RAWAについて

●基本方針

RAWAアピール




創立者・ミーナ

●主な社会的活動

タリバンが女性に強制する制約事項

タリバンと他の原理主義者たちの違い

●あなたにできること

RAWAの主な社会的活動について

ソビエト占領時代には、私たちは反ソビエトや反傀儡政権のチラシを配布したり、デモを行ったり、学校や大学でストライキを行ったり、原理主義者の敵対に屈することなくあらゆる可能な手段によってレジスタンス運動に貢献するために女性達を動員してきました。また、難民のための学校や病院などを運営していました。"Payam-e-Zan" (女性のメッセージの意)などのメディアを出版、配布もしていました。このような活動のために、私たちの活動家達の多くが厳しい弾圧に遭い、カブールで投獄され、恐ろしい拷問にあったり、中には悪名高い刑務所に8年もの間収容されていた者もいます。私たちの創立者であり、リーダーであったミーナ(Meena)と、2人の側近もKHADの工作員と、原理主義者の取り巻きによって1987年に殺害されました。
傀儡政府が崩壊し、原理主義者達がカブールになだれ込んだ後、RAWAは従来よりもさらに女性の権利、人権と原理主義者たちの野蛮な行為に焦点をあてることを余儀なくされています。

私たちの活動は要約すると以下の通りです。

 


1) パキスタン国内

 RAWAは原則的に反原理主義の立場を取っており、私たちのアフガン難民女性に対する社会的活動は苦しい状況におかれています。私たちは数々の困難に耐えてパキスタン国内のいろいろな難民キャンプの女性達と密に連絡を取り続けています。難民問題に対する原理主義者たちの取り組みは極めて非生産的で、クエッタやぺシャワールの多数の難民キャンプの女性から、私たちのもとに援助やサポートの依頼が寄せられています。しかし、私たちができる援助やサポートは、深刻な資金不足によって、非常に限られたものでしかありません。
それでもなお、私たちは難民女性からよせられる反響を励みに努力しており、難民女性や子どもをより効果的に支援するため、私たちの医療や教育のプロジェクトに対する寄付を集める為に全力を尽くしています。しかし、思うように資金が集まらず、多くのプロジェクトをキャンセルする状況が続いています。

私たちのパキスタンでの活動を以下に要約します。

教育: 難民の少年少女の為に初等および中等教育の学校や、女性の識字教室を運営。教師や教材を、運営が原理主義者により行われていない難民学校、特に女子の学校に提供。また少年・少女のための2つの孤児院も運営しています。

ヘルスケア: 私たちはパキスタンに移動式の医療チームを擁し、ぺシャワールやクエッタでの難民キャンプで医療に従事しています。しかし、クエッタで11年間にわたり運営していた病院は、資金不足のため閉鎖の瀬戸際にあります。

人権: 私たちは人権などのために活動している組織やメディアに、タリバンや、他の原理主義者達による殺人、投石、四肢切断、投獄、拷問、殴打、鞭打ち、侮辱やその他の非人道的な行為に関するニュースや報告などを提供しています。また、私たちの出版物とウェブサイトの両方を通して、重要ニュースを掲載しています。

文化:反原理主義的内容を含む歌曲や教育的内容のカセットテープ製造、ドラマや寸劇への出演、「詩の夜」「物語の夜」などの開催、ポスター、小冊子、ブックレット、パシュトゥ語、ペルシャ語およびウルドゥ語での"Payam-e-Zan" (女性のメッセージの意。オンライン版および印刷版) の出版、および英語による「アフガニスタン『イスラム的政府』でっちあげの崩壊」の刊行(不定期)。

情報宣伝活動および政治的・社会的活動: 毎年2月4日、3月8日、4月28日、12月10日および27日に加え、女性の大きな活動を要する大規模なイベントにおけるデモの組織、記者会見やプレスリリースの発行および提言やリーフレットの配布、ウェブサイトのアップデートおよびアフガンからの写真やレポート、事実や情報に富む書き物などを盛り込んだ充実、原理主義者による犯罪を知らしめ、人々にアフガニスタンの置かれた状況を広報する為のパキスタンの政治的団体や女性人権グループへの参加、紙や電子的メディアへのインタビュー参加と、ジャーナリストの国内やパキスタンの難民キャンプへの招待、その他のアフガンや外国の組織とのコンタクトなど。

