社会運動・市民運動サイトからの情報

塩崎厚労相の会話メモ入手! 受動喫煙防止で自民が激烈な多数派工作

週刊金曜日 - 2017/06/01(木) 10:22

「幅は、厚労省案と分煙派の間の案です。まとまらなければ、自民党は今国会で出せなかったということになる。WHO(世界保健機関)基準はなんとか守れる法案を出したい。努力させてほしい」

5月15日の夕刻、約3カ月ぶりに開催された自民党の厚生労働部会(渡嘉敷奈緒美部会長)は、厚生労働省が示す受動喫煙防止強化案を自民党たばこ議連(会長は野田毅前税調会長)の溝が埋まらず、「原則禁煙」とする修正案は了承されぬまま終わった。上記の発言は、部会の終了間際、田村憲久政調会長代理がこぼした弁。

その田村氏は部会の冒頭、こう切り出していた。

「このまま受動喫煙防止の法律が提出できないことになれば、自民党は何もできない政党になる」

部会は最初から最後まで平行線をたどったということだ。

受動喫煙防止の対策強化案について、飲食店を全面禁煙とする案をかかげる厚労省と、それを阻止せんとする自民党たばこ議員連盟の攻防については小誌4月21日号等で詳説した。

両者一歩も譲らぬ状況が続く5月8日の昼、東京都内のホテルではインナー(重要メンバーだけの会議)が開催された。

茂木敏充政調会長、田村政調会長代理、渡嘉敷部会長に加え、厚労省案批判の急先鋒である野田たばこ議連会長、超党派の「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」の尾辻秀久会長らだ。

ここで確認されたのは、屋内禁煙を原則としつつも、小規模飲食店については「喫煙」「分煙」の表示があれば喫煙を認めるという妥協案。厚労省は床面積30平方メートル以下のバーやスナック以外は屋内全面禁煙を掲げてきただけに、翌日の各紙には「厚労省案を骨抜き」という見出しが躍った。

インナーの結果について、田村氏が塩崎恭久厚労相に報告した際の電話記録を小誌は入手した。

塩崎大臣が「それは党としての決定か?」と聞くと、田村氏は「党というより、政調会長と両議連の代表が合意した」と答えに窮している。これに塩崎厚労相は「まともな議論をしたことがない」「部会もやっていないではないか」「部会を開くと約束したはずだ」と憤っている。最後は田村氏が「こんなことになると思っていなかった」とボヤき、電話は終了した。

ちなみに8日の夜、番記者から「受動喫煙はまとまりましたか?」と問われた菅義偉官房長官は、無愛想に一言、「知らない」とだけ言い放っている。

それから15日の部会開催まで、双方の多数派工作は激越を極めた。その模様を物語るやりとりメモがある。ある厚労族議員と厚労官僚で交わされた会話だ。

厚労族議員 自分は厚労省の案でいいと思っているんだが、田村先生から口封じの電話があった。表立った厚労省案賛成派に電話しまくっているのではないか。その電話の趣旨というのは、自民党の考えを作って固めれば厚労省は従わざるを得ないだろう、ということ。田村先生はそれでいいと思っている。恥をかくのは自民党だよ。

厚労官僚 官邸はどうなのでしょうか。

厚労族議員 官邸だって恥をかくだろうさ。

【丸川大臣を出席させず】

15日の厚労部会を議員だけのクローズ状態にした時点で自民党はすでに恥をかいている。

渡嘉敷部会長は部会終了後、メディアに向けて「今国会への法案提出はかなり厳しい状況になってきた」と他人事のように語ったが、部会が3カ月も開催されなかった理由は、渡嘉敷部会長に部会を開くだけの度量がなかったとしか言いようがない。

渡嘉敷氏は「部会に出席したい」と考えていた丸川珠代・東京オリンピック・パラリンピック担当大臣の出席をも拒んだ。「塩崎厚相を孤立させるためだろう」というのが周囲の一致した見方だ。

「閉ざされた自民党」が復活しつつある。

(野中大樹・編集部、5月19日号)

[B] フランス政治の新しい力  ” La France insoumise ” ( 服従しないフランス) 

日刊ベリタ - 2017/06/01(木) 10:16
フランスではマクロン新大統領が誕生して、これまでの社会党と共和党の二大政党を中心にしたシステムが一夜にして崩壊してしまいました。マクロン大統領にとっては政策を実現する上で、6月に行われる国民議会(下院)選挙でも自ら立ち上げた政党" En Marche ! "からできるだけ多くの議員を出すことが重要になってきます。驚いたことに昨日のフィガロ紙では世論調査の結果、577人の全下院議員のうち、なんと320から350議席をマクロン氏のEn Marche ! が獲得して国会でも安定多数を占める、と書かれていました。とはいえ、これはマクロン氏を勝たせるための記事だ、という批判も何人かから聞きました。

