JCA-NET - ICTによる社会運動支援とコミュニケーションの権利を! https://www.jca.apc.org/jca-net/ja ja 6・15強行採決から7年  改めて共謀罪を問う集い https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/365 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">6・15強行採決から7年  改めて共謀罪を問う集い</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/jca-net/ja/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">toshi</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden"></span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-body field--type-text-with-summary field--label-hidden field__item"><p>JCA-NETは下記の集会の賛同団体になりました。</p> <hr /> <h2>6・15強行採決から7年  改めて共謀罪を問う集い-監視社会にNO!を</h2> <p>⬛とき  6 月 15 日(土)18 時 30 分~ 20 時 45 分(開場 18 時~)<br /> ⬛会場  文京区民センター 2 A集会室<br /> ●東京メトロ丸ノ内線後楽園駅 4 番または 5 番出口徒歩 6 分<br /> ●都営地下鉄三田線/大江戸線春日駅A2出口徒 2 分<br /> <a href="https://www.yu-cho-f.jp/wp-content/uploads/kumin_map.pdf">https://www.yu-cho-f.jp/wp-content/uploads/kumin_map.pdf</a><br /> ■問題提起<br /> ●「共謀罪と監視社会」<br /> 清水雅彦さん(日本体育大学教授・憲法)  <br /> ●「能動的サイバー防御と通信の秘密」<br /> 小倉利丸さん(JCA-NET 理事 盗聴法に反対する市民連絡会)<br /> ●「スマホへのマイナンバーカード機能の搭載と監視」 原田富弘さん(共通番号いらないネット)<br /> ■質疑<br /> ■参加費 500円<br /> ■共催 共謀罪 NO !実行委員会/「秘密保護法」廃止へ!実行委員会<br /> /許すな!憲法改悪・市民連絡会/日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)/<br /> 共謀罪対策弁護団/秘密保護法対策弁護団/日本消費者連盟/憲法会議 ■賛同団体/共通番号いらない!ネット/JCA-NET/平和を作る大和市民の会/経済安保法に異議ありキャンペーン<br /> ※オンライン配信あります。<br /> → <a href="https://youtube.com/live/gZe7xf0QKFE?feature=share">https://youtube.com/live/gZe7xf0QKFE?feature=share</a></p> </div> Mon, 10 Jun 2024 07:10:39 +0000 toshi 365 at https://www.jca.apc.org/jca-net https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/365#comments EU CSAM に関する2024年5月EU妥協案の危険性に関する共同声明 https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/364 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">EU CSAM に関する2024年5月EU妥協案の危険性に関する共同声明</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/jca-net/ja/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">toshi</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden"></span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-body field--type-text-with-summary field--label-hidden field__item"><p>JCA-NETは、グローバル暗号化連合の加盟団体として以下の共同声明に署名しています。私たちのインターネット上での通信において、エンド・ツー・エンドは最も重要なプライバシーと通信の秘密を保護するための手段です。この手段があることによって、通信の当事者以外の者(プロバイダーなど通信サービス業者も含む)による通信内容への監視を回避することができ、社会的に抑圧されていたり差別を被りやすい人々にとっては必須の通信手段になります。EUはインターネットの利用者の個人情報を保護する先進的な制度をもっているということが言われますが、他方で、今回の共同声明が指摘しているように、暗号化の仕組みを脆弱化しかねない政策についても世界に先がけた対策をとろうとしています。EUなど諸外国の情報通信政策は日本にも重要な影響があります。事実日本政府もまた米国等とともに、「エンドツーエンド暗号化及び公共の安全に関するインターナショナル・ステートメント」においてEU同様に規制の方向をとろうとしており、JCA-NETも<a href="https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/104">反対の声明</a>をかつて出しています。このEUの動きに注視しつつ、諸外国の人権団体などとも連携して取り組んでいきます。(小倉利丸、JCA-NET理事)</p> <p><img src="https://www.globalencryption.org/wp-content/uploads/2020/05/GEC-graphics-01.png" /><br /> 以下に署名した団体、企業、サイバーセキュリティの専門家の多くはグローバル暗号化連合のメンバーであり、ベルギー議長国が2024年5月付けで、子どもの性的虐待規制(CSA)に関する最新の妥協案を発表したことを受け、以下の声明を発表する。</p> <p>子どもの性的虐待とそのネット上での流通は深刻な犯罪であり、専門家の証拠に基づいてEU加盟国が慎重なアプローチを取ることによってのみ、効果的に対処することができる。EU議会はすでに、エンド・ツー・エンド暗号化サービスを規制対象から除外する文言を採択し、これを実現している。私たちは、セキュリティを確保し、人権と基本的自由を保障する上での暗号化の重要性を認識するこの一歩を賞賛する。エンド・ツー・エンド暗号化は、大人、子ども、企業、政府を悪意ある行為者の犠牲から守る重要な技術であるため、EU議会のこの前向きなアプローチを歓迎する。</p> <p>私たちは、EU理事会が同じ道を歩んでいないことを懸念している。EU議長国ベルギーは、暗号化メッセージング・サービスに対してスキャン技術の使用を引き続き主張している。これまでクライアント側のスキャン技術に反対してきた多くのEU加盟国にとって、コンテンツ検出は論争の的となってきた問題である。なぜなら、この技術が重大なセキュリティおよびプライバシー上のリスクを生み出し、全般的な監視を許し、人権を損なうことが当然理解しうるからである。EU理事会の閣僚たちが、暗号化の重要性を認識し、これを保護する努力を行っていることには感謝する。</p> <p>解決策を見出そうと、ベルギーの大統領府は現在、このアプローチを「アップロード・モデレーション」という言葉を使って再ブランディングしている。これは、クライアント側のスキャンに関して専門家が提起したセキュリティと権利に関する懸念に対処できておらず、単なる体裁上の変更にすぎない。アップロードの時点でスキャンすることは、強力な暗号化というエンド・ツー・エンドの原則を破り、容易にこれを回避し、第三者が悪用できる新たなセキュリティの脆弱性を生み出すことになる。要するに、これは子どもの性的虐待のオンライン拡散の問題を解決するものにはならず、すべての市民、企業、政府にとって重大なセキュリティ・リスクをもたらすものなのだ。</p> <p>ベルギー議長国の最新の妥協案は、以下のような提案で、コンセンサスを得ようとしている。</p> <p>1. クライアント側のスキャンは、ビジュアルコンテンツ(写真や動画)とURLのみに適用する。<br /> 2. 通信サービスの利用者はスキャンに同意する必要があり、そうでないばあいはサービスを利用して写真やビデオをアップロードしたり共有したりすることはできない。</p> <p>今日のデジタル社会では、写真やビデオの交換は標準的な行為である。もしユーザーが他に選択肢を持たず、同意せざるを得ないと感じたり、同意しなければそのサービスから事実上締め出されたりするのであれば、同意は強制されたものとなる。強制された同意は真の同意ではない。さらに、この提案は目的にそぐわず、写真やビデオをテキスト文書やプレゼンテーションのような別のタイプのファイルに埋め込むだけで、簡単に回避することができてしまう。</p> <p>私たちは、EU理事会の閣僚に対し、クライアントサイド・スキャンやアップロード・モデレーションを含め、エンド・ツー・エンドの暗号化の原則に反するすべてのスキャン提案を拒否するよう求める。これらの侵入的な技術は、インターネット・ユーザーの安全と権利を危うくするだけである。</p> <p>この声明に関する問い合わせは、グローバル暗号化連合運営委員会(<a href="mailto:ge-admin@globalencryption.org">ge-admin@globalencryption.org</a>)までお寄せください。</p> <p>2024年5月31日までの署名団体、署名者</p> <p>団体<br /> Internet Society<br /> Center for Democracy &amp; Technology<br /> Internet Freedom Foundation<br /> Mozilla<br /> Global Partners Digital<br /> Signal<br /> Access Now<br /> Aspiration<br /> Privacy International<br /> Article 19<br /> Tuta<br /> SecureCrypt<br /> Privacy &amp; Access Council of Canada<br /> Big Brother Watch<br /> The Centre for Democracy and Technology Europe<br /> Sjard Braun<br /> epicenter.works – for digital rights<br /> Elektronisk Forpost Norge (EFN)<br /> JCA-NET(Japan)<br /> INSPIRIT Creatives NGO<br /> Privacy First<br /> The Commoners<br /> ISOC Germany<br /> Alternatif Bilisim (Alternative Informatics Association)<br /> Danes je nov dan<br /> Defend Democracy<br /> Defend Digital Me<br /> Deutsche Vereinigung für Datenschutz e.V. (DVD)<br /> Digital Rights Ireland<br /> Irish Council for Civil Liberties<br /> ISOC Switzerland Chapter<br /> ISOC.DE e.V.