憎まれ愚痴入口木村書店┃  911事件『亜空間通信』項目別案内

『亜空間通信抜粋』抜粋文書館

2001.12.20:127号

送信日時 :2001年 12月 20日 木曜日 1:55 PM

題名 :【9.11.事変の疑惑情報増大/テロ直前の「謎の取引急増」データの復元で究明へ】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『亜空間通信』127号(2001/12/20)

【9.11.事変の疑惑情報増大/テロ直前の「謎の取引急増」データの復元で究明へ】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 転送、転載、引用、訳出、大歓迎!

 社告:127号を飛ばして、128, 129号を発行してしまい、慚愧に耐えず、しかし、 日時を胡麻化さずに、ここに127号を発行する。以下、緊急転載。

 以下の題名の阿修羅投稿により、次の電網宝庫記事の存在が判明。ますます9.11. 疑惑情報増大。阿修羅投稿のやりとりは最後に転載する。

★阿修羅♪  戦争7

  テロ直前の「謎の取引急増」,データの復元で究明へ 投稿者

ブッシュマン

日時 2001 年 12 月 19 日 22:59:51:

http://www.zdnet.co.jp/news/reuters/011219/e_wtc.html

テロ直前の「謎の取引急増」,データの復元で究明へ

ハイジャック機が飛び込む直前,世界貿易センター内のコンピュータの一部からのク レジットカード取引が急増した。この異常な取引急増の理由を解明しようと,ドイツ のデータ復元サービス企業が作業にあたっている。

(ロイター)

【米国記事】

2001年12月19日 03:03 PM

更新 9月11日,

ニューヨークの世界貿易センターをテロが襲う直前,説明のつかない金融 取引の急増が起きた。 なぜこのタイミングで取引が急増したのか,その原因の究 明に向けて,ドイツのコ ンピュータ専門家らが不眠不休の支援作業を進めている。 2機のハイジャック機が世界貿易センターのツインタワーに飛び込む直前,同センター 内のコンピュータシステムの一部を通過するクレジットカード取引が急激に増えた。

その取引額は常にない大きなもので,おそらくは1億ドル以上と見られている。 この取引急増は犯罪者の仕業か,それとも単なる偶然なのか? ドイツのデータ復元サービス大手,Convarがこの疑問に答えようと,クレジットカー ド会社や通信事業者,ニューヨークの会計士らが火事/消火水/埃などでダメージを 受けたコンピュータハードディスクの取引記録を調べる作業に手を貸している。

Convarは先駆的なレーザー走査技術を用いて,世界貿易センターと近隣ビルの瓦礫の 中から掘り起こされたコンピュータハードディスクとメインフレームのデータ復元作 業にあたっている。これまでに32台のコンピュータから,この日の「疑惑の取引」を 裏付ける情報を復元した。

「攻撃の情報を事前にキャッチしていた犯罪者が,『事件後に混乱が起きれば最低で も“さい先のいいスタート”が切れる』と踏んで,金融取引のコマンドと承認情報を 送った疑いがある」とConvarの重役,Peter Henschel氏。

混乱に乗じて儲けようとした?

Reutersの取材に対して同氏は,「もちろん,納得できる正当な理由で取引が急増し た可能性もある」と語っている。

「あの火曜日の朝,アメリカ人が強いショッピング意欲にかられたということも,あ り得ないわけではない。だがこの取引量の多さを説明する理由は今のところない」 さらに同氏はこう続けた。「額だけでなく規模も,通常とはかけはなれて大きかった。 混乱が起きることを予期して,これに乗じようとした者の犯行の疑いがある」

米金融界の象徴とも言える世界貿易センターへのテロで,3000人近い人が命を落とし た。ハイジャック機の突入からビル倒壊までの約1時間に3万人ほどが同ビルから脱出 しているが,その間にも,同ビル内のコンピュータの多くは,オペレーター不在なが ら稼働を続けた。

米国政府はその後,オサマ・ビン・ラディン氏率いるアルカイーダをテロの主犯と見 なし,同氏をかくまっていると見られたアフガニスタンのタリバン政権と戦争を始め ている。 レーザースキャナで高いデータ復元率 データ復元サービスの会社は,米国と欧州に数社ある。

だがConvarは,世界貿易セン ターとの契約では,レーザー走査技術を持つ同社が圧倒的なシェアを確保したとして いる。 Convarは,ひどいダメージを受けたコンピュータからでもデータを復元できるレーザースキャナを2年前に開発した。 フランス国境に近い町,プリマセンスにある厳重警備のConvarの施設内で,同社のス タッフ30人ほどが働いている。同社は15年間に渡ってドイツ警察と中流米国軍から仕事を受けている。

