RAWA 4月28日 ブラックディ ステートメント

RAWA statement on the Black Day of April 28, the day criminal fundamentalists seized power in Kabul}
http://rawa.false.net/apr28-03e.htm

訳者注:
 1992年4月28日、現政権で実質的な権力を握る北部同盟が当時の親ソ政権を倒してカブール入城を果たしました。この日より反ソのイスラム原理主義各派は激しい内紛をはじめ、多くの市民が犠牲になりました。犠牲は直接戦闘に巻き込まれた市民の他に、強盗と化した北部同盟各派の武装集団が市民に対するあらゆる犯罪・人権侵害を繰り返し、内戦期で最大の犠牲者が生まれたといいます。
  RAWAはこの北部同盟のカブール入城の日をブラックディとし、かつて親ソ共産主義政党がクーデターよって政権を握った4月27日よりも悲劇的な日としてしています。以下はこのブラックディを迎えるにあたってRAWAが発表した声明文となります。

4月27日:1978年のこの日、アフガニスタンの親ソ政党である人民民主党(PDPA)がクーデターによって政権を掌握した。このクーデター以後、アフガニスタンは本格的な内戦に突入、翌年1979年12月末にソ連のアフガニスタンへの本格的な軍事侵攻をもたらした。4月27日は以後20年以上もの内戦の始まりを告げる象徴的な日付といえる
4月28日:1992年4月28日に当時ソヴィエトに支援されていた共産党政権が崩壊し、ラバニ=マスード派(イスラム協会)が首都カブールを陥落させた。アフガニスタンの長い内戦時代を通じて人々に最も大きな被害をもたらしたこの時期は西側にはモジャヒディンと伝えられたアフガン軍閥の支配時代でもある。そしてこの暗黒の期間が始まった4月28日をRAWAはブラックディと呼んでいる。

本文:以下がRAWA声明文の翻訳文となります

1992年から1996年の間に「北部同盟」という犯罪者集団が行ったの比類なき残虐行為を考慮し、RAWAは「4月28日は28月27日よりも不吉な日だ!」というスローガンを打ち出してきた。このことは多くの団体を震撼させた。うわべは善人を装ったムジャヒディン達が傀儡政権の崩壊後に到着したこの日(訳注:カブール入城の日)のことを不敵にもRAWAがブラックディと定めたため、とりわけ北部同盟はRAWAに対して激しく非難している。

このRAWAのスローガンは苦難に満ちた人々の心の底からわきあがってきたものであり、大多数の人々の心に深く刻み込まれているのであって、どんな勢力であろうと、宗教的テロと威嚇のボロきれによってこの現実を覆うことなどできないのだ。


政府に入り込んだり、地方の「領主」となっている「北部同盟」の原理主義者達の現状は全くの一般の人々にとっても明白な偽りと裏切りに満ちたものとなっている。そして4月28日の犯罪者という顔についた泥を拭い去ろうする人々だけが歩み寄り、知力を結集して一群を作り上げている。

しかし犯罪者ジハディらによって人々の心に刻まれた抑圧の傷は深く、生々しい。全ての「北部同盟」指導者達とそれを擁護する知識人たちを王位から追い払い、順当な制裁を与えるまでは、人々の心の傷を癒すことなどできないだろう。

原理主義者たちの腐敗した本性を考慮に入れると、我々が繰り返し主張してきたようにラバニ、サヤフ、ハリリ、イスマイル・ハーン、アタ、その他の山賊たちを権力の座から取り除かなければ自由で公正な選挙を実施し、新憲法や新しい警察や軍隊を作り上げることなど不可能であろうし、そうした試みも結局狂気に満ちた原理主義者たちの支配を正当化するだけに終わって、我々の民衆を裏切ることになってしまうだろう。


進歩は緩やかに実現し、原理主義者たちの指導者と妥協することによってそうした進歩が可能になると主張する人々は気づくべきだ。今もなお総体としてみれば『卑劣な行為』が続いている。すなわち原理主義者リーダー、武装勢力の指揮官達の私欲の追求と醜い争いが続き、治安は悪化し、貧窮、失業、物価高騰がひどくなり、機能するような経済活動もなく、各地方の州や中央官庁では膨大な数の役職に「北部同盟」の軍閥、とりわけパンジシール出身者が高い地位まで上り詰め、情報機関が私達民衆の頭の上を黒い影を落としているなどなどだ。こうした事実全てが言葉の数々などよりはっきりと水晶のごとく明確に一つのことを示している。すなわち「原理主義者たちとの妥協」などという処方箋がどれほどばかげたものであるかが示されているのだ。

加えて犯罪にかかわるビジネスの説教者達も知っておくべきだ。「北部同盟」はグルバディン・ヘクマティアルやタリバン、アルカイダのボス達を暗黙のうちに支持している。なぜなら北部同盟の軍事的プレゼンスが持つ「重要性」や「必要性」を見せ付けるためには彼らが必要だから。そして権力をめぐる争い以外に北部同盟とその他の連中を隔てるイデオロギー上の大きな違いなどありはしないのだ。イスラム党(Hizb-e-Islami 訳注:グルバディン・ヘクマティアルの政党)と彼らの兄弟分、タリバンの「妨害」はアメリカとその情報機関が「北部同盟」の買収を止めない限り続くに違いない。

