軍用地を生活と生産の場に!
                沖縄・一坪反戦地主会 関東ブロック ヤンバルクイナ
                                     http://www.jca.apc.org/HHK/
ともに東京都千代田区三崎町2-2-13-502
電話:090-3910-4140
FAX:047-364-9632       郵便振替:00150-8-120796

Topics   
”9月12日(土)
国会周辺に大結集を呼び掛けます


八月に知事は「埋め立て承認」撤回か、取り消し表明、
                          9月に政府は埋め立て着手か


止めよう!辺野古新基地建設  
                   
            許すな!日本政府による沖縄の民意圧殺!



『止めよう!辺野古埋立て


    

     9.12国会包囲
!!


    
      日時   :   9月12日(土)14:00開始

    
   場所   :   
国会周辺  
   

      
   主催 
    :   止めよう!辺野古埋め立て
                     9・12国会包囲実行委員会 
   協力   :
      戦争させない・9条壊すな!
                      総がかり行動実行委員会

させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

 
   〈問い合わせ〉
          沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック 090-3910-4140
          沖縄意見広告運動           03-6382-6537
          ピースボート               03-3363-7561 

*(追)

  翁長知事「埋め立て承認取り消し」「撤回」宣言に呼応し、官邸前抗議行動!!
      日時 : 知事表明翌日 18:30~20:00
      場所 : 首相官邸前(国会記者会館前)
    呼びかけ: 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)

翁長知事による辺野古埋立て「承認取り消し」「撤回」宣言に呼応して、いまこそ「本土」でも
 9月12日(土)、 国会周辺を万余の民衆の結集で、辺野古埋立て断念の最後通告を安倍政権
 に突き付けましょう
 
9・12国会包囲のチラシのダウンロードはここから 



2015年8月3日(月)  18:30~   防衛省正門前抗議行動
 
場所  防衛省前
      JR・地下鉄「市ヶ谷」「四ツ谷」駅7分
    http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html
  主催  辺野古への基地建設を許さない実行委員会
  連絡先 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)
2015年8月31日(月)  18:30
~ 
 9月からの埋め立て強行を許さない!止めよう辺野古新基地建設
       沖縄県民の民意を無視するな!8・31集会

  ●会場      豊島公会堂

           JR山手線、東京メトロ丸の内線、有楽町線(池袋駅)東口5
                 地図

  ●沖縄からの訴え 安次富浩(ヘリ基地反対協共同代表)

           仲村未央(沖縄県議会議員

  ●特別アピール  本土から沖縄への埋め立て土砂の搬入を許さない取り組み

           湯浅一郎(ピースデポ・海洋物理学)

  ●資料代     500

  ●主催      フォーラム平和・人権・環境

           沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック

           ピースボート

           辺野古への基地建設を許さない実行委員会

  ●連絡先     沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック   090-3910-4140

9.12(土)は "止めよう辺野古埋め立て 国会包囲 !" へ14001530

主催:止めよう!辺野古埋め立て国会包囲実行委員会

協力:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

チラシはここ
2015年9月12日(土)  14:00~15:30
 
 
”9月12日(土)
国会周辺に大結集を呼び掛けます


8月に知事は
埋立て承認撤回か取り消し表明9月に政府は埋立て着手か

止めよう!辺野古新基地建設  
     
               許すな!日本政府による沖縄の民意の圧殺


「止めよう!辺野古埋め立て
  

   

 9.12国会包囲!!


