軍用地を生活と生産の場に!
             沖縄・一坪反戦地主会 関東ブロック ヤンバルクイナ
                           ホームページ http://www.jca.apc.org/HHK/
                                           ツイッター   https://twitter.com/hitotsubo_kanto  
〒101−0061 東京都千代田区三崎町2−6−2ダイナミックビル5F
電話:090-3910-4140
FAX:047-364-9632    郵便振替 : 00150-8-120796
* 11月23日(土)14:00〜スペースタンポポ舎で沖縄の米軍基地を取り返す運動の原点「反戦地主の闘いの今」反戦地主池原秀明さんに講演してもらいます

 
”奪われた土地を返せ 
       
  沖縄反戦地主の思い”

日時 : 2019年11月23日(土)14:00〜
会場 : スペースタンポポ舎
    千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル4F(JR水道橋駅徒歩5分)
     

講師 :
 池原秀明さん1943年生まれ。デンマーク農法を学び、嘉手納弾薬庫内の 黙認耕作地の中に農地を開墾し、牛舎を作り、1982年の5月15日に土地の返還をかちとる。1981年からは嘉手納基地内に新たな土地を共同所有し、契約拒否の闘いを続けている。)
資料代 : 500円

     
   ””今こそ、反戦地主の闘いの歴史と思いを共有し、
「軍用地を生活と生産の場に!」を私たちの課題として問い返そう。!!


 沖縄の広大な米軍基地の大半は民有地であり、沖縄戦の過程で米軍に占領され、さらに1953年以降、銃剣とブルドーザーにより強奪されたものです。現在の、辺野古新基地建設をめぐる日本政府と沖縄県民の闘いの源流は、この土地強奪に対する闘いに始まっているとも言えます。
 1972年の沖縄返還に先立つ1971年12月9日、軍事基地への土地の提供を拒み日本政府との土地の契約を拒否する「権利と財産を守る軍用地主会(通称反戦地主会)」が結成され、契約拒否地主=反戦地主は、日本政府の圧力や、親族や職場を巻きこんだ切り崩し工作などに苦しみつつ、沖縄の反戦平和運動の支柱となってきました。
 また、現在も、嘉手納基地をはじめとして、各基地の強制使用手続きがおこなわれている最中です。強制使用手続きの中には沖縄県収用委員会が開催する公開審理が含まれ、この場では「起業者」である防衛施設局と地主の間で、一問一答の追及が続いています。この間に、新たに契約を拒否している地主も増えており、沖縄の米軍基地の現状に対する怒りが拡がっています。
 1945年の米軍占領から74年、沖縄返還からも47年。反戦地主の方々の闘いを、今一度、私たちの課題として問い直すべき時期が来ている、と、私たちは考えています。

主催:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック

  連絡先 : 090-3910-4140

2019年12月2
日(月)
18:30〜


 
場所  防衛省前
      JR・地下鉄「市ヶ谷」「四ツ谷」駅7分
    http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html
  主催  辺野古への基地建設を許さない実行委員会
  連絡先 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)



        ニュース
【2018年】

「南西諸島への自衛隊配備」関連





「沖縄米(軍」関連



「沖縄の自衛隊」関連
NEWs



「普天間基地撤去、辺野古新基地建設
」関連

NEWs

NEWs

「高江ヘリパット撤去」関連

NEWs


「その他」
NEWs

2018年
2015年
1月  2月  3月 4月 5月、6月 7月 8月2014年 8月 9月 10、11月 12月
2013年
4月5月6月 7月 8月 、9 ・10月11月 12月2012年(南西諸島と自衛隊配備) 1月、2月、3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月(沖縄と自衛隊) 1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月(沖縄米軍) 1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月(普天間基地撤去と辺野古新基地建設) 1月2月3月 4月 5月 6月 7月 8月(高江ヘリパッド基地建設) 1月、2月、3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月(その他)1月、2月3月 4月 5月 6月 7月 8月
闘いの記録
「2019年」
2019年2月25日(月)18:30〜19:30
<県民投票は圧倒的に辺野古新基地NO!
安倍は直ちに辺野古新基地工事をやめよ!

 2・25首相官邸前抗議行動 
   
主催 : 辺野古への基地建設を許さない実行委員会
報告

 県民投票の圧倒的な勝利によってか、官邸前の路上は300人強の人波であふれ熱気に包まれた。参加者の気持ちは一つ、「安倍よ、直ちに辺野古工事を中止せよ」だった。沖縄選出国会議員伊波洋一さんも馳せ参じてくれた。
 そして北上田毅さんから、本日昼間の防衛省交渉の様子を踏まえ、次のように力強い発言があった。 「埋立に使われている岩ズリが、赤土を含んだ土砂であり、違法である。実際K4護岸工事では被覆ブロックから赤土が漏れている。当初防衛省の担当官は被膜ブロックで外海に汚染が広がるのを防いでいるの外海を汚染することはないと言い張った。そこで被膜から多量の赤土が漏れ出している写真を提示すると答えに窮してしまった。また大浦湾の基地建設予定地の65%のにわたって深さ90メートル以上の軟弱地盤が広がっている。政府防衛省も、このままでは基地を作る工事はできないことは認めた。
 
(全文)
「闘いの記録」(履歴)

資料リンク
「4・28主権回復の日」糾弾集会での本村紀夫さんの講演原稿@ABCD 
普天間飛行場代替施設建設事業に係る公有水面埋立承認申請書の補正について(沖縄県)
37人の著名人による「オスプレイの沖縄配備に反対する共同声明」(2012.9.24)
4・30野田・オバマ首脳会談共同声明(2012.4.30) 
普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価書に対する知事意見(飛行場)
(2012年2月20日)
Defense Infrastructure:  Opportunity to Improve the Timeliness of Future Overseas Planning Reports and\
Factors Affecting the Master Planning Effort for theMilitary Buildup on Guam. 
GAO-08-1005, September 17
.23年度在日米軍関連予算23年度防衛予算の概要
普天間飛行場に保管されている放射能性廃棄物並びに枯葉剤の使用について(抗議・要請)
(沖縄宜野湾市11年8月19日)
沖縄県と宜野湾市に対して防衛省」のMV−22オスプレイ配備の回答書(11年6月23日)

資料
沖縄県収用委員会 公開審理
米軍用地収用特措法違憲訴訟
普天間飛行場 名護移設問題
『一坪反戦通信』
(毎月1回 28日発行)

紙版訂正
書庫
2005年
2006年2007年
記録
2007年
辺野古ボーリング調査関連

基地関係Link

〈現地情報>
(辺野古
 (高江)
 (南西諸島・宮古・与那国)
〈抗議先〉
   沖縄防衛局
 防衛省・自衛隊

辺野古への基地建設を許さない実行委員会
これまでの取り組み(画像、抗議文など)
2013年
2012年
2011年 2月3月、5月、6月@AB、8月@A10月1 A

2010年 4月 5月@ A 6月 10月@ A B 12月@ A
2007年:前期後期
2006年:1月
2月3月4月5月6月7月〜
  2005年:1月2月
3月
4月5月6月7月8月9月10月11月12月
  2004年:6・7月8月9月10月1112月
これまでの署名・声明
「声明」
  2012年
「署名」
  2010年   2008
電子メール:hankach アットマーク jca.apc.org
jca-net