アフガン ニュースアーカイブ: 2001年4月1〜15日


4月2日
  • アフガニスタンでの戦闘によりロシア軍厳戒態勢を維持: Itar-Tass
    アフガニスタンと中央アジア共和国諸国との国境付近で戦闘が続いているため、タジキスタンに駐留するロシアの国境警備部隊はタジキスタン−アフガン国境付近を警護続けている
  • タリバンは、仏像の破片を売ると発表した。:Itar-Tass
    一ヶ月前に破壊したバーミアンの石仏の破片をタリバンは売り出しているという。
  • ユネスコは、アフガニスタンの危険にさらされている芸術品を購入すると発表:AP
    アフガンの古代遺跡破壊の衝撃冷めやらぬユネスコは世界中の芸術品保存に関する従来の方針を見直しを行った。
  • シーア派イスラム教徒、宗教儀式に参加
     イスラム教・シーア派が彼らの聖者の受難の日として嘆き、悲しみ、体に鞭打ちを行うなどする宗教儀式があるが、これまでスンニ派のタリバンはこの儀式の中で鞭打ちなどの宗教行為を禁じてきた。しかし今年はタリバンの制限が無く、シーア派の多くの人々がこの儀式を見ることができた。モスクの中にもタリバンの姿は無かったという。またスンニ派住民との衝突もなかったという
  • タリバン再度難民キャンプに発砲:The News Jang
    ロシア軍のスポークスマンがAFPに語ったところによると、タリバンはタジキスタン・アフガニスタン国境に避難している難民に対して再度発砲を行った。
  • 豪雨・強風により難民キャンプ汚水池となる:AP
    豪雨と強風、真夜中の寒気により、パキスタン北西部の難民キャンプは巨大な汚水池に浸かったようになっている。これにより伝染病が発生、何百もの人々が死ぬ危険があると、国連職員は金曜に語った。


4月3日
  • 国連は、パキスタンがアフガニスタン難民救援を妨害と発表: Reuters
    国連は木曜、パキスタン北西部の都市・ペシャワール近郊のむさ苦しい間に合わせのテントに住む難民(最低でも1万8千人)に対する援助提供をパキスタンが妨害している、とパキスタンを非難した。
  • アフガン反体制派、フランスに:BBC
    アフガンの反タリバン派・軍司令官のアフマド・マスード将軍はタジキスタンからパリに到着した
  • 12人のアフガン人ボートピープルが自殺の脅し
    難民グループが木曜に語ったところによると、12人のアフガン難民がオーストラリアの留置所でタリバン支配下のアフガニスタンへ国外追放されるのなら焼身自殺すると当局を脅迫している


4月5日
  • 崩壊したアフガンの大学、復活への奮闘:Reuters
    カブール大学は寄付された3台のパソコンと1台のプリンターで、新しいコンピューターセンターを開設した。学内には他に数台のPCがあるが、電力が供給されていない。ここはかつて地域で最も進んだ大学であったが、度重なる戦争により施設は破壊され、今だ再建の為の努力が実を結ばずにいる
  • 反タリバン派リーダーが支援を要請: BBC
    反タリバン派リーダーのマスードは、ヨーロッパ議会に対し、パキスタンにタリバンへの支援を止めるよう働きかけることを要請した
  • 武器ではなく支持を" マスードは語る: Deutsche Presse Agentur
    マスードは、フランスでヨーロッパ議会の議長を会談をし、必要としているのは軍事支援ではなく外交的支援だと語った
  • ヨーロッパ議会の議長が反タリバン派を後押し: Reuters
    ヨーロッパ議会議長は反タリバン派リーダーであるマスードの要請を受入れ、パキスタンに対しタリバンへの支援を止めるよう働きかけた
  • アフガニスタン:カブールの在宅介護制度促進:ICRC NEWS 13
    ICRCの在宅介護制度において、新たに80人の患者が認定された。認定されたのは脊髄損傷による全身または部分的な麻痺のある患者。ICRCはリハビリの他、経済的、精神的な援助を行なって行く。この制度はカブールにあるリハビリテーションセンターを拠点として、カブール市内及び近郊に住む患者を主に、現在までに323人に対し援助を行なってきた。
  • マスードのヨーロッパ訪問は成果無し(タリバン談):AFP
    タリバンはヨーロッパ議会が反タリバン派のマスードを招待したことをうけ、更なる戦闘を助長しただけだと批判。アフガン国民への暴虐行為だと語っている。
  • アフガニスタンの反タリバン派リーダーがヨーロッパ諸国に支持を求める: AFP
    反タリバン派リーダーのマスードがヨーロッパ議会の招待を受け、フランスを訪問している。彼は議会には直接出席しないが、主だったメンバーと会談する予定。今回の招待は、タリバンの石仏破壊に対する議会の批判を示している。