   
  日時   :   9月12日(土)14:00開始


    場所   :   国会周辺  
   

<主催> 止めよう!辺野古埋立て9・12国会包囲実行委員会

        http://humanchain.tobiro.jp

<協力> 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

 
 〈問い合わせ〉
         沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック 090-3910-4140
         沖縄意見広告運動           03-6382-6537
         ピースボート               03-3363-7561 

*(追)

  翁長知事「埋め立て承認取り消し」「撤回」宣言に呼応し、官邸前抗議行動!!
      日時 : 知事表明翌日 18:30~20:00
      場所 : 首相官邸前(国会記者会館前)
    呼びかけ: 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)

   
翁長知事による辺野古埋立て「承認取り消し」「撤回」宣言に呼応して、
  いまこそ「本土」でも9月12日(土)、国会周辺を万余の民衆の結集で、
  辺野古埋立て断念の最後通告を安倍政権に突き付けましょう


9・12国会包囲のチラシのダウンロードはここから 


        ニュース
【2015年】
8月
「南西諸島への自衛隊配備」関連
NEW




「沖縄米軍」関連



「沖縄の自衛隊」
関連



「普天間基地撤去、辺野古新基地建設
」関連

NEW
米カリフォルニア州バークレー市、決議案「沖縄の人々を支援する決議」を来月15日の本会議で審議
 *
(沖縄タイムス2015年8月5日 08:03)
NEW
米軍主導の普天間県内移設(辺野古新基地建設)、 戦争法案につながっている
 *
(沖縄タイムス2015年 8月5日)
NEW
沖縄米軍、沖縄防衛局によるサンゴ破壊、沖縄県に 立ち入り調査認める
 *
(NHK8月4日 20時54分
NEW
菅官房長官は閣議のあとの記者会見、8月10日から9月9日までの間、工事を一時中断
 *
NHK8月4日 10時42分
NEW
シュワッブゲート前反対住民、午前10時20分ごろ、一か月の作業中断の一報が入り、市民らからは拍手と歓声
 *
(琉球新報2015年8月4日 11:36)
NEW
名護稲嶺市長「国が今の状況を止めるということは何か大きな判断があるのではないか」
 *
(琉球新報2015年8月4日 15:05 )
シュワブゲート前、稲嶺市長反対住民を激励
 *
(琉球新報2015年8月1日 11:38

中谷元・防衛相は31日の閣議後会見で「辺野古協議書を取り下げる考えはない」と述べ、県の要請には応じない意向
 *(沖縄タイムス2015年8月1日 06:05)

「高江ヘリパット撤去」関連




「その他」

政策参与に照正組社長で県商工会連合会前会長の照屋義実氏
 *
琉球新報2015年8月1日 8:25) 
2015年
1月  2月  3月 4月 5月、6月 7月

2014年 

8月 9月 10、11月 12月
2013年

 4月5月6月 7月 8月 、9 ・10月11月 12月
2012年


(南西諸島と自衛隊配備) 1月、2月、3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
(沖縄と自衛隊)       1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月
(沖縄米軍)          1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
(普天間基地撤去と辺野古新基地建設) 1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月
(高江ヘリパッド基地建設) 1月、2月、3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
(その他)            1月、2月3月 4月 5月 6月 7月 8月
闘いの記録
2015年
6月~
 *7月29日(水) 辺野古新基地建設 許さない 7・29緊急集会
                                (参加70名)

 二見以北住民の会は3月25日「日米政府は汀間区の住民が生活している地域に美しいサンゴや、ジュゴンの住む海を埋め立て、自然豊かな地域を破壊してまで、戦争に結びつく辺野古新基地、軍事基地を作ろうとしている。私たち地元住民の8割がこの日米政府の暴挙に反対している。しかし日米政府は私達の声を無視し続けている。そこで国連に対して辺野古の自然破壊、戦争推進基地建設を止めるため、尽力してくれるよう訴えた」。
 
 そしてうれしいことに国連環境計画からジュゴンのような絶滅危惧種の保存がかかった貴重な生態系保護の重要性は十分に理解している。皆さんの懸念を日本の環境省と共有されたい」という手紙が届いたのです。
 その手紙にあるように「
環境省などに大浦湾の自然保全の重要性を訴えるように」と言う助言に後押しされ、急遽 汀間区長、二見以北住民の会会長、以下4名(計6名)が環境省など、関係省庁へ要請行動を行うべく上京してきました。
 



