避難計画の部屋

   
兵庫県の新シミュレーション
 (2014年版)に地名を挿入 


安定ヨウ素剤の事前配布等を求めて、大津市に申入れ(2017/06/22)
 大津市の回答
  ・安定ヨウ素剤の事前配布は担当と相談して検討します
  ・国道161号が福井の住民の避難ルートになったとは知りませんでした
   滋賀県に問い合わせ、確認し、相談します
  ・避難所のマッチングはしていないが、検討してみます
  ・クレーン倒壊問題は、市長に伝えます
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書      大津市原子力災害避難計画



米原市長の文書回答(2017/06/01)
 高浜3・4号機再稼働と安定ヨウ素剤の適切な服用に関する質問・要望に対する回答について
・再稼働に反対するだけでなく、持続可能なエネルギーへの移行と原子力施設の廃炉を訴えていきます。
・クレーン事故を踏まえ、関電から説明を受け、市から今後の再発防止策を要請しました。
・安定ヨウ素剤については、適切な時期に服用できるよう、市民への事前配布を含め篠山市や
  ひたちなか市等の取組を参考に配備方法等について検討します。
避難計画を案ずる関西連絡会の申し入れに対する米原市長の文書回答

米原市への申し入れ(2017/05/25)
 早急に、高浜原発3・4号機の再稼働に反対を表明し、中止を求めてください
    米原市の回答:
      ・市長は再稼働には当然反対の立場
      ・クレーン事故について関電から十分な説明は受けていない
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書



抗議声明 大飯原発3・4号機の審査書確定・設置変更許可に強く抗議する
(2017/05/24)
福井・関西・中部・佐賀・首都圏の14団体の抗議声明

京都・滋賀の自治体申し入れ報告(2017/05/14)
 〜高浜原発3・4号機の再稼働反対表明を求めて〜
 ・クレーン倒壊事故等の対策が万全でなければ、再稼働は認められない
 ・福井県の了承だけで再稼働が進むのはおかしい。京都府にも同意権等が必要
  ・関電は、住民説明会等で事故や再稼働について説明すべき
避難計画を案ずる関西連絡会の報告

滋賀県日野町への申し入れ(2017/05/11)
 早急に、高浜原発3・4号機の再稼働に反対を表明してください
日野町の回答:
  原発には問題がある。3・11前、原発は「絶対安全」と言われていたのに、
  「想定外」という言葉でもってあのような大惨事になったので、「絶対安全」と
  いうのは通用しないのは火を見るより明らかであり、あらゆる事態を想定して
  対策を講じていく必要がある
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書



滋賀県愛荘町への申し入れ(2017/05/11)
 早急に、高浜原発3・4号機の再稼働に反対を表明してください
愛荘町の回答:
 ・放射能から町民を守る義務があるため、国・関電が誠意と責任をもって、
  高浜3・4号についても、万全の措置を講じることを強く望む
 ・クレーン倒壊事故については、当然考えておくべきことを考えておらず、
  企業としてどうなのかと思う
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   愛荘町長の文書回答



伊根町へ申し入れ(2017/05/10)
 早急に、高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
 早急に、高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
回答は後日に出すということでした
 ・クレーン倒壊事故については、安全管理の根本をしっかりしてほしい
 ・強風でもジブをたたまなかった。こんなこともできていなかったと驚いた
 ・不安に思われている住民もたくさんいると思う
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書



綾部市へ申し入れ(2017/05/09)
 早急に、高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
綾部市の回答:
 ・高浜原発は水漏れ事故、緊急停止、クレーン倒壊事故と続いている。
  個別の問題ではなく、関電の安全管理・体質に問題があるのではないか
 ・3つの事故でしっかり安心できる回答がでないと、再稼働には進まないと思っている
 ・住民の信頼は崩れているので、関電は市町の声を聴くべき
 ・「市民に直接説明すべき」との私たちの要求→「検討したい」
 ・関電のクレーン倒壊事故の再発防止策は不十分。京都府7市町はみんな怒っている。
    ・「日本気象協会から暴風警報のFAXもらう」など、こんなことを今さら
    ・「社長が先頭に立って安全文化の再構築」は、具体性がない
    ・事故時には職員が参集すると言っているが、責任者も具体的な人数も決まっていない
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書



京都府八幡市へ申し入れ(2017/05/09)
 早急に、高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
 八幡市の回答:
   八幡市は「クレーン倒壊事故は解決していないため再稼働の説明は受け入れられない」
    という京都府と同一のスタンスに立っている。
   クレーン倒壊事故は解決していない。関電の対策はあれでよいのかと考えている
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要請書



京都府京田辺市へ申し入れ(2017/05/09)
 早急に、高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
京田辺市の回答:
  クレーン倒壊事故は解決していない。関電は安全対策を怠っており、対策には納得していない。
  どこの自治体も怒っているというのは当然のこと。
  しかし、クレーン倒壊事故が解決していないことをもって、再稼働は止めるべきと言うことはできない。
  対策に納得していないという京田辺市の考えは京都府に伝える
防災を考える京田辺市民の会と避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要請書



京丹波町へ申し入れ(2017/05/08)
 早急に、高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
 京丹波町の回答:
   ・クレーン倒壊事故対策の関電の説明は十分尽くされていない
   ・当然、クレーン対策を踏まえたうえでの再稼働でないと困る
   ・双葉町と友好町であるため、避難の実態はよく理解している
   ・クレーン倒壊や再稼働について、協議会で住民説明会を求めてほしい→「検討します」
     2015年の高浜再稼働の住民説明会について、京丹波町が協議会に出した意見
       http://www.pref.kyoto.jp/kikikanri/271215kyogikai.html?mode=preview
          2015年(平成27年)12月15日市町要望
           「住民の理解は深まったとは言い切れないため、各種対策などに対して、
            必要が生じれば、さらなる説明の機会を設けていただきたい」
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書



南丹市へ申し入れ(2017/05/08)
 早急に、高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
           南丹市の回答:
             ・「地域協議会で議論されるだろう」と他人事のような姿勢
             ・「プルサーマル、MOX燃料については国に説明を要望する」 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書



舞鶴市に申し入れ(2017/05/01)
 早急に、高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
       舞鶴市の回答:
          ・PAZ区域を有し、住民避難訓練等立地自治体と同等の対策を講じている
          舞鶴市の理解を得ることなく、高浜3・4号機の再稼働が論じられることは誠に遺憾
         ・クレーン倒壊事故等の安全対策等が納得できるまでは、再稼働は認められない
          ・福井県知事が再稼働を了承した4月25日、
          クレーン事故の問題は解決していないため、京都府としては再稼働の説明は
          受け入れられないと関電に伝えた 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   資料3



高浜原発から30km圏内の京都府福知山市に申し入れ(2017/04/28)
 早急に、高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
 福井県知事だけの了承で燃料装荷を開始した関電に抗議を 
           福知山市の回答:
             ・クレーン事故の改善策について、納得できなければ、再稼働には反対
             ・クレーン事故問題は、4月7日の京都府7市町地域協議会では決着していない
             ・改善策を練り直し、具体化するように、地域協議会で関電に伝えている
             ・次回会合はまだ決まっていない 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   申し入れの報告



茨城県知事宛の要請書(2017/04/26)
3月31日の省庁交渉で内閣府は、安定ヨウ素剤について
ひたちなか市PAZ内ゼリー剤について交付金分の使用を認めました
 
ひたちなか市にゼリー剤・丸剤を早急に引き渡してください
安定ヨウ素剤の事前配布を求める市民15団体の要請書 


美浜の会ニュースNo.146(2017/4/16)
 
      ・高浜3・4号の5月中の原子炉起動を阻止しよう
      ・安定ヨウ素剤事前配布を求めて 3・31院内集会&政府交渉報告
              (投稿:原子力規制を監視する市民の会)