4月6日
  • アフガン反体制派リーダー、EU首脳陣と会合(AFP)
    アフガニスタンの反体制派リーダー、Ahmad Shah マスードはヨーロッパツアーに乗り出し、アフガンへの援助を要求している。彼はEU高官に対して、人道的援助を要求している。欧州委員会スポークスマンは、マスードが人道援助を要求していることを確認している。しかしながら、高官たちは、なかなか要求には応じないという。既に多くのNGOがアフガニスタンで従事しており、彼らはタリバンによって危険にさらされており、彼らをこれ以上危険な目に合わせないたくないという。そのために、反体制派への人道的援助を拒んでいるという。
    会見でマスードは、イランとロシアとの軍事協力を否定したが、もしも提供されたなら、拒まないと語った。また彼は、EUからの軍事協力を要請してもいないと語った。彼は、パキスタンがタリバンへのサポートを止めたら、紛争は一年以内に終結すると語った。

  • タリバン、フランスを非難(AP)
    タリバン政権は、反体制派に武器を提供したフランスを非難した。他方パリにおいて、マスードはパキスタンを非難している。常にタリバンは、反体制派を援助しているイランとロシアを非難している。タリバンのAbdul Salam Zaeefは、EUがマスードをヒーローのように迎えたのは遺憾である、と表明し、マスードはアフガニスタン、タジキスタン等での虐殺の責任を負っている、とも語った。
  • 新たな難民、ヘラート西部に到着(AP)
    飢饉と干ばつによって、新たに多くの難民がヘラートの難民キャンプに到着している。およそ1000人の難民が毎日押し寄せており、すでにこのキャンプには110,000人がいるという。衛生状況は最悪で、夏が近づいていることもあり、WHOも憂慮しているという。また、WFPによれば、100万人のアフガニスタン人が深刻な食糧不足に直面している、という。現在、80万人以上が難民キャンプで生活している。国連はさらなる援助を各国に要請しているが、2億2600万ドルの年間目標額の10%しか集まっていないのが現状である。干ばつも今後も続いてゆくものと見られている。さらに、国連制裁で物価が上昇したため、さらに市民の生活は苦しくなった。
  • ユネスコ、タリバンの政策を非難(AP)
    ユネスコのトップは、アフガンの政策を非難した。大仏破壊を非難し、ユネスコの松浦氏はパキスタンを訪れ、タリバンを孤立させてはならない、と表明し、対話を続けていく姿勢であることを示した。彼は、仏像が今だに国内に残っている、という望みは捨てたが、イスラム以前の品々か今だに残っている可能性はある、と語った。ユネスコがバーミヤンの仏像を世界遺産に加えなかったことに、多くの批判がある。
    しかし、彼は内戦と、ユネスコが仏像を世界遺産リストに加えるに十分な資料を、ユネスコに与えなかった政府を非難している。現在、アフガニスタンから盗まれ、パキスタンを含む世界各国で売られいる美術品に望みを託しているという
  • 援助始まる(AFP)
    干ばつに対する大掛かりな援助が、金曜日に行われた。国際赤十字はGhor地方に食料と種を支援した。今回の援助は、一万の家族を援助する1790トンの物であったという。また、米と油も配る予定だという。米はパキスタンから持ちこまれたもので、種はヘラートで売られていたものである。この地方には、約50万人の住人がおり、ほとんどがタジキスタン人であるという。種を配ることで、住人がこの地を捨てないようにすることが目的であるという。このプログラムは4月20日までに終わる予定である。地元の行政府は、援助が訪れたことは幸運であるが、わずかな人しか助からないが残念である、と語った。国際赤十字は、この地に他に国際援助機関が存在しないため、この地を選んだ。
