日刊ベリタ

コンテンツ配信
国際報道高級紙
最終更新: 5週 11時間前

[B] 卒業シーズン再び、北京残留を決めた若者たち

2017/07/31(月) 23:10
中国教育部(省)の公表したデータによると、今年、中国全土の普通大学を卒業した新卒生は795万人にのぼり、昨年に比べ30万人増となっている。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 米・印首脳会談 中国へ懸念

2017/07/30(日) 10:48
6月26日付のThe New York Timesは、同日、インドのモディ首相とトランプ大統領が会談したことについて報じた。(ND米紙ウィークリーニュース第124号)

[B] 中国の所得格差は持続的に縮小 統計局データ

2017/07/30(日) 10:46
国家統計局が6日に発表した統計によると、中国共産党の第18回全国代表大会(十八大)以降、中国の都市部・農村部住民の所得は急速な伸びを保ち、所得格差が縮小を続けている。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 「個々の政治家以前に『構造的ラシズム(人種差別主義)』を解体しなくてはならないのです」 パリの討論会から

2017/07/29(土) 15:56
5月7日、フランスの大統領選挙の決選投票の夜、パリ北駅に近いバー「植民地」で、ラシズム(人種差別主義)を語る討論会が行われた。この夜、極右「国民戦線」の大統領候補マリーヌ・ルペン候補が敗れ、新自由主義のマクロン大統領が誕生した。討論会に集まった人々はマグレブ地方出身者もいれば、コンゴの出身者もおり、マルチニックなどのカリブ海諸国からの移民の子孫もいた。こうした様々な人の中に、ミレイユ・ファノン氏がいた。

[B] 厚労省:遺伝子組み換えジャガイモを承認 冷凍輸入され、外食産業で使用か

2017/07/29(土) 14:41
厚労省は7月20日、シンプロット社のアクリルアミド低減遺伝子組み換えジャガイモを安全として承認した。これにより食品として承認された遺伝子組み換え作物は312品種となる。この遺伝子組み換えジャガイモは、生物多様性での申請がないところから、承認後は冷凍品などの形で輸入され、フライドポテトや惣菜に加工され、主に表示が不要の外食産業で使われるものとみられる。(有機農業ニュースクリップ)

[B] 「嬬恋村のフランス料理」20 〜五十嵐総料理長のフランス料理、そして帆船 〜 原田理(フランス料理シェフ)

2017/07/29(土) 12:34
これまで僕が一方ならぬお世話になった先代の五十嵐輝昭総料理長。その退任に当たって僕に7年間ずっと厳しく伝えようとしてきたフランス料理の伝統とはなんだったのか。そんな思いをもって、今回改めて五十嵐シェフに話を聞きました。 Q なぜフランス料理をやることになったのですか? (五十嵐) われわれの時代は、何より手に職をつけるのが必須だった。母親が寮母をやっていて、寮生たちに料理を作るのを幼い頃から見ていた。その背中を見続けていたので、福島県立田島高等学校を卒業後に、手に職をつけるとなったときに自然と料理を選んだ。

[B] 289回 ヒバク国であり、9条をもつ国なのに、なぜ?

2017/07/28(金) 17:04
7月7日、国連で「核兵器禁止条約」が122か国により採択された/核なき世界を目指して世界が大きな一歩を踏み出したと喜びたい

[B] マクロン大統領はフランスの小泉純一郎、フィリップ首相は竹中平蔵か。フランスの労働法解体に王手

2017/07/28(金) 03:35
フランスからの情報。マクロン大統領の支持率がこの1か月で10%ダウン。64%から54%に。新大統領就任1か月でこんなに下がるのは1995年以来だとか。まだほとんど何もできていないまま、バカンスに突入したフランスでなぜ大統領の支持率がどっと下がっているのか。それにはいくつかの要因が考えられる。

[B] 対北朝鮮へ強硬姿勢 米、露中に協力期待

2017/07/27(木) 23:42
7月6日付のThe Washington Post紙は、日米韓3か国の首脳会談で、北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)発射に対して制裁強化が合意されたと報じた。(ND米紙ウィークリーニュース第124号)

[B] 中国の大学進学率、4年間で12.7ポイント増

2017/07/27(木) 23:38
中国教育部(省)は10日、「2016年全国教育事業発展統計公報」を公式サイト上で発表した。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 南スーダン:紛争中の性的暴行、数千件にのぼる

2017/07/27(木) 21:33
政府側と反政権側の内戦が続くスーダンでは、紛争が始まった2013年12月以降、同国各地で悪質な性的暴行が横行している。女性、少女、さらに男性が、敵対する勢力の戦闘員から性的暴行を受けてきた。被害者数は数千人に達すると見られ、その多くは、後遺症に苦しめられ、支援や医療も受けられず、悲惨な状況に置かれている。(アムネスティ国際ニュース)

[B] 民進党 有権者は「受け皿」などいらない 己の信じる政策を対抗軸に掲げよ

2017/07/27(木) 21:16
民進党が「受け皿」になるべく党首や幹事長を交代させているが、有権者は受け皿などはそもそもいらない。受け皿という発想自体が右から左まで集めた寄り合い所帯の民主党を生んでしまった。その最大の問題は受け皿政党だったことだ。そして受け皿だったが故に、政権を取った後に党内の権力構造の変化で首相がコロコロ変わり、左から右まで政策が変化し、選挙で勝利した時の最初の公約の重要なところが全部放棄されて自民党と違いがわからなくなってしまった。

