RAWAについて

RAWA(the Revolutionary Association of the Women of Afghanistan・アフガニスタン女性革命協会)は、アフガニスタンの人権と社会正義のために闘う独立系の政治的・社会的組織として1977年にアフガニスタンのカブールで設立されました。

RAWAの設立メンバーは、ミーナ(Meena)の伝説的な勇気あるリーダーシップのもとに集まったアフガニスタンの知識階級の女性達です。ミーナはグルブディン・ヘクマティアル(Gulbuddin Hekmatyar)の率いる原理主義者と共謀したKGB(当時)のアフガニスタンのエージェントの手によって1987年にパキスタンのQuettaで暗殺されました。RAWAの当初の目的は、女性の人権奪回や民主的で政教分離した政府の樹立を実現するため、より多くのアフガン女性を社会的また政治的活動に参加させることでした。

RAWAは政治的に非常に苦しい状況におかれていたにもかかわらず、まもなく政治的抗議活動だけでなく、教育、衛生、自立支援など、多岐の分野にわたって活動するようになりました。

1978年4月、モスクワによるアフガニスタンのクーデターの前までは、RAWAの活動は女性の人権と民主主義を求める抗議活動に限られていました。このクーデターの後、特に1979年12月以降のソビエトによるアフガン占領後、RAWAは抵抗戦線に直接加わるようになりました。反ソ連への抵抗戦線で絶対的多数を占めていたイスラム原理主義者の「自由の戦士たち」とは対照的に、RAWAは当初から民主主義と政教分離を主張しました。RAWAの抗議とその影響力は、ソ連による占領下の政治的弾圧と恐怖にもかかわらず増大し、パキスタンの女性難民のもとへ派遣されたRAWAのメンバーはどんどん増えてゆきました。そして、難民女性と子どもたちの差し迫った必要を満たすため、宿泊施設付きの少年少女のための学校をつくり、パキスタンのクエッタには難民となったアフガン女性と子供たちのために可動医療チームを擁する病院をつくりました。さらに、女性のための看護コースや、識字コース、職業訓練コースなども開講しました。

初期のRAWAの活動は、アフガンへの侵入者であるソ連と、その傀儡に対する抗議活動でしたが、これはのちに原理主義者に対する抗議活動に変わりました。現在、原理主義者たちによる裏切り行為と許すべからざる罪を暴いて行くことがRAWAの政治的活動の中心となっています。ソ連占領に反対する闘いと抗議活動のために、ソ連とその周辺はRAWAを抹殺しようとしました。また、イスラム原理主義者たちは、RAWAの掲げる民主主義と政教分離の推進および、反原理主義に対して、攻撃を仕掛けました。

これら2種類の敵に対してRAWAはその姿勢において妥協をしませんでしたが、払った代償は大きなものでした。RAWAの創設者であったリーダーや、多くの中心的活動家が何名も殉死しています。しかし、我々は死の恐怖にもひるまず、我々の固く信じるものを高く掲げ、真っ向から苦難に立ち向かっています。

我々の意見、目的や目標を宣伝し、アフガン女性に自らの権利や可能性についての社会的な、また政治的な自覚を与えるために、RAWAは二カ国語(ペルシャ語とパシュトゥン語)の雑誌Payam-e-Zan (女性のメッセージの意)を1981年に刊行しました。この雑誌は現在も出版されており、ペルシャ語とパシュトゥン語を使わない人々のために、ウルドゥ語と英語の増刊も発行されています。

ソ連が1992年にアフガニスタンに傀儡政権を送り込んで以来、RAWAの政治的闘争の焦点は原理主義者と超原理主義者タリバンの、アフガニスタンの一般の人民に対する犯罪的政策および残虐行為と、また特に超男性優位の反女性思想とに向けられています。

RAWAには、政治的活動だけでなく、想像も付かないほど大きな精神的ダメージを受けている女性や子どもたちに対する社会的活動や救援活動が山積しています。しかし現在のところ、RAWAの活動は国際的なNGOからの支援を受けていません。資金不足のために我々の社会的活動は、現在大幅な縮小を余儀なくされています。

 
ページ先頭へ  HOME