  • パキスタン、国連を非難する(AP)
    パキスタンは、国連がパキスタンに流入する難民をくいとめる、という約束を破ったとして、国連を非難している。この批判は、国連事務総長アナン氏が、パキスタンはアフガン難民15万人のための難民キャンプを作る、という約束を破った、という非難から生じた。アナン氏は、先月彼がパキスタンを訪れた時にこの約束を交わした、と語っており、パキスタンスポークスマンは、アナン氏は、アフガン難民をアフガニスタン国内に留める、という約束を交わした、と語っている。パキスタン政府が難民を正式に認めていないために、食料や支援を輸送できない状況に国連はある。パキスタン、難民を認めることで、パキスタンが全ての難民の面倒をみることになる事を恐れている。
4月7日
  • タリバン使節団、カタールを訪れる(BBC)
    アフガニスタンのタリバン政権のハイレベルの使節団は、人道的援助と政治的承認を求めてカタールを訪れている。今回のミッションは、Wakil Ahmad Muttawakil によるもので、全てのイスラム国家、とりわけ現在Islamic Conference Organization の議長国であるカタールに、タリバン政権をアフガニスタンの正式の政府として認めてもらうために全力を尽くしている。現在、パキスタン、サウジアラビア、およびアラブ首長国連邦のみがタリバンを認めている。先月、カタールはタリバン政権によって破壊された二つの大仏を救うために、アフガニスタンに使節団を送っている

4月8日
  • カタール、タリバンと対談(BBC)
    カタール首長は、首都Dohaでアフガンの使節団と対談をしている。現在のアフガニスタンの危機について話し合っているという。タリバンは人道的援助と、イスラム国家からのタリバン政権の承認を求めている。
4月9日
  • 反タリバン派、北部地方の掌握を主張:AP
     反タリバン派の報道官が月曜に語ったところによると、北部に拠点を置く反タリバン軍は夜通しの激しい戦闘の後、タリバン軍から北部・タカール州の幾つかの村を掌握した、という。
    反タリバン派がbangi地方のkhid付近の村々を占領した際に、最低でも15人のタリバンの兵士が殺された、とMohammed Abilは反タリバン派支配下の地域からAPに電話で語った。タリバンからの速報はない。
    Abilは攻撃の際に反タリバン派から2人の負傷者が出たと言った。「タリバンは朝から2度我々の占領した地域を再占領しようと攻撃をしたが撃退された」
  • ロシア、タリバンを支援するパキスタンに対して制裁を求める:NY-Times

     国連職員ならびに外交筋によると、ロシアは今月に国連安保理にて、タリバンの最も強力なサポーターであるパキスタンに対して制裁を課すよう求めることが予測されている。このロシアのキャンペーンは2ラウンド目の対タリバン国連制裁の後に始まったが、このキャンペーンはブッシュ政権を困惑させている。ワシントンはパキスタンを同盟国として位置付けており、そのパキスタンは経済的・政治的に深刻な問題を抱えているうえ、100万人以上のアフガン難民の波に直面している。しかしワシントンはオサマ・ビン・ラディンを保護しているタリバンを孤立化させようともしている。
  • パキスタンでタリバン的イスラム政党の大会が行われる:AP

