武井真澄電子資料館 > 年譜

武井真澄 年譜*
(2010年1月17日 更新)


年    月日   年齢** 作品


1875年(明治8年) 6月24日 1
一郎、寿美の長男として生まれる(於諏訪郡豊田村十川)

1889年(明治22年) 1月14日 15
長野小学校卒業、松本中学入学

1890年(明治23年) 8月13日 16
戸隠山ヘ植物採集(大雷雨のあとに光る山々の美しさに感動し、それを画きたいという一念で山に入るようになった

1891年(明治24年) 9月 17 椿
東京美術學校鋳金科入学

1896年(明治29年) 7月 22
東京美術學校鋳金科本科卒業

8月
小山正太郎に就き洋畫を研究

1897年(明治30年) 12月1日 23
近衛歩兵第一聯隊第三中隊入隊

1900年(明治33年) 6月11日 26
松本中学校赴任、児玉果亭について南画を習う

1901年(明治34年)
27
父一郎の鋳像作製開始

1903年(明治36年) 9月27日 29 一枚物:戸隠

1905年(明治38年)
31
小千代と結婚

1911年(明治44年) 2月27日 37
朝源地ノ真澄方ヘ行キ銅像ト並ビテ写真ス

7月27日
駒ヶ岳、焼岳

1912年(明治45年)
5月26日 38
小写生帳:鉢伏

6月2日
小写生帳:王ヶ鼻


1912年(大正1年) 10月27日 小写生帳:塩尻

1913年(大正2年) 1月7日 39 小写生帳:奈川村

8月24日、25日 小写生帳:扉峠和田峠

1914年(大正3年)
40

中学の職を辞し上京、寺崎廣業の門に入る

1916年(大正5年) 11月25日〜12月7日 42 写生帳:發哺

1917年(大正6年) 11月19日〜11月22日 43 写生帳:發哺・草津街道

12月8日〜12月24日 写生帳:犀川

1918年(大正7年) 7月21日〜7月25日 44 写生帳:燕岳・有明山

7月26日〜7月28日 写生帳:燕岳・天井岳

7月31日〜8月3日 写生帳:穂高岳・神河内

11月1日〜11月5日 写生帳:戸隠(1)

1919年(大正8年)
5月10日〜5月14日 45
写生帳:戸隠(2)

5月14日〜5月17日 写生帳:戸隠(3)

9月17日
一枚物:高山植物
八ヶ岳本澤温泉

1920年(大正9年)
1月6日〜1月7日 46
写生帳:箱根・富士

8月11日〜8月19日 写生帳:八ヶ岳
一枚物:八ヶ岳


10月9日〜10月22日 写生帳:神河内
一枚物:神河内



展望図:大正湖
一枚物:高山植物

白馬(8月)・八ヶ岳(8月)・神河内(10月)

1922年(大正11年)
48
農商務省工藝品展覧會に入選
1923年(大正12年) 5月 49
発明品展覧會出品のもの宮内省御用品として買上らる

1924年(大正13年)
5月 50


飛騨国吉城郡中尾から焼岳峠・硫黄岳、八月に御嶽

5月30日、31日 一枚物:焼岳


一枚物:高山植物
一枚物:神河内
一枚物:木曽・御嶽

上高地(5月、6月)

1925年(大正14年) 8月 51 一枚物:高山植物
展望図:東駒ヶ岳頂上ヨリ
一枚物:南アルプス
仙丈・仙水・東駒等

1926年(大正15年)
8月

52
野帳:仙丈
仙丈・農鳥・北岳


展望図:奥仙丈岳ヨリ
一枚物:南ア・中ア

一枚物:高山植物

1927年(昭和2年) 4月29日〜 53 展望図:夜叉神峠ヨリ
一枚物:南アルプス
甲州の御勅使川上流・夜叉神峠・トノコヤ峠・西山村、五月に本栖のパノラマ・ついで精進・大石・河口・須走

7月〜8月 野帳:徳本〜燕
徳本・焼岳・神河内・涸沢・奥穂高・北穂高・槍・喜作新道を通って燕から下山

7月24日〜30日 一枚物:穂高(1)

展望図:穂高360度

1928年(昭和3年) 8月 54 一枚物:高山植物
一枚物:發哺
黒部の阿曽原から称名小屋に出て富山に下り、その足で発哺へ(称名小屋で病気)

