軍用地を生活と生産の場に!
沖縄・一坪反戦地主会 関東ブロック ヤンバルクイナ
http://www.jca.apc.org/HHK/
東京都千代田区三崎町2-2-13-502
 電話:090-3910-4140
FAX:047-364-9632
郵便振替:00150-8-120796
2015年 NEWSLINK 


         ニュース
【2015年】
1月
「南西諸島への自衛隊配備」関連 


沖縄米軍」関連


「沖縄の自衛隊」関連









 「普天間基地撤去、辺野古新基地建設」関連

北部訓練場の過半の返還に伴う東村高江へのヘリパッド移設について、N4地区の2カ所と県道70号からの進入路を米政府に提供
 
*(沖縄タイムス2015年1月31日 07:31)

沖縄防衛局はケーソン新設工事の契約を大手ゼネコン3社の共同企業体と交わした。本体工事の契約はこれが初めて、政府のなりふり構わぬ強硬姿勢に強い疑問
 
*(琉球新報2015年1月31日

正当な選挙で選ばれた県民代表の知事に身内の行政機関が従うどころか、歯向かうなんて、民主主義国家じゃない、県警が知事の醜聞探し 
 
*(日刊ゲンダイ2015年1月29日)

沖縄の民意を踏みにじる許しがたい蛮行だ。国策に異を唱える県民、国民を足蹴(あしげ)にするような安倍政権の専横がここまでまかり通るとは信じられない事態
 
*(琉球新報2015年1月29日) 

環境監視等検討委員会をめぐり、委員自らが監視委の客観性確保や環境影響判断の難しさに疑問、第三者機関 設置を求めていた、内部からも疑義
 *(琉球新報2015年1月29日 )


28日、沖縄防衛局は大型作業船などで臨時制限区域沿いにコンクリートブロックを投下した後、海面から高さ約3メートルの大型の浮標灯(ブイ)2基を設置

 *(琉球新報2015年1月29日 )


(軍転協、会長・翁長雄志知事)が、日米両政府にあらためて「県外移設」を求める
 
*(琉球新報2015年1月29日)

∴ 
米軍のオスプレイ配備撤回と普天間飛行場の県内移設断念を求めた建白書に賛同する本土の研究者や文化人が114人に上った
 
*(沖縄タイムス2015年1月28日 09:05)

辺野古、大型クレーン船で浮具(フロート)や浮具を固定するためのトンブロック(数十トン規模のコンクリートブロック)を設置する作業を開始
 
*(琉球新報2015年1月28日)

クレーンなどを備えた複数の大型作業船を辺野古沿岸部に投入した。翁長雄志知事の要請を無視し、強行
 
*(毎日 2015年01月27日 20時07分)

辺野古、県との対話を拒否し、県の作業中止要請を無視して、しゃにむに工事を強行する姿勢は「平成の琉球処分」そのものだ。
 
*(沖縄タイムス2015年1月28日 05:30
仮設桟橋(岸壁)の工事開始に向けた準備作業が着々と進んでいる
 
*(琉球新報2015年1月27日) 

シュワブゲート前での反対運動で逮捕者が出たのは初めて
 *(琉球新報 2015年1月11日



中谷元防衛相はキャンプ・シュワブへの移設が唯一の解決手段だ
 
*(沖縄タイムス2015年1月27日 14:11)

辺野古の新基地建設に向けた公有水面埋め立て承認の経緯などを検証するチームの人選を進めている
 *(沖縄タイムス2015年1月11日 07:44)

 

「高江ヘリパット基地建設」関連


「その他」

政府の2015年度予算案の防衛関係費が、過去最高の約4兆9800億増額分は離島防衛力の強化などに充てられる
 *(毎日2015年01月11日 東京朝刊





         ニュース
【2015年】
2月
「南西諸島への自衛隊配備」関連
new  
与那国町の陸上自衛隊沿岸監視部隊の建設予定地内にある町道、沖縄防衛局が代替道路を整備し、工事を進める方針
 *
(沖縄タイムス2015年2月26日 07:43)


陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の是非を問う住民投票は、賛成632票、反対445票となり、賛成票が187上回った
 
*(八重山毎日2015年02月23日)

与那国島、22日自衛隊配備の是非を問う住民投票を無視するかのように造成工事が進む
 *
(東京2015年2月15日 朝刊)

中谷元・防衛相住民投票の結果にかかわらず配備の作業を進める
 
*(琉球新報2015年2月13日 

与那国島自衛隊配備問う住民投票、自衛隊配備は八重山全体を軍事基地化すること
 
*(八重山毎日2015年02月11日


沖縄米軍」関連


「沖縄の自衛隊」関連









 「普天間基地撤去、辺野古新基地建設」関連
new
菅官房長官が国土交通省や沖縄総合事務局の幹部を首相官邸へ呼びだし、抗議する市民らが米軍キャンプ・シュワブゲート前に設置したテントを撤去するよう指示
 *
(沖縄タイムス2015年2月27日 06:51)
new
安倍政権は「成熟した民主主義国家」にあるまじき光景、辺野古で民意を無視した強権発動をいつまで続けるのか
 *
(沖縄タイムス2015年2月27日 05:30)
new
沖縄総合事務局北部国道事務所、辺野古抗議テント、設置めぐり嫌がらせか、強権発動か
 *
(琉球新報2015年2月27日

大型コンクリートブロックがサンゴ礁を破壊、県は26日、周辺海域の調査に着手
 *
(沖縄タイムス2015年2月26日 07:56)

北部国道事務所や沖縄防衛局はテントを撤去を要求、緑地帯を囲むように柵を設置、テントの移動もけん制
 *
(琉球新報2015年2月26日

米国防省がシュワブフェンステント撤去を日本政府に要求、市民(山城氏)拘束は現場判断
 *
(琉球新報2015年2月26日
 
復帰前の米統治下で繰り返された米軍による人権蹂躙の記憶を呼び起こす。暗黒社会に逆戻りさせてはいけない。。米軍は抗議行動をする市民に指一本でも触 れることは許されない
 *
(琉球新報2015年2月24日)

山城さんは「明らかな不当拘束」とした指摘「これ以上けが人、逮捕者を出すわけにはいかない。互いに引こう」と、県警に過剰警備をやめるよう提案、市民にも整然と抗議するよう呼び掛けた

 (沖縄タイムス2015年2月24日 10:45


釈放された沖縄平和運動センターの山城博治議長と記者団との一問一答「逮捕状も示さない。ありえない。嫌がらせだ
 *
(琉球新報2015年2月24日

米軍絡みの事案に適用される刑事特別法(刑特法)が、米軍自身によって、これほどあからさまに乱用されたことはない
 *
(沖縄タイムス2015年2月24日 05:30)

米軍批判へのいらだちが背景に。「(反対派のリーダー的存在の)山城さんを押さえ 込めば、反対運動をつぶせる」
 *(朝日2015年2月24日00時19分)


今の事態を招いているのは、ほかでもない政府自身だということに早く気付くべきだ
 
*(朝日2015年2月24日(火)付)

縄平和運動センターの山城博治議長(62)ら2人、米軍キャンプ・シュワブ敷地内に侵入したとして、米軍が刑事特別法違反容疑で連行し、沖縄県警が逮捕、送検した。那覇 地検は23日夜、処分保留で2人を釈放、山城博治氏、釈放後「明らかな不当逮捕だ」
 *
(毎日02月24日 05時19分)
平和運動センターの刑事特別法違反容疑で逮捕・送検された件で、那覇地検は23日午後7時44分に山城議長、同午後7時59分にもう1人の男性を釈放
 *
(琉球新報2015年2月23日

戦後最悪の指導者の下で、この国は確実に滅びに向かっている、米軍と一体になって辺野古反対住民を逮捕した安倍政権
 *
(ブログ2015年02月23日 08:29)

