マスメディアやICTニュースサイトからの最新情報

Viibarとヤフーが協業、660億PVのビッグデータ活用、受ける動画を効果的に制作(ニュース)

日経ITPro - 2時間 22分
 動画制作支援のViibar(ビーバー)は2016年5月30日、ヤフーが保有するビッグデータを使った動画制作サービスを始めると発表した。ヤフーのデータ分析結果を基に、想定閲覧者が興味を持ちそうな動画を作る。月間660億ページビュー(PV)と日本有数の規模であるヤフーのビッグデータを使い、企業の動画マーケティングを支援する。

Adobe Systemsの社名の由来となった「Adobe川」の様子

slashdot(IT) - 2時間 46分

PhotoshopやIllustrator、Flashなどで知られるAdobe Systemsの社名の「Adobe」は、カリフォルニア州にある「Adobe Creek(Adobe川)」に由来しているそうだ。このAdobe Creekを訪問した記事がデイリーポータルZに掲載されている。

ただ、このAdobe川は小川で、これだけを見ても何も面白いことはない模様。また、このAdobe川に接する墓地「アルタメサ記念公園」にはAppleの共同設立者スティーブ・ジョブズ氏の遺体が埋葬されているそうだ。

すべて読む | ITセクション | ソフトウェア | idle | IT |

関連ストーリー:
脆弱性のあるQuickTime for Windows、アンインストールでCreative Cloudに不具合の可能性 2016年04月21日
Adobe Creative Cloudで勝手にファイルが削除される不具合 2016年02月16日
Adobe Flash、「Animate」に名称変更 2015年12月02日
Facebookの最高セキュリティ責任者曰く、AdobeはFlashを終息させるべき 2015年07月15日

熊本地震の避難所に「Pepper」派遣 会話やゲームで娯楽を提供

ITmedia(ITと社会) - 2時間 58分

ソフトバンクが熊本地震の避難所の小学校に「Pepper」を派遣。会話やゲームで娯楽を提供し、避難所生活のストレスを軽減する狙いだ。

「図書カードNEXT」6月から QRコード付き、残額はサーバで管理

ITmedia(ITと社会) - 4時間 54分

「図書カード」の新型「図書カードNEXT」の発行が6月1日から始まる。書店の専用端末でQRコードを読み取り、サーバで残額を管理する仕組みだ。

テンプホールディングス、「Exadata Service」などオラクルのPaaSを導入(ニュース)

日経ITPro - 4時間 57分
 人材サービス大手のテンプホールディングスは、グループ共通のデータベース基盤を構築する統合基盤プロジェクトで、日本オラクルが提供するPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)製品群を導入した。

[COMPUTEX 2016]台北で開幕、IoTや最新PC、Windows 10が焦点に(ニュース)

日経ITPro - 8時間 3分
 2016年5月31日より、台湾・台北市にてICT展示会「COMPUTEX TAIPEI 2016」が開幕する。2016年度のテーマとしては「IoT」「スタートアップ」「ゲーミング」「スマートビジネスソリューション」を掲げる。

Facebookアプリはユーザーの音声会話を勝手に送信しその内容を分析している?

slashdot(IT) - 8時間 50分
あるAnonymous Coward 曰く、

Facebookは単にユーザの個人情報、興味やオンライン上の習慣をチェックするだけでなく、プライベートな会話も盗聴しているとABCが報じている(NEWS10 ABCSlashdotiPhone Mania)。

南フロリダ州大学のKelli Burns教授は「Facebookはあなたの会話を聞いています。すべては、スマートフォンのマイク機能を有効にすることで始まります。いったん有効化したら、言葉を慎重に選んで会話をしてください」と述べている。

そのことをどうやって証明するのか彼女に訊ねたところ、彼女はスマートフォンのマイク機能を有効にし、アフリカのサファリに遊びに行く話を始めた。そして、ジープに乗るのはとても楽しいだろうと声を出して語った。すると、会話が行われて60秒もしないうちに彼女のFacebookフィードには3時間前に公開されたばかりのサファリに関するコンテンツが表示された。そして、ジープに言及したためか自動車広告も表示されたという。

Kelli Burns教授は「魔法のように親切です。確実だとは言い切りませんが、このことが偶然の一致だとも思えません」と語っている。

すべて読む | ITセクション | Facebook | プライバシ |

関連ストーリー:
ベルギー警察、Facebookのボタンはユーザーの感情を監視し広告に利用していると警告 2016年05月21日
Facebookの「Trending Topic」に偏向疑惑 2016年05月16日
米大統領選の共和党指名争い、テッド・クルーズ氏は不気味な男というイメージを作り出したソーシャルメディアにつぶされた? 2016年05月08日
Facebookはユーザーによる投稿を非中立的にコントロールして世論を操作できる? 2016年04月20日

