マスメディアやICTニュースサイトからの最新情報

開発リソース不足という問題に直面するBSD系カーネル

slashdot(open source) - 2018/02/01(木) 16:32

FreeBSDやOpenBSD、NetBSDといったBSD系カーネルの開発者が不足しており、報告されたバグの修正に時間がかかっている状況だそうだ(YAMDAS現更新履歴LWN.net)。

また、開発者リソース不足のため報告されるバグが見つかっていない可能性もあるという。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | BSD |

関連ストーリー:
386BSD 2.0が公開されていた? 2016年10月12日
PC-BSD、「TrueOS」に「進化」することを発表 2016年09月22日
AppleとARM、64ビットARM向けコンパイラ開発リソースをLLVMに投入 2014年04月21日

今こそ「オープンプロセッサ」について考えるとき

slashdot(open source) - 2018/01/26(金) 19:25
あるAnonymous Coward曰く、

CPUの脆弱性「Meltdown」や「Spectre」が世間を騒がせており、また少し前にはIntelのCPUが備えている管理機能の脆弱性が発覚するなど、最近CPU関連の問題が多く話題となっている。このような状況を受け、Linuxカーネル開発者の一人として知られるJonathan Corbet氏が「オープンプロセッサ」について考えてみても良いのではないかという考察記事を公開した(LWN.netSlashdot)。

記事では我々のシステムで使用されているCPUが独占的な存在であり、それ故に「不愉快な驚き」がもたらされているとし、それへのカウンターとして設計が公開されているオープンプロセッサという考え方が存在すると述べている。

オープンプロセッサはすでに複数が存在しており、たとえばPOWERアーキテクチャに基づいたOpenPOWERは(開発参加にはクラブ会員になる必要があるものの)共同開発によってプロセッサの設計を行える一例だという。

また、まだ先の見通しは不透明なものの、SPARC T1およびT2プロセッサの設計を完全にオープンにした「OpenSPARC」も存在する。さらに組み込みアプリケーション向けには「OpenRISC」が存在しており、すでに「OpenRISC 1000」などのプロセッサ製品が登場している。そのほか、「RISC-V」アーキテクチャも最近勢いがあり、これは命令セットアーキテクチャ(ISA)に重点を置いたものだがフリーハードウェア設計が存在しているという。

ただ、オープンソースのハードウェアにはいくつかの利点があるものの、万能ではないという。コンパイラは無料で利用できるが、プロセッサ自体の製造にはコストがかかるし、設計を検証する方法も必要となる。またRISC-Vが市場で成功を収めたとしても、市販のプロセッサには自由なライセンスが適用されないという可能性もある。

また、完全にオープンなプロセッサであっても、脆弱性がなくなるわけではない。しかし、以前はフリーなOSを作成することは困難だとみられていたが実現している。従来のCPUから離れる挑戦をすることは、自由を保つための最良のチャンスかもしれないとしている。

すべて読む | オープンソースセクション | オープンソース | ハードウェア |

関連ストーリー:
Western Digital、同社製品で採用するプロセッサをRISC-Vへ移行すると発表 2017年12月06日
SiFive、RISC-Vアーキテクチャの64ビットクアッドコアCPUをリリース 2017年10月12日
Intel x86プロセッサに含まれている遠隔管理システムに危険性? 2016年06月24日
AMDのRyzenおよびEPYCプロセッサに脆弱性があるとの報告、開示プロセスを巡っては批判 2018年03月15日
IntelのCPUの欠陥、米国政府より先に中国政府が把握していた可能性 2018年02月02日

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信