沖縄平和運動センターの山城博治議長ら男性2人、刑事特別法違反容疑で逮捕、2人は23日午後、名護署から身柄を那覇地検に送致された
 *
(琉球新報2015年2月23日)

翁長雄志知事、2015年度の県政運営方針、『辺野古に新 基地は造らせない』ということを県政運営の柱辺野古埋め立て承認の取り消し、撤回を検討
 
*(琉球新報2015年2月20日)


防衛省が昨年9月から中断している海底ボーリング調査を近く再開
  *(毎日2015年2月20日(金))

翁長雄志知事は沖縄防衛局に対し、設置作業の停止、既に沈めたブロックを移動しないよう指示、安倍政権は停止指示に従い、海上工事を直ちに中止すべきだ
 *
(琉球新報2015年2月17日

防衛局は18日にも大型スパット台船を使った海底ボーリング調査を再開する方向
 *
(琉球新報2015年2月17日

辺野古で国が進めてきた海中へのブロック投下について、沖縄県の翁長知事は国に作業の「一時停止」を指示
 
*(日テレ 2015年2月16日 19:14

翁長知事が国に作業の「一時停止」を指示したことを受け、中谷防衛相は「工事は適切に行っている」
 *
(日テレ2015年2月16日 21:17)

大浦湾で、投下したコンクリート製の「トンブロック」(10〜45トン)がサンゴを激しく損傷
 
 *(琉球新報2015年2月15日) 


名護市は、キャンプ・シュワブ陸上部分の工事によって影響を受ける文化財の発掘調査の事前手続きとなる現場確認作業を実施

 *(琉球新報2015年2月15日

名護市の米軍キャンプ・シュワブで新基地建設に抗議する市民たちの前で拳銃を持って歩く米兵
 
*(琉球新報2015年2月10日

海上作業の中止を求め抗議する市民船を海上保安官がゴムボートで確保する際、市民船の右舷が大きく傾き、転覆寸前となった
 
*(琉球新報2015年2月11日

警察や海上保安庁の警備行動で市民らにけが人が出ていることについて、在沖米海兵隊の報道部次長(イームス大尉)が「ばかばかしい(Laughable)」と発言
 *
(琉球新報2015年2月11日

シュワブの新ゲート前では3日午前、機動隊の暴力により、60代の女性が転倒し後頭部を打った。女性は救急車で病院に搬送
 *(琉球新報2015年2月3日)


海保カヌー隊を転覆させ、沖合に放置、いつか死者が出るのでは
 
*(沖縄タイムス2015年2月3日 14:25)
「島ぐるみ会議」は2日、「辺野古新基地建設工事の中止と現地の闘いへの参加を求める声明」
 *(琉球新報
2015年2月2日)

日曜にもかかわらず沖縄防衛局は大型クレーン船2隻を使い、トンブロック(数十トン規模のコンクリートブロック)を海中に投下する作業を行った
 *(琉球新報2015年2月2日
沖縄防衛局は2日午前、汀間漁港沖〜安部沖にかけての油防止膜(オイルフェンス)沿い5カ所に新たにコンクリートブロック(トンブロック)を投入
 *
(琉球新報2015年2月2日



「高江ヘリパット基地建設」関連


東村議会村高江の米軍北部訓練場、N4地区に新設されたヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の使用禁止を求める意見書と抗議決議を全会一致で可決
 
*(沖縄タイムス2015年2月23日 13:21)


高江のN4地区で20日午前、仮設テントが撤去されていた
 
*(沖縄タイムス2015年2月20日 10:59)

井上一徳沖縄防衛局長、高江ヘリパット着陸帯建設抗議の住民を無視
 *
(沖縄タイムス2015年2月17日 07:43
「その他」

安倍の沖縄差別、侮蔑は止まることを知らない
 *
(ライブドアー2015年2月15日 21時30分)

