INDEX OF JOSHRC NEWSLETTER--1992 (Japanese)



INDEX OF JOSHRC NEWSLETTER--1992 (Japanese)

1992年度「安全センター情報」目次



特集目次
1992年4月号 労災補償制度の改革
1992年5月号 外国人労働者の労災白書92年版
1992年6月号 労災補償制度の改革 2
1992年7月号 アスベスト110番・規制法
1992年8月号 追悼・佐野辰雄先生
1992年9月号 快適職場形成促進事業
1992年10月号 職場の化学物質対策
1992年11・12月号 総特集/職場改善トレーニング
1993年1月号 建設業の労災防止対策
1993年2月号 「産業被害と人権」国際民衆法廷
1993年3月号 エイズを知る



button 1992年4月号(1992年3月15日発行 46頁 800円)

■特集/労災補償制度の改革
連合・過労問題プロジェクト報告 2
資料1/過労問題について 16
資料2/労災認定の改善に関する連合意見について 17
過労死関係法規・認定基準改正案―全国過労死を考える家族の会・過労死弁護団全国連絡会議 19

連載/ILOマニュアルの活用
実践レポート編E第2回労働安全衛生学校―全国安全センター事務局長 古谷杉郎 31

炭鉱労働者とじん肺―自主検診から患者同盟結成へ―
全国じん肺患者同盟北茨城支部支部長・故阿部家治さんの証言 34

【各地の便り】
変わる定時制生徒の労働問題―東京●都高教定時制部会10年目迎えたシンポ 42
労住医連新たな10年へ―東京●全国安全センターとも連携強化 42
全ての労働者に法定外補償を―神奈川●港湾関係の日雇外国人の事件 43
新たな証人の再調査で交渉―広島●腰痛再発却下後に新証人 44
コンピュータが職場を変えた―東京●「女があぶない」第2弾シンポ 44
EPAの石綿規制差し戻す―アメリカ●手続論で連邦控訴裁判所 45
放射能汚染の輸入脱脂粉乳―神奈川●身体をこわせば退職強要 46



button 1992年5月号(1992年4月15日発行 42頁 800円)

■外国人労働者の労災白書92年版
第1部
1 はじめに 2
2 増加し続ける外国人労働者の労働災害 4
3 悪質な労災隠し 11
4 労災発生責任の追求 16
5 まとめと提言 19
補論―労働していても労働者とされない外国人 21
第2部
死んでまで差別される外国人 25
資料/不法就労外国人に対する災害補償の状況 33

連載/ILOマニュアルの活用
実践レポート編F作業環境の読み方・やり方を実習―合化化学一般関東地本 35

本の紹介/働く女性のための情報 37

【各地の便り】
配管工の悪性中皮腫を認定―アスベスト●最終事業主証明で認定の遅れ 38
造船退職者の肺がん認定―アスベスト●問題多い住友重機の対応 39
「結論は今秋」と基金が回答―自治労●「指曲がり症」認定へ中央行動 40
出向先の国労組合員の腰痛認定―神奈川●車内清掃作業でヘルニア 41
最高裁上告棄却・舞台は審査会へ―福井●原発被爆岩佐訴訟 42



button 1992年6月号(1992年5月15日発行 38頁 800円)

■特集/労災補償制度の改革 2
労災補償制度改革への提言―1990.1 労災補償制度問題研究会 2
労災補償の現状と問題点―1992.2 全労働第20回中央行研推進委員会 11

タルクに含有したアスベスト吸入で悪性中皮腫
大阪のゴム製造労働者に初めての労災認定―関西労働者安全センター 28
タルクとアスベスト関連疾患―大阪府立公衆衛生研究所 熊谷信二 29
大塚氏の胸膜中皮腫の診断に至るまで―市立堺病院 大成功一 32

本の紹介/学際的な研究会の提言ふたつ 34

【各地の便り】
労基署が被災者に無断で請求書改ざん―東京●審査請求決定まで知らされず 東京東部労災職業病センター 35
シルバー労災に不支給決定―大阪●「契約上は労働者でない」 37
常磐炭田高萩支部結成―茨城●次は十王町でもじん肺検診 37
91年度出稼検診で262名受診―首都圏●ひろがった出稼医療ネットワーク 38



button 1992年7月号(1992年6月15日発行 42頁 800円)

■特集/アスベスト110番・規制法
2年目のアスベスト110番は193件の相談 2
アスベスト規制法案つきつけ業界と交渉 8
日本社会党のアスベスト規制法案 9
アスベスト規制法案に対する石綿協会の見解 15
石綿建材施工作業の紛じん暴露対策 16

職業病は公表数の1.3倍、職業がんでは14.4倍―全国安全センター事務局長 古谷杉郎 19

大阪地裁が打ち切り行政を追認する不当判決
375通達撤回鍼灸治療制限反対訴訟―関西労働者安全センター 片岡明彦 27
大阪鍼灸裁判判決全文 29

【各地の便り】
手根管症候群の労災認定―大阪●そば屋勤務の女性労働者 36
被災現場がわからない―神奈川●韓国人労働者に悪質な労災隠し 37
金融機関の「サービス残業」―東京・新潟●労基法違反の指摘相次ぐ 39
育児休業中の検診、社保の取扱い―労働省・厚生省●保険料全額事業主負担も可 40
葬祭料の定額部分26万5000円に―労働省●労災則改正―4月1日以降から 41



button 1992年8月号(1992年7月15日発行 44頁 800円)

