slashdot(IT)

コンテンツ配信 スラド: IT
アレゲなニュースと雑談サイト
最終更新: 23週 2日前

NTT東エリアでぷららが一時接続障害、DNSトラブルが原因?

2018/05/07(月) 17:44

5月2日、NTTぷららのインターネット接続サービスで障害が発生した。すでに障害は復旧しているが、問題は同社の提供しているDNSサーバーで発生していたようだ(情報科学屋さんを目指す人のメモSankeiBiz)。

障害発生中でもGoogleなどが提供する公開DNSサーバーを利用することで問題が解決したという話もあり、DNS関連で問題が起きていた模様。それ以上の原因については明らかにされていないが、ぷららは海賊版配信サイトへの接続ブロッキングを行うことを表明しており、それに関連するトラブルなのではないかと疑う声もある。

すべて読む | ITセクション | NTT | インターネット |

関連ストーリー:
AmazonのDNSサービスを狙ったBGPハイジャッキング攻撃が発生 2018年04月27日
NTTグループ4社、海賊版サイトのブロッキングを実施すると発表 2018年04月23日
Cloudflare、「DNS over Twitter」サービスを開始 2018年04月10日
Cloudflare、APNICと協力してパブリックDNSサービス「1.1.1.1」を立ち上げ 2018年04月02日
AT&T、モデムのファームウェアアップデートでCloudflareのDNSをブロック 2018年05月08日

『「TRON」は世界標準』なのか

2018/05/07(月) 16:53

読売新聞が、「トロン―国産OSが世界標準になる」という記事を公開している。これによると、「TRON(トロン)」はIoT分野で6割以上の市場占有率があり、「世界標準」になるという。

TRONについてはさまざまなプロジェクトがあったが、この記事で主に触れられているのは組み込み向けのITRONだ。また、記事ではTRONプロジェクトの派生物である8ビット/16ビットマイコン向けリアルタイムOSであるμT-Kernelの著作権をIEEEの標準化委員会に譲渡したことも報じられている。μT-Kernel 2.0はIEEEの標準として採択、標準化がおこなわれており(@ITの2017年12月記事)、その過程で著作権譲渡を行うことになったようだ。

ただ、「6割以上の市場占有率」に対し懐疑的な声もあり、確かに国内の組み込み系イベントで行われた調査では組み込み系OSとしてTRON系OSを採用しているとの回答が6割を超えたというが(@IT)、有効回答数は75であり、世界規模でみるとどうなるかは不明。

なお、T-Kernelはソースコードが開示されているもののオープンソースではなく、一般に公開されている開発環境やドキュメントは少ない。組み込み系ではFreeRTOSやLinuxなどの対抗馬も存在し、これらはオープンソースでありカーネルや開発環境が無償で入手でき、さらにさまざまな評価用ボードや対応ハードウェアが低価格で容易に入手できるというメリットがある。

すべて読む | ITセクション | OS | ソフトウェア | TRON |

関連ストーリー:
経産省、IoT向けOSの開発へ。Σ・TRON・第五世代に続く四度目の正直? 2016年02月15日
μTRONキーボードをベースにした分割式キーボード、Kickstarterにて出資募集を開始 2015年06月23日
TRONプロジェクトの坂村健氏曰く、TRONをつぶしたのはMSではなく孫正義 2014年12月08日
Σ、TRON再び? スパコン開発で日米が協力、新OSの作成へ 2013年06月28日

画像フォーマット「WebP」のリファレンス実装「libwebp、バージョン1になる

2018/05/07(月) 15:25
あるAnonymous Coward曰く、

画像フォーマット「WebP」のリファレンス実装であるlibwebpが1.0.0になった(OSDN Magazine)。

WebPは、JPEGやPNGと同画質で25%ほどサイズが小さくなるという画像圧縮フォーマット。可逆圧縮と不可逆圧縮の両方をサポートする。すでにAndroidのアイコンで使われておりまったく使われていないわけではないが、名前に反してWebではあまり普及していない。今後、普及することはあるのだろうか。

