軍用地を生活と生産の場に!
                沖縄・一坪反戦地主会 関東ブロック ヤンバルクイナ
                           ホームページ http://www.jca.apc.org/HHK/
                                           ツイッター   https://twitter.com/hitotsubo_kanto  
〒101−0061 東京都千代田区三崎町2−6−2ダイナミックビル5F
電話:090-3910-4140
FAX:047-364-9632       郵便振替:00150-8-120796
4月25日(水)で辺野古大浦湾への護岸工事が始まってから1年になります。

 4月25日(水)、沖縄辺野古の海では
  「新基地許さない4・25海上座り込み」が行われます

首都圏でも、この行動に呼応し、
官邸前抗議行動を行います。参加をお願いします

 
<””4・25辺野古海上坐りこみに
             呼応する官邸前行動””>


 日時 : 2018年4月25日(水)18:30〜
 場所 : 首相官邸前(
地下鉄国会議事堂前駅
 
 主催 : 辺野古への基地建設を許さない実行委員会
 
  連絡先 :  沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090−3910−4140)

 
昨年の4月25日、大浦湾への埋め立て工事が始まりましたが、現在ストップしています。
大浦湾に2本の活断層が走り、かつ軟弱な地盤であることがわかり、とても新基地を造れる地
域ではないことが判明し、工事を進められなくなったのです。
 そこで、政府、防衛省はしゃにむに辺野古基地建設を強行するため、辺野古側浅瀬瀬の護岸工
事を強行し、囲い込み、この6月から土砂を投入し、埋め立てを行なおうとしています。
 沖縄県民の反対の意思を打ち砕こうとしてしているのです。「辺野古新基地NO!」の沖縄県民
の意思は揺るぎありません。
 この首都圏でも沖縄県民の総意「基地建設許さない」に応え4月25日18:30〜の首相官邸前
行動多くの人が集まり、抗議の声を官邸に届けることをお願いします。





*4月29日(日)18:30〜下記集会に参加をお願いします



沖縄の元海兵隊員による性暴力殺害から2年    

  基地・軍隊はいらない        4・29集会
 
   

沖縄で、20歳の女性が元海兵隊員の米軍属によって性暴力を受け、殺害遺棄されてから、4月29日で2年が経ちます。
 昨年12月1日、那覇地裁で被告は無期懲役を言い渡されましたが、12日に福岡高裁那覇支部に控訴しました。
痛ましい事件を二度と起こさないためには、米軍や軍属の特権意識を助長する日米地位協定の抜本改正と、「一日も早い
基地の撤去」がなされなければなりません。
 
しかし、日米両政府は20171月、日米地位協定で身分の保障される軍属の範囲を縮小する補足協定を結んだだけで、
その対象となる人数すら明らかにしていません。
 そればかりか、政府関係者によると、米側は日本政府に対し、「被用者と軍属とは異なる概念。被告は事件当時、軍属だっ
たが、米軍が雇用していたわけではなく米軍と契約していた民間会社に雇用されていた。米国政府が補償金を支払う義務は
ない」
と主張しているという。到底認めることはできません。
 また、この制度に基づく補償額を決めるのは米国政府で、米側から実際に支払われる補償金は民事裁判の判決額より低く
抑えられることも多い。日米両政府は1996年、日米特別行動委員会(SACO)で差額を日本政府が負担する制度をつくった。
「SACO見舞金」と呼ばれています。
米側は今回のケースを補償対象と認めておらず、遺族側はこの制度からも除外されています
 


 
 わたしたちになにができたか、これからできるのか

 米軍基地あるが故に繰り返される性暴力、犯罪や事故―
                                    沖縄の声を聴き、文化に触れ、思いをめぐらそう。

 高江や辺野古で、宮古島で基地建設を強行する安倍政権に抗い
                                    
“基地はいらない”の声を何度でも何度でもあげつづけよう。

                                                                               
 
日時 : 2018年4月29日(日)18:30開始(18:15 開場)

 場所 : 全水道会館4階大会議室(東京都文京区本郷1−4−1)

   
         JR中央・総武線 水道橋駅(東口)より徒歩2分
         都営地下鉄三田線 水道橋駅(A1 出口)より徒歩1分
   
         地図、行き方

 

   お  話  :  高里鈴代さん(たかさと・すずよ)

               基地・軍隊を許さない行動する女たちの会 共同代表

 
     ●唄三線   :  垣花暁子さん(かきのはな・あきこ)

                          三線を演奏。宮古島出身


 主催  : 基地・軍隊はいらない4・29集会実行委員会

 連絡先 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090−3910−4140





沖縄「日本復帰」から46年が経ちました。「日本」よる沖縄差別は変わっていません。
  今年も、
5月13日(日)18:00〜
   ”辺野古新基地NO!沖縄「日本復帰)46年を問う集会”
   
