RAWA
罪のない人々が卑怯者同士の戦争によって殺されている
少なくとも 3,767 人の市民がアメリカ軍の空爆の犠牲になった

ザ・ガーディアン, 2001年12月20日、ソーマス・ミルン

アメリカのテロ戦争の血にまみれた犠牲が何だったのか、明らかになりつつある。 それは、イギリス軍でもアメリカ軍でもない。ましてや9月11日のニューヨークとワシントン攻撃の首謀者であるアルカイダやタリバンのリーダーたちでもない。 その犠牲は悪事とは何の関係もなければタリバンにもなんの関わりもない、そしてビンラディンやその一味に部屋を貸したわけでもないアフガニスタンの一般の人々であった。
ペンタゴンはアフガニスタンに浴びせられた爆撃で何人の人が亡くなったかについて、口に出したがらないようだ。戦争に対する国際世論に敏感になっているため、スポークスマンたちはいつも市民の死傷者の統計を口に出すとき、お決まりのように「その数字については、確認ができない」と言って逃げたり、死傷者などは一切出なかったかのような素振りを見せている。 アメリカのメディアも非常に協力的だ。 爆撃が始まって7週間にはいり、ロス・アンジェルス・タイムズなどは「少なくとも12人以上の市民が犠牲になった」などと伝えている。.


このたびニュー・ハンプシャー大学の経済学教授のマーク・ヘラルド教授によって初めてアフガニスタン市民の爆撃による死傷者数に関する独立した体系的な調査が行われた。援助団体、国連の目撃者、テレビ曲、新聞や世界中の通信社の報告を受けて、ヘロルドは10月7日から12月10日までの間にアメリカ軍の爆撃によって殺された市民の数は3767人はくだらないと発表した。ざっと、一日あたり62人の罪もない人が殺された計算になる。そして、この数字は9月11日にニューヨークとワシントンで殺された3234人を上回る数字なのだ。
もちろん、ヘロルドの数字は推定に過ぎない。しかし、綿密にダブりがないかをチェックし尽くしただけでなく、使用した報告書のうち、保守的な数字だけを使っていることは注目に値すべきであろう。この報告には、爆撃の傷が元で後日なくなった人の数は入っていないし、爆撃以前の10日以内になくなった人の数も入っていない。さらに、救援物資の遅れや爆撃のために難民にならざるを得なかったために飢えや寒さで亡くなった 人の数も入れていない。また、軍人の死亡者数も入っていない(アナリストたちの中には、絨毯爆撃の死傷者数を推定するために過去に用いられた方法で1000人以上と見ている人たちがいる)。 さらに、マザリシャリフ、カライジャンギ、カンダハル空港などで殺害された捕虜の数もここには入っていない
戦争の専門家たちはこのような死傷者は、不幸ではあるがが必要な犠牲だと主張する。世界的なテロのネットワークを根絶するための正しい目的を遂行するためにやむをえないものだというのだ。彼らは、アフガンの市民は、アメリカ軍が標的にしたわけではないため、ワールド・トレード・センターで犠牲となった市民とはまったく性質の違うものだと主張する。
ところが、百歩譲っても現実はそんなに簡単なものではない。ヘロルドの論点は、アフガンの市民のこんなにも大きな死傷者の数は、直接アメリカ(とイギリス)の戦略や標的の設定によるものであるということだ。高いところから都市インフラに向けて何度も人口密度の高い地域を高い高度から爆撃するという決定は、アメリカ兵の命を救う代わりに、彼らの標榜するタリバンという敵ではなくアフガニスタンの市民の命を引き換えにするものであった。何千人もの罪のないアフガンの市民がこの2ヶ月の間にタリバン政権を転覆させる決定のためではなくて、アフガンの市民の命の価値を低くしか見ていないアメリカの軍事戦略家のために命を奪われてしまったのである。
難民を沢山乗せたトラックやバスが、カジャカイの水力発電所、カブールの電話交換所、アル・ジャジラテレビ局などの標的 の巻き添えになってしまうのは、計算できたことだ。 都会の町中に対人用のクラスター爆弾を落とす行為も然りである。ところが、西側の世論は、その名目のうちに何が行われているかについて、どんどん事実に鈍感になってきているようだ。アメリカのAC-130機がチョウカー・カレズの農村を10月に機銃掃射し、少なくとも93人の市民が殺されてたあと、ペンタゴンの軍人は「そこの人々が死んだのは、我々がそれを望んだからだ」とすら言い、国防長官のドナルド・ラムズフェルドは 「いちいち一つ一つの村のことを考えていられない」と語った。
昨日ラムズフェルドは、さらに破壊的な攻撃(訳注:テロによる)がロンドンなどに対して加えられる恐れがあることを明らかにし、テロリストへの脅威に対して、アフガンへの軍事行動が殆ど効果的でなかったということを不意に明らかにしてしまった(ビンラディンとアルカイダのトップを法定に引き出すことすらまだ達成していない)。アフガンでの死亡者に対しては、WTCのツインタワーの時とは違って、正式な2分間の黙とうもない。新聞のお悔やみ記事も、首相が参加してのメモリアル・サービスも。アメリカとその同盟国がこの卑怯者同士の戦争のために何千人もの犠牲者も出していることをも全然気にしていないというあまりに残酷な事実が、次々に明らかになっているだけである。

 

2001年10月28日、アメリカ空軍によるカブール爆撃で亡くなった12人の市民のうちの一人の子供の頭を持ち上げているカブール市民。目撃者によると、ある男性とその7人の子供が自宅に落ちた爆弾によって亡くなったという。 (AP による写真)
ほかの写真を見る

以下、RAWAのHPへのリンク(英文)
アメリカの爆撃によって100人のアフガン人が殺された <http://rawa.fancymarketing.net/100kill.htm>
アメリカ空軍の爆撃によって、少なくとも40人のアフガン市民が殺された <http://rawa.fancymarketing.net/40kill.htm>
間違った戦争による60人の死者 <http://rawa.fancymarketing.net/60kill.htm>
アメリカの爆弾が農村を掃射 <http://rawa.fancymarketing.net/us-bomb.htm>
アフガニスタンへの爆撃で4人の国連職員が死亡 <http://rawa.fancymarketing.net/2un-killed.htm>
数百人のパキスタン人が虐殺された <http://rawa.fancymarketing.net/pak-kill.htm>
マザリシャリフの処刑に関する国連の報告 <http://rawa.fancymarketing.net/un-maz.htm>
カブールの住民は北部同盟によるカブールの安全性に不安を感じている

h t t p : / / w w w . r a w a . o r g <http://www.rawa.org/>

ページ先頭へ  HOME