WEB雑誌『憎まれ愚痴』/『亜空間通信』304号(2002/07/16) 阿修羅投稿を02.12再録

 憎まれ愚痴入口木村書店┃  911事件『亜空間通信』項目別案内

911主犯嫌疑最高:アメリカ新世界秩序派(NWO)の解説掲載米有力日刊紙の意外

転送、転載、引用、訳出、大歓迎!

 表題の「米有力日刊紙」とは、『クリスチャン・サイエンス・モニター』のことである。これが実に面白いのである。

 私は、本日(2002/07/16)から5日前、7月11日に、以下の表題の通信を発した。

http://www.asyura.com/2002/war13/msg/511.html
『亜空間通信』299号(2002.07.11)
【アメリカ人の71%がWTC破壊の黒幕世論調査に大統領府ら新世界秩序派と回答】

この「世論調査」の英文情報に関する私の対応には、大筋の間違いはなかったのであるが、疲労困憊、猛暑の最中のことと弁解しておくものの、斜め読みとも言えぬほどの粗雑な誤読による混乱があった。その経過については、わが電網宝庫に後続通信をも記録してあるが、ここでは不必要なので省略し、必要な大筋のみを再録する。。

 [中略]

5,682人を対象として行った世論調査の結果が、改竄された。しかし、最初の結果は確認されているのである。

設問は:「911の惨劇から6ヶ月以上過ぎた。貴方は、正直なところ、世界貿易センター破壊の背後にいて、あの事件を起こした勢力の中心は、誰だと思うか」
最初に発表された結果:

アラブ人:26.5%

シオニスト/新世界秩序派/ユダヤ=クリスチャン反乱分子:71%

大統領府:21.9 %

[後略]

 私が「新世界秩序派」と訳した部分の原文は、NWOである。NWOは、New World Orderの頭文字である。この言葉は、当時は現職の大統領だったブッシュの父親が、湾岸戦争当時に唱えたものである。上記の世論調査結果の数字では、「新世界秩序派」の得点は71%に含まれるが、「大統領府」の21.9 %と重複しているようである。

 となると、当然、この世論調査の対象となった現在のアメリカ人の間で、この言葉が、いかなる意味で理解されているのか、が、新たな問題となる。
 そこで、猛暑ぼけの頭を振りつつ、New World Orderの電網検索をしてみたら、格好の材料が出てきた。冒頭の部分だけ最初に紹介しておいて、全文は最後に転載する。先方の掲載の日付けは、911の5日後の9月14日である。

 記事の題名は疑問形の「新世界秩序とは」であり、掲載紙は、『クリスチャン・サイエンス・モニター』である。「書き出しは、「ブッシュ組は一方的な進撃路を選び、テロリズムに対して世界を糾合する」となっており、極めて批判的である。

CHRISTIAN SCIENCE MONITOR

USA > Politics
from the September 14, 2001 edition

A New World Order?

Bush team sheds its unilateral approach as it rallies the world against terrorism.

By Howard LaFranchi | Staff writer of The Christian Monitor [後略]

 以上で引用終わり。

そこで、この掲載紙の評価が問題となる。私自身、この掲載紙、『クリスチャン・サイエンス・モニター』に関しては、数年前から、詳しく調べたいと願っていた。ところが、電網検索では、説明に都合の良い記事が、なかなか発見できない。そこで、今や骨董品扱いの紙印刷物を担ぎ出した。以下は、スキャンによる平凡社『世界大百科事典』の説明である。まずは「クリスチャン・サイエンス」とは何か、である。

『世界大百科事典』(平凡社、1988)

クリスチャン・サイエンス
Christian Science

〈キリスト教科学〉の意。
≪科学と健康》(1875)の著者エディ、Mary Baker Eddy(1821‐1910)によって1879年に創立されたキリスト教の信仰治療主義の一派。

 彼女によると精神のみが実在であって物質は幻想であり、病気は精神的な妄想である。それゆえ信仰によってその妄想を断ち切れば病気はいやされる。

 最初は新しい宗派をつくる気はなかったが、信者の増加とともに1992年ボストンにマサチューセッツ州第1科学者キリスト教会を設立。これがく母教会>と呼ばれる本部となった。

