憎まれ愚痴入口木村書店戻る┃  項目別案内

戦後秘史/伏せられ続けた日本帝国軍の中国「阿片戦略」の詳報

日本近現代「意外史」
日本帝国軍の中国「阿片戦略」
後藤新平の阿片商売
極秘」資料出現
「抹殺」「カット」
湮滅を免れた奇跡
阿片「原産地」
大東亜共栄圏
陸軍昭和通商
天皇の勅令

後藤新平の阿片商売
関東大震災の報道検証
南京大虐殺vsホロコースト神話





勅令「阿片謀略」
その7:天皇の勅令

天皇の勅令「朕……之ヲ公布セシム」

 さて、「事実は小説より奇なり」というが、里見は、A級戦犯として巣鴨プリズンに入りながら、無罪で釈放された。そして言葉すくなに、こう語っているという。

「米国の関係者が、利用価値があるとみて釈放してくれたのではないか」「法廷に提出されたのは供述調書の1部で、阿片取引の収益金の具体的な用途、とくに軍の情報謀略工作関係については、大部分が隠蔽された」

 ベトナムで里見機関のやり方を真似た米軍は、麻薬組織をはびこらせ、前線の自軍だけでなく本国にまで、大量の中毒患者を抱込む結果を招いている。「阿片戦略」の後遺症は続いている。そして、「隠蔽」も……。

 最後の問題は昭和天皇の関わり方であるが、伊達宗嗣(中国技術センター主任研究員)は、こう記している。

「里見が阿片工作に手を染めたのは、参謀本部支那課長であった影佐禎昭大佐……に懇望されたことによるもので、……それも軍が阿片取引に深入りするのを心配された天皇が、しばしば侍従武官に『どうなっているのか?』と御下問になるので、里見に旨を含め、軍の隠れミノとするため発足させたもので、侍従武官を務めた塩沢清宜中将(陸士27期)が、里見の没後筆者に詳細に説明してくれた」(『続・現代史資料12/阿片問題』付録月報「里見甫のこと」)

 だが、なによりも重要なのは、国家政策としての関わりである。それは、「阿片戦略」の総元締めだった興亜院の設立経過ではないだろうか。いまでは想像を絶するが、戦前には天皇の「勅令」という制度があった。議会を通すことなく、天皇は法律を制定し、公布する権限を持っていたのである。

 筆者の頭の中では、北京の国民学校の講堂で、あの夏の日盛りに聞いた、あの声が、この「勅令」を読上げている。

「朕枢密顧問ノ諮詢ヲ経テ興亜院官制ヲ裁下シ茲ニ之ヲ公布セシム」御名御璽昭和13年12月15日(副署)内閣総理大臣 公爵 近衛文麿海軍大臣    米内光政大蔵大臣    池田成彬陸軍大臣    板垣征四郎外務大臣    有田八郎勅令第 758号(官報12月16日)興亜院官制(以下略)        

以上で「勅令『阿片謀略』」は終わり


WEB雑誌『憎まれ愚痴』
バックナンバー
目次一覧
連載記事一括
各号時事論評&投稿一括
亜空間通信
亜空間通信項目別分類


憎まれ愚痴入口木村書店上に戻る 戻る亜空間通信メール

1998年5月20日開設  2003.6改訂  2006.7.3改訂
?