マスメディアやICTニュースサイトからの最新情報

全身で体感! 「スペースインベーダー」40周年展覧会の見どころを紹介

ITmedia(ITと社会) - 2018/01/11(木) 20:00

タイトーが「スペースインベーダー」の誕生40周年を記念した展覧会を六本木ヒルズ展望台で開催。プロジェクションマッピングを使った体感型ゲームを用意する。

総務省が電波法違反でソフトバンクを厳重注意、基地局4局を無免許運用(ニュース)

日経ITPro - 2018/01/11(木) 19:00
 総務省は2018年1月10日、ソフトバンクが電波法に違反し、携帯電話の基地局を無免許で運用したとして厳重注意した。

「SAO」ゲーム化5周年を記念した「ファンミーティング」開催 VR体験も

ITmedia(ITと社会) - 2018/01/11(木) 18:41

『ソードアート・オンライン』ゲームシリーズのファンミーティングを開催。世界観を体感できるVRアトラクションも出展

大災害をスマホとSNSで乗り切れ、KDDIが都内の高校で出張講座(ニュース)

日経ITPro - 2018/01/11(木) 16:00
 KDDIは2018年1月11日、防災と情報リテラシーの教育を目的とした出張講座「スマホ de 防災リテラシー」を都内で初めて実施した。共立女子中学高等学校の高校3年生がこの講座に臨んだ。

困っている人を深層学習で検知、ALSOKや三菱地所など実証実験(ニュース)

日経ITPro - 2018/01/11(木) 14:57
 綜合警備保障(ALSOK)と三菱地所、AI(人工知能)ベンチャーのPKSHA Technologyは2018年1月11日、商業施設内に設置した監視カメラの映像を深層学習技術でリアルタイムに解析し、困っている人を自動的に検知する実証実験を実施すると発表した。

つくば市とNTTデータなど3社、自治体向けRPA導入で共同研究(ニュース)

日経ITPro - 2018/01/11(木) 14:07
 茨城県つくば市とNTTデータ、クニエ、日本電子計算(JIP)は2018年1月11日、自治体がRPAを効果的に活用できるよう共同研究を始めると発表した。

Microsoft、AMDデバイスの一部にSpectre/Meltdown脆弱性対策パッチ提供を一時停止

slashdot(security) - 2018/01/11(木) 14:05
headless曰く、

Microsoftは9日、一部のAMDベースのデバイスに対し、Spectre/Meltdown脆弱性対策を含む更新プログラムの提供を一時停止することを発表した (Microsoftサポート— KB4073707: 日本語版英語版)。

Microsoftによれば、Spectre/Meltdown脆弱性の緩和策を開発するためにAMDから提供されたドキュメントに一部のAMDチップセットが準拠していないことが判明したという。その結果、該当するAMDチップセット搭載デバイスに更新プログラムを適用するとWindowsが起動できなくなるとのこと。

影響を受けるAMDデバイスへの提供が一時停止されているのは以下の更新プログラムだ。タレコミ時点では日本語版ドキュメントにAMDデバイスでの問題が記載されていないため、リンク先は英語版ドキュメントになっている。なお、1月の月例更新で提供されるマンスリーロールアップ以外は、4日に提供が始まっていた。

  • Windows 7 SP1/Server 2008 R2 SP1
    • KB4056897(セキュリティのみの更新プログラム)
    • KB4056894(マンスリーロールアップ)
  • Windows 8.1/Server 2012 R2
    • KB4056898(セキュリティのみの更新プログラム)
    • KB4056895(マンスリーロールアップ)
  • Windows 10

なお、更新プログラムが送信されない可能性があるのは、影響を受けるAMDシステムに「互換性のある」ウイルス対策ソフトウェアを「インストールしている」場合と説明されている。少しわかりにくいが、上記の更新プログラムは互換性の問題が確認されている一部のウイルス対策ソフトウェアをインストールした環境にはチップセットにかかわらず提供されていないため、このような説明になっているようだ。

一部のウイルス対策ソフトウェアで確認されている互換性の問題とは、Windowsカーネルメモリに対してサポートされない呼び出しが行われることで、BSoDが発生してWindowsを起動できなくなる可能性があるというものだ (Microsoftサポート— KB4072699: 日本語版英語版)。

