辺野古への基地建設を許さない実行委員会
ホームページhttp://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
ツイッターhttps://twitter.com/henokojitu
連絡先沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(090-3910-4140)、 (FAX 047-364-9632)

2019年2月25日(月)18:30~19:30
    
<県民投票は圧倒的に辺野古新基地NO!
            安倍は直ちに辺野古新基地工事をやめよ!
         
  2・25首相官邸前抗議行動(報告)
 
前日(2月24日(日)辺野古新基地建設「反対」、「賛成」、「どちらでもない」の3択で行われた県民投は、まず第一の焦点が投票率が50%を超えるか否かであった。
 安倍政権何とか県民投票の意義を薄めるため、子飼いの市長を使い、県民の投票権を奪う策動を行ったしかしそれが県民の猛反発で失敗に終わってしまった。そこで公示後は投票率の低下、反対票を減らすため、あらゆる妨害行動に打ってきた。しかしその結果は投票率は50%を上回る52.48%、反対票は434273票、デニー知事誕生の396632票を大きく上回り、総投票者のの72.2%に達した。沖縄県民の、決して権力の弾圧に屈しない、その見識に改めて敬意を表すると同時に「民主主義とは何ぞや」を学ばせてもらった思いだ。
               
 前置きはこのくらいにして抗議行動の様子を報告する。                      

 
 県民投票の圧倒的な勝利によってか、官邸前の路上は300人強の人波であふれ熱気に包まれた。参加者の気持ちは一つ、「安倍よ、直ちに辺野古工事を中止せよ」だった。
 沖縄選出国会議員伊波洋一さんも馳せ参じてくれた。そして北上田毅さんが本日昼間の防衛省交渉の様子を踏まえ、次のようにの力強い発言をしてくれた。
 「埋立に使われている岩ズリが、赤土を含んだ土砂であり、違法である。実際K4護岸工事では被覆ブロックから赤土が漏れている。当初防衛省の担当官は被膜ブロックで外海に汚染が広がるのを防いでいるの外海を汚染することはないと言い張った。そこで被膜から多量の赤土が漏れ出している写真を提示すると答えに窮してしまった。また大浦湾の地建設予定地の65%のにわたって深さ90メートル以上の軟弱地盤が広がっている。政府防衛省も、このままでは基地を作る工事はできないことは認めた。
 しかし工程をうまくやればできるといって言う。とんでもない。政府防衛省も基地を造るには90メートル超の長さの砂をつめた7万本以の杭を打ち込まなければならないことは明言した。今この工事をできる作業船は日本に一艘もない。90メートルの杭を打ち込むことのできる作業船11艘を建造し同時に11か所で杭を打ち込んでも3年かかる。同時に11箇所の工事などできるはずがない。軟弱地盤が明らかになる前の段階で、県による試算では工事期間は12年かかるというものだ。軟弱地盤工事抜きにしてその金額は2兆5千億円(税金ですかかる。)かかり、軟弱地盤工事を入れるとどれだけの期間と金がかかるのか計り知れない。基地建設はできないということでだ。沖縄は負けまない。 日本本土の人々と連帯し、基地建設を必ず止める」


 警視庁機動隊の沖縄への派遣中止を求める住民監査請求実行委員会から「2月27日地裁103号法廷でこの裁判初めての証人尋問が行われる。証人は派遣要求当時の沖縄県警警備部長の重久真毅氏(現・警視庁警備1課課長)、沖縄県警警備2課次長の喜納啓信氏だ。多くの人の傍聴をお願いしたい。そして2度と沖縄辺野古基地反対住民に対して暴力をふるう他県警察からの違法な機動隊派遣をさせないようにしよう」との訴えがあった。この発言の最中、もうスピード官邸に入り、数分でまた猛スピードで走り去る安倍を乗せた黒塗りの車列に向かい「安倍は止めろ!」のコールをたたきつけるハプニング?があった。

 
 
 小平市で「新たに基地を米軍新基地が必要なのか?、もし必要という結論になればどこに基地造るのかしっかり議論しよう」の趣旨の請願運動を起こし、市議会でその請願が通ったという発言もあった。地域での
取り組み重要性を痛感させられる発言であった。
 
 







 



また24日(日)行われた県民投票で、沖縄の民意は圧倒的に辺野古新基地建設NO!が明らかになった。ところが安倍政権は次の日(25日(月))にはいつもの倍(約600台のダンプカー)で土砂投入するという暴挙を行った。これが安倍の「沖縄の民意」に対する回答だ。
 この安倍の沖縄蔑視に我慢できず、この数か月前、官邸前で「辺野古に基地を作らないでください」のバナーを持ち、静かに抗議を続けている沖縄出身者の方からも発言があった。
 










そして最後に歌と官邸に向かっての「辺野古基地建設止めろ!」コールで抗議行動を締めくくった。




       
           上原成信さん
                 2011年
毎月行動第1月曜日防衛省前
           抗議行動の様子