ホームホーム お知らせ

2001年9月19日(水)

9月の深泥池水生研究会からのお知らせ

連絡係 安部倉完

出席者9月2日
安部倉完、村田源、宮本水文、西村弘子、池澤篤子 高井利憲、野子弘、伊藤昭雄、田末利治、静谷英一、竹門康弘
11名(敬称略)

1. 八月のもんどりによる除去の成果

7/23から8/30にわたって、田末さん、伊藤さん、安部倉 の3人で計12回もんどりによる捕獲を行いました。 以上のような成果になりました。

これらを除去法によって、ブルーギルの個体数を推定したとこ ろ、現在1000-2000匹(今年生まれた個体を含まない)程度のブ ルーギルがいることが分かりました。来年、どのような個体数 の推移を示すか興味のあるところです。

2. 植物の調査

7/20、7/21、8/19と3回にわたり、植生の分布調査を行いまし た。また、同時に植物の種名を書いたラベルをはりつけました。 かつて数十年前と比べると、ヒメコウホネ、ミツガシワは分布 を拡大し、ジュンサイの分布は狭まりました。 8/5、8/6とジュンサイの茎が数十本切られていました。泥の中 に入った茎も切られているので、人間の手により切られたとい う可能性は少なそうです。亀か何か動物が噛み切った可能性が 強そうです。 ジュンサイが、池の東部に多く、西の大きく開けた場所には生 息しないのか、原因はよく分かっていません。 しかし、西側は泥状の水が水面近くまで上昇する現象が見られ 、それにより、酸欠状態なって枯死する可能性があるのかもし れません。そのあたりは、調査を進めていく必要がありそうです。

3. トンボの観察会

観察会当日、台風に見舞われ、思ったように人が集まらず、ま た、トンボの数も少なく、残念ながら思ったような成果が得ら れませんでした。

4. マカモ除去による水生生物への影響の調査

5/6、7/22、8/20、の3回にわたって、刈り取り実験を行いま した。9/23には、第4回のマカモの刈り取り実験を行い、単位 面積あたりの生体重量を計ることを予定しています。 このような実験で、今後、マカモの刈り取り時期をいつにする のか、どうやったらマカモの生育を抑えられるのか、検討して いくつもりです。

5. 今後の会の運営について

今年より、京都市文化支局文化財保護課より、京都自然史研究 所が委託をうけ、この研究所が深泥池の保全活動全般を取り仕 切ることになりました。 本研究会の活動報告書作りや、経理などを主に行うようです。 このことによって、基本的に、研究会の活動が変わることはな いということになっています。 しかし、会員の方の不安は拭えない部分もあり、一度、担当者 である緒方 芳雄氏を呼んで会員の方々と話し合ってどうかと いう意見が出されました。 これの提案については、一度、竹門さんが緒方氏に打診してみ ることになっています。

6. 今後の予定

次回の打ち合わせは10/14 日曜 14時からです。

場所は浄福寺です。

今回は第2週日曜に行われるので、お間違えのないようにお願いします。

緊急連絡

9月19日のつぼ上げで、エリ網が破られているのが見つかりました。 場所は、北、南両方の水面から出ている部分のつぼ網を、刃物 で20センチ以上にわたって十字に切ってあるのが見つかりました。 日曜日、16日には破られている所はなかったはずなので、犯人 は16日の午後から、火曜の午後までに破ったと思われます。