<br /> Iuridicum Remedium<br /> Majal.org<br /> Proton<br /> SimpleX Chat<br /> Surfshark<br /> Edvina AB<br /> Law and Technology Research Institute of Recife – IP.rec<br /> Dataföreningen väst<br /> Bits of Freedom<br /> D3 – Defesa dos Direitos Digitais<br /> fairkom<br /> ISOC Portugal<br /> ISOC UK<br /> ApTI<br /> Gate 15<br /> Electronic Frontier Foundation (EFF)<br /> Daniel Törmänen<br /> Državljan D (Citizen D)<br /> Politiscope<br /> European Digital Rights (EDRi)<br /> Global Partners Digital<br /> Aivivid AB<br /> Privacy International (PI)<br /> Irene Promussas, Chairwoman Lobby4kids<br /> IT-Pol Denmark<br /> Electronic Frontiers Australia<br /> ISOC-CAT Catalan Internet Society Chapter<br /> U-YOGA UGANDA<br /> eco – Association of the Internet Industry<br /> Electronic Frontier Finland – Effiry<br /> OpenMedia<br /> Studio Legale Fabiano – Fabiano Law Firm</p> <p>個人<br /> José Legatheaux, Faculty of Sciences and Technology – New University of Lisbon<br /> Jordi Domingo, Universitat Politècnica de Catalunya (UPC BarcelonaTECH)<br /> Simon Müller<br /> Peter Green<br /> Tanguy Fardet<br /> Jennifer Alba<br /> Jorge Sanchez Llorens<br /> El Haych<br /> Arthur LE GUENNEC<br /> S.C. Pol<br /> Aleksandras Beinaras<br /> Sebastian Ulreich<br /> Igor Maciejewski<br /> Leonardo Wassilie, Salmonberry Tribal Associates<br /> Shadrach Ankrah, Connect Rurals<br /> Jon Callas Zatik Security<br /> Kacper Stachnio Polish<br /> Walter Ruggeri<br /> Stefan Otto<br /> Kye Giles<br /> Kaiah Gene Contributor<br /> Rubem Passos<br /> Paul O’Nolan<br /> Juan Martinez<br /> Alexis Riquelme<br /> Norbert Morawski<br /> Mario Martínez<br /> Duncan Robertson<br /> Elias Gasparis<br /> Louis Rokitta<br /> Jim beam<br /> Julian Kranz<br /> Bart Preneel, University of Leuven<br /> David Schinazi, Internet Architecture Board<br /> Karl Emil Nikka, Nikka Systems<br /> Christine Fröhlich<br /> Nuno Figueiredo<br /> Henrik Alexandersson, 5:th of July Foundation<br /> Shantha Dalugamage, Stichting Mission Lanka<br /> Giacomo Menni<br /> James Ghigi<br /> Thaís Helena Aguiar, ISOC Brasil<br /> Riana Pfefferkorn, Stanford Internet Observatory<br /> Wale Bakare, Webfala Digital Skills for all Initiative<br /> Julian Mair, Phoenix R&amp;D<br /> Szabó Attila<br /> Krzysztof Stańkowski<br /> Jorge Pinto<br /> Marjan Wijers<br /> Jan-Piet Mens<br /> Jan van der Meiden<br /> Jesse Neri<br /> Christine S<br /> Digitale Gesellschaft e.V. (Germany)<br /> Noklas Gerdin<br /> Doeke Zanstra </p> </div> Tue, 04 Jun 2024 02:48:43 +0000 toshi 364 at https://www.jca.apc.org/jca-net https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/364#comments JCA-NET6月のセミナーについて https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/363 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">JCA-NET6月のセミナーについて</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/jca-net/ja/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">toshi</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden"></span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-body field--type-text-with-summary field--label-hidden field__item"><h2>JCA-NET6月のセミナーのお知らせ</h2> <p>《目次》<br /> セミナー1:6月17日(月) 19時から Googleのサービスを使わない共同作業を工夫する<br /> セミナー2:6月23日(日) 15時から AIと法規制について<br /> セミナー3:6月28日(金) 19時から フォローアップ<br /> 参加方法<br /> ===============================</p> <h3>1 セミナー1:6月17日(月) 19時から Googleのサービスを使わない共同作業を工夫する(申し込み方法は最後をごらんください)</h3> <p>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~</p> <p> 参加費:無料</p> <p> パソコンやネットの利用でクラウドの活用が定着しています。自宅のパソコン<br /> で作業中のデータを出先や移動中にも引き継ぐために、USBメモリを持ち歩く<br /> よりもリスクの小さいことなどから、現在は、クラウドサービスが選択される<br /> ことが多くなっています。</p> <p> このクラウドを使う方法は、個人の作業だけでなく、複数の人たちが同じデー<br /> タにアクセスしながら共同作業する場合にも便利な方法です。たとえば、グルー<br /> プで作成したドキュメントの共用の保管場所として使う、声明や公式文書を共<br /> 同で編集する、作成した文書への賛同を募るフォームを設置する、日程の調整<br /> をする、などといった活動に使うことができます。こうした作業をメールでこ<br /> なすのはとても煩雑になります。クラウドを使うことでそのデメリットを回避<br /> できます。そのために、多くの市民運動や社会運動は、こうした共同作業のツー<br /> ルとして、Googleのオンラインサービス(Drive、Docs、Formsなど)などを用<br /> いることが多いようです。</p> <p> このセミナーでは別の選択肢として、オープンソースに基づいてセキュリティ<br /> に配慮した代替サービス、CryptPadを紹介します。CryptPadについては2022年<br /> 8月のセミナーでも紹介していますので、今回は二回目になります。クラウド<br /> を利用するときに心配なことのひとつとしてデータの搾取や漏洩がありますが、<br /> CryptPadは暗号化によるデータ保存であることと、アカント作成にメールアド<br /> レスなども不要であるという特徴があります。</p> <p> Googleなど巨大IT企業のイスラエルによるガザ戦争でのジェノサイド加担が明<br /> らかになりつつあるなかで、こうしたIT企業のサービスを可能な限り回避する<br /> ひとつの選択肢として、CryptPadを使うことも是非検討していただけるように<br /> 紹介したいと考えています。</p> <p> 資料<br /> CryptPadについて(開発者サイト:英語)<br /> <a href="https://cryptpad.org">https://cryptpad.org</a></p> <p> 日本語訳<br /> <a href="https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowledge-base/about_cryptpad_jp/">https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…</a></p> <p> CryptPadユーザーガイド<br /> <a href="https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowledge-base/cryptpad_userman_jp/">https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…</a></p> <p> CryptPad :プライバシーポリシー<br /> <a href="https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowledge-base/cryptpad-privacypolicy_jp/">https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…</a></p> <p> 文書共同作成のためのマニュアル<br /> <a href="https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/s/srCRNrwfaAeGLPS">https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/s/srCRNrwfaAeGLPS</a></p> <p> 2022年8月23日JCA-NETセミナー資料(再掲)<br /> <a href="https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/s/WdPLfKiCKbiSwbC">https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/s/WdPLfKiCKbiSwbC</a></p> <h3>2 セミナー2:6月23日(日) 15時から AIと法規制について(申し込み方法は最後をごらんください)</h3> <p>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<br /> 参加費:無料</p> <p> 数年前、生成AIが脚光を浴びた際には、その目新しさや従来にない機能から、<br /> もっぱら好奇心や有効活用に関心が集中していました。JCA-NETのセミナーで<br /> も1年ほど前に「ChatGPT:政府と企業の動向とその批判」取り上げました。こ<br /> の時のセミナーでは、ChatGPT(当時はまだ生成AIという言葉は馴染が薄かった)<br /> への批判的な観点に焦点を当てた議論を企画しました。それから1年余りで、<br /> 様相は様変りし、生成AIは、様々な偽情報や詐欺の手段として利用されるとい<br /> う負の側面に関心が集まり、法的規制への関心も高まっています。</p> <p> EUでは新たなAI法が成立したばかりです。日本でも法規制に向けた議論が進み<br /> つつあります。EUのAI法をめぐっては、人権団体などからその不十分さが指摘<br /> されています。たとえば、AIの軍事安全保障利用への歯止めの甘さ、生体認証<br /> 技術による集団監視の可能性、移民への監視など、様々な問題が指摘されてい<br /> ます。EUのAI法は、産業界と法執行機関のロビーイングに影響されてプライバ<br /> シーや人権の枠組としては不十分なものになってしまったとも批判されていま<br /> す。今後日本における生成AIの法整備においても、同様の危惧すべき方向への<br /> 制度化に向いかねません。</p> <p> 今回のセミナーでは、EUのAI法についての問題点や日本の動向を紹介し、いわ<br /> ゆる生成AIと呼ばれる仕組みが、私たちの社会関係にどのような問題を投げか<br /> けるのか、という観点から検証してみます。