母と子のセンター建学理念

1、当センターの建学理念は、私塾とスポーツ少年団から発足した経緯から

少林寺拳法の「半ばは他人の幸せを」という開祖・宗道臣師家の教えを

根本理念とし、拳禅一如、済世救民、社会的弱者に手を差しのべることこそが

人間として修行の目的であり理想社会建設のための基本であると考へる。

 

2、(知的・精神など)障害者の地域における居住の場叉は

自立生活の促進を目的として、特別支援学校卒業後対策の一環として、

日中の社会参加・文化活動の場の提供(通所・就労B型作業所)

叉は生活の場の提供(入所)及び家庭での訪問介護やガイドヘルパーによる

眼の不自由な方等への通院や遊園地などへ「同行援護」や

電車内などで突発的行動をサポートする「移動介護」や

市町村で提供する「地域生活サポート(移動支援、日中一時預かり)」など

障害者の福祉の向上を図ることを目的とする。