Xiaomi、リストバンド型の新端末を6月7日発売か(ニュース)

日経ITPro - 9時間 6分
 中国Xiaomi(小米科技)はリストバンド型ウエアラブル端末の新モデル「Mi Band 2」を現地時間2016年6月7日にリリースする。XiaomiのLei Jun(雷軍)最高経営責任者(CEO)自身が明らかにしたと、複数の米メディア(Tech2やWareableなど)が報じている。

放送大学、地上波放送を終了へ BSに一本化

ITmedia(ITと社会) - 9時間 18分

放送大学の地上波での放送が2018年9月に終了する。

Facebook、利用者以外にも関心に合う広告を表示へ(ニュース)

日経ITPro - 10時間 12分
 米Facebookは現地時間2016年5月26日、広告ネットワーク「Audience Network」の強化について発表した。非Facebookユーザーにも関心事に合った広告を表示できるようにする。

Apple、開発中の音声アシスタント機器に顔認証を搭載か(ニュース)

日経ITPro - 10時間 32分
 米Appleは開発中の音声アシスタント機器にカメラを搭載することを検討していると、複数の海外メディアが現地時間2016年5月27日までに米CNETの記事を引用して伝えた。

IntelがIoT事業強化 コンピュータビジョン会社を買収(ニュース)

日経ITPro - 11時間 46分
 米Intelは現地時間2016年5月26日、コンピュータビジョン(CV)を専門とする米Itseezを買収することで最終合意したと発表した。自動運転車関連などのIoT(モノのインターネット)分野に向けた取り組みを推進するためとしている。

舛添都知事「リコールしたい!」 問い合わせ相次ぐが……ネット署名も難しい理由

ITmedia(ITと社会) - 11時間 49分

舛添知事のリコールを行う方法についての問い合わせが相次ぎ、ネット上でもリコールを呼びかける投稿が目立つが、実現までのハードルは高い。

Windows 10 Anniversary Update、開発の最終段階へ

slashdot(IT) - 2016/05/29(日) 15:30
MicrosoftではWindows 10 Anniversary Updateのリリースに向け、開発の最終段階に入ったようだ(WinBetaの記事Softpediaの記事)。

WinBetaへの情報提供者によれば、Anniversary Update(Redstone 1)に対する新機能追加は終了し、バグ修正と安定化に集中する段階に入っているという。細かい機能追加や改善は行われる可能性もあるが、現時点で実装されていない大きな新機能については、2017年第1四半期にリリース予定の大規模アップデート(Redstone 2)へ先送りされるとのこと。なお、Build 2016で発表された新機能の主要なものは、現在のInsider Previewビルドに実装されている。

なお、先日更新されたWindows 10のハードウェア要件では適用対象のバージョンが「1607」となっているが、MicrosoftではAnniversary Updateの内部ビルドを「バージョン1607」と呼んでいるという。Anniversary Updateのリリースは2016年夏とのみ発表されているが、2015年11月の大型アップデートが「バージョン1511」となっていることから、実際にWindows 10が1周年を迎える7月のリリースとなる可能性が高そうだ。

すべて読む | デベロッパーセクション | アップグレード | OS | Windows | デベロッパー |

関連ストーリー:
Microsoft、今夏の大型アップデートに向けてWindows 10のハードウェア要件を一部変更 2016年05月24日
Windows 10の大型アップデートでスタートメニューに表示されるアプリ広告、倍増へ 2016年05月20日
Microsoft、Windows 10をバージョン1511にアップデートするツールをリリース 2016年05月19日
Windows 10 Insider Preview ビルド14332でBug Bashが開始される 2016年04月29日
Windows 10 Insider Preview ビルド14328、スタートメニューなどが変更に 2016年04月26日
Windows 10 Insider Preview ビルド14316、Bashが利用可能に 2016年04月09日
2016年夏のWindows 10大型アップデートは「Anniversary Update」 2016年04月02日
Windows 10 Insider Preview初の「Redstone」ビルドがリリースされる 2015年12月19日
Windows 10初のメジャーアップデート、一般向けに提供開始 2015年11月14日
Windows 10初の大型アップデート「Threshold 2」が完成 2015年11月06日
Windows 10一般リリース、アップグレードエラーの発生も報告される 2015年07月30日
Windows 10がRTMに到達 2015年07月16日