</p> <p> 参考内閣府 AI戦略<br /> <a href="https://www8.cao.go.jp/cstp/ai/index.html">https://www8.cao.go.jp/cstp/ai/index.html</a><br /> - AIに関する暫定的な論点整理<br /> <a href="https://www8.cao.go.jp/cstp/ai/ronten_honbun.pdf">https://www8.cao.go.jp/cstp/ai/ronten_honbun.pdf</a><br /> - AI戦略会議<br /> <a href="https://www8.cao.go.jp/cstp/ai/ai_senryaku/ai_senryaku.html">https://www8.cao.go.jp/cstp/ai/ai_senryaku/ai_senryaku.html</a><br /> - 人間中心のAI社会原則会議<br /> <a href="https://www8.cao.go.jp/cstp/ai/ningen/ningen.html">https://www8.cao.go.jp/cstp/ai/ningen/ningen.html</a></p> <p> 広島AIプロセス<br /> <a href="https://www.soumu.go.jp/hiroshimaaiprocess/">https://www.soumu.go.jp/hiroshimaaiprocess/</a></p> <p> (Access Now)EUのAI法:人権の失敗、産業界と法執行機関の勝利<br /> <a href="https://cryptpad.fr/pad/#/2/pad/view/3VHIC9URNWGG-gs6TdMVhOuMUIqEnSRmusClUcYDo7k/">https://cryptpad.fr/pad/#/2/pad/view/3VHIC9URNWGG-gs6TdMVhOuMUIqEnSRmus…</a></p> <p> (algorithmwatch)EU議会がAI法を採決、加盟国は監視の抜け穴をふさぐ必要に<br /> 迫られる<br /> <a href="https://cryptpad.fr/pad/#/2/pad/view/MQ8QISXZE+O5LwaThSEy22wZzgddEU-fiBVALCJP1AU/">https://cryptpad.fr/pad/#/2/pad/view/MQ8QISXZE+O5LwaThSEy22wZzgddEU-fiB…</a></p> <p> (Amnesty International)EU:人工知能のルールブック、悪用技術の拡散を止<br /> められず<br /> <a href="https://cryptpad.fr/pad/#/2/pad/view/FWJRKdGWzTbGrFUPK+eZSuFigpzKox3ByuiHXmCzEao/">https://cryptpad.fr/pad/#/2/pad/view/FWJRKdGWzTbGrFUPK+eZSuFigpzKox3Byu…</a></p> <p> (Accessnow)生成AIと人権について知っておくべきこと<br /> <a href="https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowledge-base/access-now_what-you-need-to-know-about-generative-ai-and-human-rights_jp/">https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…</a></p> <p> ついに成立した欧州「AI法」で変わる4つのポイント<br /> <a href="https://www.technologyreview.jp/s/331904/the-ai-act-is-done-heres-what-will-and-wont-change/">https://www.technologyreview.jp/s/331904/the-ai-act-is-done-heres-what-…</a></p> <h3>3 セミナー3:6月28日(金) 19時から フォローアップ(申し込み方法は最後をごらんください)</h3> <p>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~</p> <p> 毎月最後の回は、これまでのセミナーで取り上げたテーマの積み残しや、うま<br /> く解決できなかった課題、あるいは皆さんが抱えている疑問や問題を出し合っ<br /> て解決していく回になります。今月はCryptPadを取り上げましたが、実際に使っ<br /> てみて疑問点などあれば出していただく機会にもしたいと思います。AI法もわ<br /> かりにくいテーマだと思います。また、このセミナーではLinuxOSにも力を入<br /> れています。初心者の方でLinuxに関連する質問などができる場所が限られて<br /> いますので、ぜひ疑問や質問を持ち寄ってください。</p> <p> そのほか技術的なテーマとして、これまでセミナーで取り上げてきたものの一<br /> 例。</p> <p> - TwitterやFacebookに代替するMastodonの使い方<br /> - パスワード管理<br /> - Wordpressによるブログの設置<br /> - Zoomに代替するJitsiを使ったオンライン会議<br /> - 暗号化サービスProtonやTutanotaのメールサービス<br /> - 機械翻訳の活用(DeepL)<br /> - LinuxOSの導入と活用<br /> - ブラウザのプライバシー、セキュリティ設定<br /> - Internet Archiveの使い方<br /> - CryptPadの使い方<br /> など。</p> <p> 最近の社会・政治的なテーマでセミナーやメーリングリストなどで話題になっ<br /> た事柄の一例。<br /> - ガザ戦争とIT産業の戦争責任<br /> - 安保・防衛3文書とサイバー<br /> - 生成AI<br /> - スマートシティ<br /> - マイナンバーとデジタルID<br /> - インターネット遮断<br /> - 政府による暗号規制<br /> - ミャンマー軍事政権とネット監視<br /> - ジェンダーとインターネット<br /> など。</p> <h3>参加方法</h3> <p>~~~~~~~~~~~~</p> <p> 参加費 無料(カンパ大歓迎)</p> <p> JCA-NETの会員以外の方でセミナーに初めて参加される方は予約が必要です。</p> <p> 下記の申し込みフォーム(cryptpadのサイト)から申し込んでください。<br /> <a href="https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/apps/forms/s/mHrHw95nEJkzRc2do6wXcPbJ">https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/apps/forms/s/mHrHw95nEJkz…</a></p> <p> あるいはメールで申し込む場合は<br /> <a href="mailto:jcanet-seminar@jca.apc.org">jcanet-seminar@jca.apc.org</a><br /> まで以下の各項目を記載して申し込んでください。</p> <p> 申し込み内容<br /> - おなまえ<br /> - メールアドレス<br /> - 参加希望のセミナー番号(複数可)<br /> - 今後もセミナーの案内を希望するばあいは「案内希望」とお書きください。<br /> - セミナーのメーリングリストに参加希望のばあいは「メーリングリスト希望」<br /> とお書きください。</p> <p> オンラインはJitsi-meetを使用します<br /> オンライン会議室 Jitsi-meetのマニュアル<br /> <a href="https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/93">https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/93</a></p> <p> JCA-NETの会員メーリングリスト、セミナーメーリングリストに登録されてい<br /> る方は、当日30分前に、メーリングリストからの会議室案内をみてアクセスし<br /> てください。</p> <p> -----<br /> 余裕のある方は是非カンパをお願いします。<br /> セミナーはJCA-NETの会員の会費で運営されています。<br /> 郵便振替口座<br /> JCA-NET (シ゛ェイシーエイ-ネット )<br /> 記号番号:00190-3-417584<br /> ゆうちょ銀行〇一九店 417584</p> <p> 問い合わせ先<br /> 小倉利丸(JCA-NET理事)<br /> <a href="mailto:toshi@jca.apc.org">toshi@jca.apc.org</a><br /> 070-5553-5495</p> </div> Mon, 03 Jun 2024 08:41:14 +0000 toshi 363 at https://www.jca.apc.org/jca-net https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/363#comments (韓国の市民社会団体共同声明)私たちは、韓国およびその他の政府に対し、人工知能のリスクから市民の安全 と人権を守るための強固な国際規範を策定するよう強く求める https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/362 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">(韓国の市民社会団体共同声明)私たちは、韓国およびその他の政府に対し、人工知能のリスクから市民の安全 と人権を守るための強固な国際規範を策定するよう強く求める</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/jca-net/ja/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">toshi</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden"></span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-body field--type-text-with-summary field--label-hidden field__item"><p>JCA-NETは以下に訳出した韓国の市民社会団体の共同声明に表明されている危<br /> 惧を共有します。また、今後、特に日本政府や日本企業によるAI政策やAI開発<br /> と利用が、コミュニケーションの権利など人権を侵害する可能性を秘めている<br /> 点についても大きな関心をもち続けます。</p> <p>AIソウル・サミットには日本政府も参加しており、このプロセスに私たちとし<br /> ても強い関心をもっています。日本政府はG7広島サミットをきっかけにAI政策<br /> に積極的となり、現在、AI規制などの法整備を進めつつあります。こうしたな<br /> かで、JCA-NETとしても、今まで以上にAIに関連する諸問題についてより積極<br /> 的な関心をもつ必要があると考えています。</p> <p>AI技術は、民生用であっても軍事転用が可能な技術でもあります。AIが戦争の<br /> 新たな中核的技術となることは間違いないなかで、軍事と経済安全保障を優先<br /> させ、人権を後回しにする日本政府の態度には深い危惧を抱いています。また、<br /> 韓国で発出された以下の市民社会声明にもあるように、AIの開発、商品化、普<br /> 及のプロセスのいずれにおいても、当事者である私たち市民ひとりひとりのガ<br /> バナンスへの関与と権利が置き去りにされる危険性は、ICTに関連するコミュ<br /> ニケーションの権利運動が脆弱な日本においては韓国以上に深刻であると考え<br /> ています。(JCA-NET 理事会)</p> <h2>私たちは、韓国およびその他の政府に対し、人工知能のリスクから市民の安全と人権を守るための強固な国際規範を策定するよう強く求める</h2> <p>AIソウル・サミット[1]は5月21~22日に開催される。これは、2023年11月に英<br /> 国のブレッチリー・パークで開催されたAI Safety Summitに続くものである。<br /> 私たちは、AIのリスクに対する世界的な認識を高め、市民の安全と人権を守る<br /> 方法を議論することは、有意義な試みであると考えている。AIソウル・サミッ<br /> トに際し、私たち韓国の市民社会団体は、この会議に対する韓国の市民社会の<br /> 期待と懸念を以下の通り表明したい。</p> <p>2022年末にChatGPTが発表された後、生成AIをめぐる一時的な大騒ぎが収まる<br /> につれ、AIの社会的懸念とリスクに関する国際的コンセンサスが高まりをみせ<br /> ている。2023年5月に広島で開催されたG7サミットや、11月にイギリスのブレッ<br /> チリーで開催されたAI Safety Summitにおいて、参加国は、AIが人間の安全や<br /> 人権にもたらす潜在的リスクを認識し、AIの開発と使用における透明性と説明<br /> 責任の重要性を確認し、国際的なルールを確立するために協力することを表明<br /> した。また、2024年3月21日、国連総会は、持続可能な開発のための「安全、<br /> 安心、信頼できる」AIシステムの推進に関する決議を採択した。[2] この決議<br /> の中で国連総会は、AIの設計、開発、普及、使用において人権を尊重し、保護<br /> し、促進することの重要性も強調している。