extremist statements.
[後略]
----------------------------------------------------------

 私は、パソコンを使い始める以前に、「歴史見直し研究会」代表を名乗り、ワープロ入力、コピー貼り込みの個人新聞『歴史見直しジャーナル』を発行していたが、1998年3月25日発行の15号で、父親のメニューイン自身が、「ホロコーストの嘘」を暴く拙訳『偽イスラエル政治神話』の原著者、ロジェ・ガロディの支持者に加わったことを報じていた。

 もちろん、当時も今も、大手メディア報道はない。それどころか、電網でも、報道されなかった。

 幸か不幸か、息子が、メニューイン基金総裁を解任されるという自体の発生で、このユダヤ人の親子が、ホロコーストの大嘘に疑問を表明したことが、わずかに知られるようになったのである。

 アメリカ人が「メディア・ブロッケイド」と呼ぶ事態の典型である。