 また、さまざまな社会サークルで参加した女性や少女達に女性権利や原理主義者の本性、私たちの組織の目的、原理主義者の支配下での女性おかれた状況、宗教を用いた圧政に対する、また人権のための闘争の必要性、アフガンのもつ問題の早期解決の手段や道およびこの国の社会的、政治的生命について考えさせる活動も行っています。

 加えて、投獄されている人たちの未亡人や家族に対する援助も行っています。アフガ二スタン国内でタリバンやジハーディによって投獄された人たちや、パキスタン警察に捕らえられ、そこの牢獄にいれられた人たちの家族に連絡を取っています。そして、警察に連絡したり、時には裁判上、また法的な援助をしています。また、夫や、その家族から虐待を受けたり、不当に取り扱われている女性達の援助もしています。もしも、拷問や虐待の被害に遭っている女性が避難場所を望めば、可能な限り援助を与えます。

資金調達: 手工芸、カーペット、裁縫やビーズ編みの工場を運営。養鶏場養魚場の運営、また、ジャム、漬物、チョークなどの製造。

 


2) アフガニスタン国内での活動

アフガニスタン国内での私たちの活動は、主に戦争や暴力行為の犠牲となった女性達の援助をメインとしています。私たちのスタッフは自身あるいは家族が原理主義者の犠牲となった人たち、特に女性に連絡を取っています。それらの人々の苦難を「女性のメッセージ」に掲載し、アムネスティ・インターナショナルを始めとする女性の人権擁護団体に警告を発します。そして、心理的―社会的なサポートを提供し、犠牲者達をパキスタンの医療施設へ搬送したり、トラウマを受けた家族の子供たちをパキスタンでリハビリさせ、より良い教育の機会を与えたり、行方不明の女性またはその家族を捜索したり、戦場となった地域や自然災害に被災した家族の避難を支援し、安全な場所へ移動させ、生活に必要なものを与えたり、極端な場合には離散した家族の養子先を探して、家族が一緒に暮らせるよう尽力しています。

上記の活動以外も、私たちのアフガニスタン国内における日々の活動は要約すると次の通りです。

教育/情報宣伝活動: タリバンの偏見的で残虐な行為の為、私たちのアフガニスタン国内での活動は、表立って行えないような状況にあるにもかかわらず、今までのところ「在宅」学校や識字教室は成功を収めています。当面のところ、私たちは少年少女のための「在宅」学校と、文盲の女性と少女の為の識字教室を続ける予定です。タリバンの支配下でこの仕事を続けるのは困難かつ危険な事です。私たちが文盲の女性達にあうときには、誰にも怪しまれないよう細心の注意を払い彼女たちの自宅へ出向いています。学校や識字教室の他には、女性や少女達のサークルを主宰し、女性の人権の概念、原理主義者に対する闘争の必要性、教育と社会参加の必要性、民主主義と市民の自由の概念、そして、アフガン問題の解決法とこの国における人権の維持について議論しています。これらのサークルは月に2回開催されています。


ヘルスケア: 私たちはアフガニスタンの7つの地方に移動式の医療チームを置いています。これらのチームは主としてお金がない為、またタリバンを恐れて医者にかかることのできない女性の治療に当たっています。また、子供たちや、負傷した男性を診療することもあります。各地方で私たちの医療チームは平均して一日に3人の子どもの出産を行っています。女性や子供たちの治療にくわえ、少女達や文盲の女性達のための初期治療の授業も行っています。昨年は、彼らの派遣された地域で、ポリオワクチンの接種を成功裏に行いました。


資金調達: 養鶏場、小規模のカーペット織場、刺繍と編み物の作業場、養蜂場、手工芸と裁縫のグループなどを擁しています。これらのプロジェクトはRAWAの直接の管理のもとに運営されています。さらに、自分で養鶏場、手工芸や裁縫などのプロジェクトを行いたい女性に対する支援も行っています。また、短期のローンを貸し出し、ほとんどは未亡人であるこれら多くの企業家が家族を養って行けるように援助しています。

 

 

将来の計画

  1. 女性と子供たちの教育により焦点を合わせ、これを拡張していくためにできるだけ多くの活動資源を使うー無料で現代的な学校、施設やコースを造ったり、教科書、音声や動画のテープを出版し、現代の知識や科学をもりこみ、生徒の間で自由に回覧できるようにする。また、都市部だけでなく、地方にも図書館を建てる。私たちは知識には強力な力があり、それによって、女性の人権や社会的地位、そしてこの国の社会的、政治的な問題に関する女性の認識を高め、あらゆる場面で自らの価値ある役割を理解できるようになっていくと固く信じています。