JPEG代替技術としては、JPEG 2000、JPEG XR、WebP、BPG、HEIFといくつも出ている。JPEG 2000はプロ用では普及しているが、一般では普及していない。JPEG XRはもう名前だけの存在である。WebPはAndroidのアイコン以外では、一部サイトで使われているのみ。HEIF(とその圧縮技術HEVC)はAppleが全面採用し、Windows 10でも最近サポートされたものの有料であり、MPEGのパテントプールで完結しないという問題もあるため、普及するかはわからない。

なおJPEGでは、これまでのJPEG代替技術が普及しなかった要因の一つを、「圧縮効率は優れていても、特定の苦手分野をもつ」と分析、弱点のないJPEG-XLを策定する方針だという。

すべて読む | ITセクション | Google | グラフィック | IT |

関連ストーリー:
AndroidもHEIFに対応 2018年03月12日
静止画の圧縮においてはHEVC-MSPがもっとも良好 2013年10月24日
Google発の画像フォーマット「WebP」、可逆圧縮にも対応 2011年11月22日
Google、静止画フォーマットWebPを発表 2010年10月01日

GIMP 2.10.0リリース

2018/05/06(日) 15:36
あるAnonymous Coward 曰く、

GIMPの最新安定版GIMP 2.10.0がリリースされた。GIMPの安定版は2.8以来約6年ぶりのリリースとなる(アナウンスリリースノートダウンロードページOSDN Magazineの記事)。

最近では、Photoshopが月額課金制になるなど、無料ソフトとしてのGIMPの需要は高まっていると思われるが、皆様はGIMPやInkscapeを使っているだろうか。Photoshopやその他のプロプライエタリソフトを使っている方は、どの辺りに利点を感じているだろうか。

画像処理のGEGL移行がほぼ完了したGIMP 2.10.0では高ビット深度処理やマルチスレッド化などが可能になっており、GEGLベースのフィルターが80点以上同梱されている。このほか主な変更点は、カラーマネージメントのコア機能化、テキストツールでのCJKサポート強化などツールの強化、ペイント機能強化、HiDPIサポートなど。また、新しい「Dark」テーマとそれに合わせた「Symbolic」アイコンがデフォルトに設定されている。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | ソフトウェア | グラフィック | IT |

関連ストーリー:
GIMPが浮動小数点画像に対応 2015年12月02日
SourceForge.net、GIMP for Winの管理権限を奪ってアドウェアを配布 2015年05月28日
Android端末上でX11を使って起動するAndroid版GIMP/Inkscape 2014年10月17日
GIMP for Windows 、ダウンロードサイトをSourceForge.netからftp.gimp.org に変更 2013年11月08日
GIMP2.8では「シングルウィンドウモード」が利用可能に 2010年02月09日

米国・アリゾナ州、Waymoの自律走行車に対向車線を大きくそれた乗用車が衝突

2018/05/06(日) 13:43
米国・アリゾナ州チャンドラーでWaymoの自律走行車が路上テストを行っていたところ、対向車線を大きくそれたホンダ・シビックに衝突されたそうだ(ABC15の記事9to5Googleの記事The Vergeの記事SlashGearの記事Waymoの車載カメラ映像)。

事故が発生したのは現地時刻4日昼頃、チャンドラーブールバードとロスフェリスドライブの交差点付近だ。Waymoの自律走行車(クライスラー・パシフィカ)は自律走行モードでチャンドラーブールバードを西向きに低速で交差点に接近していた。東向きに走行していたシビックはロスフェリスドライブの南側から交差点に進入してきた乗用車を避けようとして車線を大きく逸脱、コントロールを失ってWaymoの左前部に衝突した。

シビックは前部が大破しているが、Waymoの損傷は小さいようだ。シビックのドライバーは手や足などに切り傷を負っており、Waymoのテストドライバーも軽く負傷したとのこと。

カリフォルニア州と並ぶ自律走行車の一大実験地となっているアリゾナ州だが、3月に歩行者がUberの自律走行タクシーにはねられて死亡する事故が発生して以来、自律走行車に厳しい目が注がれている。今回の事故はWaymoに過失はないものの、再び「自律走行車の事故」に注目が集まることになった。