茨城県ひたちなか市を訪問 (2017/04/14)
安定ヨウ素剤に関する政府交渉(3月31日)の確認点等を伝えました
報告 速報   政府交渉での確認点 安定ヨウ素剤について 



[報告]高浜3・4号再稼働反対表明等を求め、滋賀県と京都府へ申し入れ(2017/04/13)
   ◇滋賀県 「高浜3・4号は再稼働を容認する環境にはない」と再稼働反対を表明
 
   ◇京都府 再稼働について、府の態度を示さず。これでは住民の安全は守れない
     「『総点検結果』は不十分。再度説明させる。それまでは再稼働はないはず」
 詳しくはこちら


滋賀県への申し入れ(2017/04/13午前)
「高浜3・4号は再稼働を容認する環境にはない」と再稼働反対を表明
「クレーン倒壊事故については、再度関電に説明を求める」
 復興大臣の暴言に抗議し、辞任を求めてください
 高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   資料2   滋賀県知事の文書回答



京都府への申し入れ(2017/04/13午後)
再稼働について、府の態度を示さず。これでは住民の安全は守れない。
避難者は「私たちの苦悩を繰り返さないで。避難することになってからは遅い」と訴える
「クレーン倒壊事故の関電「総点検結果」は十分納得できるものではない。
再度関電に説明させる。それまでは再稼働はないと思っている」
 復興大臣の暴言に抗議し、辞任を求めてください
 高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
避難計画を案ずる関西連絡会/ 京都の原発防災を考える会の質問・要請書   資料2 



原子力防災・避難計画/安定ヨウ素剤の事前配布を求める院内集会&政府交渉
(2017/03/31)
[速報]内閣府:健診の活用によりひたちなか市のゼリー状ヨウ素剤 交付金分の配布を認める!
政府交渉での確認点(全体版:4月15日付)
 
日時:3月31日(金) 院内集会 13:30〜15:30   政府交渉 15:40〜17:10
場所:参議院議員会館B107 (13:00から1階ロビーで入館証配布)
資料代:500円
ゲスト:玉山ともよさん (篠山市原子力災害対策委員会 市民委員)
    石地 優さん(福井県若狭町 安全なふる里を大切にする会)
    菅野みずえさん(浪江町から兵庫に避難)
    崎山比早子さん(元原発事故国会事故調・委員)
    鹿児島、鳥取、茨城、関西、東海等、各地から参加します
主催:川内原発30キロ圏住民ネットワーク/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/
    ふるさとを守る高浜・おおいの会/グリーン・アクション/美浜の会/避難計画を案ずる関西連絡/
    FoE Japan/ グリーンピース・ジャパン/福島老朽原発を考える会/原子力規制を監視する市民の会
賛同:原発なしで暮らしたい宮津の会
案内

高浜原発3・4号仮処分 大阪高裁の不当決定糾弾!(2017/03/28)
声明 高浜原発運転禁止仮処分滋賀訴訟申立人団・弁護団  
脱原発弁護団全国連絡会HP 決定要旨、決定文

茨城県知事宛 安定ヨウ素剤の事前配布を求める要請書(2017/03/28)
   提出団体 福島応援プロジェクト/リリウムの会/福島事故避難支援・茨城の会/茨城常総24条の会/戦争を語り継ぐ女性の会/
          原子力規制を監視する市民の会/国際環境NGO FoE Japan/避難計画を案ずる関西連絡会
詳しくはこちら


美浜の会ニュースNo.145(2017/2/28)
 
・福島原発事故から6年 政府の帰還強要と再稼働に反対して進もう


規制庁のマニュアルでは、病院・幼稚園・学校等で、安定ヨウ素剤の備蓄が必要
(2017/02/13)
避難計画を案ずる関西連絡会の資料


舞鶴市にアンケート結果と安定ヨウ素剤の事前配布・幼稚園等での備蓄を要請
(2017/02/06)
 2月6日、避難計画を案ずる関西連絡会は、幼稚園等への原子力防災に関するアンケート結果を舞鶴市に提出しました。同時に、規制庁のマニュアル「安定ヨウ素剤の配布・服用に当たって」では、幼稚園や学校、病院等の避難弱者の施設に、安定ヨウ素剤を備蓄することを求めている資料も提出しました。
 同日、舞鶴市民は、安定ヨウ素剤の事前配布を求める署名を市に提出されました。
  ◎ヨウ素剤  全域配布を 舞鶴の2市民団体、市に署名提出 /毎日新聞2017年2月8日
「原発事故時の避難計画等に関するアンケート結果」の関連資料と舞鶴市長への要請事項


兵庫県 新温泉町訪問(原発事故時に小浜市民約500名の避難先)(2017/01/13)
原発の再稼働に反対を求めて申し入れ
スクリーニングや除染では「子どもたちの安全が守られなければならない」
「自然災害を前提にした災害救助法では難しい」
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   報告


美浜の会ニュースNo.144(2016/12/19)
 
・原発事故避難者の住宅無償支援の継続を!
 安定ヨウ素剤の30km圏事前配布を求める運動を連携して強めよう

・ひたちなか市訪問記 
  全国初、30km圏内で安定ヨウ素剤の事前配布「市民の安全を守るため」


【速報】11月28日<院内集会&政府交渉>原発は地震に耐えられるのか?(2016/11/29)
原発再稼働と地震/火山/電気ケーブル劣化/避難計画
〇福島第二原発3号機の使用済燃料プール冷却停止 
 プール水漏えいは4,000リットル。10か所の漏えい場所は確認さえしていない
〇壇他の式による地震動過小評価→ レシピで採用されているから使っている
〇電気ケーブル絶縁低下を判断する具体的基準を国は持っていないと認める
〇熊本地震のような繰り返しの揺れは評価していないと認める
〇火山灰再評価は検討しているが、川内原発を止めることはしない
〇安定ヨウ素剤の服用時期
 「防災会議は避難と同時に服用」→規制委員会指針との違いを説明できず
〇熊本地震を踏まえても「屋内退避」→検討内容は語らず
主催:川内原発30キロ圏住民ネットワーク/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/
    避難計画を案ずる関西連絡会/グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/
    国際環境NGOグリーンピース・ジャパン/国際環境NGO FoE Japan/福島老朽原発を考える会/
    原子力規制を監視する市民の会
速報    案内    安全性問題の質問    避難計画の質問     追加質問(福島第二原発プール冷却ポンプ停止)

抗議声明 美浜原発3号炉の運転期間延長認可に抗議する(2016/11/16)
老朽原発美浜3号も廃炉へ!11・13集会実行委員会の抗議声明

老朽原発美浜3号も廃炉に! 11・13琵琶湖集会アピール
集会では、福井・関西・名古屋・岐阜・首都圏の地道で力強い活動を交流し、
今後も老朽原発の廃炉を求め、原発の再稼働に反対して活動を強めようと
集会アピールが採択されました。
 老朽原発廃炉を求める署名 合計 26,151筆 ありがとうございました。
 15日に滋賀県に届けます。(第一次集約 9,561筆/ 第二次集約 16,590筆
                                 [集会後に届いた分を含む])
集会アピール     


琵琶湖が危ない−老朽原発美浜3号も廃炉に! 11・13琵琶湖集会(2016/11/13)
ゲスト:弁護士 鹿島啓一さん(高浜1・2号老朽原発廃炉裁判等の弁護団)
〇日 時:11月13日(日)午後1:30〜4:30
〇場 所:ピアザ淡海  207会議室  滋賀県大津市におの浜1-1-20
〇主催:11・13琵琶湖集会実行委員会
案内チラシ
★老朽原発廃炉署名 最終締め:11月10日必着でお願いします。

報告 京都府への申し入れ(2016/11/04)
 京都府は原発事故から府民を守る姿勢が大幅に後退
老朽原発美浜3号は廃炉にすべきと表明してください
  →「京都府は美浜原発から30km圏内に入っていないので、答える立場にない」
 琵琶湖は美浜原発から30km圏内。府民は琵琶湖の水を飲んでいる。撤回して再検討を!
避難計画を案ずる関西連絡会と京都の原発防災を考える会の質問・要望書と回答(口頭)   報告 



美浜の会ニュースNo.143(2016/10/30)
 
・琵琶湖が危ない 老朽原発美浜3号も廃炉に!11・13琵琶湖集会に集まろう


若狭の原発から30km圏内 京都府・滋賀県の保育所・学童施設等へのアンケート結果
(2016/10/27)
 原発事故時に子どもたちの安全を守れない
  安定ヨウ素剤の施設での保管・・京都府はゼロ
  全体の半数の施設が安定ヨウ素剤の入手場所を知らない
       アンケート結果 実施:避難計画を案ずる関西連絡会


琵琶湖に最も近い原発美浜3号の廃炉表明を求め、滋賀県へ申し入れ(2016/10/24)
「今の審査は市民の不安を増長させている」「要望は今日中に知事に伝える」
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   報告 



防災訓練 監視行動の報告集(2016/09)
  8月27日福井県・京都府等の広域原子力防災訓練
福島原発事故を省みたのか?