海外のNGOとの交流も積極的に―広島で全国安全センター第3回総会開催 2

労災職業病・公害の地道な取り組みを表彰―第1回田尻賞は西岡、高戸、岩崎の3氏に 5

部内会議で労働省が解説した新認定基準(上)―基本的な考え方は変わっていないと強調 10

■特集/追悼・佐野辰雄先生
奥さん自慢のあの大切片標本を掲げて―労住医連議長 天明佳臣 20
クロム被害の事実を直視した佐野先生―東京東部労災職業病センター 平野敏夫 23
ダンプ公害と佐野先生―東京都老人総合研究所 佐久間充 25
「こらマスクをしろ!」―合化労連 深瀬清祐 27
昭和電工闘争と佐野先生―昭和電工大町労組元執行委員長 北原和好 28
解放的な人柄を偲んで―全港湾顧問 吉岡徳治 29
港湾にもじん肺法を適用―全港湾総務部長 伊藤彰信 29
祖師谷時代の労研での先生―東京農業大学 大西徳明 30
“愚直さ”が先生の原動力―労働科学研究所 渡辺明彦 30
スランプとストライキ―労働科学研究所 酒井一博 31
第7回国際じん肺会議で―神奈川労災職業病センター 斎藤竜太 33
佐野辰雄先生論文目録 34

【各地の便り】
高所作業の虚血性心不全死認定―東京●下水処理場の下請作業員 36
あるべき労災補償制度を追求―愛知●ノーマライゼーションの推進も 37
労基署が異議封じる念書を要求―富山●じん肺患者の労災補償で魚津労基署 38
これがノンアス車だ!―めざす会●自動車メーカーが回答 39
過労死の不安5人に1人―東京●都心のオフィスワーカー健康調査 40
なくせじん肺・全ての職業病―東京●じん肺総行動、東京大集会 43
労働福祉事業関係の改正―労働省●介護料、労災就学援護費引き上げ 44



button 1992年9月号(1992年8月15日発行 52頁 800円)

■特集/快適職場形成促進事業
「労働者の参加」確保がポイント―全国安全センター事務局長 古谷杉郎 2
快適職場指針
平成4年7月1日労働省告示第59号 6
平成4年7月1日基発第392号 6
快適職場形成促進事業関連通達
平成4年5月22日発基第43号 18
平成4年7月1日基発第391号 21
平成4年7月1日発基第54号 25
平成4年7月1日基発第393号 28
平成3年11月 快適職場のあり方に関する懇談会報告書 29

部内会議で労働省が解説した新認定基準(下)医師意見書の聞き方まで指示 35

【各地の便り】
「指曲がり症」の報告書まとまる―中災防●基金は秋にも認定か 47
「はい付け」作業中の転落事故―京都●不満も残るが勝訴判決 48
労基局と2回の交渉―神奈川●アスベスト、外国人労働者問題で 49
労働契約等法制部会の動向に注目を―関西●部会メンバーへの申し入れ 50
介護休業制度ガイドライン―労働省●休業期間は少なくとも3か月 51



button 1992年10月号(1992年9月15日発行 38頁 800円)

■特集/職場の化学物質対策
化学物質等安全データシート、労働者の「知る権利」の確立を―大阪府立公衆衛生研究所 熊谷信二 2
告示/平成4年7月1日労働省告示第60号 7
通達/平成4年7月1日基発第394号 10
夢の環境測定装置の誕生、平均値でなく濃度変化もリアルタイムに―東京工業大学 秋山明胤 19

第4回ヨーロッパ労災職業病会議
全国安全センターから2名の代表団派遣―東京東部労災職業病センター 鳥井一平 25

【各地の便り】
環境医学研究センターの活動―熊本●韓国などからも相談交流 30
解雇と偽装派遣まかりとおる―派遣ネット●今年も7か所で相談窓口開設 31
外国人労災の帰国後補償―東京・千葉●整備されない請求手続 33
航空写真で被災現場を探す―大阪●外国人労働者の労災隠し 34
脳死臓器移植を問う―京都●連絡会議結成1周年で学習会 36
学生と労働組合の交流―南大阪・尼崎●労働フィールド合宿 37



button 1992年11・12月号(1992年11月15日発行 76頁 1,600円)

■特集/職場改善トレーニング
今すぐできる参加型トレーニング―全国安全センター事務局長 古谷杉郎 2
法規準拠型から自主対応型へ―全国安全センター副議長 天明佳臣 4
オリエンテーション●安全衛生から仕事が見える―労働科学研究所 酒井一博 6
安全衛生職場マップ作り● 10
人間工学●人間に仕事を合わせる―労働科学研究所 酒井一博 17
課題/小グループ討論 27
温熱環境●測定と評価、改善―労働科学研究所 渡辺明彦 30
課題/小グループ討 論42
騒音●音の性質から対策を考える―労働科学研究所 伊藤昭好 46
課題/小グループ討論 57
照明●輝度比やグレアの対策も―労働科学研究所 伊藤昭好 59
休息条件●実効ある時短と労働の自律性―労働科学研究所 酒井一博 61
職場改善●小グループ討論で職場改善 69
まとめ●フォローアップが何より大切―労働科学研究所 酒井一博 72



button 1993年1月号(1992年12月15日発行 42頁 800円)

