イサム・オン・ザ・ロード 新版

 秋野 亥左牟(アキノイサム)著

A5判 170ページ 並製
定価:2.000円+税
ISBN 978-4-8166-1203-9 C0036

初版発行年月:2012年04月
書店発売日:2012年04月16日
【紹 介】
世界中をたびした旅人で、大工で、漁師で、絵描き、アキノイサムの76年にわたるたびの物語。
京都で生まれ(母は日本画家秋野不矩ふく)、インドに4年、ネパールに2年、シベリア経由でヨーロッパからモロッコまでは、ヒッチハイク、文明による自然の破壊をつぶさにみた。カナダでは大工、小浜島の16年は、タコ捕り漁師。
大地と海に生きる人たちにまなび、宇宙と自然を描き続けた。『プンクマインチャ』『おれはうただ おれはここを歩く』などなどたくさんの絵本を描いた。本書とイサムの遺した絵は、3.11以後の世界への著者からのメッセージである。
※本書は1997年3月人間家族より刊行されたものに増補改定し、新版した。

【著者プロフィール】

1935年、京都市に生まれる。1962年から、インド、ネパールに6年滞在。1968年から77年までロシア、ヨーロッパ、モロッコ、メキシコ、アメリカ、カナダなどを旅し、その後沖縄、広島、兵庫に住む。
ネパール滞在中に絵本『プンクマインチャ』(福音館書店)の原画を制作、この仕事で、1969年、第2回世界絵本原画展金牌を受賞。作品に『とうもろこしおばあさん』『石のししのものがたり』『おれは歌だ おれはここを歩く』『たこなんかじゃないよ』『サシバ舞う空』(第51回小学館児童出版文化賞受賞)(以上福音館書店)『ムースのおおだいこ』(架空社)『西アフリカおはなし村』(文・江口一久 梨の木舎)などがある。日本各地で個展、講演会を行う。2011年11月、兵庫県の自宅にて没、76歳。
   

【目次】

1.僕の旅立ち
2.インド、ネパールへ
3.プックマインチャと出会う
4.カトマンドゥで会おう
5.シベリアからヨーロッパ放浪へ
6.メキシコを経てバンクーバーへ
7.海で暮らす
8.文明時代の2000年は終わった
9.明治維新と日本近代化の歪みを考える
10.呪術師ドン・ファンの自由
11.アニミズムは生きている
12.文明をぬいで大宇宙へ
13.2011年3月11日を受けとめて
イサムへ――「海は歩くものさ」 高橋秀夫
イサムと・・・ 秋野和子
再びイサムト・・・ 秋野和子
秋野亥左牟 著作リスト
秋野亥左牟 略年譜