  「1997年の名護市民投票以来、基地反対の意思を持続し、一次ボーリング調査体を張って阻止した。もうこれで基地は造られないと思ったらとんでもない。日本政府は住民の意思を無視して基地建設を強行しようとしてきた。そこで地元ととして反対ののろしを沖縄県民、そして日本国民にしっかりと示すため、2006年二見以北出身の稲嶺名護市長を誕生させ、その力で今回翁長知事を誕生させることができ、新基地NO!のオール沖縄の総意を作り上げることができたと思っている。」


 「沖縄戦で汀間地区は米軍の捕虜鵜収容所になった。米軍はすべての住民を狭い収容所に閉じ込め、その間に土地を収奪し、基地を建設した。その基地今も続いている。これ以上基地を作らせるわけにはいかない。」
 「建設の設計をしている。辺野古基地建設が持ち上がる前は地域住民、誰とも仲良く暮らしており、仕事も順調だった。しかし新基地建設に反対しだすと、その関係がぎくしゃくしだし、仕事にも支障をきたし始めた。しかし自分の子供に基地を残してはいけないと思い、必死になって運動している。子供たちもいまわわかってくれている。家族で毎週基地反対のキャンドルアピールをしている。」
 

                                                                                                                              「長年日本で仕事をしていた。定年になり地元辺野古でゆっくり農業をやろうと思い帰ってきたら、基地建設が持ち上がった。地元に人殺しの基地を作らせるわけには行かない。老骨に鞭打って頑張っている。

 「名護の議員をやらせてもらている。基地建設にはずーっと反対して活動している。アメリカでジュゴン裁判を起こして戦ってきた。」
地元現地の住民の訴えは本当に迫力があり、私たちの胸にずしっと響いてきました。ともに連帯して辺野古基地建設阻止の闘いを続けようという意思を固めることができたのではないでしょうか。
 


 2015年(闘いの記録
 1月~5月
資料リンク
「4・28主権回復の日」糾弾集会での本村紀夫さんの講演原稿① 
普天間飛行場代替施設建設事業に係る公有水面埋立承認申請書の補正について(沖縄県)
37人の著名人による「オスプレイの沖縄配備に反対する共同声明」(2012.9.24)
4・30野田・オバマ首脳会談共同声明(2012.4.30) 
普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書に対する知事意見(飛行場)
(2012年2月20日)
Defense Infrastructure:  Opportunity to Improve the Timeliness of Future Overseas Planning Reports and\
Factors Affecting the Master Planning Effort for theMilitary Buildup on Guam. 
GAO-08-1005, September 17
.23年度在日米軍関連予算23年度防衛予算の概要
普天間飛行場に保管されている放射能性廃棄物並びに枯葉剤の使用について(抗議・要請)
(沖縄宜野湾市11年8月19日)
沖縄県と宜野湾市に対して防衛省」のMV-22オスプレイ配備の回答書(11年6月23日)


資料
沖縄県収用委員会 公開審理
米軍用地収用特措法違憲訴訟
普天間飛行場 名護移設問題
『一坪反戦通信』
(毎月1回 28日発行)

紙版訂正
書庫
2005年
2006年2007年
記録
2007年
辺野古ボーリング調査関連

基地関係Link

〈現地情報>
(辺野古
 (高江)
 (南西諸島・宮古・与那国)
〈抗議先〉
   沖縄防衛局
 防衛省・自衛隊
毎日:辺野古現地座り込み 辺野古漁港前
辺野古への基地建設を許さない実行委員会
これまでの取り組み(画像、抗議文など)
2013年
2012年
2011年 2月3月、5月、6月、8月10月1 

2010年 4月 5月①  6月 10月①   12月① 
2007年:前期後期
2006年:1月
2月3月4月5月6月7月〜
  2005年:1月2月
3月
4月5月6月7月8月9月10月11月12月
  2004年:6・7月8月9月10月1112月
これまでの署名・声明
「声明」
  2012年
「署名」
  2010年   2008
電子メール:hankach アットマーク jca.apc.org
jca-net