マスメディアやICTニュースサイトからの最新情報

Googleの自律走行車、信号無視のバンに衝突されて過去最大のダメージを受ける

slashdot(IT) - 2016/09/25(日) 19:14
Googleの自律走行車(Lexus)がカリフォルニア州マウンテンビューで走行テストを行っていたところ、赤信号を無視して交差点に進入してきたバンに衝突されて過去最大のダメージを受けたそうだ(9to5Googleの記事)。

LexusはPhyllis Avenueを北向きに進行しており、El Camino Realとの交差点に青信号で進入した。Phyllis Avenue側の信号はLexusが交差点に進入する少なくとも6秒前には青信号になっていたそうだ。しかし、El Camino Realを西向きに進行していたバンが赤信号を無視して交差点に進入し、Lexusに右側から衝突したとのこと。そのため、Lexusの右側のドアは前後とも大きくへこんでいる。写真ではよくわからないが、9to5Googleによると窓ガラスも割れたという。なお、2台ともエアバッグが正常に作動し、けが人は出ていないとのことだ。

Googleの自律走行車(Lexus)は2月にバスと接触する事故を起こしているが、この事故が発生したのも今回の事故と同じ交差点だ。この事故ではLexusがEl Camino Realを東向きに進行しており、右折してPhyllis Avenueに入ろうとしていた時にバスと接触している。

すべて読む | ITセクション | Google | IT | ロボット | 交通 |

関連ストーリー:
シンガポールの自動運転タクシー、配車サービスアプリ「Grab」から呼び出し可能に 2016年09月25日
Uber、ピッツバーグで自動運転タクシーサービスを開始 2016年09月19日
世界初の自動運転タクシーサービス、シンガポールで開始 2016年08月28日
自動運転自動車のブレーキが故障したら誰を助けるべきかを選ぶゲーム「Moral Machine」 2016年08月17日
LyftとGM、自動運転タクシーの公道走行試験を1年以内に実施する計画 2016年05月11日
Google、自律走行車の近くを走るスクールバスの検出に関する特許を取得 2016年03月18日
Googleの自律走行車がバスに接触した際の映像が公開される 2016年03月12日
Googleの自律走行車、自律走行モードでバスに接触する事故 2016年03月03日
Googleの自動運転車、ドライバーの介入で衝突を防いだのは13回 2016年01月20日
Googleの自動運転自動車、走行速度が遅いという理由で警官に止められる 2015年11月14日
Googleの自動運転自動車、スタンドスティルする自転車を相手に立ち往生 2015年09月02日
Googleの自動運転自動車、初の負傷事故 2015年07月20日
Googleが開発中の自動運転車、6年間で計11回事故にあっていた 2015年05月13日
Googleの自動運転カー、初の衝突事故(ただし人間の運転中) 2011年08月08日

ストリートファイターVのアップデートで追加された不正防止対策がルートキットのようだと批判される

slashdot(security) - 2016/09/25(日) 13:35
カプコンが23日に配信した「ストリートファイターV」のPC版アップデートがルートキット/マルウェアのようだと批判され、翌日にはロールバックする事態になっている(Ars Technicaの記事Polygonの記事The Registerの記事)。

カプコンのWebサイトでのアップデート告知には「セキュリティの強化を行いました」としか説明されていないが、Steamコミュニティの告知ではチート防止およびゲーム内通貨やコンテンツの不正取得防止のためのアンチクラックソリューションが含まれると説明されている。

この「ソリューション」はカーネルレベルで動作するドライバーを使用し、ゲーム起動時に改変をチェックするものだ。しかし、このドライバーについて、初回登録時にランダムな名前が割り当てられる、基本的なセキュリティチェックが行われない、SMEPを一時的に無効化するといった問題が指摘される。また、Webサイトで説明されている「ゲーム起動時に告知ウィンドウが毎回表示されるようになります。」というのはUACのウィンドウのことだったようだ。

これによりゲームを起動できなくなったユーザーもいるようで、苦情が寄せられる結果となる。カプコンはアンチウイルスソフトウェアやDEPによりブロックされている可能性もあるとして、「StreetFighterV.exe」をアンチウイルスソフトウェアやDEPの除外リストに入れるという回避策をブログで紹介していたが、最終的にはアンチクラックソリューションを除去したアップデート24日にリリースすることとなった。