    パキスタンでイスラム原理主義の宗教政党の大会が開かれた。大会にはこの政党が運営するイスラム教神学校の支援者が多数参加している。こうした神学校はタリバン運動やパキスタンに根拠地を持つ多くの強硬派の宗教集団にとってイデオロギー的基盤となってきた。これまでに40万もの礼拝者が到着し、指導者達はこのパキスタンのペシャワール郊外で行われる3日間の大会で100万人を迎えたいとしている。
    ペシャワールではアメリカ製製品へのボイコットが100以上のレストランとキオスクに対して課せられたが、これはこの1月のタリバンへの国連制裁への抗議である。
  • 国連、アフガンの反タリバン派支配領域で食糧供給が困難に

    国連は月曜に発表した声明の中で、反タリバン派の領域であるアフガン北部において、、干ばつと主要な食料供給ルートが長引く内戦で封鎖されていることが原因で急速に食料ストックがつきつつあることを発表した。声明ではまだ餓死者は出ていないが、幼児死亡率が風疹や呼吸器系の感染症や慢性の栄養失調が原因で急激に高くなっているとしている。
    MORE-INFO



4月10日
  • 日本が和平協議のためタリバンを招待:Xinhua

    パキスタン駐在のアフガニスタン大使は、東京で和平協議を開催すべく日本から招待を受けたと発表した。時期については今月末または5月としている。日本政府はタリバンと反タリバン派北部同盟との和平協議をとりもつ考え。しかしタリバンは国連主催の多くの和平協議をボイコットしているため、今回も拒絶するとの見方が多い。
  • フランスはパキスタン非難への支持獲得の画策を否定:The News: Jang

    フランス政府は、フランスが安全保証委員会において、タリバンに対する支援を理由にパキスタンに制裁を課すことに支持を求めたとの情報を否定する発表をした。
  • アフガニスタン人が海峡トンネルの駅で死亡:BBC

    アフガニスタン人とみられる男性が、フランスの海峡トンネルの駅で感電死した。警察によると、この男は貨物電車に飛び乗ろうとし、高圧線にふれたと見られている。このトンネルでは、イギリスに不法入国しようとする多くの人々が毎月逮捕されている。
  • ビン・ラデンがイスラム急進主義者に対し演説:BBC

    パキスタンで開かれているイスラム宗教団体の大会でオサマ・ビン・ラデンがビデオを通して演説を行なった。内容はタリバンへの支持を要求するもの。このビデオはTVでも放映された。
  • タリバンが米国にビン・ラデンに関する証拠を要求: Reuters

    タリバンの外務相Muttawakilは、米国の共和議員Rohrabacherとの会談で、確かな証拠が無い限りビン・ラデン引渡しには応じられないと語った。また、この会談はRohrabacherの呼びかけによるもので公式なものではないとしている。
  • タリバンは地域の安定を脅かしている:The News: Jang

    インドの首相パジパイがイランの国会で演説を行なった。その中で彼は、タリバンの石仏破壊を改めて批判、タリバンは地域の平和を脅かしていると語った。
  • タリバンがパジパイに対し容赦ない拒絶を示す:AFP

    イランの国会においてインド首相パジパイが"タリバンは地域の安定を犯している"と演説したことを受け、タリバンが反論を開始した。タリバン外務省は、彼の発言はインドが他の国々と共謀してこの地域を不安定にしているという事実から世界の注目をそらすためのものだと主張している。
  • ウクライナが国連のタリバンに対する制裁に参加:Itar-Tass

    ウクライナがタリバンに対する国連の制裁に参加する意志を表明した。制裁は1月19日から行なわれており、タリバンに対する武器の売買、提供、軍事技術の伝達等の禁止、また各国内でのタリバンの活動、アリアナ航空の事務所閉鎖などに及んでいる。




