『燈台』のご紹介

世界地図

『燈台』のご紹介

目的と理念

『燈台』は、1979年の旧ソ連軍侵攻に端を発したアフガン難民およびアフガニスタン・イスラム共和国国民のために、同国内およびその周辺地域において、教育や健康の向上に寄与することを目的として、1987年12月に設立されました。

活動理念は、キリスト教精神による愛の実践であり、アフガニスタン国民が、自国民および難民のために奉仕する場を提供することです。

*『燈台』は、2003年11月、埼玉県知事より特定非営利活動法人(NPO法人)として認証されました。

紹介動画


ごあいさつ

『燈台』からあなたへ

1979年12月、旧ソ連軍がアフガニスタンに侵攻してきた結果、550万人もの人々が世界最大規模の難民となって周辺諸国に逃れました。

当時、アフガニスタンの首都カブールに中川夫妻が留学生・看護師として住んでいましたが、命の危険にさらされたためカブールを脱出しました。数年後、パキスタンの難民キャンプを訪ねた夫妻は、多くの子どもたちが病気で死んでいくのを知り、南福音診療所に協力を求め、1987年にクエッタ市に「ヌール小児科クリニック」を開院しました。その後、8年間に亘り13万人以上の難民の子どもたちを無料で治療しました。この活動を日本から支援するために、NGO『燈台』は設立され、現在に至っております。

次の年には、難民の子どもたちが無料で学べる「ヌール難民学校」を開校。毎年1300人以上の小中高校生を教育しました。その後1995年から2014年迄、アフガニスタンの首都カブールで「マラリア」と「リーシュマニア」といった風土病を日本からの支援金で治療。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ、そしてアメリカ軍の空爆では、新しく生まれた難民に対して緊急援助活動を展開。医療に加え食料や衣料を支給する援助プログラムを組み、苦しむ現地の人々を助けました。この様な働きにより、『燈台』は2003年11月に埼玉県知事より特定非営利活動法人(NPO法人)として認証されました。

現在、浜田現地代表が定期的にアフガニスタンに向かい、危険を冒して現地の事務局員と共に支援活動を展開しています。ガズニー州のジャグリーでは、小中高等学校の教育支援を展開していますが、私たちはここで学んだ多くの子どもたちが、将来国造りの大事な働きをすることを期待して支援を継続しております。

アフガニスタンは着実に復興に向かっていますが、人々はまだ想像を超えた困難の中にあります。テロ活動が終結し、国土に真の平和がもたらされるまで、今後とも引き続き皆さまの熱いご支援とご協力をお願いする次第です。

羽鳥明

NPO『燈台』 理事長  羽鳥 明

『燈台』 理事長  羽鳥 明