米軍基地返還跡地の沖縄市サッカー場から汚染物質を含むドラム缶周辺のたまり水、、ろ過する前の水で170倍、ろ過水で33倍のダイオキシン類が検出
 (琉球新報2015年2月11日 






        ニュース
【2015年】
3月
「南西諸島への自衛隊配備」関連

外間守吉町長「自衛隊配備に決着がついた」16年3月の配備を推進。陸自配備を踏まえ06年3月に策定された「与那国・自 立ビジョン」も見直す
 
*(八重山毎日2015年03月11日)

与那国島自衛隊基地は政府の強引なやり口、「自立ビジョン」つぶし、既成事実化つくりの基地建設工事の強行による、本土の人はそれでいいのか
 
*(ヤフーニュース3月9日(月)6時0分配信)
 


沖縄米軍」関連


「沖縄の自衛隊」関連







「普天間基地撤去、辺野古新基地建設
」関連


沖縄総合事務局北部国道事務所は同日午前、ゲート前の歩道に「テント等設置禁止」と書かれた立て看板を設置
 *(琉球新報2015年3月18日


辺野古新基地建設に伴う埋め立て用土砂採取をめぐり、採取予定地の奄美群島と瀬戸内海の環境保護団体が連携し、月内にも採取反対の署名活動
 
*(沖縄タイムス2015年3月18日 08:1)


辺野古の海上では16日午前、スパット台船に作業員の姿。2基のスパット台船と大型クレーン船に設置された掘削機で、計3カ所でボーリング作業を継続
 ∴(琉球新報2015年3月16日 

為政者安倍政権の「耳」は病んでいる
 
*(東京2015年3月14日)


政府は辺野古ボーリング調査を中断し地元と話し合え
 
*(京都 2015年03月13日)


安倍政権の辺野古基地建設強行は、常軌を逸している
 *(高知2015年03月13日08時13分)


山城博治議長ら2人が刑事特別法違反容疑で逮捕、拘束までの一連の動画が投稿サイトに公開、米海兵隊報道部、「動画は非公式なルートで不適切に公表された」
 
*(琉球新報2015年3月15日


民意を背景に移設反対を訴える知事に対し、菅氏らは明確な反論の言葉を持ち合わせていない、会えないのではないか。説明できないのなら、撤回すべき
 *(琉球新報2015年3月15日 


内閣府沖縄総合事務局「米軍キャンプ・シュワブ」ゲート前、抗議活動テント撤去を「警告」。
 
*(読売2015年03月12日)

外務省は米軍の出先取り次ぎ機関、サンゴ破壊の調査「臨時制限区域」への立ち入り米軍が拒否し、外務省、それをそのまま「取り次いだ」
 
*(BLOGOS2015年03月12日 07:07)

翁長雄志知事は11日、上京、12日まで滞在、菅義偉官房長官「上京されていることも承知していない。面会の予定はない」
 
*(日経2015/3/11 20:27)

工事強行は、地元の反発を強めるだけだ。政府の姿勢が県民同士を対立させていることも見過ごせない
 
*(信濃毎日03月10日(火))

アメリカ軍の海兵隊トップ、ダンフォード総司令官は議会の公聴会で懸念を示し、今の状況が続けば、アジア重視の国防戦略にも影響
 (NHK3月11日 7時29分

辺野古の新基地建設で、県は10日までに、沖縄防衛局の海上作業に関する情報を独自に集める
 *(沖縄タイムス2015年3月11日 07:01)

男性2人の乗ったゴムボートに、海上保安庁の特殊警備救難艇「あるたいる」(約5トン)が衝突。ボート後部に乗っていた男性に、「あるたいる」の船首が乗り上げた。、左肩の痛みを訴え「つぶされると思った」と恐怖を感じた
 *(琉球新報2015年3月11日 )