4月11日
  • マスードがタリバンに暫定的和平協議を提案: IRNA

    マスードがタリバンに対し暫定的和平協議を行なうことを提案した。内容は暫定的連合政府をつくり選挙の準備を行なおうというもの。、国連等の監視のもと、選挙により国民が支持する政府をつくることを目的としている。
  • アフガニスタンに平和は訪れる、しかしパキスタンが障害:The News: Jang

    反タリバン派のリーダーであるマスードは、タリバンとの和平協議にいつでも臨む準備があると語った。しかし同時に、パキスタンが介入を止めない限り和平は無理だという見解を示した。
  • ビン・ラデンが戦争準備を促す: AP

    ビン・ラデンが聖戦の為の次世代を育てるため、強硬派の集結を促す発言をした。この発言は3日間、パキスタン国内で20万人を動員して行なわれたタリバン派宗教団体の集会でのもの。彼は、裕福なイスラム信者のタリバンに対する資金提供、若者の戦闘訓練の促進などを提案した。
  • ビン・ラデンメッセージのミステリー:BBC News

    パキスタンで行なわれた集会でビン・ラデンがタリバンへの支持を求める発言をしたという報道があった一方で、その集会主催の関係者はこの事実を否定している。彼等によると、ビン・ラデンは集会に招待されていないし、出席もしておらず、唯一送られてきたレコーディングメッセージもタリバンのリーダーOmarのものだったという。
  • タリバンはEUの中立を要求:BBC

    タリバンは、ヨーロッパ議会が反対派のリーダーを招待したことを受け、戦闘を助長する行為だと非難しEUに対し中立的立場をとるよう要求した。
  • タリバンのリーダーは国連が異教徒の利益だけを促進していると批判:IRNA
  • アフガニスタン人100人が逮捕される:IRNA

    イランで100人のアフガニスタン人が不法入国で逮捕された。この地区での同様の逮捕者はこの1年間で3000人になる。
4月14日
  • イスラム闘争家、西洋を敵と見なす(AP)

    パキスタン首都のモスクの外で、ムスリムの男達が、国際金融機関はムスリム国家を西洋の奴隷化していると非難した。彼らは、アフガニスタンの大仏破壊を評価するポスターを売っていた。彼らは国際非難に関わらず、タリバンを評価している。パキスタン北部では、世界中からの何十万のムスリムがイスラムの強硬路線を支援し、西洋諸国、とりわけアメリカに対してイスラムを破壊しているとして非難した。彼らは聖戦を支持している。ラホール付近では、原理主義者たちが、アメリカにイスラム世界に対する政策を見なおすよう要求していた。イスラムのリーダ―であるLiaquat Baluchは、西洋に対する憎悪が増加していると語った。「我々はキリスト教国家からイスラエルを同じ敬意を受けていない」と語っている。ダブル・スタンダードは悪化しているという。サウジアラビアが非難されていないのは、アメリカ軍が駐在しているからで、パキスタンが非難されているのはタリバンを支援しているからだという。反アメリカ感情はアフガニスタンのタリバンへの制裁以来強まっている。問題は伝統的ムスリムと急進的ムスリムの区別が薄れてきていることであるという。
    あるアフガニスタン人ムスリムは、1979年にアフガニスタンにソビエト軍が侵略した際、ソ連軍を打破するために急進的イスラムを使ったアメリカと西洋諸国を非難している。西洋による急進派への援助が伝統社会を弱めた、と彼は語っている。アフガンとパキスタンの聖職者達は政治家となり、金とイデオロギーのために権力をつけている。過激派にとって、テロリストオサマをアメリカと国連の要求にも関わらず、引き渡さないタリバンはモデルになっている。今回のデモストレーションでは、タリバンに賛成していない人々も宗教の政府を支持していた。
  • ガンマン、パキスタン役人を殺害(AP)

    パキスタン政府の役人がアフガニスタン国境近くで殺害された。警察は既に犯人を逮捕した。犯人は、身元は未だ分かっていない。警察も詳細は明らかにしていない。
TOP  News Index