アフガニスタン最新ニュース
2月8日〜9日


2001.2.9 
●アメリカ、タリバンにNYの事務所を閉鎖するよう命じる :Reuters
アメリカ政府はアフガンのタリバン政府に対し、国連制裁に伴いニューヨークのタリバンの事務所を閉鎖するよう命じた。アメリカ政府はまた、タリバン政権の代表であるAbdul Hakeen Mujahid 氏
のビザについても検討する。アメリカ政府はタリバンに対しウサマの即時引渡と女性と子供の解放、アヘン禁止と北部同盟の解放等を要求している。また、タリバンにはニューヨークの事務所なしでもコンタクトできると語っている。

●ウサマ、聖職者によって裁かれる、とタリバンが示唆 :Tribune News Services
アフガニスタンのタリバン政府は、ウサマを第三国において、イスラムの聖職者による裁判にかける準備があると木曜日、パキスタン内務大臣は語った。聖職者はサウジアラビア、アフガニスタン、アラブ首相国連邦*によって任命される、と彼は語った。

*タリバン政権を支持しているのは、パキスタン、アラブ首長国連邦、サウジアラビアの3カ国のみ

●パキスタン、新たな難民の受け入れ拒否:AP
パキスタンに流入する何千のアフガン難民のための難民キャンプを新たにパキスタンに供給する国連の提案に対して、パキスタンは
新たな難民受け入れを拒否した。パキスタン政府はアフガン難民に対して、アフガニスタンの状況が改善されたら帰国するよう呼びかけている。
パキスタンは難民のため、経済が悪化し、資源も減少している。国連はパキスタン北部に難民キャンプを設立させたが、すでに満杯で食料や医療が不足している。

●タリバン、ウサマを裁判にかける準備に:AFF
タリバンがウサマをイスラム聖職者によって裁かれるよう提案していることにつき、スポークスマンは、タリバンはウサマを第三国にゆだねる準備をしており、それが公平な裁判を導き、また、タリバンはアメリカ政府と話し合う準備ができている、と語った。アメリカ政府は以前にこの考えに反対している。

●パキスタン、アフガン囚人の解放へ:BBC
パキスタン政府は、アフガン囚人を解放する、と発表した。
アフガニスタンを訪問したパキスタン内務大臣Moihuddin Hider
が発表したもので、パキスタンは全ての囚人を解放することに同意したが、およそ400人は刑務所に残るという。
日程は不明だが、パキスタン国内のアフガン囚人が解放されることを願う、と彼は語っている。また水曜日、彼の搭乗した飛行機が火事になり、危うく大惨事になるところだったという。今回の訪問の目的の一つは、パキスタン国内のテロ行為の罪に問われており、現在タリバン政府に参加しているパキスタン人の引渡であった。タリバンはそのパキスタン人らを訓練していることを否定したが、犯人引渡については考慮すると語った。

●アフガンの飢饉に対し、より多くの支援を:AP
干ばつと2年間の紛争のため、アフガニスタン人は極限状態にあり、少なくとも300万人が危機的状況にある、と国連は木曜日に発表。国連は支援を各国に求めているが、十分な支援が得られていない。死者の数もさらに増加傾向にあり、特に子供が危険である。農作物も場所によっては90%から100%が壊滅である。

●国連、アフガンに調整人を送る:Radio Australia
国連事務総長アナン氏は、アフガニスタンに人道問題担当
事務次長を送った。アナン氏は又、緊急の支援金を各国
に呼びかけた。事務次長である大島賢三氏は来週、視察と
国際的アクションを起こすためにアフガニスタンに向かう。

2001.2.8
●アナン事務総長はアフガニスタンの人々の境遇を懸念 :XINHUA
国連のアナン事務総長は、アフガニスタンから帰ったばかりのHumanitarian CoordinatorのErickの報告を受け、強い懸念を表明した。彼は国際社会に対し、アフガニスタン再建の為に国連が打ちたてた支援目標に協力するよう要請した。その支援金に至っては、2億2900万ドルの目標額に対し、いまだ1400万ドルしか達成していない。また、アナン事務総長は、Emergency Relief Coordinator の大島氏に来週アフガニスタンを訪問し、人々の状況を調査してくるよう依頼した。

●アナン事務総長が窮地のアフガニスタンにトップクラスの調査スタッフを派遣、支援国も募る:DPI

●カナダが内外のアフガン難民に対し1300万ドル支援:カナダ政府
カナダの国際協力担当大臣Minnaは、CIDA(カナダ国際開発局)はアフガニスタン内外の難民に対し1300万ドルの支援を発表した。この支援金は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を通じパキスタンの難民キャンプへ、UNOCHA(UN Coordinator for Humanitarian  Affairs)を通じてHeratの難民へ、UNHCS (UN Centre for Human Settlements :Habitat)を通じアフガニスタン近郊の地域社会再建にそれぞれ役立てられることになっている。

●ACTはアフガニスタン冬季緊急援助ASAF-02を2001年1月に改定:ACT
ACT(Action by churches Together )は昨年12月21日に発行したアフガニスタンの冬季緊急援助策ASAF−02を今年1月に改定し、支援金の目標額を$4,944,520に設定したが、いまだ$942,743(19%)にしか達していない。ACT事務局は支援者を強く呼びかけている。

