恋するまえに デートDVしない・されない10代のためのガイドブック

バリー・レビィ:著, 山口のり子:訳, 小野リか:訳


A5判 152ページ 並製
定価:1,500円+税 
ISBN978-4-8166-0904-6 C0037
発行年月:2009年06月



【内容紹介】

この本は10代の人たちが、友人、親、家族、先生、カウンセラーなど、他の人たちといっしょに読めるように書かれたデートDVについての本です

 【著者プロフィール】

バリー・レビィ

社会福祉修士号を持ち、UCLA(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)の2つの学部(社会福祉部と女性学部)に所属している。Westside Domestic Violence Networkのコンサルタントとして、またカウンセラーとしても活動している。DVとデートDV及び性暴力問題の指導者として全米に知られている。テレビ出演も多い。“Skills for Violence-Free Relationships”(高校生向けのカリキュラム)や“Dating Violence: Young Women in Danger”や“What Parents Need to Know about Dating Violence”など、多くの本や記事を執筆している。この分野での経験は30年におよび、その間4つのDVに関する団体を設立して運営した経験を持つ


山口のり子(ヤマグチノリコ)

1950年生まれ。アウェアプログラム・ファシリテーター。カリフォルニア州DV加害者プログラム協議会CABIPの運営委員。(日本)DV加害行動変容プログラム研究会JABIPの世話人。

【目次】

1.体験を語り始めた人たち
2.デートDVはたくさんおきている
3.デートDVって何だろう
4.自分がデートDVをされているかどうか、どうしたらわかるの?
5.デートDVのパターン:愛、暴力、恐れ
6.男の子がガールフレンドにデートDVをする理由
7.ロマンチックな愛、お互いを育む愛、依存的な愛
8.デートDVが残す傷
9.デートDVの傷を癒す
10.別れる? 別れない?
11.あなたがデートDVをされている場合はどうしたらいい?
12.あなたがデートDVをしている場合はどうしたらいい?
13.友人がデートDVされている場合はどうしたらいい?
14.あなたにもお互いに尊重し合う交際ができる
15.保護者へのアドバイス
16.セイフティプランを立てる


【あとがき】より

バリー・レビィからの挨拶
 この本は、恋愛関係での虐待行動について知りたいと思っている10代の人たちのために書きました。
同じ年ごろの友人や身内で、たたかれている人はいませんか。言葉で傷つけられたり性的に虐待されたりしていませんか。それとも、あなた自身が好きな人から虐待されていませんか。
 これらに思い当たるふしがあったとしても、それはあなただけではありません。似たような問題で悩んでいる女の子や男の子はおおぜいいます。あなたは今とても孤独な気持ちになっているかもしれません。でも、あなたに手を差し伸べてくれる人たちはいます。
 この本を読むことで、自分に何がおきているかを理解してください。ほんとうにデートDVかどうか、どうしたらいいか、判断できるようになってください

【関連書の紹介】
DVあなた自身を抱きしめて 山口のり子著 1700円 +税
デートDV 山口のり子著 1000円 +税
愛する、愛される 山口のり子 著 1200円+税
傷ついたあなたへ レジリエンス 1500円+税
大切な人を亡くした子どもたちを支える35の方法  レジリエンス 1500円+税
愛は傷つけない ノーラ・コーリ著 1700円+税