辺野古への新基地建設で、環境監視等検討委員会副委員長の東清二氏、委員を辞任する意向
「監視委では環境保全ができない。私の意図とは全く懸け離れている」

 *
(琉球新報2015年3月11日











        ニュース
【2015年】
4月
「南西諸島への自衛隊配備」関連

防衛省が宮古島市への自衛隊配備を検討、(1)西原地区(2)山川集落周辺(3)長北集落周辺(4)新城海岸入り口周辺(5)宮古空港東側(6)福山集落周辺(7)野原・千代田周辺(8)伊良部地域−の8カ所
 *(琉球新報
2015年4月24日


防衛省、宮古島に陸上自衛隊の警備部隊を配備。550人規模の部隊のほか、航空機を撃ち落とす地対空ミサイル(SAM)を配備
 
*(日経2015/4/11 2:00)

防衛省南西諸島への陸上自衛隊警備部隊の配備計画で、石垣島と宮古島、奄美大島の3島19カ所が候補地に
 *(八重山毎日2015年04月09日)



「沖縄米軍」関連



「沖縄の自衛隊」関連






「普天間基地撤去、辺野古新基地建設
」関連


沖縄県の翁長雄志知事、2プラスを受けて記者会見、日米両政府が「移設が唯一の解決策と再確認、強い憤り」と批判。五月末訪米、新基地建設反対を訴える
 
*(東京2015年4月30日 朝刊)

∴安倍晋三首相とオバマ米大統領の会談、日米同盟強化をうたえばうたうほど、よって立つ基盤のもろさが目立つ
 
*(琉球新報2015年4月30日)

翁長雄志知事は29日、「臨時記者会見」。日米両政府に対し「辺野古新基地を造らせない」表明する。また県の岩礁破砕許可、国に対する新たな措置検討
 *
(琉球新報2015年4月29日


沖縄で「屈辱の日」28日、政府が強行する辺野古移設に抗議する集会が県庁前で開かれ、約2500人が集まった。
 *(時事COM 2015年4月29日(水))

新基地建設阻止を目的とした「辺野古基金」に集まった寄付金総額が28日、1億円を超えた
 *
(琉球新報2015年4月29日 )

ベトナム戦争中の一九六六年、米軍が辺野古地区を含む大浦湾で大規模な新基地建設計画を進めていたことを示す公文書
 *(東京2015年4月26日 朝刊)

安倍晋三首相は二十八日午前)、オバマ米大統領と会談、辺野古新基地建設が唯一の選択肢と再 確認
 *(東京2015年4月29日 朝刊)

2プラス2、新基地建設「唯一の解決策」と再確認。両政府の硬直した思考落胆。。「解決策」普天間即時閉鎖。
 *(琉球新報2015年4月29


辺野古で抗議船が転覆する。乗組員一人病院に搬送、海保の無謀な警備が原因か

 
*(沖縄タイムス2015年4月28日 12:12)

アルジャジーラ「辺野古での政府と沖縄の対立は世界的に大きな問題」今後も事実を世界に発信
 
*(沖縄タイムス2015年4月24日 07:58)

海保ボート故意に抗議船体当たり船を破壊、乗組員、命の危険にさらされる
 *
(沖縄タイムス2015年4月28日 07:00)

沖縄県は二十八日、「屈辱の日」を迎えた。午前、地方議員や県民ら約三百人、「キャンプ・シュ ワブ」のゲート前で抗議集会を開催。(ガイドライン)再改定にも反対の声を上げた
 
*(東京2015年4月28日 夕刊)

岸田文雄外相、相も変わらずオウムよろしく「辺野古新基地建設が、抑止力維持と普天間の危険性除去の唯一有効な解決策」
 *
(東京2015年4月28日 夕刊)
沖縄市、西原町、宜野湾市で「辺野古移設反対」の集会が行われた
 
*(琉球新報2015年4月25日)

アイドルグループ「制服向上委員会」再稼働と、辺野古移設に反対するパレードとライブ、安倍政権にNO!を突きつける
 *
(東スポ2015年04月28日 11時00分)