Windows 8.1/10のWindows DefenderやMicrosoft Security Essentialsなど、問題のないウイルス対策ソフトウェアでは、レジストリの「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\QualityCompat」にDWORD値「cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc」があり、値のデータに「0」がセットされている。この値がセットされていない場合、今後のセキュリティ更新プログラムも受け取ることができないとのこと。

何らかの理由でウイルス対策ソフトウェアをインストールできない環境では、上述のレジストリ値をセットすることで更新プログラムを受け取ることができるようになる。このレジストリ値は互換性のないウイルス対策ソフトウェアをインストールした環境で更新プログラムを受け取れるようにするためのものではないので、注意が必要だ。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | マイクロソフト | バグ | AMD | Windows |

関連ストーリー:
本来アクセスできないメモリ領域のデータを読み出せる可能性がある脆弱性が見つかる、多くのCPUに影響 2018年01月04日
第6〜8世代Coreプロセッサなどに脆弱性、Intelがチェックツールを公開 2017年11月24日
「ウイルスバスタークラウド」とFall Creators Updateの組み合わせでPCが正常に起動しなくなる問題が確認される 2017年10月21日
Windows 10 Anniversary Updateの累積的な更新プログラムに一部環境で不具合が発生 2016年10月06日

Microsoft、AMDデバイスの一部にSpectre/Meltdown脆弱性対策パッチ提供を一時停止

slashdot(IT) - 2018/01/11(木) 14:05
headless曰く、

Microsoftは9日、一部のAMDベースのデバイスに対し、Spectre/Meltdown脆弱性対策を含む更新プログラムの提供を一時停止することを発表した (Microsoftサポート— KB4073707: 日本語版英語版)。

Microsoftによれば、Spectre/Meltdown脆弱性の緩和策を開発するためにAMDから提供されたドキュメントに一部のAMDチップセットが準拠していないことが判明したという。その結果、該当するAMDチップセット搭載デバイスに更新プログラムを適用するとWindowsが起動できなくなるとのこと。

影響を受けるAMDデバイスへの提供が一時停止されているのは以下の更新プログラムだ。タレコミ時点では日本語版ドキュメントにAMDデバイスでの問題が記載されていないため、リンク先は英語版ドキュメントになっている。なお、1月の月例更新で提供されるマンスリーロールアップ以外は、4日に提供が始まっていた。

  • Windows 7 SP1/Server 2008 R2 SP1
    • KB4056897(セキュリティのみの更新プログラム)
    • KB4056894(マンスリーロールアップ)
  • Windows 8.1/Server 2012 R2
    • KB4056898(セキュリティのみの更新プログラム)
    • KB4056895(マンスリーロールアップ)
  • Windows 10

なお、更新プログラムが送信されない可能性があるのは、影響を受けるAMDシステムに「互換性のある」ウイルス対策ソフトウェアを「インストールしている」場合と説明されている。少しわかりにくいが、上記の更新プログラムは互換性の問題が確認されている一部のウイルス対策ソフトウェアをインストールした環境にはチップセットにかかわらず提供されていないため、このような説明になっているようだ。

一部のウイルス対策ソフトウェアで確認されている互換性の問題とは、Windowsカーネルメモリに対してサポートされない呼び出しが行われることで、BSoDが発生してWindowsを起動できなくなる可能性があるというものだ (Microsoftサポート— KB4072699: 日本語版英語版)。

Windows 8.1/10のWindows DefenderやMicrosoft Security Essentialsなど、問題のないウイルス対策ソフトウェアでは、レジストリの「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\QualityCompat」にDWORD値「cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc」があり、値のデータに「0」がセットされている。この値がセットされていない場合、今後のセキュリティ更新プログラムも受け取ることができないとのこと。

何らかの理由でウイルス対策ソフトウェアをインストールできない環境では、上述のレジストリ値をセットすることで更新プログラムを受け取ることができるようになる。このレジストリ値は互換性のないウイルス対策ソフトウェアをインストールした環境で更新プログラムを受け取れるようにするためのものではないので、注意が必要だ。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | マイクロソフト | バグ | AMD | Windows |