すべて読む | YROセクション | セキュリティ | DRM | ゲーム |

関連ストーリー:
HP、ファームウェア更新で互換インクをブロック 2016年09月22日
Microsoft、Xbox Oneで他プラットフォームとのネットワークプレイをサポートすると発表 2016年03月16日
World of Warcraftの開発責任者、海外における日本製ゲームの「自主規制」は間違っていると批判 2016年03月09日
感染するとシステムのセキュリティを高めるような挙動をするマルウェア 2015年10月05日
SafeDiscやSecuROMといったDRM、Vista~8.1でもデフォルトでは動作しなくなっていた 2015年09月28日
Windows 10では「SafeDisc」や「SecuROM」といったDRMがサポートされない 2015年08月21日
RMS曰く、プロプライエタリーソフトウェアの多くがマルウェア 2015年05月24日
人気テキストエディタ「EmEditor」が攻撃を受ける、自動更新によりマルウェア感染の可能性も 2014年08月21日
Valveのチート対策ツールがDNSキャッシュをスキャンしていたことが判明、「ユーザーの監視では無いか」として物議を醸す 2014年02月21日
「GOM Player」のアップデート機能を利用して感染するマルウェアが確認される 2014年01月23日
米エンターテインメント業界、海賊版撲滅のためルートキットの使用合法化を求める 2013年05月29日
PS3 のファームウェアアップデートにバックドア ? 2011年02月03日
Sony BMGがルートキット開発会社を訴える 2007年07月12日
SONY BMGのrootkit問題対策パッチに新たな問題 2005年11月08日
Sony BMGの米国内向けCCCDにルートキット 2005年11月03日

シンガポールの自動運転タクシー、配車サービスアプリ「Grab」から呼び出し可能に

slashdot(IT) - 2016/09/25(日) 11:42
東南アジアで配車サービスを提供するGrabは23日、8月からシンガポールで自動運転タクシーサービスを提供しているnuTonomyとの提携を発表した(プレスリリースGrabのFacebook記事The Straits Timesの記事The Vergeの記事)。

提携により、GrabのユーザーはnuTonomyがサービスを行っているone-northエリアに加え、近隣エリアで自動運転タクシーを利用できるようになる。nuTonomyの自動運転タクシーには緊急時に対応するドライバーとコンピューターを監視する研究者が同乗しており、one-northエリア外ではドライバーが運転する。

Grabで自動運転タクシーを利用するには、登録および免責合意書への署名が必要だ。登録が完了すると、Grabアプリの「Robo-Car Trial」アイコンから自動運転タクシーを予約できるようになる。乗車料金は無料だが、1回の予約で乗車できる乗客は1名に限られるとのこと。

Grabによれば、人間のドライバーは乗降場所が市街地から遠く離れている場合に予約を受けない傾向があるといい、将来的に自動運転タクシーが補えると考えているようだ。Grabでの自動運転タクシー利用テストは2か月の予定だが、価値のあるフィードバックやデータが継続して得られる場合は延長される可能性もあるとのことだ。

すべて読む | ITセクション | モバイル | テクノロジー | スラッシュバック | IT | ロボット | 交通 |

関連ストーリー:
Uber、ピッツバーグで自動運転タクシーサービスを開始 2016年09月19日
世界初の自動運転タクシーサービス、シンガポールで開始 2016年08月28日
スマートフォンで呼び出せる自動運転バス 2016年08月24日
米フォード、運転手が不要な完全自動運転車を2021年までに発売すると発表 2016年08月22日
自動運転自動車のブレーキが故障したら誰を助けるべきかを選ぶゲーム「Moral Machine」 2016年08月17日
日本政府、2020年までに自動運転タクシー等の実用化を認める方針 2016年05月24日
LyftとGM、自動運転タクシーの公道走行試験を1年以内に実施する計画 2016年05月11日
自動運転タクシーの実証実験の実施へ 2015年10月02日
Googleの自律走行車、信号無視のバンに衝突されて過去最大のダメージを受ける 2016年09月25日

北朝鮮のWebサイトは28件

slashdot(IT) - 2016/09/24(土) 17:18
北朝鮮のDNSサーバーに登録されている.kpドメインのWebサイトが28件しかないことが判明したそうだ(The Next Webの記事The Registerの記事Softpediaの記事)。

北朝鮮のインターネットは国外から隔離されている。しかし、トップレベルのDNSサーバーの1つでグローバルゾーン転送のブロックが一時的に解除されていたのだという。この状態はトップレベルドメインのレコードを自動で収集してアーカイブするTLDRプロジェクトに検出され、プロジェクトのMatthew Bryant氏が取得したDNSデータをGitHubで公開している。

すべて読む | ITセクション | インターネット | IT |

関連ストーリー:
北朝鮮によるFacebook風SNS、よくあるパスワードを使っていたため数時間後に管理者権限を奪取される 2016年06月01日
Microsoft、北朝鮮のタイムゾーンに対応する更新プログラムを10月20日から提供 2015年10月11日
北朝鮮発のRed Star OSにはファイルに電子透かしを追加して追跡する機能が実装されている? 2015年07月24日
北朝鮮のサイバー攻撃部門が増員、約6800人規模に 2015年05月14日
Red Star OSに致命的なセキュリティホールが発見される 2015年01月27日
北朝鮮の独自OS「Red Star 3.0」が入手可能に 2015年01月13日
北朝鮮のインターネット、一時不通に 2014年12月24日

