社会運動・市民運動サイトからの情報

太田昌国のコラム「サザンクロス」 : 米軍の在外兵力の現状から見えてくるもの

レイバーネット - 2017/09/11(月) 11:11
2016年9月段階での米軍の在外兵力の実態が発表された。米調査機関ピュー・リサーチ・センターが米国防総省の統計資料を集計し、発表したものだ。

「北朝鮮問題において米国に勝算はない」

レイバーネット - 2017/09/11(月) 05:10
オーストラリアのラ・トローブ大学の国際政治研究者、 ベンジャミン・ハビブ(Benjamin Habib)氏は、 現地の非営利オンライン学術ジャーナル「ザ・カンバセーション(theconversation.com)」に9月4日(現地時間)、 「北朝鮮が核兵器保有国の一歩直前まで来た状況で、トランプ政権には勝算がない」とし 「われわれは東北アジアの盟主が米国から中国に移動する覇権の過渡期を目撃している」と指摘した。

[B] 東京新聞望月記者に殺害予告 官邸の望月攻撃が誘発、記者会見でIWJ岩上氏が問い詰める

日刊ベリタ - 2017/09/11(月) 00:05
官邸記者クラブでの記者会見で菅官房長官に対し鋭い質問を続けてきた東京新聞望月衣塑子記者に業を煮やした官邸が9月1日、東京新聞に対し「無礼な質問をこともあろうに官房長官に浴びせるとは何事か」といった意味の質問状を出した。いかなる質問にも答えるのは官房長官の職務、質問するのは記者の仕事なのだが、官邸記者クラブはこの事態を無視、知らぬ顔を決め込んていた矢先の9月4日夜、東京新聞本社に男性の声で「望月を殺す」という電話があった。(大野和興)

[B] 高速鉄道は350km時代に回帰か 安全性の問題なし

日刊ベリタ - 2017/09/10(日) 23:48
中国鉄路総公司は今月20日、全国の鉄道で9月21日から新しい列車運行図を実施し、高速鉄道「復興号」が北京と上海を結ぶ京滬高速鉄道で他路線に先駆けて時速350キロメートルの高速運転を実現する見込みであることを明らかにした。(JCLIFセミマンスリーニュース)

[B] 「平和の尊さを語りつぐ 絵巻物・スケッチで知るシベリア抑留展」を終えて 下山礼子(山形県村山市)

日刊ベリタ - 2017/09/10(日) 23:46
今年3月18〜20日、山形県村山市の市民会館において、私の叔父である澤田精之助(1921−85)の絵巻物を、同じ山形の元抑留者・渡邊昭平氏(1927−83)、岐阜の井上馨氏(1912−96)が描いたスケッチや絵画多数とともに展示しました。作者はいずれも故人ですが、過酷な抑留生活の記憶を画文で表現しています。(シベリア抑留者支援・記録センター通信No.17)

韓国:[ワーカーズ イシュー]万病の根源

レイバーネット - 2017/09/10(日) 23:44
チェ・ゴンビョン(61)氏は慶南のある自動車部品の塗装会社で 嘱託職(元請が直接雇用した短期契約職)として働いている。 一昨年、この工場に日雇職として入った後、正規職を経て、嘱託職の身分になった。 安定的であるわけではないが、それでも大きな不満もない。 彼の雇用は常に劣悪だったし、似たり寄ったりだった。 これまでに味わった苦痛と挫折を思い出させないのなら、 それでも耐えられるものだった。

韓国:[ワーカーズ イシュー]先輩の福祉は元気ですか?

レイバーネット - 2017/09/10(日) 23:44
今回は適性にぴったりな仕事だと思った。 自分のように老いていく老人を世話する仕事はかなり意味があった。 お金ばかり好む会社のために忠誠をつくさなくてもいいという点も気に入った。 長い間、回り回ってここまできたので、 過去の傷と怒りを忘れて新しく始めようと決心した。 2010年、清州市老人専門病院に入社したクォン・オクチャ(63)氏は 「療養保護士」という職業で人生第2幕の第一歩を踏み出した。

韓国:[ワーカーズ イシュー]スペックは一生積むものだという

レイバーネット - 2017/09/10(日) 23:43
不動産不敗神話に力づけられて公認仲介士になった。 不動産業を開業した後、それなりにいい暮らしをしていた。 率直に言えばこれまで経験した業種と職種の中で一番良かった。 財政的にも、精神的にも、肉体的にも。