2017年6月辺野古への大型バス運行日程

辺野古浜通信 - 2017/06/01(木) 00:35
沖縄平和市民連絡会は、那覇島ぐるみ会議、オール沖縄那覇の会と協力し、月〜土曜日、民意を結集するため、バスによる送迎を行うそうです。日程は以下のとおり、早めの集合をお願いします。

【月曜日】
8時半 受付
9時発 県民広場発
 那覇インターでの乗車可能。
16時発 第2辺野古バス停
 平和市民連絡会

【火曜日】
8時半 受付
9時 県民広場発
15時半 第2辺野古バス停
 オール沖縄那覇

【水曜日】**事前予約が必要
6時発 県民広場発
16時発 県民広場発
 080-1782-6598
 090-2712-6486 まで
 平和市民連絡会

【水曜日】
8時半 受付
9時発 県民広場
16時発 第2辺野古バス停
 島ぐるみ会議

【木曜日】
8時半受付
9時発 県民広場
 那覇インターでの乗車可能。
16時発 第2辺野古バス停
 平和市民連絡会

【金曜日】
8時半 受付
9時発 県民広場発
 那覇インターでの乗車可能。
16時発 第2辺野古バス停
 平和市民連絡会

【土曜日】**事前予約が必要
6時発 県民広場発
16時発 県民広場発
 080-1782-6598
 090-2712-6486 まで
 平和市民連絡会

【土曜日】
8時半 受付
9時発 県民広場
16時発 第2辺野古バス停
 島ぐるみ会議

なお、高江への希望者は、7日前までに、上記、城間か長嶺まで連絡ください。

平和市民連絡会では、この行動の定期化のため、カンパを募っています。
カンパの宛先は、『(口座番号)は01710-5-88511』『(加入者名)は平和市民連絡会』『通信欄に辺野古・高江行きカンパ』と記入してください。

- 辺野古浜通信 -

写真速報 : 「自由な社会」が奪われる!〜共謀罪反対、市民の集いに4700人

レイバーネット - 2017/05/31(水) 22:16
5月31日、東京・日比谷野音で開かれた「共謀罪の廃案を求める市民の集い」には会場あふれる4700人が参加した。

[B] 人権NGOの主催で、国連表現の自由特別報告者デビッド・ケイ氏が出席、都内でシンポジウム

日刊ベリタ - 2017/05/31(水) 15:30
現在国会で審議中の共謀罪について、人権の観点から懸念を示している国連表現の自由特別報告者デビッド・ケイ氏が出席する国際シンポジウムが都内で6月2日に開催される。ケイ氏は、6月にも公式レポートを国連の人権理事会宛てに提出する予定とされている。シンポジウムは人権NGOヒューマンライツ・ナウが主催、秘密保護法対策弁護団が共催する。(大野和興)

大阪万博とカジノの見返りか? 維新、「共謀罪」成立に“ゴマスリ”協力

週刊金曜日 - 2017/05/31(水) 10:54

“出来レース”の兆候は松井一郎大阪府知事の会見からあった。(撮影/横田一)

日本維新の会は、自公両党と「共謀罪(テロ等準備罪)」について、取り調べの可視化(録音・録画)やGPS(全地球測位システム)捜査の立法措置の検討を附則に盛り込む法案修正に合意。5月29日、同法案は衆院を通過した。現在、参院で審議が始まっている。

昨年12月に自公と維新の賛成で成立したカジノ法案と同じパターンだが、野党を標榜するものの実態は「第2自民党」「官邸別動隊」と呼ぶのがぴったりの維新の賛成で、「強行採決ではない」と与党が言い訳をすることが可能になる。維新を狂言回しにした官邸主導の“茶番劇”といえるのだ。

維新のブレーンだった元経産官僚の古賀茂明氏は、こう批判する。

「大阪の地域政党が国政に進出したことで、大事な政策を歪めてしまう。『大阪で万博をやります。そこにカジノを誘致しましょう』という地元への利益誘導のために、国政で譲ってしまうということです。大阪で維新が信任を得たのは『改革をします』という訴えが支持されたからで、安倍政権との連携が信任されたわけではない」

実際、松井一郎大阪府知事・維新の会代表は、悲願である「大阪万博誘致」と「カジノを含む統合型リゾート(IR)推進」で安倍政権と二人三脚を組んでいる。万博もIRも候補地は大阪湾の人工島「夢洲」(大阪市此花区)だが、南海トラフ地震の津波襲来想定区域で浸水や液状化が懸念されている。しかも交通手段が未整備であるため、液状化対策や地下鉄整備(約540億円)などの莫大なインフラ整備費が必要だ。

そこで安倍政権は「東京五輪後の経済対策は大阪万博」という錦の御旗を掲げることで、巨額の血税投入を正当化。一方、維新の悲願実現を後押しする安倍政権に恩返しするために、維新は前国会のカジノ法案や今国会の共謀罪などで協力しているに違いない。まさに「ギブ・アンド・テイク」の蜜月関係といえるのだ。