   目次
発行:避難計画を案ずる関西連絡会 2016年9月
頒価:250円(送料はご負担ください)
美浜の会でも取り扱っています
 ご注文 mihama@jca.apc.org

美浜の会ニュースNo.142(2016/09/13)
 
・琵琶湖に最も近い老朽原発美浜3号の寿命延長を阻止しよう
 安定ヨウ素剤:5km圏外も「事前配布と避難時に服用」を国の指針に明記させよう

・熊本地震の特性とそれが示す教訓を重視し、島ア提言を尊重せよ
・8月27日 高浜原発事故の原子力防災訓練 監視行動報告



政府交渉報告(2016/09/09)
◆地震動・耐震問題(規制庁)
 ○「推本レシピは未熟」
   レシピで武村式を適用すると色々な矛盾が起こるという問題は未解決と認める
 ○熊本地震のような複数回の揺れの評価はやっていない
 ◯規制庁、関電の地震動の再現できず。計算方法を把握せず、自ら「ブラックボックス」と認める
 
 ◆屋内退避問題(規制庁)
 ○熊本地震の被害の確認に現地には行っていない
   検討の会議も開いてないが「屋内退避を基本にすることは変わらない」
 
 ◆8月27日 福井・京都等の防災訓練(規制庁、内閣府)
 ○安定ヨウ素剤服用の「明確な基準はない」(規制庁)→ 再稼働はやめるべきです
 ○「スクリーニングは一方通行でやる必要あり。福井県等は検討すべき」(規制庁)
   → 綾部PA・長谷運動公園はスクリーニング場所から除外すべきです
 ○「若い女性職員は、事故時には誘導係等から外すべき」(内閣府)
 
 詳しくはこちら


<院内集会&政府交渉>原発の耐震性/避難問題(2016/09/09)
避難計画では命と暮らしを守れない!
原発の地震動は過小評価!地震に耐えられない!
・日時:9月9日(金)13:00〜17:20
              通行証配布12:30〜(参議院議員会館ロビー)
・場所:参議院議員会館B104
・資料代:500円
・主催:川内原発30キロ圏住民ネットワーク/
     玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/
     避難計画を案ずる関西連絡会/グリーン・アクション/美浜の会/
     グリーンピース・ジャパン/FoE Japan/福島老朽原発を考える会/
     原子力規制を監視する市民の会
 
案内    質問事項

伊方原発3号炉の原子炉起動に抗議する(2016/08/12)
グリーン・アクション/美浜の会/FoE Japan/原子力規制を監視する市民の会の抗議声明     


兵庫県への申し入れ 確認点(2016/07/07)
・7月21日関西広域連合委員会で、老朽原発の寿命延長認可について議論
 してほしいとの市民の要望を伝える
・熊本地震の教訓から、「屋内退避」を基本計画とすることには疑義があり
 検討が必要
・安定ヨウ素剤の備蓄配備につき、市町から要望があれば県として支援する
40年超え老朽原発高浜1・2号の寿命延長等に関する質問・要望書     
 


大阪府への申し入れ 確認点(2016/07/05)
 ・7月21日の関西広域連合委員会に、国と関電を呼んで寿命延長審査に
  ついて 説明するよう、関西広域連合に伝える
 ・福島原発事故の避難者の声を関西広域連合委員会でも聞いてほしい
  との要望は伝える
 ・自主避難者の住宅支援については、大阪府として今後検討する
6月29日付の大阪府への質問・要望書   廃炉署名第一次集約 目録提出   報告     
 


美浜の会ニュースNo.141 (2016/07/02)
 
・米国では40年運転前後で、老朽原発が次々に廃炉へ
 世界に類のない老朽炉60年運転を止めていこう
 40年超えの美浜3号 11月末までの寿命延長認可を阻止しよう

・原発に向き合う美山町から新しい風(原発なしで暮らしたい丹波の会)


関西広域連合に申し入れ 老朽原発高浜1・2号の寿命延長認可に反対を!(2016/06/27)
・「厳格な審査」だったのか、これから判断する
・認可したことについて、関西広域連合として意思を表明する
・関西広域連合や住民に説明するよう、今後国に求めていく
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書    報告     
 


老朽原発を廃炉に!院内集会と署名提出(2016/06/29)
第一次署名集約9,561筆を規制庁に提出 長期間原発に依存する寿命延長に反対を
   日時 6月29日(水)14:30〜17:00  
   場所 参議院議員会館B107
   資料代 500円
   テーマ ここが危ない!老朽炉の寿命延長/高浜1・2号機運転延長認可の問題点/
        福島原発事故と老朽炉/老朽炉を廃炉にするための各地のとりくみ
   主催  避難計画を案ずる関西連絡会/グリーン・アクション/美浜の会/
        川内原発30キロ圏住民ネットワーク/
        玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/
        国際環境NGO FoE Japan/国際環境NGO グリーンピース・ジャパン/
        福島老朽原発を考える会/原子力規制を監視する市民の会
 案内

       【リーフレット】40年超えの老朽原発はとりわけ危険(2016/06)
発行:避難計画を案ずる関西連絡会
 2016.6
 頒価:10円  
     100部以上@9円  200部以上@8円

美浜の会でも取り扱っています 
 美浜の会への注文はこちらへ
   mihama@jca.apc.org
  送料のご負担をお願いします。

ダウンロードもできます
                      

美浜の会ニュースNo.140 (2016/05/04)
 
・40年超えの高浜1・2号、美浜3号を廃炉に追い込もう


滋賀県に申し入れ 避難計画の問題と老朽原発の廃炉を求めて(2016/04/07)
「老朽原発高浜1・2号の再稼働には反対です」(滋賀県)
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書     資料    報告    滋賀県知事の回答    追加質問と回答



高浜原発の避難計画に関する,2月25日福島みずほ議員レクの再質問回答
(内閣府2016/03/28付)
詳しくはこちら


大津地方裁判所 高浜3・4号仮処分決定文の紹介(2016/03/22)
グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹波の会/美浜の会
詳しくはこちら

美浜の会ニュースNo.139 (2016/03/01)
 
・高浜4号の再起動阻止! 3号も停止せよ!