1930年(昭和5年) 2月 56

戸隠

3月
精進・本栖・白糸滝

11月〜12月 野帳:開田
一枚物:木曽・御嶽
木曽開田村に入り12月3日まで滞在

11月15日
一枚物:蓑笠_釣り師
信州木曽山中開田村

1931年(昭和6年) 8月 57 野帳:焼峠・笠岳
一枚物:笠ヶ岳
焼岳小屋から笠岳に登り槍又へ

1932年(昭和7年) 12月 58 写生帳:箱根・富士

1933年(昭和8年) 7月 59 写生帳:箱根・富士

1934年(昭和9年) 8月 60
富士登高

1935年(昭和10年)
5月 61
一枚物:燕・有明
有明山・中房・燕・大天井
6月
山中・吉田・精進

627日

『山岳美観』(吉江喬松・武井真澄 協和書院刊)発行

7月 一枚物:白馬
野帳:白馬〜白馬温泉
白馬、吉田

1936年(昭和11年) 4月〜5月 62
御殿場・須山・越前岳・船津・本栖・大宮。

8月 一枚物:立山・剱
有峯・太郎岳・上ノ岳・薬師・スゴノ乗越・浄土・雄山・大日と歩き劔岳頂上に。立山方面に三回

8月14日 一枚物:立山山頂

8月17日 肖像画:佐伯平蔵

11月
須山・埋木・天照教社等
1937年(昭和12年) 5月 63
本栖・精進・西湖・河口

1938年(昭和13年) 3月 64
伊豆半島から御殿場・十国峠

7月〜8月 野帳:
一枚物:1938年
一枚物:木曽
濁湯から湯俣岳・烏帽子、暴風のなかを水晶小屋に。槍に登り、穂高の連峯を写す

1939年(昭和14年) 10月 65 一枚物:木曽
御岳、新開村、須山・十里木・北山村、西湖・精進・吉田

1940年(昭和15年) 8月 66 一枚物:八ヶ岳
八ヶ岳

11月
天照教社

1941年(昭和16年)
6月
67
一枚物:高山植物
西穂高岳

10月
谷村・道志・吉田・御坂峠・大石峠・黒岳・吉田

1942年(昭和17年)

68
野帳:箱根・蒲郡・日野春


1943年(昭和18年) 6月、8月 69 一枚物:高山植物
野帳:乗鞍〜
一枚物:1943年
乗鞍冷泉小屋から肩ノ小屋・白骨・上高地・西穂高小屋・中ノ湯と写生行。8月6日から20日まで、白骨・肩ノ小屋・乗鞍・平湯と歩き西穂高小屋に滞在、さらに奥穂高小屋から北穂高・涸沢・大滝山ノ小屋に行き蝶ヶ岳方面を写し徳本小屋に

1944年(昭和19年) 3月 70
岩渕

8月6日〜16日 一枚物:穂高(2)
穂高嶽山頂之石高山植物
野帳:穂高


1945年(昭和20年) 5月 71
東京で空襲のため罹災

6月
信州宗賀村に疎開、その後洗馬に移る

7月 一枚物:木曽
一枚物:高山植物八ヶ岳
八ヶ岳

1946年(昭和21年)
5月15日
73
展望図:洗馬村より宗賀村


1948年(昭和23年)
1月9日
74
肖像画:征矢野利忠治


3月27日
展望図:田澤よりアルプス


9月21日
一枚物:釣り師


1949年(昭和24年)
5月17日
75
展望図:諏訪湖


1952年(昭和27年)
6月11日
78
展望図:岡谷スキー場上
小千代同道

10月
一枚物:上高地


11月3日
一枚物:山清路


10月6日〜8日
野帳:上高地・島々


10月8日 巻子:島々 写生同行者:武井小千代
1953年(昭和28年)
9月28日
79
一枚物:浅間山
信濃追分・沓掛より浅間山

12月20日

牧野富太郎博士から色紙

1954年(昭和29年)

80
書画:白馬駒草


5月16日 巻子:島々 写生同行者:武井小千代


5月26、27日
野帳:上高地
高ボッチ


8月26日〜28日
野帳:上高地
上高地 大滝山 田代池

1955年(昭和30年) 11月 81
東京に転居


巻子:高山植物 片岡村

1956年(昭和31年) 10月 82 書画:賀正
千葉県柏市の新居に

1957年(昭和32年) 6月3日 83 書画;山頂雷鳥竹林
死去、享年満八十二歳

1978年(昭和53年)
9月1日


新選覆刻日本の山岳名著『山岳美観』(吉江喬松・武井真澄 日本山岳会企画・編集 大修館書店刊)発行







2008/12/12〜2009/01/18


初春の屏風展(松本市美術館) ポスター(外部リンク)
2013年
2月27日、3月30日


松本市立博物館に資料搬入


*  武井篤の解説(『信州諏訪の美術 絵画編』矢島井声編 創林社刊 1984.10 p.217~219)などを参考にまとめた
**  年齢は数え年