■特集/建設業の労災防止対策
中小現場での統括管理強化など、建議より後退した労働安全衛生法改正―全国安全センター事務局長 古谷杉郎 2

「指曲がり症」に公務災害認定―自治労給食調理現場での取り組み 15
資料1/中災防の調査結果報告書 20
資料2/報告書の評価と批判 23

高齢化の中の出稼労働者問題
出稼先と地元を結ぶ医療ネットワーク 24
90年代出稼ぎの社会医学的研究
第1報/出稼ぎ中の死亡事例の検討 26
第2報/高血圧管理の問題 28
第3報/建設業宿舎の居住条件 28

「肺ガンを合併症に」等を提案―じん肺審議会で労働者側委員の意見書 31

【各地の便り】
快適な職場環境を要求―兵庫●全国一般阪神地協の決議 34
伝票複写等で頚肩腕障害―広島●正確な調査で労基署に再三要求 37
振動病の一方的な打ち切り許さず―愛媛●共同行動で相生労基署交渉 39
原発被爆に労災適用を―福井●「放射性皮膚炎」再審査で意見陳述 40
好評だった腰痛予防対策講座―神奈川●腰痛予防ベルト 41



button 1993年2月号(1993年1月15日発行 48頁 800円)

■特集/「産業被害と人権」国際民衆法廷
二度とこの悲劇を繰り返すな、アジアの被害者の連帯求めて―アジアと水俣を結ぶ会 谷 洋一 2
日本からの医師の証言―全国安全センター議長 原田正純 4
香港/ベンゼンの火災爆発事故 6
韓国/繊維産業労働者の二硫化炭素中毒 6
台湾/零細工場での労災の典型的2事例 6
インド/ガラス工場労働者のじん肺 7
マレーシア/放射線被爆による健康傷害 8
フィリピン/金の露天堀採掘による環境破壊と社会的損害 8
スリランカ/自由貿易地域における職業病 8
インド/ユニオン・カーバイド殺虫剤工場からの致死的なイソシアン酸メチルガスの漏洩事故 9

アスベスト規制法
通常国会では審議抜きで廃案、通常国会に再度規制法案提出へ 10
資料/石綿対策全国連6回総会議案書 13

労災保険審議会認定問題小委員会報告
労災認定制度の見直し行わず―全国安全センター事務局長 古谷杉郎 16
平成4年12月17日 認定問題小委員会報告 20

過労死認定基準/部内会議での解説を読んで
日常業務と自然経過の考え方―神奈川労災職業病センター 斎藤竜太 23
地の通わない労働行政―東京過労死を考える家族の会 八木光恵 30

労災重度障害者介護問題研究会 33
全国脊髄損傷者連合会の意見並びに要望 34
全国じん肺患者同盟の意見、要望 36
労災年金福祉協会/労災重度被災労働者の介護実態等調査結果の概要 37

【各地の便り】
新生安全センターへ移行―静岡●連合地協単位で地域センターも 42
菜の花診療所オープン―大阪●労災職業病・地域医療の拠点に 42
労組一人専従にも労災保険適用―愛知●全国初の特別加入団体設立 43
県下3か所で地域健康相談―大分●地元地区労等と協力して 44
外国への労災年金送付手続―福島●障害6級年金のイランへの送付 46
疲労ストレスも積極的に評価―神奈川●市課長の心筋梗塞に公務上裁決 46



button 1993年3月号(1993年2月15日発行 48頁 800円)

■特集/エイズを知る
職場でエイズを考えよう―奈良県立医科大学 車谷典男 2
東京商工会議所/企業のエイズ対策の手引き―職場とエイズ― 12
日本能率協会/企業のエイズ教育啓発対応策に関するアンケート結果 20

認定問題小委員会報告関係通達
平成5年1月20日基発第38号/報告を踏まえた労災保険制度の適切な運営について 28
昭和57年2月22日基発第128号/第三者からの文書の開示等の要請に対する取扱い 32
平成3年4月11日基発第237号/労災補償行政におけるサービスの向上について 33

連合/安全衛生に関する調査―半数で「職場の疲労度」が増大 36

【各地の便り】
保温工のアスベスト肺がん―広島●相次ぐ被災者遺族の相談 42
教師の声帯結節労災認定―大阪●小学校音楽の非常勤講師 43
多発する手根管症候群―アメリカ●推定有病者数が約70万人 44
年間残業目安を360時間に―労働省●三六協定適正化指針の改正 46
労働環境改善されず労働環境調査結果●有害環境増える 47


ホームページ「安全センター情報」目次賛助会員・定期購読のお願い住所・連絡先
このページに関する関するお問い合わせは joshrc@jca.ax.apc.org またはココ