マスメディアやICTニュースサイトからの最新情報

Kaspersky Lab、同社を訴えたパテントトロールに5千ドルを支払わせる

slashdot(security) - 2017/09/02(土) 15:25
Kaspersky Labが特許侵害で同社を訴えたパテントトロールWetro Lanに対し、訴訟を取り下げたいなら金を支払えと逆に要求。5千ドルを支払わせたそうだ(Nota Beneの記事Ars Technicaの記事The Registerの記事)。

問題の特許US Patent 6,795,918(918特許)は受信したデータパケットから送信元や宛先、プロトコル情報を抽出してユーザーの変更不可能な判定ブロックを生成し、フィルタリングに使用するというもの。これは出願された2000年には既に広く使われていたネットワークファイアーウォールの仕組みそのもので、EFFが2015年6月にStupid Patent of the Monthに選んでいる。918特許は発明者が維持費の支払いをやめ、2012年9月に失効しているのだが、2015年に設立されたばかりのWetro Lanが買収。特許侵害に対する補償を6年前までさかのぼって請求できるという仕組みを利用し、ファイアーウォール技術を使用する企業を訴え始めたそうだ。多くの企業は訴訟になるのを嫌ってWetro Lanに賠償金を支払っていたらしい。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | YRO | 法廷 | パテント | アメリカ合衆国 |

関連ストーリー:
FBIが米企業にKaspersky製品の使用をやめるよう要請しているとの報道 2017年08月26日
AV-TESTによる家庭向けPCセキュリティ製品耐久テスト、1位はKaspersky 2017年08月25日
マイクロソフトがAVベンダーサポート改善を発表、カスペルスキーは独占禁止法違反の訴えを取り下げへ 2017年08月11日
EFF、食事の栄養情報を記録して今後の計画に役立てるというソフトウェア特許を批判 2017年07月09日
EFF、パテントトロールに特許を売却する米大学を批判 2017年04月07日
パテントトロールの所有する「悪しき特許」に対抗するクラウドファンディングサービス 2016年09月21日
米特許商標庁、ソフトウェアのライセンス認証システムに関する特許を無効と判断 2016年03月31日
任天堂に敗訴したパテントトロールのパテントポートフォリオ、すべて任天堂が取得 2014年01月12日
ホワイトハウス、パテントトロールを規制する法案を発表 2013年06月06日
米バーモント州政府、悪質な「パテントトロール」に対し行政訴訟を行う 2013年05月27日
JPモルガン・チェースがモバイルアプリ関連の特許を取得、早速EFFの「今月のバカ特許」に選ばれる 2017年09月05日
米大手量販店Best Buy、Kaspersky製品の取り扱いを中止 2017年09月12日

Windows 10 Fall Creators Updateは10月17日提供開始

slashdot(IT) - 2017/09/02(土) 13:32
Microsoftは1日にベルリンで開幕したIFA 2017の基調講演で、Windows 10 Fall Creators Updateを10月17日から提供することを明らかにした(Windows Experience Blogの記事特設ページOn MSFTの記事)。

Windows 10 Fall Creators Updateでは「フォト」アプリに写真や動画、音楽を組み合わせてムービーを作成できる「Story Remix」機能が追加され、OneDriveではクラウドに保存したファイルをローカルファイルと同様に使用できる「OneDrive Files On-Demand」機能が追加される。また、ユーザー補助機能でアイトラッキングデバイスをサポートする「Eye Control」機能が利用可能になる。Windows Inkやゲームモード、セキュリティなどの機能も強化されるほか、複合現実機能の「Windows Mixed Reality」は対応ヘッドセットが10月17日から発売されて本格的に利用できるようになる。

なお、Windows 10 Insider PreviewのFall Creators Updateビルド(RS3)は、8月29日にビルド16278がファーストリング向けに提供開始されている。一方、Skip Aheadを選択したInsider Program参加者には来春の大型アップデート(RS4)に向けたプレビュービルドが提供されるが、8月31日に提供が始まったビルド16353で初めてビルド番号が先に進んでいる。