[B] 【西サハラ最新情報】  モロッコ百花繚乱  平田伊都子

2017/07/27(木) 16:50
観光地・世界一等賞はモロッコのマラケシュだそうです。 フランスの旅行家アレックスも、マラケシュが一番だと言います。 アフリカのド真ん中・中央アフリカに居候していた時、サハラ砂漠を下ってきたバイク冒険野郎も、マラケシュが一番素敵だったと述懐しておりました。 何がそんなにいいんでしょうね?、、 今日も、観光のメッカ、ジャマエルフナ・大道芸広場では、火吹き男や蛇つかいや、スリが観光客をお待ちしているようです。 先日は、猿芸の猿が観光客を襲いました。

[B] 【核を詠う】(239)『昭和萬葉集』から原子力詠を読む(4)「汚染せし雨多く降りし夏過ぎて妻みごもりぬいかりのごとく」 山崎芳彦

2017/07/27(木) 14:14
今回は『平和万葉集』の巻十二、巻十三から原子力詠を読むのだが、両巻には昭和32年(1957年)〜昭和38年(1963年)の作品が収録されている。前回に巻十、巻十一で、東西冷戦下でアメリカ、ソ連(当時)が激しい核兵器の開発・増強のための核実験を繰り広げた1950年代における「核の時代」のもとで、広島・長崎の原爆投下による悲惨な経験の記憶と明らかになるその実態を短歌表現するとともに、一層深刻・危険になる核実験競争の中でのビキニ環礁での日本のマグロ漁船の第五福竜丸の被曝、漁船員が受けた「死の灰」被害、無線長・久保山愛吉さんの原爆症による無念の死、日本各地にも降った高い濃度の放射能雨、核実験禁止要求運動の高まりなどを映す短歌作品を読んできたが、今回の巻十二、巻十三でもそれを引き継いでの原子力詠が数多く、多彩に収録されている。

[B] 日・EUの貿易関係強化 米の発言力の危機

2017/07/26(水) 21:33
7月6日付のThe New York Time紙は、欧州連合(EU)と日本の間で貿易関係の強化が推し進められている一方、米国は保護主義に向かっており、グローバル経済における発言力の低下が懸念されているとの見方を報じた。(ND米紙ウィークリーニュース第124号)

[B] 「嬬恋村のフランス料理」19 〜総料理長への手紙 〜 原田理(フランス料理シェフ)

2017/07/26(水) 17:48
総長は僕の前に彗星のように現れたリアルなシェフでした。師匠と呼べる人を持たず、街場の小さな店を任されたときから、ほぼ独学で料理を学び、書籍を買いあさり、本を見ながら何とかフランス料理を作ってきた僕にとって、初めての厳しいリアルなシェフです。マッシュルームの剥き方ひとつ、ブロッコリーの花の裂き方ひとつに徹底した方法論を突き詰め、ほんの数時間の宴会の為に幾日もかけて仕込みを行ない、潤沢な予算と豪華な技術を使うと言う、フランス料理が資本主義経済に押されていない時代の料理を作る偉大な時代の、偉大なシェフです。

[B] 中国が日本製ロボットを「爆買い」する理由

2017/07/26(水) 10:23
中国人が日本で「爆買い」する商品は、かつての便座や炊飯器から今やロボットに変わった。これはどういうことなのだろうか。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 岡山県人と加計学園と教育 岡山県人は悲しんでいる

2017/07/25(火) 12:53
今、沸騰している岡山の加計学園と内閣との癒着疑惑は岡山県人にとっては残念な話題に他ならない。筆者も岡山出身である。今回の疑惑が教育をめぐる話題であることがより一層岡山県人にとっては残念である。というのは岡山県は昔から教育に熱心な県であり、それも無償の私塾という形態での教育が少なからず盛んだったと筆者は聞いているからだ。かくいう筆者の祖父も学校の教育者であったのだが、空いた時間に私塾を開いて無償で子供たちに教えてもいた。そのことはささやかな誇りだったのだ。

[B] ロシアからのハッキングのウソ

2017/07/25(火) 10:49
2016年中頃から現在までも、ロシアが米民主党のメールに侵入してクリントン氏の悪い点を暴き出し、共和党トランプ候補を有利にしたという考えが、アメリカ主流のメデイア、CIA、FBI、NSAなどなどで主張されてきたし、今でも主張されている。それがウソであるという証拠が、最近、VIPS (Veteran Intelligence Professionals for Sanity)なる団体による徹底的な調査で明らかにされた(1)。この団体は、独立の情報・軍事などの経験者・専門家から成り、信用してもよさそうである。その議論を簡単に紹介する。(落合栄一郎)

[B] 露政府のハッカー侵入 米電力・原発が標的

2017/07/25(火) 00:00
7月8日付のThe Washington Post紙は、ロシア政府のハッカーが、米電力企業・原発企業の有する企業内ネットワークへ侵入したとする米当局者の発言を報じた。(ND米紙ウィークリーニュース第124号)

社会運動・市民運動サイトからの情報