【終盤国会と都議選に注目】

両者の“出来レース”の兆候は、共謀罪法案が提出された先月から漂っていた。衆院での審議が始まった4月6日、府庁内の囲み取材で松井知事は「(共謀罪の)対案を出していきたい」と語る一方で、大阪万博立候補の閣議了解が予定よりも1カ月早まったことについて、感謝していたからだ。

「(閣議了解の前倒しについて)ありがたいと思っています。閣議決定をしていただければ、速やかにBIE(博覧会国際事務局)に申請をしたいと思います。開催地の組長として国とご一緒したいと思います」(松井知事)

政府が大阪への莫大な血税投入という“餌”をまき、それに地域政党の維新が食いつくという構図。この時点から「当初は反対する構えを見せ、最後は修正協議をして賛成に回る」という維新・官邸合作のシナリオが透けてみえた。

修正合意3日前の8日夜には、大阪万博誘致を目指す超党派議連会長の二階俊博自民党幹事長が、維新の馬場伸幸幹事長と遠藤敬国対委員長と会談。大阪誘致の機運醸成に向けたイベント開催の考えを示すと同時に、維新との修正協議の歩み寄りについても触れた。自民党が万博を後押しする見返りに、維新が共謀罪法案成立に協力する“癒着”を物語るものだ。

これに対して、民進・自由・社民の野党3党は11日、テロと組織犯罪対策を目的とした法案(「航空保安法案」「組織的犯罪処罰法改正案」)を衆院に共同提出。同日の会見で蓮舫民進党代表は「現実的なテロ対策の強化法案」と強調。修正協議の真っ最中であった「維新の政権補完勢力的な役割」について聞くと、直接的な批判は避けたものの、「国民の皆さんには各政党がこの『共謀罪』についてどのような対応をしたのかは、よく見ていただきたい」と答えた。

なお「共謀罪は都議選の争点」と会見で表明した蓮舫代表は7日、都議選予定候補の応援演説で共謀罪法案を批判、対案提出も予告。

終盤国会の動向とともに共謀罪反対の民意が、都議選や次期衆院選でどう現れるのかが注目される。

(横田一・ジャーナリスト、5月19日号)

韓国:民主労総が座り込みに突入

レイバーネット - 2017/05/31(水) 02:40
民主労総が文在寅(ムン・ジェイン)政府の労働政策大転換を要求し、 青瓦台まで三歩一拝闘争を行った。 彼らは5月27日から光化門の開かれた市民の広場の前で、 △最低賃金1万ウォン争奪、 △間接雇用、特殊雇用など非正規職問題解決などを要求し、 テント座り込みを続けている。

韓国:新政府初の集会に5千人殺到…「最低賃金1万ウォン、2018年までに」

レイバーネット - 2017/05/31(水) 02:32
文在寅(ムン・ジェイン)政府発足後、 初の大規模都心集会が開かれた。 最低賃金1万ウォン即刻実現のための集会に、 労働者と市民約5千人が参加した。

韓国:全教組都心集会「新政府、法外労組を即刻撤回しろ」

レイバーネット - 2017/05/31(水) 02:31
全国教職員労働組合(委員長チョ・チャンイク、全教組)が都心集会を開き、 新政府に法外労組通知の即刻撤回を要求した。 また保守勢力の「全教組揺さぶり」を強く批判して、 全教組法外労組は朴槿恵(パク・クネ)政権の代表的積弊と主張した。

韓国:公営放送正常化ための言論労働者・言論市民団体闘争宣言

レイバーネット - 2017/05/31(水) 02:30
全国言論労働組合(言論労組)は5月19日に中央執行委員会を開き、 李仁浩(イ・イノ)KBS理事長、高大栄(コ・デヨン)KBS社長、高永宙(コ・ヨンジュ)放送文化振興会理事長、金張謙(キム・ジャンギョム)MBC社長、朴魯晃(パク・ノファン/パンノファン)聯合ニュース社長を 言論界積弊者5人に選定した。 今後、言論労組などの言論団体は彼らの退陣要求とともに、 言論正常化のための多角的な闘争を展開する方針だ。

韓国:九宜駅惨事から1年を評価する

レイバーネット - 2017/05/31(水) 02:28
昨年5月28日の九宜駅惨事以後、「安全の外注化」システムが韓国社会の積弊として注目されるようになった。 乗客と労働者の安全を威嚇する地下鉄運営システムを綿密に調査するための真相調査団が組まれ、 彼らは昨年、2回にわたり報告書をだして関連対策をソウル市に勧告した。 朴元淳(パク・ウォンスン)市長は謝罪談話文の発表とともに市民の生命と安全に直結する業務については直営化を推進するという内容の対策を発表し、 安全の外注化の問題解決に積極的な意志があることを表明した。

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信