すべて読む | ITセクション | テクノロジー | Google | IT | ロボット | 交通 |

関連ストーリー:
英国でTeslaのAutopilotを有効にして助手席に移動したドライバーが有罪判決を受ける 2018年05月03日
Tesla Model Xのオートパイロット使用中に発生した事故で、再現を試みたオーナーが動画を公開 2018年04月03日
GMの自律走行車、自律走行中に交通違反切符を切られる 2018年04月01日
米国・アリゾナ州でUberの自律走行タクシーにはねられた歩行者が死亡する事故 2018年03月21日
米国・サンフランシスコでは人間がロボット自動車を攻撃する 2018年03月10日
Googleの自律走行車、信号無視のバンに衝突されて過去最大のダメージを受ける 2016年09月25日

Windows 10 April 2018 Updateで削除された機能、何か使ってた?

2018/05/05(土) 17:21
先日一般向け提供が始まったWindows 10 April 2018 Updateで削除された機能および、開発を終了した機能をMicrosoftがまとめて紹介している(Microsoft Docsの記事BetaNewsの記事Windows Centralの記事Neowinの記事)。

削除された機能は以下の通り。
  • Groove Music Pass
  • Peopleで未保存の連絡先を候補表示する機能
  • 「言語」コントロールパネル
  • ホームグループ
  • 「設定」アプリの「ネットワークとインターネット→Wi-Fi→推奨されたオープンホットスポットに接続する」
  • Peopleでオフライン、またはOffice 365以外のメールアカウントを使用している場合の会話表示
  • XPS ビューアー

ホームグループについては、新たに作成・設定することはできなくなるものの、これまでに設定した共有項目は引き続き使用できるとのこと。XPSビューアーについては、以前のバージョンからApril 2018 Updateに更新した環境ではこれまで通り使用できる。新規インストールした場合にも「設定」アプリの「アプリと機能→オプション機能の管理」から追加可能だ。また、オープンホットスポットのオプションでは「近辺の推奨されるオープンスポットの有料プランを探す」も削除されている。

すべて読む | ITセクション | ソフトウェア | Windows | IT | スラドに聞け! |

関連ストーリー:
Windows 10 April 2018 Update、一般向けにリリース 2018年05月02日
Windows 10春の大型更新は4月30日提供開始、名称は「April 2018 Update」 2018年04月28日
Microsoft Storeに「S モードをオフにする」が登場 2018年04月27日
Microsoft、Windows 10 Sのモード化を明言 2018年03月09日
Windows 10 MobileのInsider Previewビルドはもう提供されない 2018年01月29日
Windows 10 Insider Previewにペイントが間もなく削除されることを表示する機能 2017年12月23日
Windows 10の次期大型アップデート、コンシューマー向けエディションでReFSの作成機能が削除 2017年08月24日
Windows 10 Fall Creators Updateで削除される機能が公表される。ペイントは「非推奨」となりWindowsストアで提供 2017年07月26日
Microsoft、Windows 10の次期大型アップデートでSMBv1を無効化する計画 2017年06月22日

Twitter、パスワードが平文でログに記録されていたことを発見、全ユーザーにパスワードの変更を促す

2018/05/04(金) 15:30
minet 曰く、

Twitterは3日、パスワード設定時のログにパスワードが平文で保存されていることを発見したとして、全ユーザーにパスワードの変更を促した(Twitter公式ブログの記事ITmedia Newsの記事)。

Twitterではパスワードをbcrypt関数でハッシュ化しているが、ハッシュ化前のパスワードが内部ログに平文で記録される不具合を発見したという。パスワードが不正に使用された兆候はみられないとのこと。

データストアでは暗号化していてもログに平文で残っているのは、セキュリティあるある事例だ。

Twitterはログに記録された平文パスワードをすべて削除しているが、念のため同じパスワードを使用しているすべてのWebサービスでパスワードを変更することや、強いパスワードを設定すること、2要素認証を有効化すること、パスワードマネージャーを使用してWebサービスごとに異なる強いパスワードを使えるようにすることを推奨している。ちなみに、今年は5月3日がWorld Password Dayだった。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Twitter | 暗号 |

