Subject: [wsfj 3067] [Fwd: [aml 42035] 地球を殺すな! ]
From: TERAO Terumi <teraoter@mint.ocn.ne.jp>
Date: Fri, 03 Dec 2004 22:31:06 +0900
Seq: 3067

 寺尾@多治見です。



 転送・転載歓迎。

 このメールは。ML[2002costarica]、[abolition-japan]、[aml]、
[article9nagoya]、[citizens-public]、
[e-forum]、[husen]、[kenpo]、[kinyoubi]、[kokuminrengo]、
[mlsnagoya]、[nagoya-jiyu]、[noforce]、
[tokai]、[TUP-ML]、[wsfj]、[緑]、に送りました。
重複して受け取られた方には、大変申し訳ありません。
不要の方は削除してくださることで、お許しください。

―――――――― 以下転送 ―――――――


-------- Original Message --------
Subject: [aml 42035] 地球を殺すな!
Date: Fri, 3 Dec 2004 14:57:15 +0900
From: 伊藤孝司 <earth@jca.apc.org>
Reply-To: aml@jca.apc.org
To: オルターナティブML <aml@jca.apc.org>

伊藤孝司です。宣伝させてください。



『地球を殺すな! 環境破壊大国・日本』刊行のご案内



この数年、ロシア・台湾・フィリピン・インドネシア・オーストラリア・
マーシャル諸島・ツバルなどを駆け回り、日本が大きく関わる環境破壊を取
材しました。



ロシア極東のシベリアに果てしなく広がるタイガ。そこで暮らすウデゲなど
先住民族の生活が脅かされています。無秩序な伐採の横行によって、タイガ
が危機にひんしているのです。その木材の多くを輸入しているのは、日本や
中国などです。

台湾で「第4原発」の建設が進んでいます。住民たちだけでなく、建設現場
内に祖先の遺跡が数多く残る先住民族・ケタガランの人たちも強く反対して
きました。この原発は、日本による初の原発輸出として建設されているのです。

フィリピンでは、アジアでも最大級のサンロケダムの建設が先住民族・イバ
ロイの暮らす土地において建設されました。建設資金は、日本の私たちが出
した郵便貯金や国民年金といった財政投融資なのです。

インドネシアでは、日本のODAによって最悪のダムが建設されました。被
害を受けた8000人以上もの住民が、融資した日本の責任を問うために裁
判を起こしました。またインドネシアからは、違法伐採も含む再生不可能な
伐採による木材で作った格安のコピー用紙が日本へ大量に入って来ています。

オーストラリア北部のカカドゥ国立公園は、ユネスコの「世界自然・文化遺
産」に登録されています。その中で、土地所有者のアボリジニーたちが反対
しているにもかかわらず、日本の原子力発電所で使うウランを採掘するため
の鉱山が操業しています。

ツバルやマーシャル諸島などのサンゴ礁でできた海抜が低い島々は、地球温
暖化による海面上昇で被害を受け始めています。日本や米国などの先進国が
排出する二酸化炭素などによって、小さな島国が海に沈もうとしています。



これらの取材を多くの雑誌とテレビで発表しました。それに最新情報を加筆
したものを風媒社から『地球を殺すな! 環境破壊大国・日本』として刊行
しました。カラー写真が満載です。書店にない場合は風媒社(052-331-
0008、info@fubaisha.com)へご注文ください。定価(本体2400円+税)。

  伊藤 孝司(フォトジャーナリスト、 http://jca.apc.org/~earth )




<目次より>

第1章 ODAで建設された最悪のダム◎インドネシア

第2章 郵貯・年金で建設された巨大ダム◎フィリピン

第3章 原発輸出という第2の侵略◎台湾

第4章 世界遺産を破壊するウラン鉱山◎オーストラリア

第5章 大量消費される熱帯林◎インドネシア

第6章 伐りつくされるシベリア大森林◎ロシア

第7章 地球温暖化で沈む国々◎ツバル・マーシャル諸島




Return to Index
Return to wsfj HOME