スクリーニング場所の問題点 議員レク参加報告(2016/02/25)
現場を知らず、グーグルアースを見ながら机上の空論
小浜市と若狭町住民のスクリーニング場所は明示せず。10q圏内「きのこの森」も候補
 福井県住民、綾部市・南丹市住民の安全は守れない
 詳しくはこちら

抗議声明 高浜原発4号機の原子炉起動に断固抗議する(2016/02/26)
一次冷却水漏えいの原因さえ解明されていない
3月11提訴の高浜原発3・4号運転差止裁判に結集しよう

グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹波の会/美浜の会/FoE Japan/
原子力規制を監視する市民の会 共同の抗議声明
 

スクリーニング場所に関する内閣府の文書回答(2016/02/19)
・「原則、あやべ球場の使用を想定している」
・小浜市民3万人、若狭町民4千人のスクリーニング場所は明確には示さず
 詳しくはこちら

おおい町・若狭町への申し入れ報告(2016/02/17)
          スクリーニング場所について
               納得できる説明は乏しいと思う(おおい町)
               住民説明会に内閣府の出席を要請してみる(若狭町)
               報告
               おおい町への質問・要望書   参考資料  (若狭町にも同趣旨のものを提出)

       おおい町への申し入れ               若狭町への申し入れ        9トン制限の萱野橋 中型バスも通れない


抗議声明(2016/01/29)
福島原発事故を無視し、住民の生命をないがしろにする
高浜原発3号機の原子炉起動に断固抗議する!
グリーン・アクション/ 原発なしで暮らしたい丹波の会/ 美浜の会の抗議声明

小浜市への高浜原発再稼動に関する要望書(2016/01/28)
避難計画を案ずる関西連絡会の要望書   資料
 



京都府への申し入れ(2016/01/27)
「京都府民の避難場所を福井県民も使う場合がある」(内閣府)
    ・・京都府は聞いていない(28日回答)
避難計画を案ずる関西連絡会、京都の原発防災を考える会、京都府民有志の質問・要望書
 


関西広域連合への申し入れ(2016/01/27)
・新たな2か所の汚染検査場所について、具体的内容は聞いていない
・「あやべ球場を使わない」等確認する
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書
 



新たに設定された2か所の汚染検査場所は撤回し、検討し直すべき(2016/01/26)
避難計画に実効性なし! 高浜原発3・4号の再稼働は許されない
詳しくはこちら


京都府南丹市に申し入れ(2016/01/22)
「避難計画には実効性がない。再稼働に反対を表明してください」と要請
市は「再稼動と避難計画は別」と回答
詳しくはこちら


       【リーフレット】福島原発事故の実態と被害を無視
                 高浜原発3・4号の再稼動を止めよう(2016/01/10)
 発行:避難計画を案ずる関西連絡会
2016.1.10
頒価:10円  100部以上@8円
ダウンロードもできます
                      

【講演会】 逃げ遅れる人々〜南相馬市での過酷な避難と現状〜(2016/01/24)
「災害弱者」と呼ばれる障がい者や高齢者の防災・避難、その実態を福島から学ぼう
 日時 1月24日(日)13時30分(13時開場)〜16時30分
 会場 同志社大学 良心館 207 号室(RY207)
 講師 青田由幸さん(特定非営利活動法人さぽーとセンターぴあ代表理事)
 主催 避難計画を案ずる関西連絡会/京都の原発防災を考える会
詳しくはこちら
 


汚染検査場所2か所の視察報告(2016/01/19)
昨年12 月に設定された2 か所の汚染検査場所(綾部市・南丹市)は撤回を!
高浜原発から 30 q圏内にあり、避難住民・バス運転手等の安全は確保できない
場所が狭すぎて、駐車スペースも確保できない
詳しくはこちら


関西広域連合に質問・要請書を提出しました(2016/01/18)
      電気ケーブル不正敷設問題・・高浜3・4号を原子炉起動を中止し、
                           詳細な調査報告を求めてください
      原発から30q圏内の汚染検査場所(綾部市・南丹市)は撤回してください
 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要請書   資料1   資料2  参考資料


原発避難計画 全国集会 in 東京(2016/01/21)
川内、高浜、伊方、柏崎刈羽、玄海…各地の避難計画を徹底検証
日時 1月21日(木)13:00〜18:30 (12:30からロビーにて通行証を配布)
                 13:00〜16:00 集会  16:30〜18:30 政府交渉
場所 参議院議員会館101
主催 「原発避難計画 全国集会 in 東京」実行委員会
詳しくはこちら

美浜の会ニュースNo.138 (2015/12/25)
 
・福島原発事故の教訓を踏まえ、住民の声に根差して、
 高浜原発3・4号再稼動反対の運動を粘り強く進めよう

・福島原発事故の実態を「南相馬の逃げ遅れた人々」から学ぶ


福井県知事の再稼働同意表明に抗議する(2015/12/22)
福島原発事故の教訓と、住民の声に根差して
高浜原発3・4号の再稼働反対の運動を強めよう
避難計画を案ずる関西連絡会の声明

高浜3・4号再稼動反対全国署名5,043筆を、関西広域連合に提出(2015/12/22)
ご協力ありがとうございました。
 提出した署名の鏡文    署名に寄せられたメッセージ    署名文



モニタリングポストの実態[滋賀県・京都府・兵庫県・大阪府](2015/12/14)
規制委員会はSPEEDI等の予測的手法を使わないと言うが、
 避難の基準値を測定できない低線量率のみのモニタリングポストが多数ある
詳しくはこちら

関電・国による高浜3号炉の重大事故時の被ばく評価はあまりにも過小(2015/12/13)
福島原発事故レベルの放射能放出が起こった場合、関電・国の評価の約1,400倍に
詳しくはこちら
 

安定ヨウ素剤の保管・配布等に関するアンケート結果(2015/12/11)
高浜原発から概ね30q圏の13市町(福井県・京都府・滋賀県)
避難計画に実効性なし 子どもや住民の安全を守ることはできない
アンケート実施主体:避難計画を案ずる関西連絡会
詳しくはこちら

京都府に申し入れ 高浜原発3・4号の再稼働に反対を!(2015/12/11)
「要援護者の避難手段や避難先は、まだ具体化していない」と認める 
京都府知事宛ての緊急要望書    質問事項
 



堺市への緊急要望書(2015/12/08)
高浜原発3・4号の再稼働に反対を表明してください
避難計画を案ずる関西連絡会の緊急要望書
 



あまりにもひどすぎる!福島原発事故を無視した被ばくの過小評価(2015/12/05)
高浜3・4号の再稼動を止めよう!
            関電・国の評価:5q地点で1mSv以下(7日間屋外・実効線量)
            福島原発事故並み:5q地点で784mSv(条件は同上)
詳しくはこちら

抗議声明 高浜町長の原発再稼働同意表明は断じて認められない(2015/12/03)
関西市民の抗議声明


11月27日 高浜町に「再稼働に拙速に同意するな」要請行動の報告(2015/11/28)
      「再稼働に同意表明するな」91団体で緊急要請書を提出
         事故が起これば周辺住民に責任とれるのか
              →「高浜町の同意判断には関係ない。国の責任」  (高浜町)
91団体の緊急要請書    参加者一同の報告
 



美浜の会ニュースNo.137 (2015/11/14)

・福井と関西で、高浜3・4号再稼働の同意を阻止しよう
・本の紹介「見捨てられた初期被曝」著:study2007


[紹介]障害のある人と共に考える防災ワークショップ(2015/11/23) 
11月23日 13:30〜17:00 福井県社会福祉センター
          主催:「障害のある人とともに考える防災ワークショップ」実行委員会
          協力:自立生活センター Com-Support Project
          講演「東日本大震災における要援護者支援の実態」
           鈴木 絹江さん (特非)ケア・ステーションゆうとぴあ 理事長
           青田 由幸さん 南相馬市在住 (特非)さぽーとセンターぴあ代表理事
詳しくはこちら

11・21学習・討論会 高浜原発3・4号の再稼働を止めよう! 
 高浜町(5q圏内)と宮津市(30q圏内)からのゲストと共に
 安全性と避難計画の問題点を学び、今後の活動を議論しよう
      日時:11月21日(土)14:00〜17:00(開場13:45)
      場所:高槻現代劇場(高槻市民会館)206号室
      主催:グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹波の会/美浜の会
案内(html)   案内チラシ(PDF)  避難計画の問題のレジメ