関連ストーリー:
本来アクセスできないメモリ領域のデータを読み出せる可能性がある脆弱性が見つかる、多くのCPUに影響 2018年01月04日
第6〜8世代Coreプロセッサなどに脆弱性、Intelがチェックツールを公開 2017年11月24日
「ウイルスバスタークラウド」とFall Creators Updateの組み合わせでPCが正常に起動しなくなる問題が確認される 2017年10月21日
Windows 10 Anniversary Updateの累積的な更新プログラムに一部環境で不具合が発生 2016年10月06日

aiboは繭から生まれる ソニーの「aibo」、誕生イベント開催

ITmedia(ITと社会) - 2018/01/11(木) 13:08

ソニーは犬型ロボット「aibo」の誕生イベントを開催した。

テレ朝とKDDI、テレビCMとスマホのリアルタイム連動型の視聴者参加ゲームを実施(ニュース)

日経ITPro - 2018/01/11(木) 11:12
 テレビ朝日とKDDIは2018年1月10日、テレビCMを見ながら視聴者がリアルタイムでスマートフォン上のゲームに参加する視聴者参加型企画を実施すると発表した。両社は、テレビとスマートフォンを連動させた新しいプロモーション手法について共同で検討を進めており、そのトライアルとして実施する。

ソニー、aiboとの暮らし描くCM公開

ITmedia(ITと社会) - 2018/01/11(木) 10:38

ソニーは「aibo」発売に伴い、全7編のテレビCMを放映する。

メルカリ、仮想通貨交換業登録を年内にも(ニュース)

日経ITPro - 2018/01/11(木) 10:00
 メルカリが、2017年11月に設立した子会社メルペイを通じて2018年中にも仮想通貨交換業登録を目指すことが日経FinTechの取材で明らかになった。今後、ビットコインをはじめとする主要仮想通貨を決済手段としてフリマアプリ「メルカリ」に組み込む。

NVIDIA、CPUの脆弱性対応でドライバのアップデート公開 GPUは影響受けず

ITmedia(セキュリティ) - 2018/01/11(木) 09:00

NVIDIAのGPUハードウェアについては、今回報告されたセキュリティ問題の影響は受けないと強調している。

中国で出会い系サービスの大量摘発が行われる、実在しない女性からのメッセージを自動生成

slashdot(IT) - 2018/01/11(木) 08:00

いわゆる「出会い系サービス」には一般利用者に成りすましたサクラが多いと言われている。こういった話は海外でも聞かれ、海外の出会い系サイトでも女性利用者は僅かだったという話が過去にあった。このサイトでは女性のフリをして会話をするボットが使われていたそうだが、中国でもこういった問題が発生しているという(GIGAZINEBBC)。

中国では、多数の出会い系サービスが架空の女性利用者をでっち上げて利用者を集めていたとして摘発され、サービスが停止される事態になっているという。BBCによると、警察の取り調べ対象となった企業は21社に上り、容疑者は600人以上。これら企業はプログラムによって自動生成されたメッセージを女性からのメッセージと偽って利用者に送信していたという。

すべて読む | ITセクション | 人工知能 | インターネット | IT |

関連ストーリー:
有料サイトへの誘導を行うボットネットがTwitter上で確認される 2017年07月25日
米出会い系サイトで活躍していた女性のふりをする会話ロボット 2015年10月08日
サイバー攻撃で利用者情報が流出した「不倫サイト」、実際には女性はほとんど居なかった? 2015年08月28日
既婚者向けSNSから3700万人超の会員情報が流出 2015年07月22日

チケットぴあで飲食店の予約権を販売する試み

slashdot(IT) - 2018/01/11(木) 07:00

昨今では飲食店の予約の無断キャンセルが問題となっているが(過去記事)、こういった問題への対策として、チケット販売仲介大手のチケットぴあで予約権を販売する試みが広がっているようだ。

この試みを始めたのは大阪の焼き鳥店「熊の焼鳥」。同店は予約の無断キャンセルを防ぐため、入会金を設定した「会員制」を採用。さらに、昨年7月1日より会員でなくともチケットぴあで3000円の「予約権」チケットを購入することで予約ができる仕組みを導入した。チケット購入代金は来店すると全額キャッシュバックされる(FOOD STADIUM KANSAI)。