関連ストーリー:
Twitter、「Facebookの個人情報を不正入手していた企業」にデータを提供していたことを発表 2018年05月02日
Twitter、カスペルスキーの広告を拒否。同社は具体的な理由を説明しないTwitterを批判 2018年04月25日
T-Mobile Austria、ユーザーのパスワードを平文で保存しているとツイートして騒動に 2018年04月12日
macOS High Sierraで外部APFS暗号化ボリュームのパスワードが平文でログに記録される問題 2018年03月31日
ジョン・マカフィー曰く、2要素認証を有効にしたらTwitterアカウントがハックされた 2017年12月31日
GitHubで「remove password」というコミットを検索するとパスワードらしきものが大量に見つかる 2017年02月17日
Google、Chromeでパスワードを平文で確認できることに対し「アカウントにアクセスされた時点で負け」と主張 2013年08月09日
生パスワードを平文メールで送ってくる企業 2010年11月10日

Telegramを禁じたイラン政府、国産アプリを公認メッセンジャーアプリに認定

2018/05/04(金) 13:37
国民にTelegram Messengerの使用を禁じたイラン政府が、代替となるアプリ「Soroush」を公認メッセンジャーアプリにしたそうだ(Al Jazeeraの記事Android Policeの記事CNBCの記事The Next Webの記事)。

Telegramは昨年の反政府デモで連絡手段として使われるなどイラン政府にとって脅威と考えられており、イラン国内で唯一通信インフラを提供するTelecommunication Infrastructure Companyは先日、Telegramの国内サーバー設置許可を取り消している。Soroushによる置き換え計画も以前から明らかにされていたものだ。

SoroushはTelegramと同様の機能を備え、Telegramからのデータ移行手段も提供される。アプリ自体は2年以上前から存在しており、Google Playでも公開されている。そのため、政府が国産アプリを公認アプリとし、国のメッセージングサービスに位置付けたということのようだ。公式のものなのかどうかは不明だが、ステッカーストアでは「アメリカに死を」といったスローガンを掲げるステッカーも提供されているとのことだ。

すべて読む | ITセクション | 通信 | ソフトウェア | 政治 | IT | 政府 |

関連ストーリー:
ロシア、当局への暗号鍵提出を拒否したメッセージングアプリ運営者に対するブロッキングを実行 2018年04月20日
国民に一定の金銭を支給する制度を導入してから6年が経過したイラン、その影響は 2017年06月07日
イランで4歳の少女の視力を奪った被告に対し「目には目を」の刑が執行される 2016年11月11日
イランが爆発物を搭載して自爆攻撃を行える「自爆無人機」を公開 2016年11月02日
アムネスティによる人気メッセージングアプリ11社のプライバシーランキング、1位はFacebook 2016年10月29日
米国はマルウェア「Stuxnet」でイランに深刻なダメージを与えようとしていた 2016年07月13日

Mozilla、Firefoxの新規タブへの広告表示に再挑戦

2018/05/04(金) 11:44
Mozillaは5月7日にリリース予定のFirefox 60で、米国のユーザーを対象に「新しいタブ」画面への広告(スポンサー付きコンテンツ)表示を開始するそうだ (Future Releasesの記事VentureBeatの記事Ars Technicaの記事Neowinの記事)。

スポンサー付きコンテンツはリーディングリストサービス「Pocket」のお勧めセクションに表示されるものだ。Mozillaは昨年Pocketの開発元Read It Laterを買収し、Firefoxから直接利用できるようにしている。昨年11月リリースのFirefox Quantumでは米国・カナダ・ドイツのユーザーを対象にお勧めコンテンツの表示を開始しており、今年初めから米国のユーザーの一部でスポンサー付きコンテンツの表示テストを行ってきた。

このスポンサー付きコンテンツについてMozillaでは、単なるクリック稼ぎではなく、ユーザーが時間を無駄にしない価値あるコンテンツを提供すると説明している。また、パーソナライズはローカルで行われるため、個人情報を収集したり他社と共有したりする必要がなく、Pocketのお勧めコンテンツやスポンサー付きコンテンツはいつでも自由に無効化できるとのことだ。