米政府機関、古いITシステムの運用と維持に予算の75%を費やす。8インチフロッピーディスクは来年退役の計画

slashdot(IT) - 2016/05/29(日) 11:44
米政府機関が数十年前のコンピューターシステム使い続けていることはスラドでも何度か話題になっているが、米会計監査院(GAO)の調べによると、連邦政府では年800億ドルを超えるIT予算の約75%を古いシステムの運用と維持に費やしているそうだ(GAOの報告書: PDFThe Vergeの記事Neowinの記事The Guardianの記事)。

GAOでは特に問題があるレガシーITへの投資として、多くの省庁が使用しているCOBOLで書かれたプログラムと国防総省が使用する8インチフロッピーディスクを使用するシステムを挙げている。

国防総省ではICBMや爆撃機といった核戦力の運用を連携させるために8インチフロッピーディスクを使用しており、1970年代のIBM Series/1上で実行されているが、全体としては53年前のシステムだという。ただし、これについては2017年度末までの更新が計画されているそうだ。

COBOLを使用したプログラムの置き換えについては省庁や部署によって対応が異なる。退役軍人省だけをみても、職員の給与計算システムは2017年に置き換えが計画されている一方、退役軍人に対する恩給支給などのシステムについては置き換えが計画されていない。

すべての省庁が現在のITシステム導入時期を記録しているわけではないが、リストアップされている中で最も古いのは財務省が使用しているもので、納税情報などを記録する個人用のマスターファイルと企業用のマスターファイルだ。

財務省のマスターファイルシステムはアセンブリ言語で書かれており、ハードウェアはより新しいIBMのメインフレームに置き換えられているものの、全体としてはおよそ56年前のシステムだという。これらのシステムの置き換えは今後の予定となっているが、具体的に計画されてはいないとのことだ。

すべて読む | ITセクション | idle | IT | アメリカ合衆国 |

関連ストーリー:
米国防総省による大規模なWindows 10移行計画に思わぬ難関、ハードウェアが古かった 2016年05月14日
スラドに聞け: あなたの周囲で最も長く稼働し続けているサーバーは? 2016年01月24日
パリ・オルリー空港の一時閉鎖、原因はWindows 3.1の障害 2015年11月15日
現在も業務で使用している最も古いテクノロジーは? 2015年07月25日
米海軍、Windows XPなどのカスタムサポート契約を延長 2015年06月27日
1980年代製のAmiga、ミシガン州の公立学校19校の冷暖房を現在も制御 2015年06月14日
1974年にインストールされたVMEオペレーティングシステムを使用している英労働年金省、CTOを募集中 2015年01月10日
絶滅しそうなプログラミング言語は? 2014年10月11日
米大陸間弾道ミサイルのシステムでは8インチフロッピーが現役で使われている 2014年05月01日
COBOLで書かれた米国防総省の給与システム700万行、実質的に更新不可能 2013年07月14日
1970年に登場したDECのPDP-11、カナダの原子力発電所でまだ現役で使われている 2013年06月21日
70~80年代のCOBOLシステムを支えたプログラマの引退が近づいているが、システムは動き続ける 2013年02月15日
働き続けるレガシーシステム 2012年03月12日
給与システムがCOBOLのため、給与カット不可 2008年08月07日

Googleマップの検索結果に広告を表示する「ローカル検索広告」

slashdot(IT) - 2016/05/29(日) 09:51
Googleは24日、Googleマップの検索結果に近くの店の広告を表示する「ローカル検索広告」を発表した(Inside AdWordsブログの記事Ars Technicaの記事Consumeristの記事ITmediaニュースの記事)。

広告は「promoted pins」と呼ばれており、店のロゴとともに紫色のピン(マーカー)として表示される。検索結果や詳細情報ページにも紫色で広告であることが明示されるようだ。また、ビジネス情報ページには、セール情報の表示や在庫確認機能などが追加されるとのこと。

検索時点で近隣のビジネスが何かを宣伝していなければ広告は表示されないが、今後Googleマップでルート表示をした場合などに広告を目にする機会が出てくるとのことだ。

すべて読む | ITセクション | Google | 広告 | IT |

関連ストーリー:
Google、検索結果の未読リンクを黒い文字で表示するA/Bテストを実施 2016年05月12日
Google検索で外国語を検索したときの自動翻訳表示、使いたい? 2016年05月04日
Google、アプリを試用可能な広告フォーマットを発表 2015年12月06日
若い世代は検索連動型広告と検索結果の違いを理解していない? 2015年11月26日
Google Playストア、広告を含むアプリに来年から「広告」ラベルを表示 2015年11月22日
Google、顧客のメールアドレスを活用したターゲティング広告を開始へ 2015年09月30日
Google、モバイル広告の誤タップ率が最大で50%にもなっていたことを発表 2015年07月01日
Google検索結果の広告枠に不正ショッピングサイトが多数表示されていたことが明らかに 2015年01月09日

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信