私たちは、このような国際的な前<br /> 向きな動きを歓迎するとともに、抽象的な原則を超えて、より具体的で実効性<br /> のある規範へと移行する時が来たと考えている。私たちは、AIソウル・サミッ<br /> トが、AIの国際規範に関する議論をさらに深め、発展させる機会となることを<br /> 期待している。</p> <p>AIの国際規範は、一部の先進国だけで推進されるべきものではないことを認識<br /> することが重要である。AIソウル・サミットのテーマのひとつは「包摂」であ<br /> り、イ・ジョンホ大臣[3]は、「AIの恩恵を分かち合い、ギャップを埋める方<br /> 法を模索し、文化的・言語的多様性を尊重しながらAIをどのように役立てるか<br /> についての議論を進める 」と述べた。これを真に包括的なものとするために<br /> は、発展途上国や社会から疎外された人々が、単に受益者や消費者としてでは<br /> なくAIのガバナンスにおけるアクターとして尊重される必要がある。このよう<br /> な観点から、AIの国際規範を、一部の先進国のエリートクラブではなく、世界<br /> 中のすべての国や多様な利害関係者が平等に参加できる、より開かれた場で議<br /> 論することが必要であろう。</p> <p>私たちは、AIソウル・サミットが不透明な方法で運営されていることに深刻な<br /> 懸念を抱いている。それは、世界中の多様なステークホルダーを一堂に集める<br /> と宣言された目標に反して、社会におけるAI規範を形づくる上で重要な利害関<br /> 係を持つ市民社会を排除することによって、「インクルージョン」の価値を不<br /> 当に損なうものになっている。AIソウル・サミットの公式オンライン告知では、<br /> サミットがどのように開催されるのか、関連するステークホルダーは誰なのか<br /> が十分に開示されていない。さらに、韓国政府のAIポリシーに批判的な市民団<br /> 体が会議に招待すらされなかったことは遺憾である。規範の協議プロセス自体<br /> に透明性を欠いているため、出来上がったAI規範に対する一般の人々の信頼を<br /> 得ることが難しくなっている。</p> <p>また、韓国政府がAIのリスクや悪用を防ぐための実際的な対策を講じていない<br /> ことも懸念される。科学情報通信省[4]は、一方でディープフェイクなどAIの<br /> 悪用を防ぐ必要があると述べながら、他方で、「過度な規制は産業の発展を阻<br /> 害する恐れがある 」との理由で現在国会で審議中のAI法案に罰則条項を設け<br /> ないという矛盾した態度をとっている。 AIのリスクを管理するための措置を<br /> 課すことが、過剰な規制に当るとは考えにくい。また、そのようなセーフガー<br /> ドなしに、AIのリスクや悪用をどのように防ぐことができるのかも不明である。</p> <p>欧州連合(EU)はすでに独自のAI法を可決している。米国もAIを規制するため<br /> の法整備を進めており、行政府はAIを実質的に規制しうる大統領令を率先して<br /> 発令している。韓国では、第22回国会がAIのリスクを規制し、市民の安全と人<br /> 権を守るための実質的な法を制定すべきであると私たちは考えている。また、<br /> AI企業が国内規制を回避することを防ぐため、各国政府が国際レベルでAI規範<br /> を策定することを求めるものである。</p> <p>2024年5月20日</p> <p>Stop Healthcare Privatisation and Achieve Free Healthcare<br /> Technoloy, Media &amp; Culture Committee, Cultural Action<br /> Lawyers for a Democratic Society – Digital Information Committee<br /> Institute for Digital Rights<br /> Korean Progressive Network ‘Jinbonet’<br /> People’s Solidarity for Participatory Democracy</p> <p>注<br /> [1] <a href="https://www.president.go.kr/newsroom/press/MermElex">https://www.president.go.kr/newsroom/press/MermElex</a><br /> [2] <a href="https://news.un.org/en/story/2024/03/1147831">https://news.un.org/en/story/2024/03/1147831</a><br /> [3] <a href="https://www.donga.com/news/Economy/article/all/20240515/124949088/6">https://www.donga.com/news/Economy/article/all/20240515/124949088/6</a><br /> [4] <a href="https://www.dt.co.kr/contents.html?article_no=2024051602109931029009&amp;ref=naver">https://www.dt.co.kr/contents.html?article_no=2024051602109931029009&amp;re…</a></p> </div> Wed, 29 May 2024 05:10:32 +0000 toshi 362 at https://www.jca.apc.org/jca-net https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/362#comments 南アの国際司法裁判所への申立書(2023年12月28日)の日本語訳ができました https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/361 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">南アの国際司法裁判所への申立書(2023年12月28日)の日本語訳ができました</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/jca-net/ja/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">toshi</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden"></span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-body field--type-text-with-summary field--label-hidden field__item"><h2>南アの国際司法裁判所への申立書(2023年12月28日)の日本語訳ができました</h2> <p>昨年12月28日に、南アフリカは、10月7日以降のイスラエルによるガザへの軍事侵攻や攻撃をジェノザイド条約に違反するとして停戦などの暫定措置命令を出すよう国際司法裁判所に対して申立書を提出しました。この申立書の日本語訳がやっと公表できることになりました。PDFで公開しています。</p> <p>申立書PDF<br /> <a href="https://www.jca.apc.org/jca-net/sites/default/files/2024-05/20231229south_africa_application.pdf">https://www.jca.apc.org/jca-net/sites/default/files/2024-05/20231229sou…</a></p> <p>ICJ関連の翻訳サイトのトップページ<br /> <a href="https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/icj-southafrika-v-islael-document-jp">https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/icj-southafrika-v-islael-document-jp</a></p> <p>南アフリカの申立書の目次のみ以下紹介します。</p> <p>I. 緒言<br /> II. 裁判所の管轄権<br /> III. 事実関係<br /> A. 緒言<br /> B. 背景<br /> 1. ガザ地区(「ガザ」)<br /> 2. 西岸地区(東エルサレムを含む)<br /> 3. 2023年10月7日のイスラエルにおける攻撃<br /> C. パレスチナ人に対するジェノサイド行為<br /> 1. ガザにおけるパレスチナ人の殺害<br /> 2. ガザのパレスチナ人への深刻な身体的・精神的危害<br /> 3. ガザではパレスチナ人が大量に家から立ち退かされていること<br /> 4. ガザのパレスチナ人のための適切な水、食料へのアクセスの剥奪<br /> 5. ガザのパレスチナ人に対する適切な住居、衣服、衛生設備へのアクセスの剥奪<br /> 6. ガザのパレスチナ人に対する適切な医療支援の剥奪<br /> 7. ガザにおけるパレスチナ人の生活破壊<br /> 8. パレスチナ人の出産を阻害する措置の強制<br /> D. イスラエル国家高官らによるパレスチナ人に対するジェノサイドの意図の表明<br /> E. パレスチナ人に対するイスラエルのジェノサイドの意図の認識<br /> IV. 南アフリカの申立て<br /> V. 救済措置<br /> VI. 仮保全措置の請求<br /> A. 仮保全措置の提示が必要となったやむを得ない事情<br /> B. 国際司法裁判所の一応の管轄権<br /> C. 保護が求められている諸権利、その推認される特徴、および当該諸権利と要求される措置との関連<br /> D. 回復不能の損害のリスクと緊急性<br /> E. 仮保全措置の請求<br /> VII 権利の留保<br /> VIII. 代理人の任命</p> <p>日本語訳はA4で90ページ近くありますが、ジェノサイド罪を立証しなければいけないので、ひとつひとつの文言についても、かなり詳細な根拠資料が注記されているために、脚注だけでも573もあります。また、ジェノサイド条約でジェノサイドの罪として列挙されている事項ひとつづつについて、該当する出来事が具体的に記載されています。これらについては、上記の目次の「III. 事実関係」以下の箇所で、ガザの概要などの説明とともに記述されています。冒頭では南アに申立ての資格があるかどうかについてやや法律的な議論がなされています。</p> <p>なお、ジェノサイド条約については下記に条文の訳があります。<br /> <a href="https://worldjpn.net/documents/texts/mt/19481209.T1J.html">https://worldjpn.net/documents/texts/mt/19481209.T1J.html</a></p> <p>この申立書提出の後、1月11日、12日にヒヤリングがあり、1月26日に裁判所は、暫定措置命令を出しました。しかし、裁判所が停戦を命じなかったこと、イスラエルが命令を無視し続けたことなどから、その後南アは追加の申立てなどを何度か行いました。5月に入ってからも追加の申立てが出され、裁判所は5月24日に、ラファでのイスラエル軍の軍事行動を禁ずる初めての命令をやっと出したばかりです。国際司法裁判所の命令には強制力はなく、その実効性に疑問も出されていますし、私も疑問を持ちますが、このこととは別に、今回の南アの申立書は、現在のガザ戦争について最も詳細な事実関係についての文書のひとつであることは間違いないと思います。実態は日本の報道では十分に伝えられていないと思います。ぜひお読みください。</p> <p>なお、すでに、国際司法裁判所の1月26日の命令、1月11日のヒヤリングについては、すでに日本語訳を提供しています。<br /> <a href="https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/icj-southafrika-v-islael-document-jp">https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/icj-southafrika-v-islael-document-jp</a></p> <p>※ICJの南アによるイスラエル提訴に関連する日本語翻訳のウエッブについて、JCA-NETも協力しています。