草野比佐男詩集
◆定本◆村の女は眠れない
草野比佐男著
くさのひさお 
一九二七年福島県生まれ。福島県立相馬農産学校卒。阿武隈高地の山村で農林業に従事しながら、短歌詩、小説、エッセーなどを著す。第6回農民文学賞(歌集「就眠儀式」)、第十回地上文学賞(小説「新種」)を受賞。

定価1600円+税
46判並製・200頁
4-8166-0402-2
●本書は、一九七二年初版がたいまつ社から刊行され、同名のドキュメントタリー(NHK)が放映され一世を風靡しました。
●以来人名辞典等に掲載され、大学の模擬試験にも出題されています。戦後の日本農業の現実を語ってあまりあるものです。
 ……
 村の女は眠れない/眠れない夜ごとの夫 への思いはつきない/沼のほとりの干草 小屋へ記憶が遡って眠れない/あぐらの 中に抱いて髪につく草くずを拾ってくれ たぶきようで優しい指はここにはない/ 村の女は眠れない
 ……
目 次
T炉ばたの歴史 遠い京浜/あなたにだれかが/元日の女/村の女は眠れない
U阿武隈の燕 
 ひとりぼっちのジョニー
V陶磁器婚 
W木の葉が一枚あればよい
 村を売る
X人狩りの季節に/おまえ に田んぼを遺す   他