すべて読む | ITセクション | アップグレード | Windows | デベロッパー | IT |

関連ストーリー:
Windows 10 Insider Preview、3日間で2本の新ビルドがリリース 2017年08月27日
Windows 10の次期大型アップデート、コンシューマー向けエディションでReFSの作成機能が削除 2017年08月24日
「Fall Creators Update」よりもいい名前、何かある? 2017年08月06日
Microsoft、Windows 10のサービスモデル変更を発表 2017年07月29日
Windows Insider Program、Fall Creators Updateを飛ばして次の開発ビルドを受け取る新オプションが追加される 2017年07月29日
今秋のWindows 10アップデート、英国などではAutumn Creators Updateに? 2017年07月21日
Windows Server初のInsider Previewビルドが提供開始 2017年07月17日
Microsoft、Windows 10の次期大型アップデートでSMBv1を無効化する計画 2017年06月22日
Microsft、新デザイン言語「Microsoft Fluent Design System」を発表 2017年05月13日
Windows 10 Insider Preview、初のRedstone 3ビルドが提供開始 2017年04月11日
8月のデスクトップOSシェア、Linuxが3%を超える 2017年09月03日

米国・ヒューストン、洪水に浮かぶヒアリの筏

slashdot(IT) - 2017/09/02(土) 11:39
ハリケーン Harveyによる洪水で大きな被害の出た米国・テキサス州のヒューストンで、筏状になって水面に浮かぶヒアリのコロニーがあちこちで目撃されたそうだ(The Vergeの記事WIREDの記事)。

ヒアリは巣が浸水すると、お互いに脚を引っ掛けて筏になり、女王アリや卵、幼虫、サナギを守るのだという。上下入れ替わって水中に沈む部分の担当を交代するといった行動もとるそうだ。水が引くか、流されて水のない場所にたどり着くと、そこに新たなアリ塚を築く。南米・アマゾン原産のヒアリは定期的に発生する洪水を生き延びるため、このような習性を身につけたと考えられているようだ。

人がヒアリの筏にぶつかると陸地と認識され、ヒアリが体に登ってきてしまう。ヒアリに刺されても大事に至る可能性は低いが、刺されないに越したことはない。ヒアリの筏は鉄さび色で目立つので、浸水している場所を人が歩いて移動する場合などには近寄らないよう、専門家などが注意を呼び掛けている。

なお、ハリケーン Katrinaもヒアリの生息する地域で洪水を引き起こしているが、この時には特に話題にはならなかったようだ。KatrinaはHarveyと比べて浸水が非常に速く進んだため、筏を組む前に流されてしまったらしい。

すべて読む | サイエンスセクション | バグ | サイエンス | アメリカ合衆国 |

関連ストーリー:
ヒアリ、関東で発見 2017年07月07日
大阪港でヒアリの女王アリが確認される 2017年07月05日
ヒアリに続き、今度はアカカミアリという有毒のアリが見つかる 2017年06月27日
強い毒を持つ南米原産の蟻「ヒアリ」、日本上陸か 2017年06月19日
ハリケーンで浸水した十数台のハイブリッドカーが爆発 2012年11月03日
ニューヨークをおそった大型ハリケーン「Sandy」、IT業界でも被害発生 2012年11月01日
2005年は史上最高に暑かった 2006年01月25日

Facebook、偽ニュースをシェアするユーザーに対し広告購入を禁止する方針を発表

slashdot(IT) - 2017/09/02(土) 07:00
あるAnonymous Coward曰く、

昨今では偽のニュースを配信するサイトが問題となっている。こういったサイトには営利目的で運営されているところもあり、Facebook内での広告枠を購入してサイトへと誘導する、といったサイトも存在していたという。そのため、Facebookは偽ニュースと判断された記事を頻繁にシェアするようなユーザーについては広告の購入を禁止する方針を発表した(GIGAZINESlateSlashdot窓の杜TechCrunch)。

偽ニュースかどうかの判断は第三者機関が行うとのこと。

すべて読む | ITセクション | Facebook | インターネット |

関連ストーリー:
カタールと中東6カ国との断絶、「偽ニュース」が引き金の1つだった? 2017年06月08日
Facebook、外部リンクを開く前にファクトチェック結果を表示する仕組みをテスト 2017年05月02日
デマニュースの拡散はネットが普及する以前から発生していた 2017年04月19日
ドイツ、偽ニュースの拡散防止を行わない企業に対して罰金を科す法案を制定へ 2017年04月11日

1960年代初めに開発された物語自動生成システム

slashdot(IT) - 2017/09/02(土) 06:00
headless曰く、

現代ではコンピューターに物語を生成させるさまざまな試みが行われているが、1960年代初めに言語学者Joseph E. Grimes氏が開発したコンピューターによる物語自動生成システムについて、本人からの聞き取りも含めた幅広い調査結果の論文を米カリフォルニア大学サンタクルーズ校のJames Ryan氏が発表している(論文The Register)。