●パキスタンがアフガニスタンの囚人釈放を約束:BBC
タリバンはパキスタン国務大臣Haiderとの会談を終え、パキスタンは国内の刑務所にいる400人のアフガン囚の釈放を約束したと発表した。この後HaiderはKandaharでタリバンのリーダーであるOmar、外務相のMutawakelと会談をし、タリバンの捕らえているパキスタン囚の引渡しを要求する予定になっている。

●パキスタンはアフガニスタン囚数千人の釈放を約束:The news:jang

●Haiderの訪問中にカブールを爆破が襲う:The News :jang
パキスタン国務大臣HaiderがKandaharへ飛び立つ3時間前、空港から役2kmの住宅街で小規模な爆破事件が起こった。タリバンによると、これは反タリバン派によるものだという。この爆破で死傷者や重大な損害はなかった。

●Moinの飛行機がカブール空港で炎上:The news:jang
パキスタン外務相Haiderを乗せた飛行機の片方のエンジンから20mほどの火が出火、非難の騒ぎとなった。この飛行機はカブールの空港で離陸準備中であった。タリバンは反対派からの警告メッセージだと語っている。この事故で大臣他、煙にまかれたが大事には至らなかった。

●パキスタンとタリバンは囚人の引渡しについて会談:The news:jang

●タリバンはイスラム国家によるOsama裁判に応じる姿勢(Musharraf):The news:jang
Musharraf(パキスタン首相)はアラビア系新聞のインタビューの中で、タリバンはイスラム系国家における裁判であればOsamaを引き渡す準備があることを発表した。

●アメリカが迫り来るアフガニスタンの惨事を警告:The news:jang
USAID(アメリカ国際開発局)はアフガニスタンの迫り来る大惨事に警鐘をならし、難民に対する緊急支援を発表した。今回の支援はテント500、毛布5000枚、医療用具など$240,500相当をパキスタン、アフガニスタンの難民キャンプに送る予定。

●国連によるアフガニスタン支援:office of The UN Co-ordinator for Afghanistan
(国連による週刊報告)
支援金、支援物資
2001年度の各国、各団体からよせられたアフガニスタン支援は以下の通り。
EU:本国送還計画などにUS$350万。
ノルウェイ:人権監督事務所とパキスタン在住難民に約US$228万。
カナダ:アフガニスタン国内難民に対し約US$67万。
スウェーデン:穀物の種約$US52万。OCHA:救済支援にUS$3万。アメリカ:アフガニスタン国内難民に対しUN$20万相当の食料以外の物資支援。
健康
UNICEF:ユニセフはすでにLogar地方のPuloalamクリニックの補強と2つの井戸による安全な水の供給の復旧、パキスタンとの国境地帯におけるポリオの予防接種を行ない、また先だって支給した53,500枚のセーターと18,500枚の毛布に加え服、毛布、ストーブ等の緊急支援が計画されている。
訓練
WHO:WHO(世界保健機構)はPHD(Public Health Depertment)との協力のもと、Ghazni地方の医療センターとそのスタッフの医療活動訓練の指揮した。
障害者
ドイツ:ドイツ政府は多数の医師を派遣し、7日間にわたりKandaharで障害者に対する医療活動を行っている。すでに200人の患者を処置し、複雑なケースの場合は更なる治療のためにドイツへ移送する可能性もある。また障害者と女性に対して3日間の職業訓練も行なわれた。
地雷撤去
Kandaharの農業地帯で地雷撤去チームが調査を行ない815,000個の地雷を発見、172,00個を撤去した。また200人以上の人々に地雷発見訓練を行なった。
水、衛生
UNICEFの協力を得てRRD(Rural Rehabilitation Department)はBaraki地区に新しい井戸と手動式ポンプ10個の設置を完了。またBagrami地区で300の便所の設置、800人に衛生教育を行なった。UNCHSはKandaharの210個の手動式ポンプの設置に続き50の予備ポンプの設置とひ上がった井戸の再生に取り組んでいる。
教 育
SCA(Swedish Committee for Afghanistan)はトラック10台分の教育支援物資を送った。又、カブール等3地区の教員がSCAによる教育訓練を2ヶ月に渡って受けている。UNICEFは100人の女性に対して職業訓練を行ない縫製や織物の指導を行なっている。 CDAPはKandaharの看護学校に教育物資を送った。

●アメリカがアフガン難民に$240,500の支援を決定:The news:jang

●アメリカの直接的な人道的支援はアフガニスタンの悲惨な状況を助長するかもしれない:AAR

●Mehirizでアフガン難民の違法移送を阻止:IRNA
LEF(Law Enforcement Forces)は密輸団によりMerhitzからテヘランへ違法に出国しようとする80人のアフガニスタン人を逮捕した。彼等は本国へ送還されることのなる。今年になってすでにこうした逮捕者は約3000人になる。

●パキスタンがアフガン女性の為の学校設立に協力:Reuters
Mushrrafは2週間前のタリバン外務相との会談で、タリバン側が今後の社会における女性教育の重大さを認めているが、学校設立の為の人的、経済的問題があるとの見解を示したことを受け、支援を申し出た。彼は女性開発大臣のInayatullahをアフガニスタンに派遣し、女性の為の学校や大学をいかに設立するかを検討する計画。タリバンは厳しいイスラムの解釈により女性が働くことや少女が学校へ通うことを制限し、国際社会との議論の火種になっていた。

先頭に戻る 目次に戻る HPに戻る