中谷元・防衛相は24日、普天間の5年以内の運用停止の定義を「飛行機が飛ばないこと」と発言した3月26日の答弁は不正確だったとして、1か月で撤回
 
*(琉球新報2015年4月25日 10:15)

訪米中の玉城デニー衆院議員(生活)は23日、ボダヨ下院議員(民主、グアム選出)に、辺野古移設断念を求める翁長雄志知事の書簡を手渡し、県外移設の追求に向けた米議会の協力を要請
 *
(沖縄タイムス2015年4月25日 06:52)
キャンプ・シュワブ前のテント撤去や監視業務担当の国家公務員らを含む労働組合4者、24時間監視態勢の即時解除、過剰対応の中止求める決議
 *(琉球新報2015年4月24日
反対運動のリーダー山城博治さん、悪性リンパ腫で闘病生活に
 *(沖縄タイムス2015年4月21日 14:08)
辺野古への代替施設受け入れに同意した稲嶺元知事「軍民共用化や(十五年の)使用期限を定めた暫定的な施設にすることが条件だったが、途中で政府の言うことが変わり、同意の条件がなくなった」
 
*(東京2015年4月21日 朝刊)



辺野古移設をめぐり「辺野古基金」が設立。沖縄の窮状を国内外に発信沖縄を支える動きが広がる。基金では少額でも協力の意思を示せる
 *(東京2015年4月21日)


翁長雄志知事は5月末〜6月初旬米訪問、訪米に先立ち、米上下両院軍事委員会の全議員に、辺野古新基地建設断念を求める書簡
 *(琉球新報2015年4月18日) 




松本浦添市長の公約「辺野古移設反対、那覇軍港受け入れ反対、移設なき返還」を覆す公約違反。選挙で信を問うべき
 
*(琉球新報2015年4月21日

闘病のためシュワッブゲート前を離れる山城博治さんを多くの市民が激励
 
*(琉球新報2015年4月21日

沖縄タイムスと琉球放送(RBC)合同世論調査。普天間の返還問題で「翁長雄志知事の姿勢を「評価する」人が72・1%、「評価しない」の21・7%を大幅に上回った。
 
*(沖縄タイムス2015年4月21日 05:15

翁長知事、首相の初会談「オバマ大統領に県知事、県民が(辺野古移設に)明確に反対しているということを伝えて下さいとはっきりと申し上げた」
 
*(琉球新報2015年4月17日)

知事は、辺野古移設「知事をはじめ沖縄県民が明確に反対していることをオバマ大統領に伝えてほしい」とくぎを刺した。「16年前に沖縄も同意」という主張のウソを知事が指摘
  *(琉球新報2015年4月18日)


辺野古基地新設阻止する翁長雄志知事の決意を、安倍首相は、単に聞き置くのではなく、オバマ大統領に直接伝えるべき
 
*(中日2015年4月18日)

官邸側は沖縄県側と約束した知事の冒頭5分の発言時間を打ち切る、「あれはルール違反」
 
*(沖縄タイムス2015年4月18日 07:18)

保守マスコミ(産経、読売など)官邸の憎しみに満ちたリークで翁長知事バッシングが激しい「でたらめな記事」発信
 
*(LITERA2015.04.14)

翁長知事は16日、首相との会談について「しっかりと私の考え方、県民の思いを伝えていきたい」
  *(琉球新報2015年4月17日 )

翁長雄志知事と安倍晋三首相の初会談関し、辺野古移設で国と協議を重 ねてきた元県幹部や宜野湾(ぎのわん)市民からは「日米首脳会談前のアリバイづくりだ」や「新基地ノーと訴えるいい機会だ」の声
 *(東京2015年4月17日 朝刊


海保、辺野古新基地建設に反対する住民に「犯罪者」の言葉を投げつける
 
*(沖縄タイムス2015年4月16日 08:55)

海保「犯罪者」発言をやっと認め、謝罪
 *
(沖縄タイムス2015年4月16日 11:02)
八重山でも「辺野古新基地建設中止を求める八重山の会」(慶田城用武、入嵩西整、高嶺善伸共同代表、幹事31人)が10日発足
 *(八重山毎日2015年04月15日)