現在、最古の物語自動生成システムとして広く知られているのは1971年に報告された言語学者Sheldon Klein氏によるミステリー小説自動生成システムだが、Grimes氏は1960年または1961年の夏にメキシコ国立自治大学のIBM 650を使用して物語自動生成システムの開発を始めていたそうだ。システムは機械語で書かれていたが、のちに使用したIBM 1401(メキシコ国立自治大学のものと米オクラホマ大学のものを使用)ではFORTRANでプログラミングしたようだ。

Grimes氏は研究を発表しておらず、資料はほとんど残っていないが、研究を知ったIBMメキシコが1963年に取材し、IBMの「Business Machines」誌に掲載されていたそうだ。Grimes氏のシステムはVladimir Proppが「民話の形態学」で分類した物語の要素(31種の機能と7種の登場人物)を用い、モンテカルロ法により選択した要素を組み合わせて自然言語(英語またはスペイン語)による文を生成する。研究の目的は物語の生成そのものではなく、生成した物語を言語研究のためのツールにすることだったという。

現在唯一残されている出力結果は、同誌に掲載されていたもので、

A LION HAS BEEN IN TROUBLE FOR A LONG TIME. A DOG STEALS SOMETHING THAT BELONGS TO THE LION. THE HERO、LION、KILLS THE VILLAIN、DOG、WITHOUT A FIGHT. THE HERO、LION、THUS IS ABLE TO GET HIS POSSESSION BACK.

(ライオンは長らく問題を抱えていた。犬がライオンの持ち物を盗むのだ。英雄のライオンは戦わずして悪漢の犬を殺す。かくして英雄のライオンは彼の持ち物を取り返すことができた。)

といったものだ。「a lion」→「the lion」→「the hero、lion」というような参照表現や、「thus」で結論を導く点などが当時としては最新の自然言語生成であったとみられる。しかし、退屈な物語しか生成できず、Grimes氏は他の分野で成功していたことから、プロジェクトは終了することになる。

論文では1961年にCBSテレビの番組で紹介されたMITの「SAGA II」が最も古い物語自動生成システムの可能性が高いとしつつ、SAGA IIは西部劇の1場面(のト書き)を生成するものであり、完結した物語を自動生成するシステムとしてはGrimes氏のシステムが最古だと述べている。また、Proppの構造を使用した最古のシステムでもあるとのことだ。

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 書籍 | 人工知能 | サイエンス | IT |

関連ストーリー:
Microsoftの画像の説明文を自動生成するAI「CaptionBot」、色々な意味で話題に 2016年04月21日
Microsoft、自分の声で26か国語を話せる「翻訳こんにゃく」的技術を公開 2012年03月15日
小説自動生成ソフト「七度文庫」 2004年10月31日

東京ガスの料金照会サービスに不正アクセス、17件の顧客情報が流出(ニュース)

日経ITPro - 2017/09/01(金) 19:57
 東京ガスは2017年9月1日、ガス・電気料金情報のWeb照会サービス「myTOKYOGAS」に不正アクセスがあり、17件の顧客情報が流出したと発表した。

アサヒグループHD、AIを使ってリーダー人材の育成効率化を目指す(ニュース)

日経ITPro - 2017/09/01(金) 19:49
 アサヒグループホールディングスは2017年9月1日、将来リーダーとなる管理職人材に対して人工知能(AI)で的確な育成計画やキャリアパスを提案できる人事システムを開発していると発表した。

「AIや働き方改革でビジネスを拡大」、日本MSがパートナー支援策を説明(ニュース)

日経ITPro - 2017/09/01(金) 17:18
 日本マイクロソフトは2017年9月1日、パートナー向けのイベント「Japan Partner Conference 2017 Tokyo」を開催「八つに分かれていたパートナー関連部門を一つに集約した」としてパートナー事業本部の設立を説明など、パートナー支援策を発表した。

青汁の宣伝活動を行っていたInstagramアカウント、ステマがバレる

slashdot(IT) - 2017/09/01(金) 16:01
あるAnonymous Coward 曰く、

青汁の口コミなどを掲載しているサイト「いろはに青汁」というサイトの宣伝を、その関係者が第三者を装ったInstagramアカウントで行っていたことが判明し、同サイトの運営企業が謝罪するとともにサイトを閉鎖する事態となっている(ITmedia)。

