□ホーム(お知らせ)

□JANNIの紹介

□これまでの活動

□JANNI連続講座

□ニュースレター

□出版物のご案内

 □出版物のご注文

□JANNIの今後について


□リンク

□事務所までの地図


日本インドネシアNGOネットワーク
(JANNI)
〒110-0005
東京都台東区上野 5-3-4
クリエイティブOne秋葉原6F
Tel:03-5818-0507
Fax:03-5818-0520
E-mail: janni@jca.apc.org

これまでの主な活動

これまでにJANNIが行った調査・プロジェクトです。


環境 


環境モニタリング・ガイドブック作成と普及活動
地域の人びとが持っている知識や技能を活かしながら、簡易な方法による環境モニタリング活動を進めるためのガイドブックを作成しました。ダム・プロジェクト地域などの住民やNGOへの普及活動をしてきました。(写真は、ODAダム建設で流量不足が憂慮されている村で、住民が主体となって川の支流の流量を測っているところ。)



インドネシアの森林問題に関する調査
インドネシアのNGOや地域の人々と一緒に地域の伝統的な森林管理に関する調査、違法伐採調査、紙パルプ産業に関する調査など、森林をめぐる状況を現地のNGOと協力して調査しました。

アブラヤシのプランテーションの問題、違法伐採の問題はブックレットとして報告しています。(→出版物へ)



インドネシアの人権問題、
日本国内のインドネシア人の人権問題



インドネシアの地域紛争に関する調査
インドネシアのアチェ、パプア、マルクといった地域では、紛争が起こり、多くの人々が犠牲になりました。地域紛争解決への試みを模索しながら、ジャカルタのNGO、市民による調査とアドボカシー研究所(ELSAM)などの人権擁護NGOと協力しながら、現地のNGOや住民組織の活動を調査しました。

在日インドネシア人研修生の現状調査と改善のための提言活動
日本に多数いると言われているインドネシア人研修生は「研修」という名のもと安価な労働力として日本の中小企業などで働いてきました。研修制度改善のための提言活動を行いました。



日本の政府開発援助(ODA)プロジェクトへの政策提言


北スマトラ州・ルヌン水力発電プロジェクトへの政策提言
北スマトラ州のトバ湖地域に建設されているダム(ルヌン水力発電プロジェクト)によって約2700世帯の稲作農民が生活用水と農業用水の不足の危機に瀕していました。JANNIは、現場で住民とともに活動するNGO、環境モニタリング研究所(LSPL)と協力して国際協力銀行(JBIC)に対する働きかけを行いました。



JANNIの今後についてお知らせがあります

2019年度までにJANNIは活動を終えることになりました
   


【お問い合わせ】
日本インドネシアNGOネットワーク(JANNI)
〒110-0005 東京都台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原6F
Tel: 03-5818-0507 Fax: 03-5818-0520
E-mail: janni@jca.apc.org