この方式は成功したそうで、同店のオーナーは新たにチケットぴあで飲食店予約チケットを提供する会社win win win社を設立、12月1日より「tokuto_seki」なるサービスをスタートさせた。このサービス経由でチケットを購入するとさまざまなサービスや特典が提供されるとのことで、ドタキャンを防ぎつつ、顧客の満足度も高められるという(EATAS)。すでにチケットぴあのグルメ・食・お酒カテゴリで複数の飲食店が予約権を販売している。

すべて読む | ITセクション | ビジネス | インターネット |

関連ストーリー:
チケットキャンプ、サービス終了 2017年12月27日
チケットのネットでの高額転売を規制する法案がまとめられる 2017年12月05日
予約客がこない「ノーショウ」対策サービスが登場 2017年08月30日
予約無断キャンセル者の電話番号を集める「予約キャンセルデータベース」が登場 2017年07月11日

aiboの性別は? 大人になるまでどれくらいかかる? 修理料金は? ソニーの「aibo」質問まとめ

ITmedia(ITと社会) - 2018/01/10(水) 19:46

ソニーの犬型ロボット「aibo」発売を前に、ちょっと気になる疑問をまとめてみた。

タイガー魔法瓶、模倣品対策として「真贋判定シール」を導入

slashdot(security) - 2018/01/10(水) 18:18

中国や東アジア地域で、タイガー魔法瓶製品の偽物が多く流通しているという。そのため同社は模倣品対策として、製品に「真贋判定シール」を導入することを発表した。このシールは製品のパッケージなどに貼り付けられており、シールをめくると現れるQRコードをスキャンしてWebサイトにアクセスすることで、製品が正規品かどうかを判定できるという。

同じQRコードが複数回スキャンされるとその旨が表示され注意が促されるほか、登録されていないコードだった場合は不正なものとの警告を出すという仕組み。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 海賊行為 |

関連ストーリー:
EA、Zyngaのソーシャルゲームは盗作・模倣だとして訴える 2012年08月07日
ソニー製メモリースティックの模倣品が市場に出回る 2006年04月21日
特許庁、デザイン模倣品の保管も処罰方針に 2005年12月02日

香川銀、顔認証で残高照会ができる金融機関向けアプリ(ニュース)

日経ITPro - 2018/01/10(水) 18:10
 香川銀行は2018年1月9日、地方銀行で初めて顔認証で残高照会ができるアプリの取り扱いを始めると発表した。AndroidとiPhone向けに提供する。

英単語の問題を自動作成 ベネッセ、ソフトバンクらが実証研究へ

ITmedia(ITと社会) - 2018/01/10(水) 17:46

ベネッセホールディングスとソフトバンク、Classiは、東京工業大学と自動問題作成を実用化するための実証研究を開始する。

Googleの女性従業員に対する待遇差別をめぐるクラスアクション訴訟、原告側が修正訴状を提出

slashdot(IT) - 2018/01/10(水) 14:03
headless曰く、

Googleの女性従業員に対する待遇差別をめぐって元従業員が提起していたクラスアクション訴訟で3日、原告側が修正訴状を米カリフォルニア州上位裁判所に提出した(The Register訴状PDF)。

この訴訟は9月に提起されたもので、元の訴状(PDF)では訴状提出日から4年前までを対象期間と定義し、対象期間内の任意の時点にカリフォルニア州でGoogleに勤務していたすべての女性をクラスと定義していた。しかし、州上位裁判所のMary Wiss判事は12月、クラスの定義があいまいで具体的なグループの女性がどのような待遇差別を受けているのか示されていないとして、訴状の修正に30日間の猶予を与えていた。

修正訴状では対象を6カテゴリ(ソフトウェアエンジニア、ソフトウェアマネージャー、エンジニア、プログラムマネージャー、保育)の計30職種とし、待遇差別の内容も追加された。また、原告も1名増えて4名となっている。

すべて読む | ITセクション | Google | 法廷 | スラッシュバック | IT |

関連ストーリー:
Googleの男女格差巡る集団訴訟、カリフォルニア地裁が訴えを却下 2017年12月13日
Googleの従業員らが社内で年齢差別を受けたとして訴えていた集団訴訟、原告は269人に 2017年08月15日
Googleトレンドのデータでは米国における人種差別の兆候が確認できる 2017年06月20日
Googleの従業員、性差別と戦うため男女を問わず肩書に2日間「Lady」を付ける 2016年06月19日

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信