県は15日、沖縄防衛局に対し、岩礁破砕許可区域外に設置された全てのコンクリートブロックを寸法が分かるように写真撮影した上で5月8日までに報告求めた。
 
*(琉球新報2015年4月17日)
28日にワシントンで開かれる日米首脳会談で発表予定の日米共同声明に、名護市辺野古移設を再確認する文言を盛り込む方向で日米両政府が調整
 
*(沖縄タイムス2015年4月15日 05:1
 
沖縄県が独自調査のため米軍に申請している立ち入り禁止区域内への立ち入り申請について、「米軍が検討中」
 
*(沖縄タイムス2015年4月15日 07:30

沖縄経済界も翁長知事に歩調、日本を見限る
 *(DOT 2015/4/15 07:00)


粛々という言葉は使わないが、県民意思無視し工事強行、沖縄は植民地
 *
(DOT2015/4/15 07:00)

辺野古への新基地建設で15日午前、長島北側のスパット台船2基と掘削機が取り付けられているクレーン船で作業員、海底ボーリング調査関連の作業
 
*(琉球新報2015年4月15日)
「沖縄基金」創設で「沖縄の主張」の正当性の認識が広がる普天間基地はハーグ陸戦条約違反の施設であり、戦闘終了時点で返却されるべきであった
 
*(宮古毎日2015年4月14日(火) 8:08)


辺野古新基地建設阻止を訴えるため、うるま市選出の与党県議を中心とした有志、「うるま市・沖縄建白書を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議」を結成
 
*(毎日2015年04月14日)

辺野古で14日午前、海上の長島北側のスパット台船2基で掘削調査に関わる作業。潜水調査それに対し、市民は海上と陸上で抗議
 
*(琉球新報2015年4月14日

中谷元・防衛相13日、本紙のインタビュー、「普天間飛行場の返還に向け、辺野古の新基地建設を唯一の解決策として改めて強調」
 
*(沖縄タイムス2015年4月14日 07:39)

高知県で6月に予定の日米共同統合防災訓練に、防衛省は13日、米海兵隊のオスプレイが参加する方向で調整、普天間に配備中のオスプレイを使用
 
*(高知2015年04月14日08時23分)

県土木建築部は13日、防衛局の環境監視等委員会の議事概要や配布資料の提供を求める文書を防衛局宛てに郵送
 
*(琉球新報2015年4月14日)

新米国安全保障センター(CNAS)のパトリック・クローニン上級顧問「辺野古基地(海兵隊)の必要か否かは日本が安全保障どう考えるかだ
  *(毎日2015年04月12日 12時21分)

県内在住の世界の若者、辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前、沖縄を離れても辺野古問題を引き続き発信
 
*(琉球新報2015年4月12日

自民「粛々を使わない」その後の言動になんのら誠実さも感じられない
 
*(愛知2015年04月13日(月)
 
私たちが子どもだった時代と同じで、戦争に向かいつつある」広島で被爆した米澤鐵志さん(80京都府)キャンプ・シュワブゲート前、辺野古への新基地建設に反対集会に参加
 *(琉球新報2015年4月13日)

「辺野古沿岸部で投入した大型コンクリート製ブロックによる損傷サンゴ94群体のうち、9割超県の許可区域外」、防衛局認める
 *
共同通信2015年4月10日22時29分)


八重山から辺野古移設阻止を訴える「辺野古新基地建設中止を求める八重山の会」発足。翁長雄志氏を支援した地方議員を中心に36人が参加
 *
(琉球新報2015年4月11日)
5日には菅官房長官と翁長知事の会談、作業現場周辺では移設反対の住民にけが人まで出る緊迫した状況が続く。これが、先進国、民主主義の日本の姿なのか。おかしくないか。
 
*(毎日2015年04月06日)

