NPO法人労働相談センター  | 全国一般東京東部労組  | ジャパンユニオン

行事・活動 スケジュール


2017年

月日
曜日
時間
行事・活動
場所
6月        
6月4日 (日) 12:00〜17:00 日曜労働相談・見学会・説明会 青戸事務所
6月18日 (日) 12:00〜17:00 弁護士労働相談(岩田  整 弁護士) 青戸事務所
6月25日 (日) 12:00〜17:00 日曜労働相談・見学会・説明会 青戸事務所
6月30日 (金) 18:00〜21:00 夜間労働相談 青戸事務所
7月        
7月2日 (日) 12:00〜17:00 日曜労働相談・見学会・説明会 青戸事務所
7月9日 (日) 12:00〜17:00 日曜労働相談・見学会・説明会 青戸事務所
7月16日 (日) 12:00〜17:00 弁護士労働相談(佐々木 学 弁護士) 青戸事務所
7月23日 (日) 12:00〜17:00 日曜労働相談・見学会・説明会 青戸事務所
7月28日 (金) 18:00〜21:00 夜間労働相談 青戸事務所
7月30日 (日) 12:00〜17:00 日曜労働相談・見学会・説明会 青戸事務所
8月        
8月6日 (日) 12:00〜17:00 日曜労働相談・見学会・説明会 青戸事務所
8月20日 (日) 12:00〜17:00 弁護士労働相談(上杉 崇子 弁護士) 青戸事務所
8月25日 (金) 18:00〜21:00 夜間労働相談 青戸事務所
8月27日 (日) 12:00〜17:00 日曜労働相談・見学会・説明会 青戸事務所

 

スケジュール内容


弁護士労働相談デー

夜間労働相談

「学生ボランティアスタッフ」の募集


弁護士労働相談デー 案内




NPO法人労働相談センターでは、毎月(原則として第3日曜日)、「弁護士労働相談デー」を開設しています。

3人の弁護士が、毎回「日曜労働相談」の枠で当番で応対してもらえるというもの。

熱心に相談者の話に耳を傾け、解決策を 親身になって探し当てていただけます。

弁護士との相談は面談のみです(電話及びメールによる相談は当センタースタッフの応対となります)。

もちろん無料・秘密厳守。

3人とも労働問題に精通した”熱血弁護士”ですから、これまでの「日曜労働相談」同様、ぜひお気軽に足をお運びください。

 応対する弁護士のご紹介です。

上杉 崇子 弁護士

岩田  整 弁護士

佐々木 学 弁護士

NPO法人労働相談センター「弁護士労働相談デー」

1.日時 第37回 6月18日(日)正午〜午後5時
     担当弁護士 岩田   整 さん
     *原則として毎月第3日曜日に開催しますが、変更または休止となる場合がありますことをご了承ください。
          
2.会場 NPO法人労働相談センター青戸事務所        
     ホームページ http://www.rodosodan.org/
     センターへの行き方・周辺地図 http://www.rodosodan.org/kyotu/ikikata.htm

3.相談形態 弁護士との相談は面談のみです(要予約  匿名でのご相談及び当日のキャンセルはご遠慮ください)。

 電話相談及びメール相談へのご回答は当センタースタッフが行います。

4.当面の開催日程
  @2017年7月16日(日)正午〜午後5時 佐々木 学 弁護士
  A2017年8月20日(日)正午〜午後5時 上杉 崇子 弁護士
  B2017年9月17日(日)正午〜午後5時 岩田   整 弁護士
 
 
5.お問い合わせ
  NPO法人労働相談センター
  東京都葛飾区青戸3-33-3野々村ビル1階
  TEL 03-3604-1294・03-5650-5539
  Eメール consult@rodosodan.org
  担当 矢部(やべ)

 


夜間労働相談 案内




NPO法人労働相談センターでは、2014年2月から「夜間労働相談」をスタートしました。

毎月最終金曜日の夜18時から21時まで電話や面談での相談を受け付けます。

同センターではこれまで平日(月〜金)の9時から17時までを基本の開所時間とし、2006年からは毎週日曜日の正午から17時までを「日曜労働相談」として相談を受け付けてきました。

その結果、年々相談件数は増加し、一昨年2015年には過去最多の8597件の労働相談が寄せられました。

他方、仕事上の都合などにより平日の夜間にしか電話したり来所したりすることができないという声も少なくありませんでした。

そこでより多くの働く人からの相談に対応し、解決をアドバイスできるように夜間労働相談を新たに実施することにしました。

毎月最終金曜日は9時から17時までは通常どおり開所したうえで、さらに18時から21時まで事務所にスタッフが常駐し、相談を受け付けます。

賃金、会社都合の解雇・退職、有給休暇・休日、労災、過労死、過労自殺、退職金、社会保険、労働組合結成、ユニオンショップへの不満、いじめ・いやがらせ、倒産、相談者都合の退職、解雇予告手当、出向・配転・異動、セクハラ、パワハラ、労働時間、サービス残業、その他労働に関わるあらゆる問題の相談に応じます。

