日本深層文化を歩く旅
ー日本ナショナリズムは江戸時代に始まる
海原峻著

日本ナシヨナリズムの第一期をとりあげる。本居宣長は日本文化を中国文化から自立させるためにはかりしれない知的エネルギーを注いだ。日本近代への思想要素がこの時期どう準備されたかを明らかにする。
A5判/218頁/02年
定価2300円+税
4-8166-0202-X
●目次●
1.太郎左衛門の伊豆韮山*幕末、世界に開かれた目
2.渡辺崋山の田原*蛮社の獄の悲劇
3.賀茂真淵の浜松*江戸・上方の文化を取りいれた中間点
4.山鹿素行の会津若松*東北発ナショナリズム
5.工藤平助・林子平の仙台*東北で作られた日本の外交戦略
6.過心往来*京都から
7.宣長の松阪*天皇が神様
8.時空を超えて
*華麗なるフランス国学
ここで解説◎江戸期のイデオロギー
9.あなたにとって中国字および中国文化とは?
10.江戸時代に始まる日本ナショナリズム
11.大塩平八郎と緒方洪庵の大阪