軍用地を生活と生産の場に!
                沖縄・一坪反戦地主会 関東ブロック ヤンバルクイナ
                                     http://www.jca.apc.org/HHK/
ともに東京都千代田区三崎町2-2-13-502
電話:090-3910-4140
FAX:047-364-9632       郵便振替:00150-8-120796

Topics
2015年2月2日(月)  18:30~   防衛省正門前抗議行動
 
場所  防衛省前
      JR・地下鉄「市ヶ谷」「四ツ谷」駅7分
    http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html
  
主催  辺野古への基地建設を許さない実行委員会
  連絡先 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)

         ニュース
【2015年】
1月
「南西諸島への自衛隊配備」関連 


沖縄米軍」関連
new

「沖縄の自衛隊」関連









 「普天間基地撤去、辺野古新基地建設」関連
new
北部訓練場の過半の返還に伴う東村高江へのヘリパッド移設について、N4地区の2カ所と県道70号からの進入路を米政府に提供
 
*(沖縄タイムス2015年1月31日 07:31)
new
沖縄防衛局はケーソン新設工事の契約を大手ゼネコン3社の共同企業体と交わした。本体工事の契約はこれが初めて、政府のなりふり構わぬ強硬姿勢に強い疑問
 
*(琉球新報2015年1月31日

正当な選挙で選ばれた県民代表の知事に身内の行政機関が従うどころか、歯向かうなんて、民主主義国家じゃない、県警が知事の醜聞探し 
 
*(日刊ゲンダイ2015年1月29日)

沖縄の民意を踏みにじる許しがたい蛮行だ。国策に異を唱える県民、国民を足蹴(あしげ)にするような安倍政権の専横がここまでまかり通るとは信じられない事態
 
*(琉球新報2015年1月29日) 

環境監視等検討委員会をめぐり、委員自らが監視委の客観性確保や環境影響判断の難しさに疑問、第三者機関 設置を求めていた、内部からも疑義
 *(琉球新報2015年1月29日 )


28日、沖縄防衛局は大型作業船などで臨時制限区域沿いにコンクリートブロックを投下した後、海面から高さ約3メートルの大型の浮標灯(ブイ)2基を設置

 *(琉球新報2015年1月29日 )


(軍転協、会長・翁長雄志知事)が、日米両政府にあらためて「県外移設」を求める
 
*(琉球新報2015年1月29日)

∴ 
米軍のオスプレイ配備撤回と普天間飛行場の県内移設断念を求めた建白書に賛同する本土の研究者や文化人が114人に上った
 
*(沖縄タイムス2015年1月28日 09:05)

辺野古、大型クレーン船で浮具(フロート)や浮具を固定するためのトンブロック(数十トン規模のコンクリートブロック)を設置する作業を開始
 
*(琉球新報2015年1月28日)

クレーンなどを備えた複数の大型作業船を辺野古沿岸部に投入した。翁長雄志知事の要請を無視し、強行
 
*(毎日 2015年01月27日 20時07分)

辺野古、県との対話を拒否し、県の作業中止要請を無視して、しゃにむに工事を強行する姿勢は「平成の琉球処分」そのものだ。
 
*(沖縄タイムス2015年1月28日 05:30
仮設桟橋(岸壁)の工事開始に向けた準備作業が着々と進んでいる
 
*(琉球新報2015年1月27日) 

シュワブゲート前での反対運動で逮捕者が出たのは初めて
 *(琉球新報 2015年1月11日



中谷元防衛相はキャンプ・シュワブへの移設が唯一の解決手段だ
 
*(沖縄タイムス2015年1月27日 14:11)

辺野古の新基地建設に向けた公有水面埋め立て承認の経緯などを検証するチームの人選を進めている
 *(沖縄タイムス2015年1月11日 07:44)

 

「高江ヘリパット基地建設」関連


「その他」

政府の2015年度予算案の防衛関係費が、過去最高の約4兆9800億増額分は離島防衛力の強化などに充てられる
 *(毎日2015年01月11日 東京朝刊
2014年 
8月 9月 10、11月 12月
2013年

 4月5月6月 7月 8月 、9 ・10月11月 12月
2012年


(南西諸島と自衛隊配備) 1月、2月、3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
(沖縄と自衛隊)       1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月
(沖縄米軍)          1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
(普天間基地撤去と辺野古新基地建設) 1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月
(高江ヘリパッド基地建設) 1月、2月、3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
(その他)            1月、2月3月 4月 5月 6月 7月 8月
 闘いの記録
「2015年」


 *1月28日(水)”高江へのヘリパッド建設工事許さない! 住民の抗議テントの暴力的排除やめよ!
                                1・28防衛省抗議行動(90余名参加)
                                  (一坪・反戦地主会関東ブロック主催)