問題のアカウントはこのサイトを運営していたフライという会社の社員によって運営されており、ダイエットに成功したことや、同サイトで紹介された青汁を飲んでいることなどをアピールしていたという。

すべて読む | ITセクション | 広告 | インターネット | IT |

関連ストーリー:
桃を拾ったおばあさんが炎上する広告キャンペーン 2017年07月06日
Wikipedia、ステマ的行為を行ったとしてエディタ381名のユーザアカウントを停止 2015年09月04日
Yahoo! Japan ステマに対し「積極的に排除し、撲滅」を宣言 2015年07月31日

バーガーキングロシア、ブロックチェーン技術を使用したロイヤリティプログラムを開始

slashdot(security) - 2017/09/01(金) 15:31
headless曰く、

バーガーキングロシアは25日、「Waves Platform」のブロックチェーン技術を使用したロイヤリティプログラムを発表した(プレスリリースThe VergeWaves PlatformのツイートWaves Community)。

このロイヤリティプログラムでは、ロシアのバーガーキング店舗での支払い1ルーブル(29日の為替レートで1.85円)あたり1ワッパーコインが提供され、1,700ワッパーコインをワッパーバーガー1個と交換できる。バーガーキングロシアではロイヤリティプログラムのために10億ワッパーコインを発行したそうだ。

プログラム開始当初はバーガーキングロシアに電子メールを送信しなければワッパーコインを獲得できないが、近いうちにモバイルアプリをGoogle PlayとiTunes Storeで提供開始する予定だという。

ワッパーコインはワッパーと交換するだけでなく、取引をすることも可能だ。90か国以上で愛されるワッパーは単なるバーガーではなく、投資の手段にもなったとのことだ。

すべて読む | idleセクション | idle | 暗号 | お金 |

関連ストーリー:
米国で電話番号経由でのアカウント乗っ取りが多発、Bitcoin投資家などが被害 2017年08月24日
仮想通貨による株式取引的サービス「VALU」でインサイダー・風説の流布疑惑が発生、数千万円相当を荒稼ぎ 2017年08月16日
仮想通貨を使って資金を集める手法が登場 2017年08月04日

魔王討伐のため資産運用、ブラウザゲーム「信託クエスト」公開 三菱UFJ信託銀行

ITmedia(ITと社会) - 2017/09/01(金) 14:50

魔王を倒すためには、100ゴールドでは足りない……どうする勇者?

Twitter、蚊に対し「死ね」と書いた文章を投稿したアカウントを凍結?

slashdot(IT) - 2017/09/01(金) 13:35
あるAnonymous Coward 曰く、

日本のTwitterユーザーが蚊に対し殺意を示す投稿をTwitterに行ったところ、アカウントが凍結されたという話をBBCが報じている日本版記事)。

この話題はロケットニュースの英語版でも記事にされており、複数の海外ブログなどが取り上げる事態になっている模様(Mashable)。

すべて読む | ITセクション | 検閲 | Twitter | SNS |

関連ストーリー:
漫画家やイラストレーターのTwitterアカウント凍結が相次ぐ、過去の失言などを通報する手法か 2017年08月28日
Facebookアカウントを繰り返し凍結されたと主張する「Phuc Dat Bich」は偽名だった 2015年11月28日
Twitter、「攻撃的投稿」の禁止を明確にする 2013年08月05日
東京都の公式Twitterアカウント、相次いで凍結される 2012年12月26日
Twitterが10月より利用規約を変更 2017年09月04日

スマホでお手軽「ジェダイ」体験 Lenovoが「スター・ウォーズ」ARゲームキットを発表

ITmedia(ITと社会) - 2017/09/01(金) 12:50

Lenovoが「Star Wars(スター・ウォーズ)」の「ジェダイ」を体験できるスマホ用ARゲームキットを11月以降に発売する。時期は未定だが、日本での販売も予定している。

ソネットの通信障害、原因は「中継機器への大量アクセス」(ニュース)

日経ITPro - 2017/09/01(金) 12:46
 2017年8月31日22時ごろ、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する通信接続サービス「So-net」で障害が発生し、ユーザーはインターネットにつながりにくくなった。障害の原因は、「中継機器への大量アクセス」としている。

乾電池IoT「MaBeee」開発元がBtoB参入、製品のスマート化を支援(ニュース)