関西広域連合委員会への要望書(2015/11/04)
高浜原発3・4号の再稼働に明確に反対してください
避難計画を案ずる関西連絡会の要望書   資料1・2  資料3−1  資料3−2
 



原発事故時の住民避難計画説明会等に関するおおい町への質問・要望書(2015/10/30)
ふるさとを守る高浜・おおいの会、避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書
おおい町の回答



改正災害対策基本法(2013年6月21日公布)は、要援護者に必要な生活環境,体制の
整備された避難所等の確保を義務づけている (2015/10/27)
詳しくはこちら

住民が参加できる説明会を求めよう(2015/10/23)
原発再稼働に関する京都北部の説明会・・団体の代表等に限るのは許せない
高浜原発3・4号の再稼動を止めよう
 
避難計画を案ずる関西連絡会のチラシ

八尾市に申し入れ(2015/09/24)
原発再稼働反対と避難計画について
               ・最終避難所は決めているが1人1.65uの狭さ
               ・要援護者の受け入れは具体化していない
               ・長浜市と相談していく
八尾市への質問・要望書   資料
 



美浜の会ニュースNo.136 (2015/09/10)

・高浜原発3・4号の再稼働を阻止しよう


【共同声明】川内原発の再稼働に抗議 (2015/08/11)
形だけの審査で危険性をごまかし、福島原発事故をなかったことに
 
        2015.8.11 共同声明提出団体
          川内原発30キロ圏住民ネットワーク/反原発・かごしまネット/
         玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/グリーン・アクション/
         美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/原子力規制を監視する市民の会/
         国際環境NGO FoE Japan
詳しくはこちら

紹介 規制基準はゆるすぎる!原発再稼働を止める集会(2015/08/09)
講演 弁護士井戸謙一さん/ 阪上武さん(原子力規制を監視する市民の会)
日時 8月9日(日) 午後1時半〜5時
場所 神戸まちづくり会館 2階ホール (JR・阪神元町駅西口西南歩7分)
参加費 1000円 
主催 さよなら原発神戸アクション
案内チラシ

滋賀県米原市長への申し入れ(速報)(2015/07/29)
◇再稼働反対だけでなく、持続可能なエネルギーへの転換、原発の廃炉も求めていく
◇第三者の専門家による委員会設置は、関西広域連合にも、機会あるたびに求めていきたい
                文書回答入力版     文書回答
                避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   資料
 



7/26 原子力防災を問う全国の集いinかごしま
 川内原発の避難計画と老朽化問題
〜本当にこれで再稼働?〜
日時:7月26日(日) 13:30〜17:30
会場:かごしま県民交流センター(東棟3階大研修室1)
主催:川内原発30キロ圏住民ネットワーク/反原発・かごしまネット等鹿児島・
    佐賀・関西・首都圏の市民団体
 
詳しくはこちら    PDFチラシ

パブコメ出そう! 締め切り7月24日(金)
  原発事故避難時の汚染検査や除染の省略・簡略化に反対しよう
 
     参考資料
      意見提出はこちらから
 

兵庫県朝来市訪問の報告(2015/07/14)
担当は2名だけなので、自然災害の防災対策で手がいっぱい
安定ヨウ素剤の備蓄等については、近隣市町の動向をみて検討
 
報告    朝来市民有志と避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書



兵庫県養父市訪問の報告(2015/07/14)
国が決めた基準等には従い、空きの多い旅館を避難所にする等の独自の取り組み
 
報告    朝来市民有志と避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書



美浜の会ニュースNo.135 (2015/07/17)

      ・再稼働反対と帰還強要反対の運動は連帯して政府の原発推進政策と闘おう
      ・兵庫県篠山市の原子力防災について[投稿]
      ・高浜・大飯原発から約30q圏内・・394集落が孤立の危険


大津市への申し入れ(2015/07/09)
高浜原発3・4号再稼働と原発事故の防災・避難計画に関する質問・要望書
 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書    資料



摂津市への申し入れ(2015/07/06)
原子力災害避難計画等に関する質問・要望書
 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書    資料



原子力災害対策指針(改定)に対する意見(2015/06/19)
30q圏外の京都府・滋賀県の5市町(京丹後市、与謝野町、大津市、彦根市、米原市)が、
 原子力規制委員会と規制庁に意見を提出
30q圏外は防災対策必要なしとした国の指針を厳しく批判
詳しくはこちら


6月29日(月)川内原発審査及び防災に関する政府交渉
日時 : 6月29日(月)13:00〜16:50
場所 : 参議院議員会館B109
資料代 : 500円
主催 : 川内原発30キロ圏住民ネットワーク/反原発・かごしまネット/
      避難計画を考える緊急署名の会/
     玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/
      グリーン・アクション/美浜の会/グリーンピース・ジャパン/
      国際環境NGO FoE Japan/福島老朽原発を考える会/
      原子力規制を監視する市民の会
 
     詳しくはこちら   質問事項

高浜町へ申し入れ 再稼働に同意しないよう求める(2015/05/28)
  「同意判断は、土砂災害等で孤立する集落への対策がなされた上でとなる」
    県安全専門委の意見の取りまとめは、高浜町の同意の前提にはしないとの姿勢
 
ふるさとを守る高浜・おおいの会、避難計画を案ずる関西連絡会の要請書    資料    報告



原子力災害対策指針の改悪に反対しよう
避難ではなく屋内退避にとどめ、住民に一層の被ばくを強要
詳しくはこちら


宝塚市に、再稼働反対と避難計画の問題で申し入れ(2015/05/25)
これまで通り、ぶれずに脱原発でがんばりたい
 原発の安全性を検討するよう、県への働きかけを努力する
 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   資料   報告



大阪府の新たな文書回答(2015.5.18付)
福島県飯舘村の事例もあり、一概に「30km圏外においては特別な予防的措置
は必要なし」とは言い切れないと考えます。(大阪府)
詳しくはこちら


関西広域連合への申し入れ(2015/05/11)
高浜原発仮処分決定については検討する
規制基準、原発の安全性問題を検証する第三者委員会の設置については検討課題とする
「世界に類を見ない厳しい基準」との回答・・見直しを検討する
 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   資料   報告



大阪府に、再稼働反対と避難計画の問題で申し入れ(2015/04/30)
原発事故時には「大阪府までは影響がないだろう」に非難集中
  「大阪府にも影響が及ぶという姿勢で防災計画等に取り組む」
  原子力災害対策指針の問題点について「回答を改めて出す」
 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   資料   報告



高浜原発再稼働に関する高島市への申し入れ(2015/04/02)
「最終避難所が決まっていなくても、
    拠点避難所(鶴見緑地公園等)に行って翌日最終避難所に行ければよい」
 避難する高島市民は公園で野宿するのですか!
           ↓
 「最終避難所確定のために四者協議を検討する」と、やっと認める
   避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   資料  報告  高島市の文書回答(2015.4.16付)



原子力災害対策指針の一層の改悪に反対しよう・・パブコメ出そう・・(4月3日期限)
  ◇20μSv/hを計測しても、1日がまんして「1週間以内に一時移転」を判断?!
 
