About

「わたしの労働運動ものがたり」は、「Labor Now 労働運動映像記録プロジェクト」が、労働運動の担い手たちにインタビューしてまとめた記録です。今後、さまざまな人たちの”ものがたり”をお伝えしていきます。


写真、または「ここをクリック」から該当ページをひらき、解説と映像をご覧ください。

Feature

塚田 義彦
”太田薫”を語る
LinkIconここをクリック

総評労働運動に大きな足跡を残した”太田薫”。
1951年から合化労連で活動し、書記長として太田を支えた塚田義彦が”太田薫”について語った。

塩沢 美代子
民主の社会をめざして
LinkIconここをクリック

1949年、念願の組合オルグとして全蚕糸労連に就職。それは波乱の人生の幕開けだった。
Part 1 製糸業の組合オルグとして (36分)
Part 2 アジアの女性労働者と共に (24分)

70年春闘フィルムでみる
全造船浦賀分会の闘い
LinkIconここをクリック

長年にわたり組合人生を共にした林充孝と石川秀夫。林の死の直前、2人は林が自ら撮影した70年春闘フィルムをみながら、組合人生についてふりかえる。

笹森 清
連合運動20年を語る
LinkIconここをクリック

元連合会長・笹森清の講演記録
主催:一橋大学フェアレイバー研究教育センター
収録:2009年7月4日の第2回社会運動ユニオニズム研究会より

平沢栄一 争議屋に生きて
すべての労働者の利益のために
LinkIconここをクリック

全国金属労働組合のオルグや中央本部の書記長を経験した平沢栄一が、40年に及ぶ<争議屋>としての人生を語る。