日経ITPro - 2017/09/01(金) 11:00
 乾電池の形状をしたIoT(インターネット・オブ・シングズ)製品「MaBeee(マビー)」の開発を手掛けるノバルスは2017年9月1日から、BtoB事業を本格的に開始する。生活雑貨や家電、住宅設備メーカーなど向けに製品のIoT化を支援する。

Instagramの著名人アカウントがハッキング被害、個人情報が流出

ITmedia(セキュリティ) - 2017/09/01(金) 08:35

Instagram APIのバグが悪用され、複数の著名Instagramユーザーの個人情報が何者かに不正アクセスされた。

FBIに逮捕された著名ハッカー、裁判費用を募集するも不正な寄付が多く集まりいったん中止に

slashdot(security) - 2017/09/01(金) 08:00
あるAnonymous Coward曰く、

5月に大きく話題になったマルウェア「WannaCry」を無効化する方法を発見したセキュリティ研究者のマーカス・ハッチンス氏が、別のマルウェアに関与した疑いでFBIに逮捕されるという事件が発生した。(過去記事)。氏は単にマルウェアサンプルを入手しようとしていただけという見方もあり、同氏の裁判費用を賄うべくクラウドファンディングで資金調達プロジェクトが立ち上げられていたのだが、そこに寄せられた資金の大半は不正なクレジットカード番号で寄付されていたことが判明したという(BuzzFeed NewsTechCrunchSlashdot)。

弁護士のTor Ekeland氏によると、収集された資金のうち少なくとも15万ドルは不正ものだったそうだ。このため、正当なカード番号のものも含めた寄付金は返却されたという。また、正当な寄付金は約4,900ドルほどだったという。裁判費用についてはマーカス・ハッチンス氏の友人が別の手段で募金を集める計画もあるようだが現時点では何も決まっていないようだ。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット |

関連ストーリー:
WannaCryptの拡散を止めた英国のセキュリティ研究者、別のマルウェアの作者として米国で逮捕 2017年08月05日
米NSA、WannaCryには北朝鮮の諜報機関が関与していると判断 2017年06月20日
ランサムウェア「WannaCrypt」、大流行中 2017年05月15日
「4chan」が資金不足で閉鎖の危機。支援を申し入れた人物は証券詐欺疑惑で逮捕歴のある人物 2016年10月06日

FBIに逮捕された著名ハッカー、裁判費用を募集するも不正な寄付が多く集まりいったん中止に

slashdot(IT) - 2017/09/01(金) 08:00
あるAnonymous Coward曰く、

5月に大きく話題になったマルウェア「WannaCry」を無効化する方法を発見したセキュリティ研究者のマーカス・ハッチンス氏が、別のマルウェアに関与した疑いでFBIに逮捕されるという事件が発生した。(過去記事)。氏は単にマルウェアサンプルを入手しようとしていただけという見方もあり、同氏の裁判費用を賄うべくクラウドファンディングで資金調達プロジェクトが立ち上げられていたのだが、そこに寄せられた資金の大半は不正なクレジットカード番号で寄付されていたことが判明したという(BuzzFeed NewsTechCrunchSlashdot)。

弁護士のTor Ekeland氏によると、収集された資金のうち少なくとも15万ドルは不正ものだったそうだ。このため、正当なカード番号のものも含めた寄付金は返却されたという。また、正当な寄付金は約4,900ドルほどだったという。裁判費用についてはマーカス・ハッチンス氏の友人が別の手段で募金を集める計画もあるようだが現時点では何も決まっていないようだ。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット |

関連ストーリー:
WannaCryptの拡散を止めた英国のセキュリティ研究者、別のマルウェアの作者として米国で逮捕 2017年08月05日
米NSA、WannaCryには北朝鮮の諜報機関が関与していると判断 2017年06月20日
ランサムウェア「WannaCrypt」、大流行中 2017年05月15日
「4chan」が資金不足で閉鎖の危機。支援を申し入れた人物は証券詐欺疑惑で逮捕歴のある人物 2016年10月06日

“キャンプに特化したAirbnb”の「Hipcamp」 米国の若者になぜ人気

ITmedia(ITと社会) - 2017/09/01(金) 07:00

“キャンプ場版Airbnb”と呼ばれる民泊サービス「Hipcamp」が米国で人気を集めている。「モノ」より「体験」を選ぶ若者は何を求めているのか。

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信