アフガニスタン最新ニュース
12月4日〜6日


2000.12.6
●人権協定、アフガニスタンが、平和、民主主義、経済回復にむけての決定的動き

 アフガニスタンの状況を改善するため、2つの非政府組織と国際関係委員会が連体のもと会合が行われた。そのなかで3つの規約が同意された。

●6人の反対勢力指揮官を、殺人者として処刑
 アフガニスタン反タリバングループが、主要なタリバン指揮官(殺人者)を処刑したと発表。

●アメリカの高官は、アフガニスタンのタリバンに対し他の制裁を加えることを警告
 国連は、Bin Labinの引渡しを要求しているが、タリバン側は拒絶を続けている。拒絶に対し国連は他7つの制裁を考慮中である。

●国際テロリストネットワークに属する3人のイエメン人が、タリバンがアメリカ海軍駆逐艦コールに致命的な打撃を与えるため、来月に企て起こすだろうと予測

●国連代表、カザフスタンにアフガニスタン難民が流入しないよう期待


2000.12.5
●アフガニスタン労働市場の厳しい状況:IRIN News Briefs

 WFPの調査により、労働市場、市民の購買力が戦争による経済の荒廃により厳しいことが報告された。

●アフガニスタンで国際障害者の日を祝う
 国連の声明によると人口の4パーセント、約80万人のアフガニスタンの人々が障害を持っていると報告。(戦争やポリオ…)今回その声明に基づき、Bin Labinのキャンペーンと共に、国際障害者の日をアフガニスタンの障害者の人々とパキスタンで祝った。

●キルギスの大統領 暗殺者を恩赦 
 
大統領を暗殺し、政府を転覆しようとした1999年5月の事件に関与している9人のうち6人を恩赦。

●カザフスタンで、中央アジアの安全と極右勢力についてアメリカの高官は討議
 アメリカ高官:アメリカ国務省顧問、Stephen Sestanovichは、
アフガニスタンの貨幣価値は現在暴落中であり、アフガニスタンの人々は国連の経済制裁を恐れている、と語った。今後も経済が悪化する予測からタリバンは国連の経済制裁ををかわそうとしている。

●17万人以上のアフガンの避難民がイランより本国へ送還
 現在、イランにはアフガンからきた避難民が多く住むことから、国連もイラン政府と協力し解決に着手しはじめている。イランに住むアフガニスタン避難民にたいしては、自発的に本国へと帰還するようプログラムを進めている。今回、本国に送還された17万人の内、およそ11万5千が今回のプログラムによって自発的に本国へと帰る避難民である。

●アフガニスタンのタリバンは、国連の制裁について拒否権を行使するよう働きかける

2000.12.4
アメリカ合衆国は、Osama(Bin Labin)を引き渡すようタリバン対し最後通告をした事を否定

 アメリカは、アメリカ市民、施設を対象としたテロに対し、Bin Labinが関わっているとし、その責任はタリバンにあるとして、警告をしているが、最後通告にたいしては否定している。国連安全評議会が行っているタリバンに対する特別制裁の措置をアメリカと他のロシアのような他勢力も静観してる様子。

●アフガニスタンのあらゆるグループに、国連が武器輸出禁止をしたことに対し、パキスタンは賛成を表明
 国連が下した武器輸出禁止に関しての決定に賛成を表明しているが、一般市民にたいして、経済制裁を加えることに関しては警告をした。

●インド、ロシアは、反タリバン勢力に対して支援
 ロシアは中央アジアにイスラム勢力が及ぶのを恐れている。そのためタリバン、イスラム勢力に対抗する為、反タリバン勢力に軍事的支援や外交キャンペーンなどを行っている。

●Mashhadで、イランの警察官が305人のアフガニスタン人を逮捕
 イランには、多くのアフガニスタン避難民が住んでおり現在深刻な問題となっている。国連とイランは、アフガニスタン避難民を自主的に本国帰還させることに同意しているが、依然と90パーセントの人がイランに留まっている。

●国境でのドラックの密売にたいしてタリバンはイランを非難


先頭に戻る 目次に戻る HPに戻る