年報のバックナンバーの案内は「女性学年報」目次集をごらんください。

女性学年報のご購入はこちらから
38号原稿を募集しています。joseigakunenpo[at]gmail.comまでご連絡ください。
女性学年報 Q&A
37号(2016年刊)のご案内
36号(2015年刊)のご案内
35号(2014年刊)のご案内
34号(2013年刊)のご案内
33号(2012年刊)のご案内
32号(2011年刊)のご案内
31号(2010年刊)のご案内
30号(2009年刊)のご案内
29号(2008年刊)のご案内
28号(2007年刊)のご案内
27号(2006年刊)のご案内
26号(2005年刊)のご案内
25号(2004年刊)のご案内
24号(2003年刊)のご案内
23号(2002年刊)のご案内
22号(2001年刊)のご案内

『女性学年報』のめざすもの



 女性学は、既成の「学問」が女の視点を欠いた、ゆがみをもったものであることを告発する形でおこってきました。また、難解な学術専門用語で武装した、素人を寄せ付けない「学問」のあり方にも疑問を投げかけてきました。わたしたちは「女であること」にはプロもアマもなく、女性学の出発点はまさしくこの「女(わたし)であること」を問い直すことであり、この「わたしからのフェミニズム」こそが、わたしたちの運動の原点であると考えています。

 わたしたちは、女性学を、女の状況を変革していくための一つの方法と考えています。ともに語り、考え、行動することによって、学問と日常生活、理論と実践といった価値の分断をなくし、そのいずれにも根ざした女の運動をつくり出していくことを、わたしたちは願っています。

 『女性学年報』は、女性解放について発言することや「わたしからのフェミニズム」を発信する場が非常に限られていた時期に、女たちがみずからの声を発表する雑誌として成立しました。この出発点―「日本女性学研究会に所属し、活動するわたしたちが、わたしたちの見方を反映させたメディアを、わたしたちの手でつくる」という原則を今も大切にし、以下のことを実現できるようめざしています。