を行います。参加よろしくお願いします
 
 ●(前名護市長 オール沖縄会議共同代表)
稲嶺進さんが馳せ参じ、
  「辺野古新基地建設阻止の意思はゆるぎない」の決意を込めたお話をして
   くれます。

辺野古新基地建設NO!        沖縄「日本復帰」46年を問う       5・13集会       

     日時 : 2018年5月13日(日)18:00〜
   
   場所 : 南大塚ホール(
東京都豊島区南大塚2−36−1

           
                JR山手線「大塚」駅南口から5分、都電荒川線「大塚駅前」駅から5分
           
                地下鉄丸ノ内線「新大塚」駅から8分
           
                地図

  メインスピーカー 稲嶺進さん(前名護市長 オール沖縄共同代表)
 
    参加費 : 500円

    主催 : 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090−3910−4140)

 今辺野古では急ピッチで護岸工事が進められています。6月には辺野古の浅瀬が土砂で埋め立てられようと
しています。この工事が進むと辺野古の貴重な自然が壊されてしまいます。大浦湾には2本の断層が走り、
かつ地盤が何辱だということが判明し、政府、防衛省は急遽大浦湾の埋め立てを中止し、辺野古の浅瀬埋め立
てに切り替えました。この工事を進めることで沖縄県民の「新基地NO!」んぼ意思を崩そうとしています。
 
 稲嶺進さんは名護市長選以後、連日のようにキャンプシュワッブゲート前に通い、座り込みをしています。
「辺野古に基地は絶対造らせない」の思いを熱く語っていただけると思います。
 今年で「沖縄日本復帰46年」ですが、沖縄差別は全く変わっていない。「復帰とは何だったのか?」につい
ても語ってくれると思います。多くの人の参集を願います。





<コラム>
*皆さん!!!
 辺野古新リーフレット

           ”辺野古に基地はつくれない”できました!!


              ●沖縄県民の思いは侵略戦争のための辺野古新基地は絶対
                いらない。
              ●基地ができるとジュゴンや、希少生物、サンゴの生息する
                海が死んでしまう。
              ●基地建設予定地には2本の断層が走っている。また地盤が
                軟弱で、基地の重さに耐えられず、液状化し崩れ去る可能性
                が高い
                                            等々
         写真、図入りでわかりやすく、手に取るとすぐ読みたくなるようなリーフレットです。
        沖縄辺野古新基地建設の問題点について、「日本」の人々にはまだまだ知れわた
        ってはいないのが現状です。
         このリーフレットを多くの人が手に取り、辺野古新基地建設を強引に進めている   
        安倍政権・防衛省の暴走を止めましょう。
        
        ●リーフレットは無料配布です(送料は負担、お願いします)
      
     連絡先 : 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090−3910−4140)
      *
カンパもよろしく(リーフレット作成にかなりのお金がかかっています)
         (カンパ振込先)  
              郵便振替 00150−8−120796
              口座名   沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
  
                      


























    














2018年5月7日(月) 18:30〜
 
場所  防衛省前
      JR・地下鉄「市ヶ谷」「四ツ谷」駅7分
    http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html
  主催  辺野古への基地建設を許さない実行委員会
  連絡先 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)




  ニュース

【2018年】
4月

「南西諸島への自衛隊配備」関連
∴宮古島への陸自配備、野原部落に続き千代田部落も事実上の容認
*(沖縄タイムス2018年4月7日 09:39)



「沖縄米(軍」関連






「沖縄の自衛隊」関連
NEWs




「普天間基地撤去、辺野古新基地建設
」関連

NEWs
∴普天間所属米軍ヘリ2機、熊本空港不時着、「予防着陸ではなく、事故だ」
*(沖縄タイムス2018年4月19日 08:34)

NEWs
∴辺野古新基地建設、政府、防衛省またまたあり得ない暴挙。サンゴ移設できず、
検証せずに3重、4重の汚濁防止膜で工事強行
 *(沖縄タイムス2018年4月20日 07:43

NEWs
∴(アセスメント)準備書のジュゴンに関する内容、米国防総省の専門家チームが不適切との指摘に対し不誠実な防衛省
*(沖縄タイムス2018年4月19日 08:31)


∴普天間所属ヘリ2機(UH1Y多用途ヘリ、AH1Z攻撃ヘリ)、またトラブルで熊本空港に緊急着陸
  *(毎日2018年4月18日15時22分)
2018年4月18日 15時22分
2018年4月18日 15時22分
2018年4月18日 15時22分
2018年4月18日 15時22分
2018年4月18日 15時22分
2018年4月18日 15時22分



∴辺野古新基地に対して高さ制限オーバーしている建造物。建設が進目られている辺野古弾薬庫や沖縄高専、携帯電話や沖縄電力の鉄塔。防衛省容認している
 *(沖縄タイムス2018年(平成30年) 4月13日)