</p> </div> Tue, 28 May 2024 11:34:06 +0000 toshi 361 at https://www.jca.apc.org/jca-net https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/361#comments (Access Now, #KeepItOn)2023年の暴力とインターネット遮断:過去最悪の年となる https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/359 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">(Access Now, #KeepItOn)2023年の暴力とインターネット遮断:過去最悪の年となる</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/jca-net/ja/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">toshi</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden"></span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-body field--type-text-with-summary field--label-hidden field__item"><p>Access Nowとインターネットの遮断に反対する国際的な連携組織#KeepItOnが昨年のインターネットの遮断に関する報告書を公表しました。JCA-NETは#KeepItOnのメンバー団体です。なお報告書は英文になります。以下は報告書公表に関するプレスリリースを日本語に訳したものです。(理事:小倉利丸)</p> <p><img src="https://www.accessnow.org/wp-content/uploads/2024/05/KeepItOn-2023-report-PR-Header-02-1536x768.jpg" /><br /> 2023年の暴力とインターネット遮断:過去最悪の年となる<br /> 発行:2024年5月15日<br /> 最終更新日:2024年5月15日 2024年5月15日<br /> 内容注:以下の記事には暴力への言及が含まれている。</p> <p>2023年は、ほとんどすべての指標において、過去最悪のインターネット遮断の年となった。当局は、暴力、戦争犯罪、民主主義への攻撃、その他の残虐行為を隠し、可能にし、悪化させ、何百万もの人々の人権を押しつぶし、39カ国で少なくとも283回、意図的にインターネットを遮断した。</p> <p>本日5月15日、 Access Nowと<a href="https://www.accessnow.org/campaign/keepiton/">#KeepItOn連合</a>の新しい報告書<a href="https://www.accessnow.org/keepiton-2023-report">Shrinking democracy, growing violence: Internet shutdowns in 2023</a>は、過激化への傾向が蔓延する危険な1年を通して、人権に対する残忍な攻撃の類をみない影響と破壊を明らかにした。報告書全文と<a href="https://www.accessnow.org/internet-shutdowns-2023/">グローバル・スナップショット</a><a></a>を読む。<br /> <cite><br /> 2023年は、インターネット遮断が引き起こし、激化させた破壊の年であった。パレスチナからミャンマーまで、その目的は徹底的な妨害であり、当局がこれを実現した。彼らは不安定で恐るべきタイミングで遮断スイッチを押し、身体的危険、精神的苦痛、コミュニティの荒廃の交差する地点で最大の打撃を与えた。<br /> Felicia Anthonio, #keepiton キャンペーンマネージャー、Access Now<br /> </cite><br /> 主な調査結果は以下の通りである。</p> <ul> <li>過去最悪の年。当局は39カ国で少なくとも283件のインターネット遮断を実施し、2022年の40カ国201件の遮断から41%増加した。 </li><li>戦争の引き金。<a href="https://www.accessnow.org/press-release/how-israel-is-shutting-down-the-internet-in-gaza/">パレスチナ</a>、<a href="https://www.accessnow.org/press-release/third-year-myanmar-coup/">ミャンマー</a>、<a href="https://www.accessnow.org/the-sudan-conflict-how-internet-shutdowns-deepen-a-humanitarian-crisis/">スーダン</a>、<a href="https://www.accessnow.org/internet-shutdowns-and-atrocities-in-ukraine/">ウクライナ</a>を含む9カ国で、戦争当事者が紛争中に少なくとも74回インターネットを遮断した。 </li><li>規模の拡大。インド、イラン、ミャンマー、パレスチナ、ウクライナの数百万人の人々が、少なくとも211回(世界全体の75%)の遮断を経験し、エチオピア、ミャンマー、パキスタンの当局は継続している遮断を長期化させた。 </li><li>範囲の拡大。少なくとも80の複数の地域または全国的な規模で遮断があった。 </li><li>新たな加害者たち。ケニア、モザンビーク、ネパール、スリナムが初めてインターネットを遮断した。 </li><li>暴力。暴力行為に関連する遮断が少なくとも173件(2022年比26%増)、重大な人権侵害が記録された11カ国では少なくとも51件の遮断があった。 </li><li>縮小する民主主義。抗議行動中に15カ国で少なくとも63件の遮断があり、選挙に関連した5カ国で少なくとも5件の遮断があった。 </li><li>シャットダウンの歴史を持つコンゴ民主共和国、ナイジェリア、シエラレオネが#KeepItOnの公約を守り、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)の司法裁判所が再度の遮断の使用に<a href="https://www.mediadefence.org/news/ecowas-court-condemns-internet-shutdown-in-guinea/">反対する判決</a>を下し、Freedom Online Coalition(FOC)が選挙中にインターネットを遮断しないよう政府に求める画期的な声明を発表した。 </li></ul> <p><cite><br /> Access Nowと#KeepItOn連合としては、2023年のインターネット遮断の事態の深刻さについて、いくら強調しても強調しきれないほどである。政府、市民社会、民間セクターを問わず、世界中のすべての利害関係者は、インターネット遮断を恒久的に終わらせるために緊急の行動を取らなければならない。<br /> Zach rosson, #keepiton データアナリスト at Access Now<br /> </cite></p> <p>2023年、以下の当局と戦争当事国がインターネットを遮断した。アルジェリア、アゼルバイジャン、バングラデシュ、ブラジル、中国、キューバ、エチオピア、ガボン、ギニア、インド、インドネシア、イラン、イラク、ヨルダン、ケニア、レバノン、リビア、モーリタニア、モザンビーク、ミャンマー、ネパール、オマーン、パキスタン、パレスチナ、カタール、ロシア、サウジアラビア、セネガル、ソマリランド、スーダン、スリナム、シリア、タンザニア、トルコ、トルクメニスタン、ウガンダ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、ベネズエラ。</p> <p><a href="https://www.accessnow.org/keepiton-2023-report">報告書全文M/a&gt;と</a><a href="https://www.accessnow.org/internet-shutdowns-2023/">グローバル・スナップショット</a>を読む。</p> <p><a href="https://www.accessnow.org/press-release/keepiton-internet-shutdowns-2023/">https://www.accessnow.org/press-release/keepiton-internet-shutdowns-202…</a></p> </div> Fri, 17 May 2024 06:14:02 +0000 toshi 359 at https://www.jca.apc.org/jca-net https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/359#comments (Google経営陣宛書簡)ムスリム、アラブ人、パレスチナ人に対する検閲と差別をやめるべきだ https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/358 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">(Google経営陣宛書簡)ムスリム、アラブ人、パレスチナ人に対する検閲と差別をやめるべきだ</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/jca-net/ja/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">toshi</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden"></span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-body field--type-text-with-summary field--label-hidden field__item"><p>今年の4月にGoogle によるイスラエルのジェノサイド加担に抗議する行動によって、Googleの労働者が50名も解雇され、9人が逮捕されました。これに対して、Googleの経営陣への抗議と復職を求めてGoogleに書簡を出す運動が起きている。10万人を目標に既に5万人を越えた。JCA-NETのこの抗議行動に連帯して以下のような書簡をGoogleの経営陣に送付しました。一人でも多くの皆さんが日本からも抗議の手紙を送付することを呼びかけます。抗議のメール文の送付方法はこの記事の最後をごらんください。(JCA-NET理事会)</p> <hr /> <h2>ムスリム、アラブ人、パレスチナ人に対する検閲と差別をやめるべきだ</h2> <p>私は、日本のインターネットユーザー団体でコミュニケーションの権利の運動団体でもあるJCA-NETを代表してあなたに手紙を書いています。JCA-NETは、サニーベールとニューヨークのオフィスで行われた歴史的な座り込みに参加した数十人の Google 社員と、Project Nimbus を中止し、パレスチナ人、アラブ人、ムスリムの同僚を保護するよう彼らの呼びかけに参加した数百人の他の社員と連帯します。JCA-NETはまた、座り込みの直後に解雇された50人以上の労働者たちとも連帯しています。</p> <p>あなたのリーダーシップの下、プロジェクト・ニンバスはイスラエルによるガザでのジェノサイドを積極的に幇助しています。Euro-Med Human Rights Monitorによれば、このジェノサイドはこれまでに10万人以上のパレスチナ人を殺害、行方不明、負傷させています。Nimbusは民間人向けのものだと常々主張されてきたにもかかわらず、今年4月のTIME誌は、Googleが長年にわたって自社の従業員や 一般市民に対して透明性を保っておらず、イスラエル占領軍に直接クラウド/AIサービスを提供していることを明らかにしました。さらにタイム誌は、ガザでのジェノサイドの間、あなたの企業がイスラエル軍とのパートナーシップを積極的に深め、2024年3月には新たに100万ドルの契約に署名したことを明らかにしました。</p> <p>私は、あなたがイスラエル軍によるガザでのジェノサイドキャンペーンを支援すること、そして、契約に反対し、偏見やハラスメント、その後の精神衛生上の問題を経験した同僚を支援するために声を上げた良心的な労働者を無差別に大量解雇していることを深く懸念しています。これらの不当に解雇されたGoogleの労働者の中には、故郷の家族を経済的に支えているパレスチナ人、緊急の医療ニーズがある労働者、米国に居住し働くために就労ビザを頼っている労働者が含まれています。これらの解雇は、労働者を黙らせ、仕事に関する重要な倫理的懸念について職場で必要な話し合いを押しつぶそうとする露骨な試みです。人権侵害を助長するようなサービスやテクノロジーを使用したいと思わないGoogleの製品ユーザーとして、この件は特に懸念しています。</p> <p>あなたの技術がイスラエル軍に力を与え続ける限り、あなたはこのジェノサイドに積極的に加担していることになります。そして、あなたの従業員たちはProject Nimbusを中止し、イスラエル軍との関係を断ち切るよう要求し続けるでしょう。</p> <p>私は、パレスチナのために声を上げる労働者に対する集団報復(直接の参加ではないがその場にいた者に対する報復を含む)を深く懸念しています。これは危険な前例となり、私にとっても世界中のユーザーにとっても憂慮すべきことです。</p> <p>倫理的な懸念と、あなた方のAI倫理の約束を確実に守りたいという熱意から行動している従業員の声に耳を傾けてください。私は、解雇された50人全員の復職を強く求めます。なぜなら、あなたが歴史の正しい側に立ち、最終的にProject Nimbusを中止し、イスラエルによるガザのパレスチナ人へのジェノサイドとの関係を断ち切るには、もうかなり時間がたってしまっているからです。</p> <p>JCA-NET理事(代表)<br /> 小倉利丸</p> <hr /> 抗議文の送り方。