Mozilla、新ブランドアイデンティティーのデザイン候補4点を公開

slashdot(IT) - 2016/09/24(土) 11:39
やや旧聞となってしまったが、Mozillaが新ブランドアイデンティティーのデザイン候補4点を15日に公開している(Mozilla Open Designの記事Softpediaの記事)。

Mozillaでは6月に新しいブランドアイデンティティーをオープンデザインにより決定する計画を発表し、8月には7点のデザインコンセプトを公開した。デザインコンセプトは3点に絞り込まれる計画だったが、元のデザインが残ったのは「Mozilla」をプロトコル風に「Moz://a」とアレンジした「Protocol」のみ。2点は大幅に変更されており、新たにMozillaの「M」と炎をモチーフにした「Flame」が追加されている。

The Eye」は「MOZILLA」をモチーフに「O」を恐竜(Dino)の目のようなデザインにしたものだったが、この目が監視を思わせるなどの指摘があり、「O」を目にするアイディアを生かした「Dino 2.0」に変更したとのこと。また、ワイヤーフレームでMozillaの「M」をデザインした「Wireframe World」は平面的な「Burst」に変更されている。

デザインは9月末頃までさらなる改良が続けられ、グローバルなコンシューマーテストが行われる。10月には望ましいブランドアイデンティティーがはっきりすると考えているようだ。デザインに対する意見はMozilla Open Designの記事のコメント欄で受け付けている。スラドの皆さんのご意見はいかがだろうか。

すべて読む | ITセクション | グラフィック | スラッシュバック | Mozilla | デベロッパー | IT |

関連ストーリー:
Firefox 49、問題修正のためリリースを1週間延期 2016年09月14日
Mozilla、新ブランドアイデンティティーのデザインコンセプト7点を公開 2016年08月21日
Windows Insider Tシャツデザインコンクールのファイナリスト7作品、どう思う? 2016年07月31日
Mozilla、オープンソースソフトウェアのセキュリティ向上のための基金を創設 2016年06月12日
次期Android「N」の名前募集、インドの揚げ菓子が人気を集める 2016年05月29日
名称を公募していた英国の極地調査船、一番人気の「RRS Boaty McBoatface」は不採用に 2016年05月07日
Thunderbirdの受け入れ先はどこになる? 2016年04月29日
ニュージーランド国旗、国民は現在のデザイン維持を選ぶ 2016年03月26日
投票の結果を受けてLinuxカーネルのバージョンが4.0に 2015年02月25日

GoDaddy、DNS設定を行うためのAPIを発表

slashdot(security) - 2016/09/24(土) 08:00
あるAnonymous Coward曰く、

大手ドメインレジストラ/レンタルサーバー業者の米GoDaddyが2016年9月13日、DNS設定を行うためのAPI「Domain Connect」を発表した(ProgrammableWeb PR NewswireSlashdot)。

このAPIではIPアドレスとドメイン名の紐付けなどのDNS関連設定を容易に行うことができるという。サービスプロバイダとしてすでにMicrosoftやshopify、WiXなどのホスティング業者がこの規格に対応しているとのことで、またGoDaddyだけでなくname.comやUnited Domainsなどのドメインレジストラもこの規格をサポートしているようだ。今後この規格をIETF標準にすることも目指しているという。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット |

関連ストーリー:
DDoS攻撃と見られる大量のトラフィックによりスラドを含む国内の複数サイトがダウン 2016年09月05日
DNSプロトコルを悪用して指令を受ける遠隔操作ウイルスが確認される 2016年02月03日
米国のドメイン登録業者GoDaddy.com、cnドメインの取り扱いを中止 2010年03月26日
どこまでが「Cybersquatting」? 2009年07月01日

GoDaddy、DNS設定を行うためのAPIを発表

slashdot(IT) - 2016/09/24(土) 08:00
あるAnonymous Coward曰く、

大手ドメインレジストラ/レンタルサーバー業者の米GoDaddyが2016年9月13日、DNS設定を行うためのAPI「Domain Connect」を発表した(ProgrammableWeb PR NewswireSlashdot)。

このAPIではIPアドレスとドメイン名の紐付けなどのDNS関連設定を容易に行うことができるという。サービスプロバイダとしてすでにMicrosoftやshopify、WiXなどのホスティング業者がこの規格に対応しているとのことで、またGoDaddyだけでなくname.comやUnited Domainsなどのドメインレジストラもこの規格をサポートしているようだ。今後この規格をIETF標準にすることも目指しているという。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット |

関連ストーリー:
DDoS攻撃と見られる大量のトラフィックによりスラドを含む国内の複数サイトがダウン 2016年09月05日
DNSプロトコルを悪用して指令を受ける遠隔操作ウイルスが確認される 2016年02月03日
米国のドメイン登録業者GoDaddy.com、cnドメインの取り扱いを中止 2010年03月26日
どこまでが「Cybersquatting」? 2009年07月01日

民泊サービスや配車サービスで起こる差別問題

slashdot(IT) - 2016/09/24(土) 06:00
あるAnonymous Coward曰く、

個人間で「民泊」などと呼ばれる宿泊場所を仲介するサービス「Airbnb」が国内外で注目されているが、法律の縛りの緩い個人間を繋いだ結果、深刻な差別問題が起きているという(BuzzFeed)。

Airbnbではたびたび差別問題が発生しており、過去には黒人の学生が民泊の予約を申し込んだところ「俺はニガー(黒人の蔑称)は嫌いだ。別の場所を探せ」などと断られた件や、LGBTパレード参加のために申し込みをした男性が「LGBTの人はお断り。人類の敵は支持しません」なとと返された件などが報告されている。

いずれの宿も現在はブロックされているが、その他にも黒人/白人の名前を使った他の条件が同じ架空アカウントでの調査では、白人が50%予約を取れたのに対して黒人は42%しか受け入れられなかったという調査結果も報告されている。これを受けてAirbnbに対する訴訟も起こされており、また「Innclusive」(宿+多様性受け入れ)や「Noirbnb」(黒いbnb)といった代替サービスも開始されている。また、Airbnbも9月8日に差別防止策を公開している。しかしこうした問題は民泊に留まらず、配車アプリ「Uber」等においても発生しているという。

こうした問題が頻発している原因として、いずれの企業も起業家達が総じて白人男性であり、自らが差別や嫌がらせを受けた経験を持たないことから、システムの問題点に気づかないのではないかという指摘も寄せられている。

すべて読む | ITセクション | ビジネス | インターネット |

関連ストーリー:
カーシェアリングが普及すると車の所有数だけでなく排気ガスも減少するという調査結果 2016年07月22日
公共の駐車スペースを「譲る」ことで収益を得られるアプリに対し米サンフランシスコ市が警告 2014年06月27日
米国で「シェアリング」が流行している理由は所得減少にある? 2014年05月01日
SNS+アパート=ソーシャルアパートメント 2007年02月18日

電通がデジタル広告の不適切業務で会見、「業務を統括する経営の問題」(ニュース)

日経ITPro - 2016/09/23(金) 21:30
 電通は2016年9月23日、電通や国内グループ会社のデジタル広告サービスで不適切業務が判明したとして都内で会見を行った。中本祥一副社長は「責任は特定個人というよりも業務を統括する我々を含めた経営の問題」と述べた。

日立製作所、代理ログイン不要のネットバンキングAPI連携サービスを発表(ニュース)

日経ITPro - 2016/09/23(金) 18:03
 日立製作所は2016年9月23日、インターネットバンキングから口座情報を入手するタイプのアプリケーションとインターネットバンキングをAPIでデータ連携させるサービス「金融API連携サービス」を発表した。2017年2月にサービスの提供を開始する。

リンクス、Windowsベースの組み込み向け小型PCボード(ニュース)

日経ITPro - 2016/09/23(金) 17:37
 リンクスインターナショナルは2016年9月23日、Windowsベースの組み込み向け小型PCボード「LIVA BAT-MINI」を同社直販サイトで10月1日から順次出荷開始すると発表した。希望小売価格は1万2778円(税別)。

グレープシティ、オールインワン帳票ソリューションの最新版(ニュース)

日経ITPro - 2016/09/23(金) 17:29
 グレープシティは2016年9月23日、帳票システムの開発から運用までに必要なすべての機能を搭載したオールインワン帳票ソリューションの最新版「Elixir Report(エリクサー レポート) 8.7J」を9月30日に発売すると発表した。1デザイナーライセンス価格は20万円(税別)。運用時には別途運用サーバーライセンスが必要。

電通、ネット広告の不適切取引は疑義633件、2.3億円、「年内に全容解明」(ニュース)

日経ITPro - 2016/09/23(金) 17:22
 電通は2016年9月23日、インターネット広告などのデジタル広告サービスに関して不適切な業務があったとする問題について会見した。疑義のある作業案件が633件、対象となる広告主数が111社。不適切な部分に相当する金額は約2億3000万円。未掲載による架空請求は14件、320万円。電通は年内に全容を解明し、再発防止策を発表するとしている。

金曜ロードSHOW!で「ルパン祭り」 10月7日より3週連続放送

ITmedia(ITと社会) - 2016/09/23(金) 17:00

ルパン三世の放送開始45年を記念して、「ルパン祭り」が開催される。

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信