これまでどおり相談無料・秘密厳守で行いますので遠慮なくご相談ください。

なお、面談ご希望の場合は、できるだけ事前に電話でのご予約をお願いします。

NPO法人労働相談センター「夜間労働相談」

当面のスケジュール
@6月30日(金)18時〜21時
A7月28日(金)18時〜21時
B8月25日(金)18時〜21時

お問い合わせ
NPO法人労働相談センター
東京都葛飾区青戸3-33-3野々村ビル1階(京成青砥駅から徒歩3分)
TEL 03-3064-1294・03-5650-5539・03-3604-5983
Eメール consult@rodosodan.org

 


労働相談ボランティア研修会 案内


[本講座は、下記の通りすべてのスケジュールをやりきって完了しました。次期の講座は現在鋭意企画中です。決まり次第発表します。その節はぜひふるってご参加ください]


これまで不定期に開催されてきた研修会が定例化されます。

「無理のない定期的な学習・研さんの場を」
「より実践を交えた即戦力を身につけたい」
「団体交渉にも出てみたい」

とのご要望にお応えし下記のとおり、 3 ヶ月ごと(年間 4 回)に実施します。

労働相談ボランティア 必修講座との位置づけですので、奮ってご参加ください。



1. 日時 

第 1 回 /2013 年 10 月 27 日(日) 10 時〜 12 時(正午)

第 2 回 /2014 年 1 月 26 日(日) 10 時〜 12 時(正午)

第 3 回 /2014 年 4 月 27 日(日) 10 時〜 12 時(正午)

第 4 回 /2014 年 7 月 27 日(日) 10 時〜 12 時(正午)

 


2. 会場 

NPO 法人 労働相談 センター事務所

3. 第2回講義内容
1 )「 2013年労働相談の特徴と労働相談ボランティアの活動案内」 講師 石川源嗣 当センター理事長

2 )「 相談 事例研究 A ― 不当解雇をはね返せ!」 講師 矢部明浩 当センター副理事長

4. ご注意
労働相談ボランティア の方は、年間少なくとも 1 回を必修とします。新規登録された方は、直近開催の研修会に必ずご参加ください。

 


ジャパンユニオン組合員研修講座 案内



[本講座は、下記の通りすべてのスケジュールをやりきって完了しました。次期の講座は現在鋭意企画中です。決まり次第発表します。その節はぜひふるってご参加ください]

 ジャパンユニオンでは組合員研修講座の定期開催を企画しました。

 いままでジャパンユニオンに加入されたあと、労働相談や会社に対する対応など組合員個々人へのフォローはしてきましたが、組合員全体を対象にした企画はなかなか実行できてきませんでした。

 組合員研修講座では、組合員として最低限必要な労働者と労働組合をめぐる基礎的な知識の習得を目標にして開催することにしました。

 開催趣旨は次の通りです。

 ふるってご参加されますようお願いします。

 

 

1。開催日程

年間4回(該当月の最終日曜日)

@ 2013 年  11 月 24 日 午前 10 時〜正午

A 2014 年  2 月 23 日 午前 10 時〜正午

B 2014 年  5 月 25 日 午前 10 時〜正午

C 2014 年  8 月 31 日 午前 10 時〜正午

*やむをえず日程変更せざるを得ない場合があります。ご了解ください。その際はできるだけ早く通知します。

 

2。会場

ジャパンユニオン組合事務所

http://www.rodosodan.org/kyotu/ikikata.htm

 

3.講義内容

(1)最初の 50 分は石川委員長が次の講義を行います。

第1回( 11/24 ) 「労働組合はなぜ必要か」

・労働相談に見る未組織労働者の無権利の実態

・「 労働者にとって最強のセーフティネットは労働組合!」「労働問題を労働組合加入で解決しよう! 」

第2回( 2/23 ) 「労働組合とは」

団結権、団体交渉権、団体行動権(労働三権)

労働組合の歴史

第3回( 5/25 ) 「労働組合はなにをめざすか」

集団的労使関係をめざす

組合結成、職場闘争、「職場少数派から多数派へ」、仲間を増やす

「労働者と経営者」「団結」「みんなで闘う」(労働学校)

