• 刊行年から

  • 本の検索

カシミール/キルド・イン・ヴァレイ
インド・パキスタンの狭間で

廣瀬 和司/著
2011年11月刊行
定価2200円+税
A5変並製・352頁
ISBN978-4-7738-1114-8 C0036

報道の空白地帯カシミール。

精緻なインタビューで見えてくる現実。

人びとに寄り添い、伝えようとする決意にあふれている。 長倉洋海(写真家)



インドとパキスタンの思惑や国際社会の駆け引きに翻弄され、絶望的な分離・独立運動を闘うカシミール地域。錯綜する紛争の背景を説き明かし、「民主大国」インドによる知られざる人権侵害の事実に迫る渾身のルポルタージュ。2005年カシミール大地震の詳細なレポートを含む。

【著者紹介】廣瀬 和司(ヒロセ カズシ)

1969年 東京都生まれ。獨協大学法学部卒。アジアプレス・インターナショナル所属。1995年に台湾人元従軍看護婦の取材を最初にジャーナリストとしての活動をはじめる。1998年よりインド、パキスタン、中国にまたがるカシミールについての取材をはじめる。カシミールについてのテーマはインド支配地域における分離・独立運動と人権侵害を主とし、2008年までに印パ双方から延べ20回以上訪問。共著に『アジアの傷、アジアの癒し』(風媒社 2000年)がある。

syohyo