日英対訳
日本の市民から世界の人びとへ
-戦争遺族の証言
平和遺族会全国連絡会編・著

太平洋戦争の犠牲者の遺族は,戦争の被害者であるとともに,アジアに対しては戦争の加害者であるという二重の苦しみを負っている。国家という枠を越えて直接語りかけるところに平和をつくりだそうと試みる。バイリンガル。
A5判/181頁/99年
定価1500円+税
ISBN4-8166-9906-6

●目次●
日本は今どこに行こうとしているのか/なぜいま本書を出版するのか/戦死者を「英霊」と褒め讃えさせてはならない/兄を侵略者と認めるのは辛いが/戦争責任のある父と戦後責任のある私/平和遺族会全国連絡会結成宣言