 教会員数は20万~30万と推定されており、多くはないが、出版刊行物による伝道に力を注ぎ、教会のほかに無料公開の読書室を設け、自派出版物を置いている。

 出版物で有名なのは、国際的にも評価の高い日刊紙≪クリスチャン・サィエンス・モニター≫であり、他の宗教紙とは異なって世界的な視野をもっている。

 以上で引用終わり。

この項目の執筆者、「古屋安雄」は、電網検索で即座に発見できた。以下である。

http://www.academy-tokyo.com/contents/koukaip/prog_sumi/sumi.html
◆公開パネルディスカッション
『日本のキリスト教の生命と使命』
アドバイザー:古屋 安雄 氏 (国際キリスト教大学名誉教授)
[中略]
2001年8月31日(金)

[後略]

情報源のhttp://www.academy-tokyo.com/を調べると、以下の組織の電網宝庫である。

財団法人 日本クリスチャンアカデミー関東活動センター
〒169-0051東京都新宿区西早稲田2-3-18
TEL: 03-3207-6198 FAX: 03-3207-2478
E-MAIL:info-xt@mt.academy-tokyo.com

 以上で引用終わり。

 検索で出てきた記事は膨大なので、いちいち紹介はしないが、『クリスチャン・サイエンス・モニター』の記事を引く日本の大手メディア記事は、かなり多い。いずれも同紙を、上記のような「国際的にも評価の高い日刊紙」として遇している。これは実に面白い現象である。「精神のみが実在であって物質は幻想」などという非科学的な教義を「科学」と称する宗教的「妄想」から出発した組織の日刊紙が、意外も意外の記事を掲載するに至ったのである。

 先に「数年前」と記したが、私は特に、以下の文章をフランス語の原著から訳出した際、出典として明記されていた『クリスチャン・サイエンス・モニター』のことを、詳しく知りたいと思ったのだった。以下は、電網公開中の拙訳『偽イスラエル政治神話』よりの抜粋であるが、これは実に痛烈なアメリカ=イスラエル関係への批判となっているのである。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/nise-25.html
『偽イスラエル政治神話』(その25)

第3章:神話の政治的利用(その5)
3節:“イスラエルの奇跡”の神話……外部からの資金援助……

《ユダヤ人のゲンコツの力は、それを覆うアメリカの鉄製の手袋と、その上張りのドルに頼っている》(『ユダヤ教とイスラエル』)

[中略]

パリII大学に提出されたジャック・ベンデラック氏の最近の博士論文が、『イスラエルの外部資金』(82)の題名で出ている。この本では、イスラエルの資金を様々な側面から詳しく紹介し、誰しもが拒否できない資料から正確な数字を引用している。
 著者は、主に、ディアスポラによる寄付と、アメリカ政府からの直接の援助との関係を研究している。
 彼は、つぎのように、この関係の発展を特徴付ける。
《もしもディアスポラが、最近(1970年代)まで、イスラエルの主要な資本供給源であったとすれば、現在では、アメリカ政府の援助(一年に約二〇億ドル)の方が、はるかにディアスポラによる資金の貢献(一年に約九億ドル)を上回わる傾向にある》
 こうして、一九八〇財政年度では、イスラエルへの一〇億ドルの武器売却が許可された。だが、その引き渡しの直後に、その半額の五億ドルは、承認されていた貸し付けの項目から、抹消される。……残額は、イスラエルとアメリカの政府間の、水入らずで差し向かいの借金の増大となる。……ただし、借金とは言っても、返済については十年以上の遅れが許されているのであり、その上に、一九七三年以来、悪化を続けるイスラエル経済の状況下、返済とは名ばかりの虚構と化している。なぜならば、返済の払い込みは、直ちに、より増大したアメリカ政府の援助によって償われるからである(『クリスチャン・サイエンス・モニター』81・12・20)。

[後略]

 以上で引用終わり。

 以下が最初に断った「新世界秩序とは」の記事の英語の原文の全文である。

http://www.csmonitor.com/2001/0914/p1s1-uspo.html

CHRISTIAN SCIENCE MONITOR

USA > Politics
from the September 14, 2001 edition

A New World Order?
Bush team sheds its unilateral approach as it rallies the world against terrorism.
By Howard LaFranchi | Staff writer of The Christian Monitor
WASHINGTON - Already, this week's stunning terrorist blows against America appear to have profoundly altered the Bush administration's approach to the rest of the world.

Days ago, foreign leaders were fretting that a disengaged United States was heading down a unilateralist path. Now the US is reaching out to friend and foe alike as it seeks to build an international coalition to fight the scourge of terrorism.