翁長知事「上から目線の粛々という言葉を使えば使うほど、県民の心は離れて怒りは増幅される」
 *(東京2015年4月6日 朝刊)

菅義偉官房長官、「粛々は使わない」、移設作業については「関係法令に基づいて適切に対応していく方針には変わりない」
 
*(毎日2015年04月06日)

「菅官房長官とキャラウエイが重なる」 キャラウエイ”沖縄の自治権を「神話だ
 
*(朝日2015年4月6日21時20分)

東京でも防衛省前で辺野古基地反対の抗議集会が140名で行われた
 
*(毎日2015年04月06日 21時55分)

翁長知事「辺野古新基地はできないと確信している」と菅官房長官に向かって強調
 
*(沖縄タイムス2015年4月5日 10:35


翁長知事と菅官房長官会談、翁長氏は知事選や衆院選に触れ「辺野古基地反対の県民の圧倒的な考え方が示された」と訴えた
 
*(日経2015/4/5 10:17)

5日午前、翁長雄志知事と菅義偉官房長官との会談に合わせて、辺野古新基地建設に反対する市民ら約400人が県庁前で集会を開き、知事にエールを送った
 
*(琉球新報2015年4月5日) 

菅官房長官「辺野古移設に反対する人もいれば、逆に普天間の危険性除去してほしいという多くの民意もある」 悪質な論理のすり替え発言
 
*(ライブドアーニュース2015年4月4日 8時0分)

菅官房長官と翁長知事会談、安倍訪米お土産のアリバイ会談では
 
*(ハフィントンポスト2015年04月05日 09時21分 JST

今日翁長知事、菅官房長官と会談、「辺野古移設反対をしっかり伝える」
 
*(琉球新報2015年4月5日

島尻安伊子参院議員は4日、辺野古移設に対する反対運動について「私は反対運動は責任のない市民運動だ」と発言
 
*(琉球新報2015年4月5日

稲嶺進名護市長、菅義偉官房長官が翁長雄志知事と会談、「東京サイドが沖縄を無視できない。追い詰められているのは官邸の方だ」
 
*(琉球新報2015年4月4日 

翁長知事、都内で「辺野古移設問題への関心を高めるよう」求めた
 
*(琉球新報2015年4月4日

∴ 
県議会与党と市民団体の代表者、「菅官房長官と翁長知事が会談する5日の午前8時半から、県庁前の県民広場で辺野古新基地建設阻止を訴える県民行動を実施」と発表
 
*(琉球新報2015年4月4日

岩礁破砕許可の期限は2017年3月まで、工事延長には県知事の許可が必要
 
*(毎日2015年03月31日 07時30分)


前沖縄県知事の側近で前知事公室長の又吉進氏(59)を外務省参与に起用、あさはかにも翁長知事懐柔を狙っているのか
 
*(毎日2015年04月01日 21時20分)

菅官房長官インタビュー、相変わらず沖縄県民の意思を一顧だにせず、オウムのように「普天間の危険除去」「尖閣の防衛など、辺野古に基地建設を粛々と進める」
 *(琉球新報2015年4月2日

菅官房長官、5日に翁長知事と会談、アリバイ工作か
 *(日経2015年 04月 2日 11:32 JST)

∴ 翁長雄志知事は2日に上京。県は山口俊一沖縄担当相との面談を要、1日夜の時点で、面談日程は固まっていない
 *(琉球新報2015年4月2日 

「高江ヘリパット撤去」関連


東村長選現職の伊集盛久氏(74)、新人の當山全伸氏(66)の2氏が出馬、(ヘリパッド)移設、容認、反対の姿勢を明確に示し、村長選で初 めて争点
 
*(琉球新報2015年4月13日
「その他」

那覇軍港の浦添移設をめぐり、松本浦添市長軍港の受け入れ表明に向けた環境整備、松本市長は軍港の浦添移設に反対して当選反発が広がることは必至
 *(琉球新報
2015年4月15日 

   
電子メール:hankach アットマーク jca.apc.org

jca-net