韓国:[ワーカーズ イシュー] 面接の歴史

レイバーネット - 2017/09/10(日) 23:42
「私たち皆は今、汗と涙と…苦痛を要求されていています」

韓国:[派遣美術-現場美術]釜山に発つ希望の旅程(6)

レイバーネット - 2017/09/10(日) 23:31
希望バスを派遣美術という大きな構図で見よう。 派遣美術チームは現場に自らを派遣する人たちの集まりで、 彼らは派遣に行ったところで自分たちの才能とできる全てのことを連帯にする。 希望バスの乗客はすべて派遣美術チームだと考えて、 彼ら1人一人の連帯が活動につながり、大きな構図の希望バスが作られたのだ。

[B] 森友問題の佐川国税庁長官の罷免を求める署名 締め切り後も続々届く

日刊ベリタ - 2017/09/10(日) 15:08
森友問題で国会で虚偽の答弁をしたとして、佐川国税庁長官の罷免を求める署名(本紙既報)は、目標の一万人を大きく超え、麻生財務財務大臣に提出したが、締め切り後も次々と署名が届いている。署名を呼び掛けた醍醐聰東京大学名誉教授がその模様を報告してくれた。署名者のなかには現役の税務署員もいる。(大野和興)

【今週の風考計】9.10─16年目の「9・11」とアウンサンスーチー

日本ジャーナリストクラブ(JCJ) - 2017/09/10(日) 09:00
■<9・11同時多発テロ>から16年─今も米国では、イスラム教徒への暴力・迫害は続き、ヘイトクライムは勃発前の5倍にのぼるという。■トランプ大統領は就任してわずか1週間後、1月27日、「テロとの闘い」を名目に、中東7か国からのイスラム教徒の入国を90日間停止、さらに難民は120日間受け入れを停止する大統領令に署名した。その後も、多様な民族との融和を拒む言動が続く。

■こうした排他的な動きは、なにもトランプだけではない。いまや世界に広がる。近くはミャンマーでの武力衝突をめぐるアウンサンスーチー国家顧問の態度も、同類と見ていいのではないか。■ミャンマー西部ラカイン州に居住する少数派のイスラム教徒・ロヒンギャ族への対応である。迫害されてきた歴史を背景に組織されたロヒンギャ武装集団と政府治安部隊との戦闘で、無辜の住民27万人が隣国のバングラデシュに避難している。にもかかわらずアウンサンスーチーは、ロヒンギャ武装集団という「テロとの闘い」を理由に、住民を保護せず、融和のための対策を取ろうとしない。

■同じノーベル平和賞受賞者でパキスタン出身のマララ・ユスフザイさんは、この3日、アウンサンスーチーの積極的な発言を期待し、「世界とロヒンギャ・ムスリムが待っている」と、暗に今の態度を批判した。■ロヒンギャ問題に対して、何も対策を取っていないアウンサンスーチーに対し、賞を取り消すよう求めるインターネットの署名サイトも立ち上がり、すでに署名は38万人分を超す。インドネシアでもイスラム教徒がミャンマーへの抗議行動を強めている。世界の厳しい視線がアウンサンスーチーに向けられている。(2017/9/10)


Last Day! 80% Off Everything

NO!APEC TV - 2017/09/10(日) 06:42
Take it to brunch, the office, and everywhere in between.
If the e-mail below is not displayed correctly,please click this is not spam or click here. We love the combination of supple Venus against the high-shine hardware.
The information in this email is confidential and is intended solely for the addressee.
Home | Privacy Policy | Contact Us | Unsubscribe

韓国:光化門座込場との「熱い別れ」-座込場最終日の表情

レイバーネット - 2017/09/10(日) 02:55
1842日、ただ一日ももれなく守られた障害等級制扶養義務制光化門座込場(以下、光化門座込場)の最終日。 全国障害者差別撤廃連帯がちょうど10歳の誕生日を迎える日だ。 これまでになく多くの人が座込場の最終日を共にした。 座込場ではいつよりも多彩な表情と会うことができた。 喜びと悲しみ、成就感と惜しみがひとつの空間でゆらゆらした。 この激動の一日、光化門座込場の表情を伝える。

社会運動・市民運動サイトからの情報

コンテンツ配信