現代企画室

お問い合わせ
  • twitter
  • facebook

107の謎
プサン迫間別邸の調査記録

木津宗詮/著
2017年1月刊行
定価2500円+税
A5並製・192頁
ISBN978-4-7738-1621-1 C0076

韓国に残された数寄屋建築。明治42年の姿を追い求め、数奇な運命を辿った建築の謎に挑んだ日本人がいた。本書は、その記録である。

日本統治の終焉、建国、内戦、軍事独裁、高度成長、再開発を経て、迫間房太郎別邸は数奇な運命をたどり、 既に創建当初の姿をとどめていないにも関わらず、当初の平面図一枚から暗中模索で新資料を発掘。限られた資料から真相を探求することでこの本が出来上がった。貴重な研究資料を通して、迫間房太郎別邸は歴史的遺産として未来へと受け継がれていく。