  ◇30q圏外のプルーム対策(PPA)は必要なし。屋内退避で我慢。
   安定ヨウ素剤の準備も不要?! 子どもや妊婦の基準もなし
 
  ◇SPEEDIは「実際には全く機能しなかった」ので使わない?!
   実測モニタリングで避難の範囲を決める?!・・これでは被ばくが前提の避難
 
  ◆パブコメは4月3日(金)までです。下記から意見を送ってください。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=198252321&Mode=0
 
  美浜の会とグリーン・アクションの参考資料はこちら

[紹介]加東市議会で可決された国・兵庫県知事・福井県知事宛の意見書 (2015/03/27)
高浜3・4号機再稼働にあたり、慎重な安全対策を求める意見書
 
 若狭町(福井県)の避難先である加東市(兵庫県)議会の意見書
プルーム対策も不十分で、加東市自体が被災した場合に受け入れは困難であること、
避難計画の実効性がない状況で、高浜原発の再稼働を行わないように求めています。
意見書

美浜の会ニュースNo.133 (2015/03/03)

      ・住民説明会を実現させ、高浜原発再稼働反対の声を強めよう
      ・再稼働に前のめりの高浜町長、町議会 (投稿:ふるさとを守る高浜・おおいの会)


【リーフレット】避難計画では住民の安全は守れない(2015/02) 
 



発行:避難計画を案ずる関西連絡会 2015.2
頒価:10円 100部以上@8円
ダウンロードもできます 

 
 
高浜原発再稼働の同意権、及び住民説明会に関する
京都府・滋賀県の市町議員へのアンケート結果 (2015/02/26)
  約9割の議員が
   ・再稼働の同意権は、少なくとも30q圏内の自治体に必要と表明
   ・住民説明会も、少なくとも30q圏内の自治体で必要と表明
 同意権・住民説明会は福井県・高浜町だけでよいと回答した議員は、ごくわずか
 ★アンケート結果を尊重し、再稼働の同意権を認め、住民説明会を開催すべきです
 アンケート実施主体:若狭の原発周辺住民ネットワーク
アンケート結果と議員のコメント

高島市長の回答 (2015/02/13)
「高浜原発 3・4号再稼働、事故時の避難計画等に関する要望書」に対する回答について


高浜原発再稼働に関する滋賀県への申し入れ (2015/02/12)
滋賀県の回答・・
 「最終避難所は事故後7日の間に決まればよい」→これでは住民の安全は守れない
 「住民説明会については、知事が国に常々求めている」
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書と回答(口頭)  資料  報告



安全性を無視した無謀な判断に抗議する共同声明 (2015/02/12)
高浜3・4号機の審査書確定・変更許可に強く抗議する
グリーン・アクション、美浜の会、原子力規制を監視する市民の会の共同声明

綾部市への、避難と再稼働に関する申し入れ報告 (2015/02/05)
綾部市は2月5日、高浜再稼働前の住民説明会を京都府経由で規制庁に要請!
綾部市民は、関電との安全協定締結前に住民説明会、パブコメを求める!!
報告



高浜原発再稼働に関する高島市への申し入れ (2015/02/03)
 高島市の回答・・
 最終避難所まで決めるべき
 安全協定は、あくまで立地自治体並みを求めたい
 国から住民への十分な説明が必要
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書  資料  報告



関西広域連合へ申し入れ (2015/02/02)
「立地自治体並み」の安全協定とは「同意権を含む」
危険区域内避難所の見直しは市町任せ
高浜原発の放射能拡散シミュレーションを実施しない理由が「美浜原発の廃炉」?!
 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   報告



高浜原発再稼働に関する大阪府への申し入れ(2015/01/29)
高浜原発再稼動・・「大阪府も含めて関西の同意が必要」と回答
避難受け入れ計画は全く具体化していない
 大阪市等の最終避難所はまだ決まっていない
 要援護者の避難・・具体化できていない。避難元から人数など聞いていない
 危険区域の避難所もある。各市町村で対応中
 避難計画について、大阪府としては市町村には指導する立場ではない
 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   資料   報告



若狭町へ申し入れ(2015/01/16)
兵庫県への避難・・10ヶ所で約5,240名(町民の3割)の避難所が土砂災害警戒区域など
 ・危険区域の避難所については、4者協議や県と相談していきたい
 ・この実態を区長や住民に今後伝えていきたい
 ・福井県内の避難先である越前町の避難所が危険区域にないか確認する
 ・再稼働・・若狭町や住民に説明なしというわけにはいかない
 
避難計画を案ずる関西連絡会の要請書   資料


高浜原発を中心に福島原発事故の汚染地図を重ねた図


JPEG版  PDF版

                                             
高浜3・4号審査書案へのパブコメを出そう 締切1月16日(金) (2015/01/12)
<参考資料>
  汚染水対策・重大事故対策・プルサーマル等(2015.1.12)
  プルサーマル(2015.1.9)
  その他(2015.1.9)

美浜の会ニュースNo.132 (2014/12/22)

   ・京都・滋賀、関西一円から住民説明会の開催、地元同意権を求めよう
   ・12月15日 京都府宮津市申し入れ[投稿:グリーン・アクション]
   ・11月27日 兵庫県たつの市申し入れ・避難所視察[投稿:西宮Bab]
   ・原発事故時の避難所(兵庫県)自治体アンケート結果


[紹介]「原子力防災対策に関する申し入れ」(関西広域連合 12月25日)
UPZの区域を含む周辺自治体と事業者との安全協定等について、政府が指導するよう求めています。7項目の要求が実行されない場合は、高浜原発の「再稼働を容認できる環境にはない」と表明。
 
        ○「原子力防災対策に関する申し入れ」(関西広域連合 12月25日)
        ○第52回関西広域連合委員会の概要について(関西広域連合 12月26日)
  
小浜市に申し入れ・・避難先兵庫で危険区域に設定されている避難所問題(2014/12/09)
避難計画は根本から破綻。高浜原発3・4号の再稼働に反対してください
   ・小浜市民3,787名の避難所18ヶ所は土砂災害等の危険区域内
   ・改正された災害対策基本法等に違反。住民の安全を守ることはできません
   ・口名田西相生地区211名の避難所は、跡地利用が決まり使えない
 
 【小浜市の回答】
  ・4者協議(小浜市、避難先市町、福井県、兵庫県)で相談する。福井県に伝える
  ・跡地利用で211名の避難所が使えなくなることは初めて知った
  ・福井県内の避難所でも危険区域にあるか調査するよう県に伝える
要請書:避難計画を案ずる関西連絡会/脱原発はりまアクション   資料 
  
高浜原発3・4号の再稼働を止めよう!(2014/12/05)
高浜3・4のプルサーマル再開を止めよう!老朽炉高浜1・2号の延命を許さない!
 避難所は土砂災害警戒区域等に設定されたまま・・住民の命は守れない  
詳しくはこちら

高浜原発事故時の避難所アンケート回答集約(2014/12/03)
兵庫県全41市町中、24市町で危険区域に避難所あり
 避難所599ヶ所中、184ヶ所が危険区域 全体の約1/3(31%)
 ほとんどの避難先自治体が避難元に伝えていない 
アンケート回答集約   危険区域の避難所リスト(避難元福井 36ヶ所)  危険区域の避難所リスト(避難元京都 148ヶ所)

美浜の会ニュースNo.131 (2014/11/16)

   ・高浜3・4号の再稼働阻止に向け、関西・福井の運動は一層の連携を
   ・小浜市民の避難所(兵庫県)の一部は、土砂災害警戒区域に設定されたまま
   ・自分のおしりに火をつける!神崎郡3町への申し入れ&学習会 [投稿 神崎郡]
   ・「水俣病の教訓」を原発問題に生かすということ [投稿 原発避難計画を考える水俣の会]


[緊急声明] 川内原発再稼働・民意無視の鹿児島県知事・県議会の
「地元同意」に抗議する (2014/11/07) 
避難計画はずさんで要援護者を切り捨てている
避難施設は津波等の危険区域に設定されたままで違法状態
巨大噴火の予測は不可能との火山学会の警告も無視 
詳しくはこちら

熊本県知事への要請書(2014/11/05)
今の避難計画は4月に改正された災害対策基本法等に違反しており無効
  これでは避難先として鹿児島県民の安全は守れない
  熊本県民には川内原発適合性審査・防災計画について何の説明もなされていない
違法な原子力災害避難計画のままの再稼働に反対を表明して下さい
熊本県下での公聴会・説明会を実現してください
詳しくはこちら
  
鹿児島県知事・県議会議長等への要請書 (2014/11/04) 
避難施設の一部は津波や洪水高潮等の危険区域に設定されたまま
4月に改正された災害対策基本法等に違反しており無効
これでは避難先もなく、県民の安全は守れない 
違法な避難計画のまま、再稼働に同意しないことを求める
要請書   説明資料   出水市避難者受け入れ施設調査一覧表(原発避難計画を考える水俣の会作成)
  


