歴史的迷をねじ曲h「再び天皇中心の国家「

「生命の犠牲」もいとわない軍国少年をつくりあげる

扶桑ミ歴史・公民教科書の採択に断固反対する!

 「新しい歴史教科書をつくる会」(以下「つくる会」)とその支旆が採択運動を進めていょC扶桑ミ歴史・公民教科書に対して韓国、中国政府をはじめ東南アジア諸国の民衆、国内の進歩的、良心的な人々から強い批判の声が上がっている。

 「つくる会」歴史教科書wCその近現代史部分だけをとってみても「日本帝国蜍`の朝鮮植民地x配を正当化kCその過酷で非道な植民地x配の実態を隠蔽している。日本の中国侵略を隠kC南京大虐E膜盾フ事タに疑問を抱かmC太平洋戦争の記述では「大東亜戦争」という用語に固執kCアジアの独立に役立ったとして擁梧「^美している。日本軍の攻撃や特攻隊出撃、玉砕を劇画調で描き戦争そのものを賛美している。従軍慰安婦や朝鮮人強制連行の記述もない。日本国憲法を否定し大日本帝国憲法を礼賛している。歴史全体を見ても「日本中心、日本の優位性を強調する記述が目立つ。天皇を中心とする「神の国」=皇国j観によって描いている。

 「つくる会」公民教科書wC憲法の内容と意義を説く替わりuC憲法の諸原理の限界を説き憲法を非難している。平和蜍`の説明以上の分量を割いて9条「改正」の議論を強調している。「国民の義務」の項では憲法にない「国家に対する忠誠の義務と国防の義務」を諸外国の例を引いて強忠「「核兵器廃絶は絶対の正義か」とのコラムで核廃絶の動きに冷笑を浴びせている。基本的人権の項では国家や社会の秩序とルール維持を強調し権利や自由はその枠内であることをことさらに強調し自粛させている。天皇を「民族の祭りの主」、「敬愛の対象」、「精神的な中心」、「日本国を代表」と礼賛kC国旗と国歌の尊重を要求。日本国憲法を否定する一方で大日本帝国憲法を大きく評価している。

  我々ピース・ニュース学習会とフィールドワーク等の諸行動参加者がこれまでの活動を通して学んできた事タwC「つくる会」歴史・公民教科書の記述とことごとく全ての面において対立する。

 長野県松代大本営菅C戦没メ慰霊美術館「無言館」、旧海軍i令部跡である日吉台地下壕、旧陸軍弾薬製造工場および弾薬庫跡である横浜s「こどもの国」、韓国「ナヌムの家」訪問と日本軍「慰安婦」被害メの方々との交螺「強制連行被害メキム・ギョンソクさんとの交螺「沖縄戦戦菅Cガマ、沖縄基地、ヘリポート建設に反対する名護住民との交螺「教育現場での日の丸・君が代強制に反対する現場教師、地域住毎C生徒との交流等々。

我々wCゥら学yC肌を通して実感してきた事タかゆC「つくる会」歴史・公民教科書が憲法9条を否定し天皇中心の「神の国」に対して忠誠を尽くkC「公」のためには個人の犠牲をかえりみなa「旧挨な愛国蜍`的イデオロギーを植え付ける政治的文書であるこs「ゥ国中心でアジア蔑視の傲慢な歴史滑「ミ会釜C人間の理性や理想を否定kC刹那的でニヒリスティックな現実主義に貫かれoC特異な思想に彩られた「教科書」であゆ「教育の場で使うことe「氓フ世代を担う子どもたちに有害な影響を与えるものであると断言できる。

 「つくる会」とその支旆にwC右翼、財界、自民党、官落C労働組合官僚等が名を連ねている。彼らのこうした動きwC95年以降急速に進められoC日米安保再定義、新ガイドライン体推C国喜」国歌法制定と学校における「日の丸・君が代」強制の動fC盗聴法制剃「改憲を目指す憲法調査会制剃「有末@制整罷C教育基本法改悪の動き等々、日本の軍国蜍`強化の動きと呼応したものである。

 それらの背後にwC戦後日米安保体制と米の「核の傘」のもとsC急速に発展kC特にアジアでの経済権益をもとに世界第二位の資本蜍`大国に成長した日本経済がある。日本の右翼、財界、支配層wCこうして発展した「大国」日本e「世界の先進走{蜍`国と肩を並べて軍沫ヘにおいても「「応分の負担」をし「金だけでなく血を流」せる国となゆ「経済的利権のためuC軍沫ヘで世界秩序を維持する一翼を担いたいと切実に考えている。こうした立場wC日本と世界の働く人民大衆とは全く無縁であるばかりeC徹底して対立する立場であることは明らかである。血を流すのは常に金も権力もない人民大衆である。日本の人民大衆を再び駆り立てるためuC彼らは復古主義的な天皇中心の「神の国」v想を持ち出した。

 日本の人民大衆を戦争のできる「普通の国」の一員として動員するためuC復古主義的t「忌まわしa「血塗られた「天皇蜍`」に頼らざるをえないのwC日本の支配層のアキレス腱である。アジアの民衆がこれに最も敏感に反応し批判をするのは当然である。

 われわれwC過汲フ歴史の事タと今日の軍沫ヘ強猿C軍国蜍`強化の現実を徹底して学び暴露kCアジア諸国の人民の運動と連帯kC国内の進歩的な人々と連帯して軍国蜍`強化と闘う。

 今年度教科書採択について我々は次のことを要求する。

●    政府、文部科学省は韓国、中国からの「再修正」要求に誠実に応えよ!

●    政府、文部科学省は「つくる会」教科書の検定合格を取り消せ!

●    各地の教育委員会wC教科書として不適格な「つくる会」の教科書を採択するな!

●    教育委員会は教科書採択の手続きに従来どおり現場教職員の意見を反映させよ!

●    教育委員会は教科書採択の経過と採択理由を公開せよ!

2001年617日 ピース・ニュース連続学習会参加者一同

 ピースニュースでwC63楠」17日の2回にわけて教科書問題についての学習会を開催kCQ加者により以下のアピールが出された。 

 (学習会内容wC“ここがあぶない!「つくる芽B歴史教科書”、“ここがあぶない!「つくる会」公民教科書”に掲載) 
<連続学習会アピール>