アフガニスタン最新ニュース

3月21日〜22日



3月21日(水)


北方アフガニスタンの飢饉は一層厳しさを増している(北部同盟):AFP
反タリバン派の北部同盟は、厳しさを増す飢饉によりこの3ケ月間で1000人が死亡したと発表。国連はこの発表に対し、死亡者数については確かではないとしながらもWFP、非政府系団体、地方政府による調査を開始した。WFPは380万人を救うため7600万ドルの緊急支援金を募集している。

タリバン文部大臣が爆破事故で負傷:Dawn
タリバンの文部大臣Mulla Amir Khan Muttaqiが首都カブールでの車両爆破事件により足や顔などに傷を負った。 この事件により5人が死亡、数人が怪我をした。

3名のアフガニスタン兵士殺害される:The Times of India

タリバンによる牛の屠殺は経済困窮の隠れみのか?:UPI

アフガニスタンの使節が石仏破壊について弁明:The News: Jang
アメリカとタリバンが実務レベルの会談を行なった。会談のなかでアメリカはアフガニスタンが関与しているテロリズムや麻薬売買、人権問題などに対する自国の姿勢を強調。一方タリバン側はブッシュ大統領宛ての文書のなかで両国の関係改善と対話継続を訴えた。またタリバンは石仏破壊の最終的決定要因として"多くの難民に対する援助が充分でないにも拘わらず、各国は石仏保存に対しては多額の援助を申し出ていた"ことを揚げた。

日本がアフガニスタンに対し690万ドルの緊急支援を決定:AFP
日本はアフガニスタンの難民に対し690万ドルの緊急支援を決定。駐パキスタン日本大使は、石仏破壊について国民には罪はないとし、平和的解決への努力や難民支援は続行するべきだと語っている。

日本がアフガン難民に対し186万ドルの緊急支援:Kyodo
日本はアフガン難民救済の国際組織に対し186万ドルの寄付を決定。また、WFPに対してもアフガン難民に配給する小麦粉購入資金として5億3800万円の提供を発表した。

日本はタリバンのリーダーを東京に招くことを計画:Kyodo
河野外務大臣はバーミヤンの石仏破壊について話し合うため、来月タリバンのリーダーを東京に招く計画があることを明らかにした。

パキスタンは新たな難民を冷遇:Charles Recknagel

タリバンが新年を祝うことを禁止 : BBC
アフガニスタンで伝統的な新年の儀式"Nowruz"が禁止されている。タリバン政権はNowruzは無信心者の行為だとして、儀式を行なった者は異教徒とみなすと発表した。


アフガニスタンとの連絡鉄道、まもなく着手:Dawn
パキスタン鉄道の会長は、産業と貿易を活性化させる為、アフガニスタンとともに連絡鉄道を設立すると発表した。
また彼は近い将来、路線はサウジアラビア、イラクなどにも広げる意欲も示している。




3月21日(水)

アメリカからのアフガニスタンへの小麦がパキスタン港に到着:AFP
アメリカからアフガニスタンへ寄付された3万トンの小麦がパキスタン港に到着した。来月は更に1万6千トンが届く予定で、今後数回にわけて年間7万5千トンの小麦が送られる予定。

アフガニスタンで500人の子供が餓死(タリバン):AFP
在パキスタンのアフガニスタン大使は、先週500人ちかい児童が餓死したと発表し、国際社会に更なる支援を求めた。

アフガニスタンで発射された砲弾がタジキスタンで爆発:Itar-Tass
アフガニスタンでの戦闘で発射された砲弾が隣国であるタジキスタンで爆発した。国境から2kmの地点であった。この爆発による犠牲者は報告されていない。このような事件は日常化しており、先月23日には20発の砲弾がタジキスタンに落ちた。

ムシャラフ将軍は、西側諸国による敵視がオサマ崇拝を促したと発言:IRNA
パキスタンのMusharraf将軍はワシントンタイムズのインタビューのなかで、西側諸国がオサマにテロリストの容疑をかけたことで、彼はイスラム過激派の英雄になった、と発言した。

コーラン焼却事件後インドに緊張がはしる:AP
the All India Hindu Protection Committee(全インド・ヒンドゥー保護委員会)のメンバーがAmritsarのモスク(イスラム寺院)に入ってコーランを燃やし、イスラム教で神聖とされる豚肉を投げ入れた。この行動はタリバンによる石仏破壊と牛の虐殺に抗議して起こった。宗教間の衝突を防ぐために警官が配備されているが、すでに14人の死者が出ている。

タリバン、カブール美術館を公開:AP
タリバンが石仏破壊命令を出して以来、初めてカブール美術館を公開した。仏像の痕跡はなく、破壊された残骸すら残っていなかった。破壊した仏像の残骸をどこかに移送したのではないかという見方もあるが、カブール美術館の館長はこれを否定している。館内にはかつて数千の石仏が保管されていた。

タリバンの大臣が主流派との対立を否定:IRNA
タリバンの文部・通信担当大臣のJamal 氏は石仏破壊問題について、彼と中央との間に意見の食い違いがあったとする報道を否定した。 彼はリーダーであるMulla Omar の命令なら何でも歓迎すると語っている。

タリバンの密使、米国官僚の説得に失敗:IRNA
現在アメリカを訪問しているタリバンの使節は、アメリカとタリバンのリーダーとの会談の約束を取り付けることに失敗。密使はブッシュ大統領宛ての文書を提出したが、内容は両国の関係改善をもとめるだけのもので、事態を改善するための新しい提案はなかった。

アフガニスタンParwan地区の新知事任命:IRNA

●ムラー・ムハンムド・オマル、アフガニスタンの降雨を石仏破壊と関連づける:IRNA
今週火曜日、アフガニスタンの各地の降雨があった。タリバンの実質的な最高指導者ムラー・オマル はこれを石仏破壊に対するアラーからの報償だと位置付けた。

タリバンは近隣諸国との良好な関係を望む(外務大臣):IRNA

国連制裁がアフガニスタンの対する外資投入を減退させた(タリバン大使):IRNA

戦争はアフガン問題解決の最後の手段ではない(Taherian): IRNA

WFPはカブールのパン屋を閉鎖せず:IRNA
アフガニスタンでWFPによって運営されているパン屋の閉鎖が一部で報道されたが、国連のErick de Mulはこれを否定した。カブールにはWFPによるパン屋が多く存在し、数年前から市民にパンの供給を行なっている。

モスクワがアフガン難民に居住を保証:Australian
ロシアは数千人に及ぶ不法なアフガン難民に対し、強制的国外追放はないと保証した。現在、合法的に登録されている難民は約100人しかいない。


イランが主要な国際的麻薬ルートを摘発、38人を逮捕:AFP


先頭に戻る 目次に戻る HPに戻る