第4回( 8/31 ) ジャパンユニオンとは、どう活動するか

ジャパンユニオンの特質と課題

組合員それぞれの境遇と目的の違い

各組合員の進路について

(2)次の30分は矢部書記長が法律問題についての講義を行います。

(3)最後の30分は質疑応答、感想にあてます。

(4)途中で、ジャパンユニオン・東部労組の活動報告ビデオを上映します。

 

4.その他

(1)参加は無料です。

(2)石川委員長の講義は4回セットになっていますので、できるだけ通しでご参加いただければありがたいです。

(3)ジャパンユニオン以外の東部労組組合員その他の方が参加することがあります。

(4)出席ご希望の方は、事前にお知らせください。

(5)首都圏以外に居住されている組合員はなかなか参加しづらいと思いますが、3ヶ月に一度の開催ですので、ご参加をご考慮いただければありがたいです。またそれとは別に、将来は通信講座的なことも企画したいと考えています。ご意見があればぜひお寄せください。

 


学生ボランティアスタッフ募集のご案内



 

NPO 法人労働相談センター

理事長  石川 源嗣

 

大学の学生、大学院の院生の皆さまに、「学生ボランティアスタッフ」の募集を呼びかけます。

 

学生ボランティアスタッフの活動内容は、従来からの「労働相談ボランティア」と、新規に開設する「団体交渉スタッフ」の2種類です。

それぞれについて説明します。

 

 

1.「労働相談ボランティア」の募集

労働相談センター は、労働問題について労働者の相談に応えるNPO法人(特定非営利活動法人)です。おもに電話、メール、面談での労働者からの労働相談に応じています。 労働相談ボランティアの仕事は、それらの労働相談に対応してもらうことです。不慣れな方には、そのための研修会を用意しています。

 

労働相談センターは創設して今年で 27年目 を迎えます。またNPO法人になって11年になります。
相談センターでは、賃金、会社都合の解雇・退職、有給休暇・休日、労災、過労死、過労自殺、退職金、社会保険、組合結成、ユニオンショップへの不満、いじめ・いやがらせ、倒産、相談者都合の退職、解雇予告手当、出向・配転・異動、セクハラ、パワハラ、労働時間、サービス残業、その他労働に関わるあらゆる問題のご相談に応じています。

詳しくは、ホームページの「 NPO法人労働相談センターとは? 」をご参照ください。

http://www.rodosodan.org/center/annai/centertoha.htm

 

NPO法人労働相談センターでの最近の相談件数は、毎月 700 件前後で推移しています。

相談内容では、「いじめ関連」(「いじめ・嫌がらせ」相談+「辞めたいのに辞めさせてくれない」相談+「セクハラ」相談)が相談総数の 30 %と、とびぬけてトップとなり、職場での働きづらさを象徴しています。そのほかでは、賃金、解雇問題が多いです。

 

それらの相談への対応には、労働相談センターや労働組合のスタッフとともに、労働相談ボランティアが中心的役割を担っています。

「労働相談ボランティア」は現在、登録者数が 516名に達しています( 10/1 現在)。

ほぼ毎週日曜日に開催している日曜労働相談では毎回、 ボランティアのご協力で、来所面接相談が平均4 〜 5 件、電話相談が 20 件前後、労働相談の見学・説明会参加が 2 〜 3 件という盛況を呈しています。

 

日曜労働相談の実施と併行して、労働相談・労働組合の見学・説明会を開催していますので、まだご参加されていない方はぜひ一度お出かけください。

「労働相談見学会・労働組合加入説明会・労働相談ボランティア説明会 ご案内」

http://www.rodosodan.org/2013/sodanannai2013.htm

 

 

2.団体交渉スタッフの募集

NPO法人労働相談センターでは、従来からの「労働相談ボランティア」とともに、新規に「団体交渉スタッフ」を開設しました。

 

労働相談のなかから、場合によっては経営者と交渉して問題を解決すべき案件が出てきます。その時は、全国一般東京東部労組、ジャパンユニオンの組合役員が当事者といっしょに、経営者に申し入れて、団体交渉という話し合いを行い、解決をはかります。

 

「団体交渉スタッフ」の仕事は、当事者や組合役員とともに、団体交渉の組合側メンバーとして、団体交渉に参加し、活動してもらうことです。

 

団体交渉にあっては、どんな小さい企業においても、またどんなにささやかな要求であっても、それらを巡って、経営者側と労働者・労働組合側との真剣勝負が毎回展開されます。

 

団体交渉権は、労働三権の重要な一部を構成し、経営者に対しては団体交渉を通じて、考えている以上の成果をかちとることが多いです。

 

そのような団体交渉という生きた労働運動に、あなたも参加してみませんか。

 

 

なお、団体交渉スタッフについては、交通費だけは支給させていただきます。

 

 

 

NPO法人労働相談センター | 全国一般東京東部労組 | ジャパンユニオン