イラクがアメリカ軍の前に崩壊したその時、私達は今年のデモ(4月28日の)を行っていた。しかしイラクとの戦争準備と最終的なイラク占領はほとんど類例の無いような反戦運動を引き起こし、世界中のどこでもあらゆる片隅からもアメリカ政府とアメリカ大統領に対する非難が沸き起こった。ベトナム戦争以後、世界はこのように強力な反戦・反アメリカ政府、・反イギリス政府の運動を見ることは無かった。このような運動、世界中のみならず米国と英国で真っ先に起きた反戦運動は戦争を止めることこそできなかったが、平和を求め、圧制に抵抗する組織と個人を動員し、覚醒を促すことが非常に重要な歴史的役割を果たすことが確かになった。加えて人目を欺く民主主義の仮面はアメリカ政府とその同盟者イギリス政府がみずからの行為を擁護しようとすることでずたずたに引き裂かれることになったが、そうした行為によって未来の反戦闘争の偉大な伝統が残ることになった。多くの政治解説者によれば反戦運動があまりに力を持ち、頑強で裾野が広いが故に、仮にイラクが侵略者であり、サダムフセインが血塗られた独裁者であろうとも、アメリカとイギリスは体面は強いダメージを受けて、もはや勝利者とはみなされていないのだという。これら米英政府は彼らの政治的・経済的な利害に危険が及んだときに自国民と世界中の人々の全般的な感情に対してどこまで無頓着になれるかを示すことになった。

これは私達の国の悲劇でもあるのだが、このグローバルな反戦運動に関してまたも再び我々RAWAを除いてアフガンのどの組織からも何の声明も出されなかった。RAWAはラリーを組織し、世界中の反戦運動に連帯する多言語の声明を発行した。私達の代表がアメリカやヨーロッパで説明してきたとおり、アフガニスタンの声はジハディやタリバン、アルカイダ、CIAのお雇い兵といったもので集約されるわけではない。私達の国民は4半世紀の戦争で苦しみ続けてきたのであって、戦争と侵略には全面的に反対している。

アフガニスタン政府はアメリカ政府のイラク攻撃に賛成票を投じる各国政府に同調しており、確かにこのことに驚くものは誰もいない。しかしし皮肉なのはバグダッドが戦火の嵐に見舞われている最中に政府はアフガン市民から基金を募ってイラクの人々を助けようという意志を表明したのだ!

カルザイ氏は本当にイラク人がそのような彼の申し出を受け入れるほどおろかで馬鹿な人々だとでも考えたのかもしれないが、イラク国民が次のように彼にたいして語らないほど単純な人々であると考えたのだとすれば大きな間違いを犯したことになろう。つまりイラク国民はこう語るだろうに「カルザイさん、あなたの国はそれほどまでに荒廃し切っているのだから、まず第一にそのような援助を議論する余裕など無いでしょう。第二にもっと大切なことだがイラクのためのお金は自分のポケットに取っておいてください。私達を守ろうとするのならばアメリカが率いて私達の国土を攻撃することに反対してくれるほうがずっと意味があることなのです」


私達はこの国の人々はアメリカ、ロシア、パキスタン、イラン、サウジアラビア、その他の国々に対して貸しがあると考えている。つまりアフガニスタンに犯罪的な原理主義者たちを作り、育てあげたことに関する真摯な謝罪するという貸しがあると。このことと同様に私達はいつの日か私達の国で民主的な政府が権力を握る日がやってきて、その政府が現政府の恥ずべき決定に対してイラク国民へ謝罪することを希望している。

そしてそのような日にはこの国は原理主義者とそのボス達と完全に全く手を切って真に民主的な政府を直ちに実現するだろう。現在、反原理主義のさまざまな組織の活動の波が生じており、このことによって希望がはぐくまれつつある。その希望とはこうした原理主義者らの勢力を打ち倒そうとする反原理主義の組織が育つというものだ。この現実は重要であり、RAWAは経験上、次のようなことが言えると考える。昨日までは組織も個人も原理主義者を非難してRAWAに加わる勇気がなくとも今日では私達はそのような勇気を見て取ることができる。中にはより大きな勇気を示してマスードをでっち上げられた「国民的英雄」、残虐な他の兄弟の列に並んで権力を握った死刑執行人するものも出てくるだろう。アハマド・シャー・マスードはラバニやグルバディン・ヘクマティアル、サヤフをはじめとする4月28日のその他の犯罪者達とは異なる、と主張する人があれば、その人が仮に反宗教ファシズム、親民主制、女性の権利擁護、愛国主義を唱えていたとしてもその主張の誠意が問われることになるだろう。


The Revolutionary Association of the Women of Afghanistan (RAWA) は全ての民主制を守る全ての人々に対してもう一度再び訴えたい。ほかならぬ自分達自身以外に自分達を助けるものはない。立ち上がって4月28日の傷と汚濁をアフガニスタンから一掃することは私達の義務である。


If I arise
If you arise
We all will arise

もしも私が立ち上がれば
もしもあなたが立ち上がれば
私達皆が立ち上がることになるだろう

Revolutionary Association of the Women of Afghanistan (RAWA)
April 28, 2003, Islamabad



 

このページのトップへ  Top pageへ