∴沖縄離島防衛と銘うって
[水陸機動団発足]。起動団の足、欠陥機オスプレイ、昼夜を分かたず沖縄の空で訓練
 *(沖縄タイムス2018年4月9日 07:44)


∴沖縄高専校長「困惑している」。防衛局から今更の説明、内容もよくわからない。
 *(沖縄タイムス2018年4月13日 06:00)


∴、豊原集落の住宅、辺野古弾薬庫、沖縄高専など辺野古新基地の高さ制限超、国内法さえ逸脱、防衛省は沖縄にだけ適用か
(琉球新報2018年4月13日 06:30)


∴N5、K4とつながるN3護岸着工、沖縄防衛局「知事承認」得ず、違法に7月から土砂投入か
 *(琉球新報2018年4月9日 05:00 )

∴沖縄高専、辺野古新基地高さ制限をオーバー。沖縄防衛局、校舎着工前に説明せず。
 *(沖縄タイムス2018年4月9日 06:24)

∴シュワブゲート前に500人、稲嶺前知事もマイクを握る握る
*(沖縄タイムス2018年4月7日 13:32)


∴沖縄防衛局、埋め立て業者と契約
 辺野古新基地建設工事、大浦湾ではなく辺野古側浅瀬から3月から着手明らかになる

  *
(沖縄タイムス2018年4月6日 09:11)


「高江ヘリパット撤去」関連

NEWs



「その他」
NEWs
沖縄市長選、明日投開票。諸見里宏美氏(56)=社民、共産、社大、自由、民進、希望推薦, 勝利なるか
(琉球新報2018年4月21日 06:00)

NEWs
国連先住民フォーラムで琉球民族独立総合研究学会の東新川藤佳さん声明、「基地が無くならないと性犯罪根絶できない
(琉球新報2018年4月21日 05:00)

∴県知事選、現知事翁長雄志氏擁立確認
(琉球新報2018年4月18日 12:05)

米軍機、世界で4月3、4日2日間で3件の墜落死亡事故、統合参謀事務局長異常事態」認める。しかし危機ではない
 *
(琉球新報2018年4月7日 10:56)


2018年
3月

2016年

2015年
1月  2月  3月 4月 5月、6月 7月 8月2014年 8月 9月 10、11月 12月
2013年
4月5月6月 7月 8月 、9 ・10月11月 12月2012年(南西諸島と自衛隊配備) 1月、2月、3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月(沖縄と自衛隊) 1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月(沖縄米軍) 1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月(普天間基地撤去と辺野古新基地建設) 1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月(高江ヘリパッド基地建設) 1月、2月、3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月(その他)1月、2月3月 4月 5月 6月 7月 8月
闘いの記録
「闘いの記録」

2015年(闘いの記録)

 1月〜5月 6月〜12月
資料リンク
「4・28主権回復の日」糾弾集会での本村紀夫さんの講演原稿@ABCD 
普天間飛行場代替施設建設事業に係る公有水面埋立承認申請書の補正について(沖縄県)
37人の著名人による「オスプレイの沖縄配備に反対する共同声明」(2012.9.24)
4・30野田・オバマ首脳会談共同声明(2012.4.30) 
普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書に対する知事意見(飛行場)
(2012年2月20日)
Defense Infrastructure:  Opportunity to Improve the Timeliness of Future Overseas Planning Reports and\
Factors Affecting the Master Planning Effort for theMilitary Buildup on Guam. 
GAO-08-1005, September 17
.23年度在日米軍関連予算23年度防衛予算の概要
普天間飛行場に保管されている放射能性廃棄物並びに枯葉剤の使用について(抗議・要請)
(沖縄宜野湾市11年8月19日)
沖縄県と宜野湾市に対して防衛省」のMV−22オスプレイ配備の回答書(11年6月23日)

資料
沖縄県収用委員会 公開審理
米軍用地収用特措法違憲訴訟
普天間飛行場 名護移設問題
『一坪反戦通信』
(毎月1回 28日発行)

紙版訂正
書庫
2005年
2006年2007年
記録
2007年
辺野古ボーリング調査関連

基地関係Link

〈現地情報>
(辺野古
 (高江)
 (南西諸島・宮古・与那国)
〈抗議先〉
   沖縄防衛局
 防衛省・自衛隊
毎日:辺野古現地座り込み 辺野古漁港前
辺野古への基地建設を許さない実行委員会
これまでの取り組み(画像、抗議文など)
2013年
2012年
2011年 2月3月、5月、6月@AB、8月@A10月1 A

2010年 4月 5月@ A 6月 10月@ A B 12月@ A
2007年:前期後期
2006年:1月
2月3月4月5月6月7月〜
  2005年:1月2月
3月
4月5月6月7月8月9月10月11月12月
  2004年:6・7月8月9月10月1112月
これまでの署名・声明
「声明」
  2012年
「署名」
  2010年   2008
電子メール:hankach アットマーク jca.apc.org
jca-net