フィードアグリゲータ

2012/02/06 国連: シリアの決議案に対する拒否権発動は、抗議する民衆に対する裏切り

ロシアと中国が、すでに弱体化しているシリアの決議案に対し、拒否権を行使した。シリア国軍が、反体制派の拠点となっているホムスの居住地区に大規模な攻撃を行い、多数が死亡した翌日のことである。両国のこの対応は、シリアの人びとに対する冷酷な、背信行為である。

2012/02/06 大韓民国: 韓国は、金日正総書記に関するツイートで告訴された活動家を釈放すべき

韓国当局は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の公式政府Twitter(ツイッター)アカウントから発信されたメッセージをリツイート(RT:再投稿)して、「敵」を幇助したとして起訴された、ソーシャルメディア活動家を即時釈放すべきである。アムネスティ・インターナショナルは2月1日、このように述べた。

2012/02/03 国連: シリアに関する決議を、ロシアは阻止すべきではい

ロシアは、シリア国内で続く暴力行為と、人権侵害に対する各国の取り組みを阻んではならない。国連安保理事会でシリアに関する決議交渉が進む中、アムネスティ・インターナショナルはこのように述べた。

2012/02/01 日本: 人権侵害を防ぐ武器貿易条約(ATT)の実現に向けて 日本政府はイニシアティブを!

武器貿易条約(ATT)交渉の成否がかかった2 月準備委員会

1 月30 日、私たち「コントロール・アームズ」日本キャンペーンは、2012 年7 月に国連で開催される武器貿易条約(Arms Trade Treaty: ATT)の交渉会議を成功に導くために、日本政府のより一層のイニシアティブを求めた要請書を玄葉光一郎外相に送付しました。

2012/01/30 中国: チベット人の抗議デモに対し、当局は過剰な武力行使を避けるべき

中国の四川省で治安部隊が、デモに参加したチベット人に対して二日連続で発砲したと報じられた。これをうけアムネスティ・インターナショナルは1月24日、中国当局はチベット人の抗議デモに対して過剰な武力を行使することを避け、デモの起きた地域へ独立した監視員が立ち入ることを許可するべきである、と述べた。

2012/01/27 フランス: アルメニア人虐殺の否定を禁じる法案は、表現の自由への脅威

1月23日、アルメニア人虐殺の否定を禁じる法案がフランス上院で可決された。「虐殺」と呼ばれる歴史的事件に公然と疑問を投げかける行為を犯罪と見なす同法は、表現の自由の侵害にあたる、とアムネスティ・インターナショナルは述べた。

2012/01/25 モンゴル: 死刑廃止に向けた、重要な一歩を踏み出す

モンゴルの議会は1月上旬、死刑制度の廃止を目的とする法案を承認した。これは、モンゴルにおける完全な死刑廃止に向けた重要な一歩であると、アムネスティは述べた。

2012/01/23 スロバキア: 裁判所、小学校の人種分離学級を認めず

プレシェフ地方にあるスロバキア人の村、サリスケ・ミカラニ(Sarisske Michalany)の小学校は、1月初めに裁判所が下した判決に従い、ロマの子どもたちを隔離・差別する分離学級を廃止しなければならない。アムネスティ・インターナショナルとスロバキアのNGO「市民と人権のためのセンター」は、このように述べた。

2012/01/18 ナイジェリア: 石油価格の高騰に抗議する人びとへの攻撃をやめるべき

ナイジェリア当局は、抗議者に対する過剰な暴力を止めなければならないと、アムネスティ・インターナショナルは述べた。石油価格高騰への抗議が続く中、少なくとも一人がクワラ州で死亡している。

2012/01/16 ビルマ(ミャンマー): 当局は、すべての良心の囚人の釈放を

1月13日、ビルマで少なくとも130人の政治囚が解放された。その中には、反体制派の著名な活動家である、テイチュエ、クントゥンウー、ミンコーナイン、ガンビラらも含まれている。このたびの釈放は意義深い動きである、とアムネスティ・インターナショナルは述べた。

2012/01/12 表現の自由: 08 ロシアの人権擁護活動家 ナタリア・エステミロワさん

表現の自由を奪われたジャーナリストの即時無条件の釈放を! ナタリア・エステミロワさんの殺害に関してロシア当局に徹底的な捜査と犯人の処罰を要請をしてください。

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信