  2. 女性と少女達のために、インターネット設備をそなえたコンピューターのクラスを設置する。私たちは、コンピューターやインターネットを使えることが如何に素晴らしいものであるかを学んだ。インターネットはそれ自身が「大学」である。私たちの力の許す限り多くの女性にコンピューターの教育を与えたいと切望する。コンピューターとインターネットは、男性によって独占されるものではなく、それを広めることに全力を尽くす。

  3. 私たちのすべての学校やコースに英語を取り入れ、さらに女性や少女の為の英語コースを設立する計画がある。これにより、あれわれのコンピューター教育より完全なものになるであろう。コンピューターや英語の知識がなければ、21世紀の文明社会を享受することは不可能とは言えないまでも、難しいものと言わざるをえない。

  4. 女性達のためのコースを設立する。特に未亡人が商業について学べるようにし、社会の名誉ある一員として立派に独立した生計が立てられるようにすること。

  5. 女性、10代の少女達、成人、若い女性、また子供たちの為に、この国の主要言語で特別な本や定期刊行物を発行する。

  6. 私たちはこの閉鎖された社会で、独自の性的嗜好をもつが、厳しい社会的・宗教的弾圧によって迫害されている女性達がいることを認識している。このようなタブーがえそれらの人々によって誌上で議論されるような雑誌を発行する。このような女性達が、自らを自由に表現するようになれば、社会はこのように大きなコミュニティ、自分らしく生き、愛すること以外に「罪」のない人々をもはや無視するべきではないという結論に徐々に向かうようになるだろう。

ヘルスケア

限られた資金のなかから、RAWAはアフガニスタンとパキスタンで無料の医療サービスを女性に対し提供しています。優れた医療サービスのある地域は限られていますが、そのような医療施設のある場所においてもタリバンは女性が医療を受けることを禁止しました。RAWAのこの分野での努力は、病気に苦しむ女性の数を考えると、大海の一滴のしずくのような状況です。
行く専任者女性難民と彼女たちの子供たちにサービスを提供する為、RAWAは1986年に多くの医療分野と25のベッドを持つマラライ病院(Malalai Hospital )を設立しました。しかし、資金不足のため、この病院は閉鎖の瀬戸際に直面しています

教育

アフガニスタンは世界でも最も識字率の低い国のひとつです。ユニセフの計算では、識字率は、女性で3―4パーセント、男性で28パーセントといわれています。タリバンは文盲と無知による傲慢さの見本です。RAWAは、数々の障害と乏しい資源にもかかわらず、タリバンや他の原理主義者の圧政に苦しむ女性の識字率を高め、知識を昂揚することが我々の義務のひとつと考えます。
1987年に、RAWAは難民の子供たちのために多くの学校を設立し、原理主義者達が否定する基本的な知識や現代的な考えを与えています。残念ながら、これらの学校も資金不足の為、閉校の日が迫っています。

自立支援

RAWA が支援する工場では、たくさんの女性が働いています。原理主義者たちの犯罪的な抗争で一家の稼ぎ手を失った女性の数は何十万にも登ります。彼女たちは、非人道的なタリバンの規制によって、存亡の危機に追いやられていました。不幸なことに、RAWAの限られた資源では、自立支援のサポートも本当に限られた数の人々にしか提供できない現実があります。

RAWAの活動に関する他の写真を見る (英語)

RAWAの資金源


RAWAは自由、民主主義、女性の権利のために明確な反原理主義を掲げて闘う女性運動組織です。そのために、アフガニスタンのために活動しているNGOや国連、各国政府からの支援を絶たれています。我々は、主に、世界中からの個人の方々の寄付によって活動を行っています。我々のアフガニスタン内外のメンバーや協賛者ののメンバーシップ料金も、我々の資金源の一部をなしています。さらに、我々の工場で生産した絨毯や伝統的な手工芸製品を売った収入も多少あります。出版物、カセットテープやポスターも、わずかな資源の支えとなっておりますが、現在の増加するニーズに見合うまでには至っていません。このため、我々のジャーナルを定期発行することが不可能になっています。RAWA活動であるセミナーや会議の開催、デモ、我々の権利を主張するロビー活動が、この資金不足により大きな制約を受けています。厳しい資金難のため、民主主義をすすめ、原理主義に反対するための我々のアフガン女性の活動も限られたものとなってしまっています。

 

RAWA孤児院 RAWAの識字教室 RAWAの教育方針 RAWAの学校
スライドショー

 

 

 
ページ先頭へ  HOME