プリマセンスは住民3万6000人の町だが,冷戦時代に駐留していた4000人のアメリカ兵が去った後,町は活気を失った。Convarはこの町にいくつか事務所を持っているが,どれも高い塀に囲まれ,数十台の監視カメラで見守られている。 施設の中に入るとドアがずらっと並んでいる。

いずれも厳重なコードロックがかけら れていて,外部の人間をシャットアウトしている。この施設の中核は,1292平方フィートの「防塵クリーンルーム」だ。ここで,ダメージを受けたコンピュータディスクからデータを蘇らせる作業が進められている。 Henschel氏は,プライバシー保護のため,依頼元の社名は明かせないとしており,これまでに復元したデータの詳細についてもコメントを拒否している。

だが,復元したデータ(コンピュータハードディスク1台当たり最大で40Gバイト)は,ただちに衛星回線またはクーリエ便でニューヨークに送り返しているという。

真相はやがて分かる Convar社員でデータ復元の専門家,Richard Wagner氏によると,テロの直前または最中に,1億ドル以上の違法な送金処理が行われた可能性があるという。

「何者かが事前にハイジャック機突入のだいたいの時間をキャッチしていて,1億ド ルを超える額を動かした疑いがある。メインフレームが破壊されれば取引の記録は消 えると考えたのだろう」とWagner氏。

Henschel氏によると,被害に遭った企業は,コンピュータデータ復元のために,1社 当たり2万~3万ドルを費やしている。 このようにデータの復元に高い費用がかかることもあり,調査に出されるハードディ スクの台数は限られている。あるイギリスの新聞はConvarに,ビル倒壊前に建物内か ら送られた「最後の電子メール」の記録復元を求めたが,Convarはこの依頼を断って いる。

Henschel氏は,9月11日に何が起きたか,その断片情報をつなぎあわせるため,米国企業各社が米連邦捜査局(FBI)と共に作業を進めているとし,やがてはこの疑わしい取引の目的も明らかになるはずだと語っている。

「われわれは,ハードディスクの多くがデータ復元に十分な状態を保っていることに 驚いている。汚濁率は確かに高い。ハードディスクは押しつぶされ,粉塵にまみれた。だがそれでも,当社が受け取ったハードディスクの大半は,データを100%復元できている。9月11日にこれらのコンピュータに何が起きたのか,出来る限り早急に究明したい。被害に遭った企業が,自社の金に何が起きたのか知ることのできる日が,いずれはやってくると思う」(Henschel氏)

[18日 ロイター]

★阿修羅♪  戦争7

  テロ直前の「謎の取引急増」,データの復元で究明へ

投稿者 ブッシュマン

日時 2001 年 12 月 19 日 22:59:51:

ハイジャック機が飛び込む直前,世界貿易センター内のコンピュータの一部からのク レジットカード取引が急増した。この異常な取引急増の理由を解明しようと,ドイツ のデータ復元サービス企業が作業にあたっている。

(ロイター)

http://www.zdnet.co.jp/news/reuters/011219/e_wtc.html

★ボロが出てきました さて どうなることやら・・・  

Re: 多いに期待

投稿者 あっしら

日時 2001 年 12 月 20 日 01:52:56:

(回答先: 真相はやがてわかる? 投稿者 ブッシュマン 日時 2001 年 12 月 19 日 23:04:07)

どのような取引内容が記録されているハードディスクなのかわかりませんが、記事内 容から推測すると異常な金融取引が行われていたようですね。

タワー崩壊は、現地時間で10:30am頃だったので、それまでの市場取引も記録 されている可能性はありますね。しかし、当日の市場開始時刻前に事故をニュースで 知ったからという言い逃れはできますね。クレジットカードが使い放題で請求なしと いうのを狙ったものもあったのでしょうかね?

前日だけでは飽き足らず、当日ギリギリまで欲をかいて取引に精を出していた人物が 居たならオモシロイ結果が出てくるんですがね。

9・11前日のシカゴ、ニューヨーク市場での航空会社・保険会社関連の株式や債券 の取引状況を是非とも公開して欲しいと思っています。

「イスラエル関与疑惑」関連記事総覧へ

アメリカ「ゲリラ攻撃」関連記事総覧へ

『亜空間通信』抜粋2001年12月分の目次へ

雑誌憎まれ愚痴 バックナンバー 目次一覧 連載記事一括 時事論評&投稿
憎まれ愚痴入口 上に戻る 木村書店 亜空間通信 亜空間放送局

2003.5改