Mozillaでは2014年に新規タブへの広告表示計画を発表したものの、コミュニティーの反発や懸念を受けて計画を中止。その後ナイトリービルドに一時搭載され、2015年には「Suggested Tiles」として再度テストされていたが、同年12月にユーザーのコアエクスペリエンスに注力すべきだとして取りやめている

すべて読む | ITセクション | Firefox | 広告 | インターネット | IT |

関連ストーリー:
Firefox、特定の種類の広告をデフォルトでブロックする計画を公表 2018年03月30日
Firefox Quantum(バージョン57)公開 2017年11月16日
Mozilla、ドイツのユーザー向けに無許可でアクティビティ記録ツール入りのFirefoxを配布 2017年10月12日
Firefox 57は「Firefox Quantum」に 2017年09月29日
Mozilla、Firefoxの使用状況データを匿名化してオプトアウト方式で収集する実験を計画 2017年08月26日
Mozilla、Firefox 57への搭載を目標に新デザインのユーザーインターフェイスを開発中 2017年04月08日
Firefoxの新規タブに追加される閲覧履歴ベースの広告タイル「Suggested Tiles」 2015年05月24日
新規タブに広告を表示する機能がFirefoxのナイトリービルドに追加される 2014年08月30日
Mozilla、Firefoxへの広告表示計画を中止 2014年05月17日
Firefox、新規タブへの広告表示を開始へ 2014年02月12日

マレーシアの嘘ニュース禁止法、初の有罪判決を受けたのは外国人

2018/05/03(木) 19:11
マレーシアで4月11日に施行された嘘ニュース禁止法で、4月30日にデンマーク国籍のイエメン系男性が初の有罪判決を受けたそうだ(The Star Onlineの記事The Straits Timesの記事Channel NewsAsiaの記事The Vergeの記事)。

男性は4月21日にクアラルンプールで発生したハマスのメンバーとされるパレスチナ人の大学講師が自宅前で射殺された事件について、警察が現場へ到着するまでに通報から50分、救急車の到着に1時間もかかったなどと不満を述べる動画をYouTubeに投稿したという。警察によれば実際に現場へ到着したのは8分後だったとのことで、男性は悪意を持って嘘ニュースをYouTubeで公開した容疑で逮捕・起訴されることになる。

マレーシアの嘘ニュース禁止法では虚偽のニュースを故意に広めた者に対し、50万リンギット(約1,400万円)以下の罰金および6年以下の実刑が課せられる。マレーシア国民かどうか、マレーシア国内で行われたかどうかにかかわらず、マレーシアの人々が影響を受ける内容であれば訴追の対象だ。

判決では1万リンギット(約28万円)の罰金および1週間の実刑、罰金が払えなければ1か月の実刑の追加が命じられる。男性が逮捕されたのは4月23日だったため、1週間分の実刑は既に終えたことになるが、罰金を支払えなかった男性はさらに1か月の実刑を受けることになった。男性が動画を投稿したのはマレーシアへ来て10日目。男性はそのような法律があるとは知らず、怒りに任せて投稿してしまったと述べる一方、過ちを認めてマレーシアの人々に謝罪している。

同様の法案はシンガポールやフィリピンでも検討されているとのことだ。

すべて読む | ITセクション | 犯罪 | ニュース | スラッシュバック | YouTube | IT |

関連ストーリー:
YouTuber、店員を脅してカラオケ代金を踏み倒す様子を生中継して逮捕される 2018年04月16日
マレーシア、嘘のニュースを故意に広めた者などに対する重い罰則を定める法案 2018年04月01日
警察官の前で「白い粉」が入った袋を落として逃走する様子をアップしたYouTuber、偽計業務妨害容疑で逮捕 2017年09月11日
ドイツ、違法コンテンツの報告を受けても削除しないソーシャルメディアに罰金を科す法案が可決 2017年07月02日
ドイツ、偽ニュースの拡散防止を行わない企業に対して罰金を科す法案を制定へ 2017年04月11日
熊本地震直後に「動物園からライオンが逃げた」と嘘ツイートした人物が逮捕 2016年07月21日

社会運動・市民運動サイトからの情報