Suddenly, President Bush is dealing with international relations much more in the style of his father, who rallied a broad coalition to fight the Gulf War. That is important, observers say, because the task now facing the son is a similar one: working from an initial base of close allies to construct an "inclusive" coalition that doesn't end up in a clash of civilizations that would only make things worse.

Both President Bush and Secretary of State Colin Powell have spent many hours since Tuesday consulting with world leaders. They have won solid words of support for cooperation in the fight against terrorism from European leaders, as well as from Russian President Vladimir Putin and Chinese President Jiang Zemin.

The diplomatic press has paid off, at least so far. The US has won unprecedented solidarity from NATO, which on Wednesday invoked for the first time an article of its charter that in effect interprets an attack like Tuesday's in the US as an act against all 19 NATO members. The move does not obligate the members to join the US in an eventual military action, but does ensure assistance from NATO countries once the US decides to act.

China's eagerness to open channels of cooperation with the US reflects a desire to keep the US acting within the UN framework and not limiting its international response to work with the Europeans, analysts say.

Critical now, observers say, is for the Bush administration to work from this initial base to build an "inclusive" coalition of countries, including moderate Arab states and Islamic regimes. Now as during the Gulf war, anti-American sentiment runs deep in many of these countries. The danger would be letting an international fight against terrorism devolve into a global clash between the West and Islam.

"It would be catastrophic to allow this to result in a clash of civilizations," says Strobe Talbott, former deputy secretary of state under President Clinton. "[To avoid that] it is essential the US define the coalition in an inclusive way [with] all parts of the civilized world. It must be remembered that many, many victims of this kind of terrorism have been Muslim."

Americans shouldn't expect to see creation of the kind of military coalition that Bush senior put together before attacking Iraq. According to analysts, this international alliance against terrorism is likely to work more on sharing intelligence and improving shared security measures. "When [Powell] uses 'coalition' he is talking about a sustained counter-terrorism operation, not preparing for a war in the sense of a military force," says Anthony Cordesman, a counter terrorism expert here.

Indeed, America's European allies appear to see this moment defining more than an international response to terrorism. The swift and unprecedented action taken by European leaders in NATO and the European Union indicates Europe sees the response to this "act of war" determining the future course of world affairs.

"There is this conviction that this was an act of such magnitude that it will be an epoch-making moment that will set the course of the kind of international system we will have for the next century," says Klaus Becher, a European security expert at the International Institute for Strategic Studies in London.

One reason NATO and the EU acted so resolutely, he adds, was "out of fear the US would be driven [by Tuesday's events] into the kind of unilateral attitude" that would set the post-cold-war era in a direction they don't want.

In that sense, the words out of Washington so far must be reassuring. While military action will likely be taken, Mr. Talbott says the stress on coalitions "is saying there are means other than the military that can be used."

Part of the US interest in securing a coalition is to help find its target and carry out measures against it. But "you need one kind of coalition against a country like Iraq, another against Osama bin Laden and Afghanistan," says Mr. Cordesman. "We need to be able to use the intelligence capabilities of our allies..."

The US clearly sees this as a moment defining "who is with us and who is against us" in fighting terrorism. Mr. Powell is emphasizing the contacts the administration is making with Pakistan, which has a muddled history of allying itself with the US while keeping warm ties to Afghanistan's Taliban government.

Eventually, experts see the crisis forcing the US to refocus on the Middle East. If Powell intends to get at what he called the "branch and root" of terrorism, the US will have to address the perception among a part of the Arab and Islamic world that the US talk of values translates into a two-tier system.

"The regional atmosphere is driven by the perception of American double standards," says Laura Drake, a Mideast specialist at American University. "The over-riding sentiment is that Palestinian and Iraqi human life is less valuable to Americans than their own, and the talk about civilization seems hypocritical to them."

The US-Arab rift certainly complicates the US effort to forge a coalition. "It's imperative we try to bring these countries aboard, but I'm not sure we can, at least very quickly," says Admiral William Crowe, former chairman of the Joint Chiefs of Staff.

% Ann Scott Tyson contributed to this report.

 以上で引用終わり。

 以上。


『亜空間通信』2002年07月分へ

雑誌憎まれ愚痴 バックナンバー 目次一覧 連載記事一括 時事論評&投稿
憎まれ愚痴入口 上に戻る 木村書店 亜空間通信 亜空間放送局

2002.12