 住民の生活道路である県道の両側
に広大な北部訓練場が広がっている。米軍はこの訓練場を我が物顔で戦争訓練を行っている。



そこにオスプレイパット訓練を加えるため、ヘリパッド建設工事を加速させよている。この広大な土地は沖縄の宝、やんばるの自然をさらに破壊しようとしているのだ。高江住民は自分たちの生活を守るため、やんばるの自然を守るため、そして戦争につながる基地を作らせないために反対運動を展開している。県道沿いの路側帯にテントを張り、車を止めて、日夜工事強行を監視し、工事阻止の闘いをしている。
 





この路側帯というのは米軍は必要ないと言って現在は県民が使用していいことになっている。政府、防衛省は住民の抵抗運動を圧殺するためこの路側帯を米軍に返すというのだ。とんでもないことだ。もともとこの土地は沖縄住民の者だ。住民の意向を無視し、「勝手に米軍に返す」本末転倒も甚だしい。高江住民は怒っている。この暴挙を決して許さず、闘いをさらに強化すると決意している。
     
 私たちはこの首都圏で政府、防衛省にオスプレイパッドつくるな、住民運動の圧殺をやめろと抗議jの声を緊急にあげた。緊急の行動にもかかわらず、90名以上の人防衛省前に参集し、防衛省にヘリパッド建設工事をやめるようせまった。
                   


 *1月5日
 防衛省前抗議行動 沖縄の民意”辺野古基地No!”を尊重し工事を再開するな!(参加95名)
                                       主催  辺野古への基地建設を許さない実行委員会

2015年初の闘い、防衛省前抗議行動が取り組まれた。沖縄では昨年、知事選で、”辺野古新基地を作らせない”を公約に掲げた翁長氏が県民の圧倒的支持を得て当選。また先の衆院選では辺野古基地反対の4氏が自民党候補をすべて破るという、沖縄の基地はいらないの意思が本当に固いことがあきらかになりました。しかし安倍政権は平然と辺野古に基地を作ると言ってのけ、翁長氏が日本にわざわざやってきて安倍や菅などに会おうとしたのですが、彼らは会うことも拒否するという前代未聞の醜い姿をさらしてしまい、人々の失笑をかいました。それでも基地建設のための予算を1500億円と去年の2倍に増、し、建設を強行しようとしています。沖縄現地では新年初めの闘い1月5日に、ゲート前に200名の人が集まり、抗議行動が展開されました。「沖縄は今も意気盛んだ。決して基地は造らせない。首都圏でもぜひ沖縄の闘いに呼応して政府、防衛省に基地を造らせるなの声を届けてほしい」と沖縄現地から安次富浩さんが電話メッセージを寄せてくれました。  
この沖縄の声をしっかり胸に刻み今年も粘り強く辺野古新基地建設NO!を政府、防衛省に突き付けていく決意を、参加者一同確認し合いました。


資料リンク
「4・28主権回復の日」糾弾集会での本村紀夫さんの講演原稿① 
普天間飛行場代替施設建設事業に係る公有水面埋立承認申請書の補正について(沖縄県)
37人の著名人による「オスプレイの沖縄配備に反対する共同声明」(2012.9.24)
4・30野田・オバマ首脳会談共同声明(2012.4.30) 
普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書に対する知事意見(飛行場)
(2012年2月20日)
Defense Infrastructure:  Opportunity to Improve the Timeliness of Future Overseas Planning Reports and\
Factors Affecting the Master Planning Effort for theMilitary Buildup on Guam. 
GAO-08-1005, September 17
.23年度在日米軍関連予算23年度防衛予算の概要
普天間飛行場に保管されている放射能性廃棄物並びに枯葉剤の使用について(抗議・要請)
(沖縄宜野湾市11年8月19日)
沖縄県と宜野湾市に対して防衛省」のMV-22オスプレイ配備の回答書(11年6月23日)

資料
沖縄県収用委員会 公開審理
米軍用地収用特措法違憲訴訟
普天間飛行場 名護移設問題
『一坪反戦通信』
(毎月1回 28日発行)

紙版訂正
書庫
2005年
2006年2007年
記録
2007年
辺野古ボーリング調査関連

基地関係Link

〈現地情報>
(辺野古
 (高江)
 (南西諸島・宮古・与那国)
〈抗議先〉
   沖縄防衛局
 防衛省・自衛隊
毎日:辺野古現地座り込み 辺野古漁港前
辺野古への基地建設を許さない実行委員会
これまでの取り組み(画像、抗議文など)
2013年
2012年
2011年 2月3月、5月、6月、8月10月1 

2010年 4月 5月①  6月 10月①   12月① 
2007年:前期後期
2006年:1月
2月3月4月5月6月7月〜
  2005年:1月2月
3月
4月5月6月7月8月9月10月11月12月
  2004年:6・7月8月9月10月1112月
これまでの署名・声明
「声明」
  2012年
「署名」
  2010年   2008



電子メール:hankach アットマーク jca.apc.org

jca-net