以下の各項目に記入してください。*印のない項目は空欄でも構いません。記入して[START WRITING」をクリックするとあらかじめ記載されている雛形の文章が表示されます。(上のJCA-NETが送付した文面とほとんど同じです) 必要であれば加筆などして、送信ボタンを押せば送信完了になります。 <link href="https://actionnetwork.org/css/style-embed-v3.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <script src="https://actionnetwork.org/widgets/v5/letter/reinstategooglers?format=js&amp;source=widget"></script><div id="can-letter-area-reinstategooglers" style="width: 100%"> <!-- this div is the target for our HTML insertion --></div> </div> Tue, 14 May 2024 13:16:37 +0000 toshi 358 at https://www.jca.apc.org/jca-net https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/358#comments 共同声明:スーダンにおける電気通信の遮断:紛争当事者は、集団的懲罰をやめ、命を救うための電気通信へのアクセスを可能にしなければならない https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/357 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">共同声明:スーダンにおける電気通信の遮断:紛争当事者は、集団的懲罰をやめ、命を救うための電気通信へのアクセスを可能にしなければならない</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/jca-net/ja/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">toshi</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden"></span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-body field--type-text-with-summary field--label-hidden field__item"><p>JCA-NETは下記の共同声明に賛同しました。</p> <h2>スーダンにおける電気通信の遮断:紛争当事者は、集団的懲罰をやめ、命を救うための電気通信へのアクセスを可能にしなければならない</h2> <p>2024年5月13日</p> <p>スーダンで壊滅的な人道危機が急速に悪化している中、私たちは94の人道支援団体、市民団体、人権団体、そして#KeepItOn連合のメンバーを代表し、スーダン全土における通信インフラの復旧を緊急に訴えます。スーダンは世界最悪の避難民の危機と なっており、世界最悪の飢餓の危機に瀕しています。スーダンの人口の半分以上、約2500万人の人々が人道支援を必要としています。1年以上にわたる執拗な戦争と無差別暴力により、家屋、町、生活、重要な民間インフラが破壊されました。</p> <p>戦争当事者による無差別攻撃や通信の遮断は、民間人が戦争の影響に対処する能力や、援助関係者にとって必要不可欠なサービスを提供する能力に深刻な影響を及ぼしており、現地の支援者が最も深刻な被害を受けています。双方は一貫して、電気通信インフラに対する標的型攻撃や官僚的制限(特定の衛星インターネット機器の輸入・使用禁止など)を課しており、民間人に深刻な影響を及ぼしています。</p> <p>利用可能な場合、インターネットへのアクセスは、民間人が安全な地域や経路など、重要でしばしば人命を救える情報を共有し、受信するのに役立っています。民間人はまた、インターネットを利用して現金や銀行振り込みにアクセスし、多くの場合、海外に住む親族からの支援を受けています。紛争の影響を受けた地域のほとんどで、最初の、そして主要な支援者である地元の援助団体は、脆弱なコミュニティに接触したり人命救助活動のための資金を得るために、電気通信に大きく依存しています。正規の電気通信がほとんど機能していない地域では、民間人も緊急対応室(ERR)などの現地の支援者も、非公式のスターリンク・インターネット・カフェを通じて接続することが多いのです。人道支援組織もまた、救援活動を安全に調整・提供するため、特に最遠隔地域に現金支援を提供するために、有効な電気通信に依存しています。</p> <p>2024年2月の全国的な電気通信遮断により、約3,000万人のスーダン人が1ヶ月以上インターネットや電話を利用できませんでした。スーダン全土で、戦争の惨禍を体験している人々は、家族や愛する人と連絡を取ることができず、離れ離れになっています。スーダン東部ではある程度のサービスが復旧したものの、ダルフール地方やハルツーム、コルドファンの一部など、Zain、MTN、Sudaniなどのネットワークプロバイダーが接続できない地域が依然として広がっています。同じ地域は紛争や飢餓のリスクに最もさらされているため、通信遮断の影響は生命をさらに脅かすことになります。広範な通信手段から遮断された地域では、スターリンクのような衛星接続機器によるサービスしか利用できないところもあります。衛星サービスのコストは民間人のほとんどにとって非常に高額であり、衛星機器の輸入には大きな制限がありますが、国際人道支援組織と現地の対応要員がスーダンで活動を継続するためには、このようなサービスが不可欠であることに変わりはありません。私たちは、このテクノロジーや その他の電気通信システムを紛争当事者が使用することに関して、引き続き重大な懸念がある一方で、(2024年4月に発表された)スターリンクの潜在的な遮断は、民間人や、民間人と連絡を取ろうとしている援助組織に過度の影響を与えることになります。</p> <p>私たちはすべての関係者に、スーダンにおける電気通信サービスの中断のない提供を確保するよう求めます。通信サービスの遮断は人権侵害であり、個人を支援ネットワークから孤立させるだけでなく、数百万人が直面しているすでに悲惨な経済状況を悪化させる集団的懲罰とみなされる可能性があります。</p> <ul> <li>電気通信インフラは重要な民間インフラとみなされるべきです。そのため、紛争 当事者は、電気通信インフラを攻撃、破壊、損傷、または使用不能にすることを控えるとともに、損傷したシステムの復旧を促進し、居住地に関係なくすべての人が電気通信サービスにアクセスで きるようにしなければなりません。加えて、すべての衛星インターネットに対する規制を撤廃し、衛星インターネット機器の輸入を積極的に促進すべきです。 </li> <li>スーダンで接続性を確保できるすべてのサービスプロバイダーは、インターネットへのアクセスが中断されたり追加コストの増加なしにアクセス可能であり続けるよう、直ちに確保しなければなりません。これには、衛星(Starlinkを含むがこれに限定されない)やWiMAXテクノロジーに基づくソリューション、あるいは国境付近でのe-SIMの使用など、インターネットにアクセスする手段を多様化することが含まれるべきです。 </li> <li>開発援助国や金融機関は、分散型インフラを促進し、中小企業が電気通信市場に参入する際の障壁を軽減することにより、長期的に電気通信セクターの発展を支援すべきです。 </li> <li>国連は、緊急電気通信クラスターを通じて、ダルフールとコルドファンの緊急電気通信能力を緊急に向上させ、他の選択肢が利用可能になるまで、民間人へのサービス拡大を含め、すべての人道支援団体にサービスへのアクセスを提供すべきです。 <p>署名団体<br /> Access Now<br /> Action Against Hunger<br /> ADRA<br /> African Centre for Justic and Peace Studies<br /> African Freedom of Expression Exchange (AFEX)<br /> Africa Media and Information Technology Initiative (AfriMITI)<br /> African Middle Eastern Leadership Project (AMEL)<br /> AfricTivistes<br /> AISPO<br /> Almostagball for Enlightenment and Development Organization (AEDO)<br /> Bloggers Association of Kenya (BAKE)<br /> Blueprint for Free Speech<br /> CAFOD<br /> CARE<br /> Center for Advancement of Rights and Democracy (CARD Ethiopia)<br /> Coalition for Darfur Women Human Rights Defenders<br /> Collaboration on International ICT Policy for East and Southern Africa (CIPESA)<br /> Computech Institute<br /> Connect Rurals<br /> Cooperazione Internazionale<br /> Danish Refugee Council<br /> Digital Grassroots (DIGRA)<br /> Digital Rights Kashmir<br /> Digital Rights Lab - Sudan<br /> EMERGENCY NGO<br /> Fikra for Studies and Development<br /> Free Press Unlimited<br /> Global Digital Inclusion Partnership (GDIP)<br /> Global Programming Overseas<br /> Guardians Organization<br /> Hopes &amp; Actions Foundation<br /> Humanitarian Aid Relief Trust<br /> Humanity for Development &amp; Prosperity Organization<br /> Human Rights Journalists Network Nigeria<br /> International Bar Association’s Human Rights Institute<br /> International Press Institute<br /> International Rescue Committee<br /> International Medical Committee<br /> Intersos<br /> Islamic Relief Worldwide<br /> JCA-NET(Japan)<br /> Jonction<br /> Kandoo<br /> KICTANet<br /> Kijiji Yeetu<br /> LastMile4D<br /> Life campaign to abolish the death sentence in Kurdistan<br /> LM International<br /> Medair<br /> Media Diversity Institute - Armenia<br /> Media Foundation for West Africa (MFWA)<br /> Mercy Corps<br /> Miaan Group<br /> Nobel Women’s Initiative<br /> Nonviolent Peaceforce<br /> Nora Center for Combating Sexual Violence<br /> Norwegian Church Aid<br /> Norwegian Refugee Council<br /> ONG Women Be Free<br /> OONI (Open Observatory of Network Interference)<br /> OpenNet Africa<br /> Organization of the Justice Campaign<br /> PAEMA<br /> Paradigm Initiative<br /> PEN America<br /> Plan International<br /> Premiere Urgence International<br /> Presbyterian Church (USA) Office of Public Witness<br /> Refugees International<br /> Regional Coalition for Women Human Rights Defenders in Southwest Asia and North Africa<br /> Rights for Peace<br /> Save the Children<br /> Saferworld<br /> Solidarites International<br /> Southeast Asia Freedom of Expression Network (SAFEnet)<br /> Strategic Initiative for Women in the Horn of Africa (SIHA)<br /> Sudanese American Public Affairs Association<br /> Sudan Human Rights Hub<br /> Sudan Human Rights Network<br /> Sudan Peace &amp; Security Monitor<br /> Sudan Women Rights Action<br /> The Circle<br /> The Tor Project<br /> Tomorrow’s Smile Organization<br /> Ubunteam<br /> United Nations Association – UK<br /> US-Educated Sudanese Association (USESA)<br /> Voices for Interactive Choice and Empowerment (VOICE)<br /> Waging Peace<br /> Women’s International Peace Centre<br /> World Vision International<br /> YODET<br /> Youths and Environmental Advocacy Centre (YEAC-Nigeria)<br /> Zaina Foundation</p> <p>出典:<a href="https://reliefweb.int/report/sudan/telecommunications-blackout-sudan-parties-conflict-must-end-collective-punishment-and-enable-access-life-saving-telecommunications-enar">https://reliefweb.int/report/sudan/telecommunications-blackout-sudan-pa…</a></p></li> </ul> </div> Tue, 14 May 2024 12:41:34 +0000 toshi 357 at https://www.jca.apc.org/jca-net https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/357#comments JCA-NETセミナー2024年5月JCA-NETセミナーのお知らせ https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/356 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">JCA-NETセミナー2024年5月JCA-NETセミナーのお知らせ</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/jca-net/ja/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">toshi</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden"></span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-body field--type-text-with-summary field--label-hidden field__item"><p> __________________________________________________</p> <p> JCA-NETセミナー2024年5月JCA-NETセミナーのお知らせ</p> <p> JCA-NET (2024/5/1)<br /> __________________________________________________</p> <p>Table of Contents<br /> _________________</p> <p>1. セミナー1:5月21日(火)19時 運動の記録(チラシ、パンフから写真、動画まで)を残す<br /> 2. セミナー2:5月25日(土)15時 戦争とジェノサイドに加担するプラットフォーマーと決別するために――何ができるか、何をすべきか...<br /> 3. セミナー3:5月29日(水)19時 フォローアップ<br /> 4. 参加方法<br /> 5. オンライン会議のマニュアル、参加費、問い合せ先など</p> <p>1 セミナー1:5月21日(火)19時 運動の記録(チラシ、パンフから写真、動画まで)を残す<br /> =======================================================================</p> <p> 高齢化のなかで、地域の小さな市民運動、住民運動や労働運動のなかには、長<br /> い闘いの歴史と経験をどのようにして次の世代に継承するのかに苦労している<br /> ところが多くあります。紙媒体をそのまま残すとすれば、資料の価値を理解し<br /> てくれて保存してくれる場所を探さねばならず、公立の図書館や大学などがこ<br /> うした運動の記録を快く受け入れてくれるとは限りません。記録の保管者が高<br /> 齢化したり他界した場合に資料が散逸することも珍しくありません。他方でデ<br /> ジタル化されてネット上にある記録も、団体が解散したり個人がプロバイダー<br /> との契約を打ち切ってしまえば、その段階でアカウントは削除されてウェッブ<br /> は閉鎖されるなどになるので貴重なデータが消失してしまいます。デジタルの<br /> データは紙以上に保存が難しいとすらいえます。</p> <p> その一方で、国や企業などは記録を保存して自分たちにとって都合のよい歴史<br /> を後世に伝えようとするでしょう。こうした不釣り合いな記録の存続環境は、<br /> 将来、歴史の評価を誤らせる結果になるだろうことも容易に想像できます。こ<br /> うした事態をなんとか回避して、可能な限り自分たちの活動の記録を当事者自<br /> 身の手で残すこともまた運動を担ってきた人達に課されている大きな宿題になっ<br /> ています。</p> <p> 今回のセミナーでは、米国に拠点を置くInternet Archiveを紹介します。この<br /> サイトについては2022年7月のセミナーで取り上げたことがあるので、今回は2<br /> 回目になります。Internet Archiveは、チラシやパンフのような紙媒体のもの<br /> から音、映像、写真といった様々な種類のデータをその容量の大きさを問わず<br /> 収集して公開してくれるサイトです。ウエッブについても閉鎖されたものであっ<br /> ても記録して残せるようになっています。たとえばJCA-NETのウエッブサイト<br /> 上にはすでに存在していない20年前のウエッブ上のデータもInternet Archive<br /> からアクセス可能です。このInternet Archiveを実際にどのようにしたら使え<br /> るのか、登録方法からデータのアップロードの方法まで、実際に使えるように<br /> なるためのノウハウについて、前回よりもより具体的に説明できるようにする<br /> 予定です。</p> <p> 開催方法:オンライン(申し込み方法は最後をごらんください)</p> <p> 参考資料<br /> Internet Archive<br /> <a href="https://archive.org">https://archive.org</a><br /> Wayback Machine<br /> <a href="https://archive.org">https://archive.org</a><br /> Internet Archive Help Center<br /> <a href="https://help.archive.org">https://help.archive.org</a><br /> インターネットアーカイブについて(機械翻訳)<br /> <a href="https://cryptpad.fr/pad/#/2/pad/view/w8ghJBvhDITterWfDa0rWP2VjXmYjwEkI7XWCsb-3+Q/">https://cryptpad.fr/pad/#/2/pad/view/w8ghJBvhDITterWfDa0rWP2VjXmYjwEkI7…</a><br /> 22年7月25日JCA-NETセミナー資料<br /> <a href="https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/s/5HNFaq3pGeT5bz7">https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/s/5HNFaq3pGeT5bz7</a></p> <p>2 セミナー2:5月25日(土)15時 戦争とジェノサイドに加担するプラットフォーマーと決別するために――何ができるか、何をすべきか...<br /> =======================================================================</p> <p> 今から3年前の2021年、GoogleやAmazonの労働者からの呼びかけで立ち上げら<br /> れたキャンペーンにNo Tech For Apartheitがあります。当時AmazonとGoogle<br /> は、イスラエル政府と軍との間でProject Nimbusと呼ばれる12億2000万ドルの<br /> 契約を結びました。この契約がイスラエルのパレスチナに対するアパルトヘイ<br /> トや空爆のための軍事技術を含んでいるとして、反対運動は、会社からの解雇<br /> などの攻撃を受けながら現在まで続けられています。そして最近新たにGoogle<br /> がイスラエル国防省と契約していることも明らかになりました。</p> <p> 他方で、XやFacebook、InstagramなどのSNSやYouTubeは、パレスチナの人々の<br /> 発信を意図的に抑制するポリシーを実施する一方で、イスラエルの首相をはじ<br /> めとする政府高官や軍関係者が繰り返しジェノサイドを煽るような発言をSNS<br /> で拡散するなど、イスラエル国内からのジェノサイドを煽るような発言を放置<br /> してきました。これがイスラエル国内での戦争を支持する世論を生み出してた<br /> 側面は否定できません。</p> <p> 反戦平和運動など市民運動は、こうしたプラットフォーマーのアパルトヘイト<br /> /ジェノサイド加担がありながら、そのサービスを拒否するといったアクショ<br /> ンは目立ちません。それだけ運動の側にとってもプラットフォーマーのメディ<br /> ア拡散効果は無視できない力をもっているということでもあります。しかし、<br /> ジェノサイドに加担する企業のサービスを使い続け、結果として企業の利益に<br /> 寄与することは、果して正しい選択なのかどうか、今一度真剣に議論してみる<br /> べき時だと思います。</p> <p> 今回のセミナーでは、プラットフォーマーのサービスをボイコットするために<br /> 何が障害になっているのか、どうしたらオルタナティブへの切り替えが可能な<br /> のか、既存の営利目的のサービスに依存しない運動のコミュニケーション文化<br /> をどうしたら創造できるか、など様々な問題を議論の俎上に乗せます。</p> <p> 開催方法:オンライン(申し込み方法は最後をごらんください)</p> <p> 参考資料<br /> パレスチナデジタル権利連合は、ジェノサイドの案件関するICJ暫定措置命令<br /> を受け、オンラインプラットフォームに対処の措置を要求<br /> <a href="https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/345">https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/345</a><br /> (dair)#NoTechForApartheid<br /> <a href="https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowledge-base/dair_notechforapartheid_jp/">https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…</a><br /> (Time)グーグル、イスラエル国防省と契約<br /> <a href="https://cryptpad.fr/pad/#/2/pad/view/mbPwQ2JeL4xVPP53Pbs-Kp2niN92gFIqiHCL4Fm1m6Y/">https://cryptpad.fr/pad/#/2/pad/view/mbPwQ2JeL4xVPP53Pbs-Kp2niN92gFIqiH…</a><br /> (medium)イスラエルによるアパルトヘイトに加担するGoogle<br /> <a href="https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowledge-base/medium_googles-complicity-in-israeli-apartheid-how-google-weaponizes-diversity-to-silence-palestinians_jp/">https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…</a><br /> (Wired)Xはイスラエル・ハマス衝突の「偽情報」を溢れさせている<br /> <a href="https://wired.jp/article/x-israel-hamas-war-disinformation/">https://wired.jp/article/x-israel-hamas-war-disinformation/</a><br /> Facebookに伝えよう。 