避難先の兵庫県:22市町の回答結果 (2014/10/28) 
福井県が公表した原発近隣(5q以遠)のスクリーニング・除染候補地
に関する質問への回答
ほとんどの避難先市町には知らされていない
   原発近隣での実施・・「問題なし」の回答はゼロ
  原発近隣に、福井県が勝手に決めたことに対する批判の声
 脱原発はりまアクション/避難計画を案ずる関西連絡会
詳しくはこちら

高浜原発3・4号の再稼働を止めよう! (2014/10/27) 
避難計画では住民の安全は守れない
ビラ(PDF版

10月24日の政府交渉を踏まえた要請書 (2014/10/27) 
川内原発事故時の避難計画は極めて杜撰で市民の安全を守れない
避難施設は津波等の危険区域等に設定してはならない等を定めた
災害対策基本法の改正にともなう原子力災害対策特別措置法に違反濃厚 
拙速に再稼働同意表明をしないでください
水俣市宛     出水市宛     薩摩川内市宛

[速報]10月24日【政府交渉】川内原発・避難計画/火山・地震審査
「避難施設は津波等危険区域には指定できない」(内閣府認める)
薩摩川内市・鹿児島県の避難計画は無効
 
避難計画に関する事前質問事項     火山・地震審査に関する事前質問事項
案内

【超緊急署名】川内原発再稼働:地元同意手続きを進めないでください 
個人署名2,754筆、賛同188団体が集まり、10月20日、鹿児島県議会および県知事に提出しました。
    【要請内容】 全文(提出版)はこちら
   宛先:鹿児島県知事、鹿児島県議会議長、鹿児島県議会議員各位
・川内原発の安全は、審査書だけでは保障されていません  
・県民の反対の声を無視して、地元同意手続きを進めないでください 
・再稼働についての意見をきく公聴会を開催してください 
      呼びかけ:原子力規制を監視する市民の会/反原発・かごしまネット
            /玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会
            /福島老朽原発を考える会/美浜の会/グリーン・アクション/FoE Japan

[紹介] もう動かすな原発!福井県民署名
      原発の再稼働を認めないでください
          福井県民署名サイト(「もう動かすな原発!福井県民署名」実行委員会)
               ネット署名(福井県の方)   ネット署名(福井県外の方)   紙の署名

川内原発―「公開討論会」「公聴会」を求める署名
一方的な「説明会」ではだめ!
住民の声を聞く「公開討論会」「公聴会」の開催を!
 オンライン署名 https://pro.form-mailer.jp/fms/b1577ec165569
 紙版の署名用紙
  二次締切:2014年10月15日 三次締切:2014年10月末日 
   10月3日、一次集約分2,021筆を薩摩川内市、鹿児島県にそれぞれ提出しました。  
   引き続き、ご協力お願いします。  

美浜の会ニュースNo.130 (2014/09/14)

     ・川内原発の再稼働を阻止しよう
     ・ 8月31日 福井県原子力防災総合訓練・監視行動報告 [投稿 グリーン・アクション]


関西広域連合の回答(2014年9月3日付)
京都・大阪等のシミュレーション・被ばく線量の公開時期は「未定」
広域避難等に関する再質問書と9月3日の回答
 
福井県の危機対策・防災課に申し入れ 報告・速報 (2014/08/29) 
8月31日 高浜原発で事故を想定した30キロ圏内原発防災訓練
「現時点でやれることを取り入れた訓練」(福井県)・・これでは事故時には対応できず
形だけの訓練で、再稼働のアリバイ作りは許せません
スクリーニング・除染は、原発からわずか9キロの地点
避難先の兵庫県までは行かず、途中で訓練終了。住民には説明なし等々 
避難計画を案ずる関西連絡会の質問・要望書   報告・速報   申し入れの記録 回答・やりとり

鹿児島県への申し入れ (2014/08/25) 
「10キロ以遠の要援護者の避難計画は必要なし」とする知事の発言を撤回すること
川内原発の再稼働に同意しないこと
「原発と避難問題を考える集いin かごしま」実行委員会の要請書
   

原発と避難問題を考える集い in かごしま (2014/08/24) 
日時 :8月24日(日)13:00〜17:00
場所 :宝山ホール(鹿児島県文化センター)
主催 : 「原発と避難計画を考える集い」実行委員会
   案内チラシ(カラー用)   案内チラシ(モノクロ用)
      集いは終了しました。
  

避難計画に関する政府交渉(2014/08/21) 
「5q圏外の要援護者施設の避難先は決まっていなくてもよい」
緊急時に要援護者の避難先検討する調整会議は「コンピュータシステム」
交渉報告&当日資料 原子力規制を監視する市民の会
  

市川町の文書回答(小浜市の避難先) 2014年8月14日付
原発事故時の避難計画に関する質問書の件(回答)
高浜原発において原発事故が生じた場合、市川町における甲状腺等価線量が57.4mSvとなるケースが認められ、IAEAの安定ヨウ素剤の予防服用を行う判断基準である50mSvを越える予測がでていることから、今後、備蓄・配布体制の確立が必要であると考えております。(回答より抜粋)
市川町の文書回答
 
高砂市の文書回答(京都府宮津市の避難先) 2014年7月31日付
原発事故時の避難計画に関する質問・要望書について
「田中原子力規制委員会委員長が、規制基準に適合しているだけでは安全とは言えない、という趣旨の発言をしていますが、安全と安心の確保が優先され、電力の安定供給という生活権が確保されなければならないと考えています。」(要望事項に対する回答より抜粋)
高砂市の文書回答
 
【リーフレット】高浜町訪問の記録(2014/07) 
                  要支援者関係施設や原発近くの地区を訪ねて
    A5版16頁 頒価:100円 (送料のご負担をお願いします) ご注文はこちらへ mihama@jca.apc.org
              郵便振込 00950−6−308171 美浜の会
    発行:プルサーマルを心配するふつうの若狭の民の会/グリーン・アクション
       /原発なしで暮らしたい丹波の会 /原発防災を考える兵庫の会/美浜の会
                                       詳しくはこちら

関西広域連合へ避難計画の申し入れ (2014/08/05)
◇兵庫県シミュレーションの他府県分被ばく量の公表しぶる
  「規制庁が5月に屋内退避のシミュレーションを出したため、検討中」。理由になっていません!
◇「プルーム到達時間は公表する必要なし」「知事は『最短2時間』と言うべきではなかった」
◇スクリーニングの省略等は検討が必要
◇風向きによって、福井県内と兵庫県の2通りの避難先があるが、
    「要援護者の避難先は福井県内のみ」。避難弱者を見捨てるのか!
関西広域連合への質問・要望書
    

鹿児島県大阪事務所と熊本県大阪事務所に要望書を提出 (2014/08/05)
◇かたくなに要望書受け取りを拒否するも、やっと受け取り「県庁・知事に伝える」(鹿児島県大阪事務所)
◇「熊本の食と観光の応援として受け取り、知事に伝える」(熊本県大阪事務所)
鹿児島県大阪事務所宛の要望書      熊本県大阪事務所宛の要望書
(大阪駅前第1ビル9階)            (大阪駅前第3ビル21階)
  
 熊本県大阪事務所に要望書提出
パブコメ出そう!(締め切り2014年8月15日) 川内原発再稼働を止めよう

          川内原発審査書案…パブリック・コメント文例(パブコメのタネ)
             [原子力規制を監視する市民の会HPより]
          パブコメ提出はこちら

伊根町の避難先の一つ、兵庫県播磨町への申し入れ (2014/07/24)

質問・要望書と回答
  
美浜の会ニュースNo.129 (2014/07/08)
福井県が公表したスクリーニング28箇所の候補地 (2014/07/09)

