[アクセスカウンター]

English Virsion Here

最新の情報は下記アドレスへ
http://www.jca.apc.org/~misatoya//jadugoda/

見たこともない病気に苦しむ子どもたち
ウラン採掘と核廃棄物投棄で周辺の先住民に深刻な被害

“ブッダ生誕の地”ともいわれるジャドゥゴダは、インドのビハー ル州南部シンガハム地方にあり、先住民が多く住む地域。インド で唯一のウラン鉱山があります。ウランを採掘・製錬する国営の ウラン公社(UCIL )は、廃棄物を野ざらしのまま投棄、近隣の住民 のあいだにはガン、白血病、流産・死産、奇形、先天異常、皮膚 疾患など深刻な病気が広がっています。

ジャドゥゴダにウラン公社がや ってきたのは1962 年、いまから 40 年近く前のこと。以来、ウラン 公社は、鉱山や製錬所から出る廃 棄物や廃液を何ら処理せず、投棄 ダムをつくって野ざらしのまま投 棄し、たれ流しつづけてきました。 いまでは他の核施設からの廃棄物 の投棄場にもなっています。

周囲には、5 キロ以内に15 の村 があって約3 万人が住み、15 キロ 以内では42 の村に7 万5000 人が住 んでいます。そんなまっただなか に核廃棄物が野ざらしのまま投棄されているのです。

乾燥すれば砂嵐となって村々を 襲い、雨が降れば水浴や洗濯など 生活に使う川へと流れ込むという 状態がいまも続いています。 深刻なのは村人たちのあいだ に、それまで見たこともない病気 が広がっていることです。

ウラン鉱山で働いていた人はも とより、村人のあいだに皮膚疾患 が広範に広がり、ガンや白血病が 多発しています。女性たちのあい だでは流産・死産があたりまえに なっています。1 キロ以内の7 つの村では、47 %の女性が月経不順 で、18 %がここ5 年以内に流産か 死産を経験し、3 分の2 が不妊を 訴えているとの調査もあります。 さらに生まれながらに重い障害を 持つ子どもたちが増えています。 骨の奇形で手足の指が多かったり 少なかったりする子どもたち、小 頭症、水頭症、ダウン症などが広 がっているのです。

住民たちはジャルカンディー反 放射能同盟を結成して、ウラン公 社を追及し、医療援助や補償を求 めていますが、ウラン公社はいま なお「安全だ」とくり返すだけで、 村人たちには最低限の医療すら提 供されていません。それどころか、 村人たちの畑をとりあげ、家をブ ルドーザーで押し壊して、新たな 投棄ダムの建設を強行するなど、 住民無視の姿勢を変えていません。




2000年3月、「ブッダの嘆き」が地球環境映像祭で大賞を受賞しました!

受賞を受けて―スリプラカッシュ監督

「この受賞は、世界のこのような辺境で苦しんでいる弱者たちの受賞なのだと思います。映像というメディアはテクノロジーに依存することから、ともすれば弱者は受け手にとどまり、なかなか発信することができないという面を持っています。しかし私は、弱者の立場に完全には立てないにしろ、できるかぎり彼らの視点にたって作品を作ろうとしてきました。ヘリコプターや洗練された映像技術を使った作品が並ぶ中、そのような姿勢で作った技術的には拙いこの作品が認められ、大変うれしく思っています。」

ドキュメンタリー映画「ブッダの嘆き」
Buddha Weeps in Jadugoda

ジャドゥゴダのウラン公害を 告発した記録映画で、シュリプ ラカシュ監督が3 年半をかけて 制作したもの。2000 年3 月に日 本で開催された第8 回地球環境 映像祭(主催:アースビジョン 組織委員会、後援:環境庁、文 化庁、外務省、通産省ほか)で は大賞を受賞、NHK 衛星でも 放映されました。村人たちにふ りかかった健康被害を克明に追 い、立ち上がる住民たちを記録 しています。
ビデオを貸し出していますの で、お問い合わせください。ま た映画の台本(日本語版と英語 版)に被害実態など解説を加え たパンフレット(1000 円)があり ますので、ご希望の方はお申し 込みください。


子どもたちのシェルター建設にご協力ください

私たちがジャドゥゴダの人々 の惨状を知ったきっかけは、ド キュメンタリー映画『ブッダの 嘆き』との出会いでした。ジャ ドゥゴダのウラン公害を告発し、 核被害者を少しでも支援したい と「ブッダの嘆き基金」を発足、 2000 年8 月には住民代表を日本 に招いてスピーキングツアーを 行うなど、活動を始めました。 中立的な機関による詳しい実態 調査や医療面での支援など、様 々な課題があります。 そんななかジャルカンディー 反放射能同盟から子どもたちの シェルター建設への支援要請が 届きました。現地には障害を持 って生まれた子どもたちがたく さんいますが、親が早死にする ことも多く、身寄りをなくした 孤児が増えています。この子ど もたちに、食べ物と寝る場所を 与える施設(シェルター)がぜひ とも必要なのです。放射能の影 響のない場所に施設を建設し、 ひいては医療や教育を受けなが ら暮らせる場にしていきたいと いうのが現段階の計画です。

●募金に協力してください

シェルター建設には最終的には450 万円ぐらいかかると見積 もられています。現地ではすでに資金集めが始まっていて、 順次建設を始めていく意向です。ご寄付いただける方はお近くの郵便局よりご送金くだ さい。
カンパ送り先:郵便振替00140−1−554248 ブッダの嘆き基金

●伝えてください

ジャドゥゴダの問題は日本ではまだまだ知られていません。 配布いただける方にはこのリーフレットをまとめてお送りし ます。また映画『ブッダの嘆き』のビデオを小さな上映会・学習会用 に貸し出しています。

●スタッフになってください

資金援助のほか様々な活動をしていきたいと考えています。 協力いただけるスタッフを募集します。
その他、あらゆる形の支援を求めています。 ご連絡をお待ちします。


ブッダの嘆き基金(ジャドゥゴダ核被害者を支援する会)
〒182 −0024 調布市布田2 −2 −6 みさと屋・調布原水禁事務局 藤川康志
TEL :0424- 87- 1714 FAX :0424- 87- 1742 E- mail :misatoya@jca.apc.org

広島連絡先〒731 −5135 広島市佐伯区海老園3 −2 −18 インド・パキ スタン青少年と平和交流を進める会 森瀧春子
TEL&FAX :082- 921- 1263 TEL&FAX :082- 922- 2595 E- mail :haruko-m@f3.dion.ne.jp

ホームページ管理者hiroko@jca.apc.org(小竹)
このページへのリンクは大歓迎です。ぜひ広めてください。