パレスチナを黙らせるな<br /> <a href="https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowledge-base/stopsilencingpalestine/">https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…</a><br /> (Human Rights Watch)Meta: パレスチナ・コンテンツへの組織的検閲<br /> <a href="https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowledge-base/human-rights-watch_meta-systemic-censorship-palestine-content_jp/">https://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/hankanshi-info/knowled…</a></p> <p>3 セミナー3:5月29日(水)19時 フォローアップ<br /> ===========================================</p> <p> 毎月最後の回は、これまでのセミナーで取り上げたテーマの積み残しや、うま<br /> く解決できなかった課題、あるいは皆さんが抱えている疑問や問題を出し合っ<br /> て解決していく回になります。</p> <p> 今回も様々な質問などを自由に出していただいて構いません。今月は、運動の<br /> ドキュメントを保存・公開するサイトとしてInternet Archiveの紹介と使い方、<br /> プラットフォーマーによる戦争・ジェノサイド加担にどのように対抗するかを<br /> 取り上げました。90分の短かいセミナーだけではフォローしきれないことも多<br /> いと思います。質問や疑問があればぜひこのフォローアップの回を活用してく<br /> ださい。またセミナーに参加できなかった皆さんも遠慮なく気軽に参加してみ<br /> てください。</p> <p> セミナーでは、LinuxOSの紹介にも力を入れてきました。Linuxを新規に使いた<br /> いという皆さんや、すでにLinuxを使っている方たちとの情報交換の場として<br /> も活用してください。</p> <p> 技術的なテーマとして、これまでセミナーで取り上げてきたものの一例。</p> <p> - メールの基本的な仕組み<br /> - パスワード管理<br /> - ブラウザのプライバシー、セキュリティ設定<br /> - Jitsiを使ったオンライン会議<br /> - 暗号化サービスProtonやTutanotaのメールサービス<br /> - CryptPadの使い方<br /> - 機械翻訳の活用(DeepL)<br /> - LinuxOSの導入と活用<br /> - Internet Archiveの使い方<br /> - Open Street Mapの使い方<br /> - LibreOfficeのインストールと使い方<br /> - Mastodonの使い方<br /> など。</p> <p> 最近の社会・政治的なテーマでセミナーやメーリングリストなどで話題になっ<br /> た事柄の一例。</p> <p> - 刑事訴訟法とコンピュータ、インターネット<br /> - イスラエル・パレスチナ戦争<br /> - 国連サイバー犯罪条約<br /> - 「能動的サイバー防御」の問題点<br /> - 監視社会とジェンダー<br /> - 生成AI(ChatGPT)<br /> - スマートシティ<br /> - マイナンバーとデジタルID<br /> - 政府によるインターネット遮断<br /> - 政府による暗号規制<br /> など。</p> <p> 開催方法:オンライン(申し込み方法は最後をごらんください)</p> <p>4 参加方法<br /> ==========</p> <p> 参加方法:</p> <p> ■JCA-NETの会員、セミナーのメーリングリスト(digital-rightsまたは<br /> seminar-info)登録済の方</p> <p> 当日30分前に、登録されているメールに会議室情報を送信します。また、<br /> JCA-NETの会員メーリングリスト、セミナーメーリングリストに登録されてい<br /> る方は、メーリングリストから会議室案内をみてアクセスしてください。</p> <p> ■JCA-NETの会員以外の方でセミナーに初めて参加される方、上記のセミナー<br /> のメーリングリスト未登録の方は予約が必要です。</p> <p> 下記の申し込みフォームから申し込むことができます。(アクセスに若干時間<br /> がかかることがあります)<br /> <a href="https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/apps/forms/s/ScAAqR5nzyrDmFFiT5PXGEJX">https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/apps/forms/s/ScAAqR5nzyrD…</a></p> <p> あるいはメールで申し込む場合は<br /> <a href="mailto:jcanet-seminar@jca.apc.org">jcanet-seminar@jca.apc.org</a><br /> まで以下の各項目を記載して申し込んでください。</p> <p> 申し込み内容<br /> ・おなまえ<br /> ・メールアドレス<br /> ・参加希望のセミナー番号(複数可)<br /> ・今後もセミナーの案内を希望するばあいは「案内希望」とお書きください。<br /> ・セミナーのメーリングリストに参加希望のばあいは「メーリングリスト希望」<br /> とお書きください。</p> <p>5 オンライン会議のマニュアル、参加費、問い合せ先など<br /> ====================================================</p> <p> オンラインはJitsi-meetを使用します<br /> オンライン会議室 Jitsi-meetのマニュアル<br /> <a href="https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/93">https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/93</a></p> <p> 参加費 無料(カンパ大歓迎)<br /> 余裕のある方は是非カンパをお願いします。<br /> セミナーはJCA-NETの会員の会費で運営されています。<br /> 郵便振替口座<br /> JCA-NET (シ゛ェイシーエイ-ネット )<br /> 記号番号:00190-3-417584<br /> ゆうちょ銀行〇一九店 417584<br /> 通信欄に「セミナーカンパ」とお書きください。</p> <p> 問い合わせ先<br /> 小倉利丸(JCA-NET理事)<br /> <a href="mailto:toshi@jca.apc.org">toshi@jca.apc.org</a><br /> 070-5553-5495</p> </div> Wed, 01 May 2024 14:00:24 +0000 toshi 356 at https://www.jca.apc.org/jca-net https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/356#comments (APCウェビナー報告)「これがシオニスト・モデルだ」残虐行為プロパガンダは、イスラエルのパレスチナに対するジェノサイドのもうひとつの武器だ https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/354 <span class="field field--name-title field--type-string field--label-hidden">(APCウェビナー報告)「これがシオニスト・モデルだ」残虐行為プロパガンダは、イスラエルのパレスチナに対するジェノサイドのもうひとつの武器だ</span> <span class="field field--name-uid field--type-entity-reference field--label-hidden"><span lang="" about="/jca-net/ja/user/1" typeof="schema:Person" property="schema:name" datatype="">toshi</span></span> <span class="field field--name-created field--type-created field--label-hidden"></span> <div class="clearfix text-formatted field field--name-body field--type-text-with-summary field--label-hidden field__item"><p>先に紹介した「<a href="https://www.jca.apc.org/jca-net/ja">(APC ウェビナー)パレスチナ人フェミニストの声 ―残虐行為プロパガンダとジェンダー化される偽情報</a>」について、<a href="https://www.genderit.org">GenderIT.org</a>のサイトにウエビナーの報告記事が掲載されました。</p> <hr /> 「これがシオニスト・モデルだ」残虐行為プロパガンダは、イスラエルのパレスチナに対するジェノサイドのもうひとつの武器だ<br /> 2024年4月3日<br /> 著者 Hija Kamran <p><img src="https://www.genderit.org/sites/default/files/styles/node_featured_photo/public/pinkwash.jpg?itok=ebDVXRT-" /><br /> GenderITのためにWard Zaraaが描いたイラスト。</p> <p>「イスラエルはそのプロパガンダを通じて、パレスチナ人の魂を破壊し、人間としての私たちを破壊しようと狙っている」。これは、3月14日にNoor、Take Back The Tech(TBTT)、GenderITが主催したウェビナー「パレスチナ人フェミニストの声:残虐行為プロパガンダとジェンダー偽情報」の講演者の言葉である。このディスカッションでは、ガザと西岸地区におけるパレスチナ人に対する非人道的な殺戮とジェノサイドの中で、イスラエルが世界中の<a href="https://www.pcbs.gov.ps/portals/_pcbs/PressRelease/Press_En_InterPopDay2022E.pdf">1400万人以上</a>のパレスチナ人一人ひとりを標的として用いている残虐プロパガンダとジェンダー化された偽情報を武器として使用していることが議論された。人権活動家、学者、研究者、コンテンツ制作者など、6人のパレスチナ人フェミニスト活動家は、インターネット上でのイスラエルによる残虐なプロパガンダをどのように経験し、それに一貫して異議を唱え続けてきたことを共有し、パレスチナの歴史と数十年にわたる入植者による植民地支配と土地の強奪を浮き彫りにした。</p> <p>司会はNoorのパレスチナ人研究者であるIslam Al Khatibが務め、GenderITの編集者であるHija Kamranが共同進行役を務めた。このウェビナーは、ソーシャルメディア・プラットフォームや人工知能のような先進テクノロジーが、イスラエルのプロパガンダ機関によって武器化されることによって世界中のパレスチナ人、特にパレスチナ人女性に与えられる影響を探ることを目的とした。</p> <p>報告の続きは下記をごらんください。<br /> <a href="https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/355">https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/355</a></p> </div> Fri, 26 Apr 2024 03:28:15 +0000 toshi 354 at https://www.jca.apc.org/jca-net https://www.jca.apc.org/jca-net/ja/node/354#comments