詳しくはこちら

  
小浜市と若狭町に避難計画について申し入れ (2014/06/11)
◇避難先自治体は「自分の市が被災・被ばくすれば受け入れは困難」と述べている
  このことを今後検討し、福井県にも伝えていく
◇汚染検査・除染の省略等は、検討するように県の会議で発言していく
◇問題は山積。国がもっとかかわるべき
◇昨年の台風で孤立した住民も出た。原発事故と地震・津波の複合災害は検討していく

小浜市への質問・要望書(避難先の姫路市への申し入れを踏まえて)
若狭町への質問・要望書(避難先の加西市・加東市への申し入れを踏まえて)
原発事故避難計画:小浜市と若狭町へ、近畿の団体要望書 /福井  毎日新聞 2014年06月12日
 
加西市・加東市へ避難計画申し入れ (2014/05/27)

加東市への質問・要望書と文書回答
  
美浜の会ニュースNo.128 (2014/05/10)
原発事故の避難先(兵庫県)マッチングと被ばく予測 (2014/04/29)

詳しくはこちら
  
汚染検査(スクリーニング)の基準値は高すぎる (2014/04/25)
  小児の甲状腺等価線量300mSvに相当。安定ヨウ素剤服用基準の6倍
放射線管理区域の外に物を持ち出す基準4Bq/cm2の30倍
詳しくはこちら
兵庫県シミュレーション全体 (2014/04/24)
  市民が情報公開請求で明らかに
若狭地方から京都府北部まで高線量の被ばく
 50mSv超の甲状腺被ばくが遠くは四国近くまで
2013年版
 
甲状腺等価線量(2枚)
        
 
実効線量(2枚)
 
地名入り―篠山で
精算被ばく線量が最大時

 
地名入り―神戸で
積算被ばく線量が最大時
新シミュレーションも同時に公開
兵庫県の東半分は50mSvを超える甲状腺被ばく
これでは避難受け入れはできない
2014年版
 
放射性物質拡散
シミュレーション(県内全域)
の結果について


大飯原発事故時
地名入り(カラー版)

大飯原発事故時
地名入り(モノクロ版)

 
高浜原発事故時
地名入り(カラー版)

4月30日(水) 川内原発の再稼働審査・汚染水問題に関する政府交渉
       時間 13:30〜16:30  場所 参議院議員会館101
       主催  反原発かごしまネット/グリーン・アクション/美浜の会
           /FoE Japan/フクロウの会/原子力規制を監視する市民の会
案内    質問事項

関西広域連合への申し入れ報告(2014/04/10) 
  「避難の迅速化」と住民の安全確保は両立しない
   規制庁の指導で、汚染検査の「効率化」を狙う(検査省略や「代表者によるみなし検査)
   要支援者の避難計画は出来ていないと認めながら、「再稼働とは別問題」
   昨年の兵庫県シミュレーション結果・・開示決定が出てから1ヶ月も放置したまま
報告     質問・要望書

本の紹介「避難弱者: あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? 」 
  
美浜の会ニュース127号より

3月14日 おおい町住民の避難先−兵庫県川西市への申し入れ報告(2014/03/27) 
複合災害を考慮しない避難計画に批判と懸念を表明
要援護者の数も聞いておらず、受け入れは現状では難しい
  
報告  質問・要望書  川西市の文書回答

汚染水・再稼働問題の政府交渉報告(2014/03/04) 
 観測井戸の放射能濃度急上昇について原因把握せず
 汚染水対策ワーキングは再稼働優先で開かれず
 「実行性ある避難計画なしに安全は守れない」と認める
 「最短2時間」で神戸市にプルーム到達(兵庫県知事)、しかし国はPPA出さず
  
報告   再質問と3月17日の回答

避難計画では住民の安全を守れない−再稼働を止めよう!3・2講演・討論集会
3月2日(日)13:10開場 13:30〜16:50/ 場所:大阪社会福祉会館 5階
主催:グリーン・アクション/美浜の会/おおい原発止めよう裁判の会

講演・討論集会は終了しました。

菅野みずえさんの報告



美浜の会ニュースNo.127 (2014/02/24)

          ・避難計画では住民の安全は守れない 再稼働反対の声を強めよう
          ・滋賀県放射能拡散シミュレーション 全域分が公開
          【避難計画に関する申し入れなどの取り組み特集】
           ・京都府の避難計画はどこまで具体化しているか(投稿)
           ・2月12日 神戸市への申し入れ(投稿)
           ・2月17日 大阪広域水道事業団に聞く(投稿)

滋賀県シミュレーション全体

                             
  滋賀県シミュレーション全体      地名入り(カラー版)         地名入り(モノクロ版)

原発事故の避難計画 知っていますか?(2014/02/24) 

リーフを活用してください 3団体のリーフ

滋賀県・大阪府避難マッチング表(2014/02/24)

滋賀県・大阪府避難マッチング表

電力会社の重大事故シナリオでは、避難できない 2月5日政府回答で明らかに
(2014/02/10) 
 5q圏内住民 事故発生と同時に「避難の準備」/ 20分後には避難中
 30q圏内住民 炉心溶融が始まっても「避難の準備」/ 0.5mSv/hの線量確認で避難

電力会社の重大事故シナリオでは、避難できず

関西広域連合の避難計画に実効性なし・・再稼働どころではない (2014/01/31)
バスの確保、スクリーニングの場所・方法、水の配布方法、要支援者の避難等々
  「まだ出来ていない」と認める

1月31日 関西広域連合への申し入れ報告
  
地震動の過小評価を許さない1・29院内集会・政府交渉
  ・武村式で地震動の再評価をするよう強く求める。204 団体で署名提出
  ・水素爆轟の可能性を指摘しクロスチェック解析を要求
  ・国が関与する避難計画は何も具体化していない

     交渉報告(PDF版)  204団体の署名 
     質問書と資料     交渉を踏まえた追加質問と2月5日回答

美浜の会ニュースNo.126 (2013/12/23)
大阪府への申し入れ報告(避難計画・再稼働審査の安全性問題)(2013/11/21) 
     ◇要援護者の受け入れ計画は何も決まっていない
     ◇兵庫県の被ばくシミュレーション−「大阪版を入手するため兵庫県に連絡した」
     ◇「炉心溶融はあってはならない」
              16団体の質問・要望書     報告
  
原子力防災避難計画と再稼働審査の安全性問題に関する高浜町・おおい町への
申し入れ(2013/11/14)
「広域避難先も、避難路も、スクリーニングの場所も具体化していない」
  再稼働審査で「炉心溶融を前提にするのは認められない」
     
    高浜町宛申し入れ・質問書:9団体   おおい町宛申し入れ・質問書:9団体  報告 

原子力防災・広域避難に関する関西広域連合・兵庫県への申し入れ(2013/11/12)
「スクリーニングは大問題」――福井県と意見調整中
台風等との複合災害は考慮していないが、市民の指摘は「参考にする」
「防災計画ができていない中で再稼働になれば、国への申し入れ等も必要になるだろう」

質問・要望書   報告
  
美浜の会ニュースNo.125 (2013/11/11)
【紹介】地域防災計画は問題だらけ・・住民の運動で閉鎖に追い込まれたショーラム原発

 グリーン・アクション資料
  
大飯原発事故のとき−原子力規制庁試算に基づく放射能拡散(訂正版) 
  地域防災計画よって放射能被害から逃れることはできない(
2012/12/23)

                   2012.12.23 訂正版    訂正にあたって
              
                    
            拡散予測図   カラー              モノクロ

  
大阪府が公表した甲状腺被曝予測が示す、若狭の原発事故が大阪府民にもたらす
甚大な被ばく被害(2012/3/25)


詳しくはこちら(HTML版)  PDF版

大飯原発を中心に福島事故の汚染地図を重ねた図
                        
                          
                      その1  カラー      モノクロ

                         
                      その2  カラー