『中曽根 VS 金・竹・小』 ご案内

木村愛二著/汐文社/1993年/120頁/定価1000円 絶版 在庫僅少 ➡ 注文

表紙

激争 佐川疑獄と国際エネルギー利権抗争
「環太平洋」構想 中曽根 VS
「新・大東亜共栄圏」構想 金・竹・小


『中曽根 VS 金・竹・小』 目次紹介

(参考:➡ 佐川事件で失脚 政界再編の端緒に 「政界のドン」金丸信(7) 政客列伝  特別編集委員・安藤俊裕(1/3ページ)2011/9/11 12:00)

ある予言   2

はしがき   5

序章  全体像が見えぬリーク発表報道への不信と疑惑   15

第1章 「永田町オタク」欠陥報道も「構造汚職」だ   23

第2章 後藤田法相「志願」人事に「内友会」の影   31

第3章 「橋龍」ニューョーク・タイムズ記者会見の怪   39

第4章 「臨調・行革」路線が育てた「怪物」佐川急便   43

第5章 「民活」疑獄のバブル演出と国ぐるみ腐敗構造   49

第6章 戦後史に見る贈収賄構造の発達と検察の頽廃   53

第7章 年商九千億円の企業実態がさっぱり分らぬ報道   63

第8章 「モーレツ運転」を助長したアキレス腱「物流」   69

第9章 新潟ルート「国際物流利権」が金丸の命取り   77

第10章 エネルギーで失脚は成り上がリドンの二の舞い   85

第11章 中曽根「環太平洋」vs「大東亜共栄圏」の激突   91

第12章 「隠し球」の暴力装置を使った「現職」総理   99

終章   「暴対法」でヤクザと利権の再編を狙う国家権力   107

あとがき   115

巻末参考資料   117

上に戻る


➡ 電波メディア・放送問題
➡ 読売・日テレ問題